カップ麺

銀座香味徳 牛骨担々麺 食べてみました!牛骨出汁に練り胡麻と甜麺醤を加えた甘辛く濃厚な一杯

銀座香味徳 牛骨担々麺

“香味徳”のカップ麺「銀座香味徳 牛骨担々麺」を食べてみました。(2021年3月15日発売・寿がきや食品)

この商品は、創業70年以上もの歴史を誇る“牛骨ラーメン”が人気の老舗ラーメン店「香味徳(かみとく)」“銀座店”限定で提供されている人気メニュー“牛骨担々麺”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、牛骨ならではの甘く濃厚な旨味に練り胡麻や甜麺醤を加え、さらに豆板醤やラー油、唐辛子といった本格感のある辛みを利かせた一杯が登場です!

それも…“香味徳”らしい甘みのある牛骨スープをベースに担々麺には欠かせない練り胡麻や豆板醤、花椒などを利かせ、他にも様々な本格香辛料を加えたことによって濃厚ながらもキリッとした口当たりと深みのある味わいに仕上げ、通常だと豚の旨味をベースにする担々麺を“香味徳”らしく牛骨の旨味を活かしたオリジナルのテイストとしてひと味違った美味しさがたっぷりと楽しめる一杯、“銀座香味徳 牛骨担々麺”となっております。(税抜き260円)

ご覧の通り、パッケージには“甘辛い牛骨だしの濃厚担々スープ!”と記載されているように、“香味徳 銀座店”でのみ提供されている限定メニューがカップ麺で気軽に味わえるとあって、牛骨の旨味と汗を誘う刺激的なアクセントが絶妙にマッチした担々麺をオリジナルテイストとしてアレンジした一杯は非常に気になるところではないでしょうか?

また、こちらには今回の商品名“牛骨担々麺”、“銀座香味徳”など、創業70年以上もの歴史を誇る老舗人気ラーメン店“香味徳”の銀座店でのみ提供されているという…人気メニューをカップ麺に再現していることがさり気なく掲載されています!(後ほど詳しくご説明しますが…これ、牛の臭み・脂っこさなども一切なくめちゃくちゃ美味しいです!)

一方こちらには、牛骨の旨味をたっぷりと利かせた上質な油分が表面に浮かぶ真っ赤に染まった牛骨担々スープといった刺激的な仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…肉そぼろ・ねぎ・“もやし”が使用されているようです!この辺りに関しては担々麺らしい唐辛子や花椒、豆板醤や甜麺醤といった本格感のある香辛料をたっぷりと利かせた赤みを帯びたスープが見た目からも食欲そそりますね!

そもそもこの“香味徳”では“鳥取牛骨ラーメン”が看板メニューとなっており、その名の通り牛骨で出汁を取る鳥取県中西部のご当地ラーメンで、これまでも各種メディアにも取り上げられ、中でも店舗名と同じ“香味徳”と称される人気メニュー“鳥取ゴールド”も今回ご紹介する“牛骨担々麺”と同じく“香味徳 銀座店”でのみ提供されているメニューであり、商品化もされているのでご存知の方も多いのではないでしょうか?

そして今回ひと味違った“牛骨担々麺”がカップ麺として登場!ということで、牛骨の旨味をたっぷりと抽出した甘辛く濃厚なスープに豊富に使用した香辛料による赤みが映える刺激的でありながらも旨味溢れる一杯となっています。

他にも特徴として…麺はやや細めの中細・ノンフライ仕様ということで、すすり心地の良い滑らかな食感が表現され、牛骨の旨味をしっかりと利かせたコク深く甘みのあるスープに真っ赤に広がる刺激的な香辛料がクセになるメリハリの利いた旨味際立つ味わいが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

牛骨の旨味に関しては非常に丁寧に処理されたかのような変なクセや脂っこさ、“くどさ”といった印象は全くなく、練り胡麻や豆板醤などと相性良く馴染んだことで、コク深く濃厚なオリジナル担々麺に仕上げ、そこに唐辛子や花椒、さらに甜麺醤やラー油といった刺激的な辛みをバランス良く加えたことによってちょうど良いメリハリが付き、食べ進めていくに連れて後引く旨味や汗を誘う辛みが心地良く感じられ、牛骨の上質な脂が良い意味でのコク深さ・濃厚感を演出した深みのある美味しさがこの本格感のある辛みによってうまく調和されたやみつきになる風味豊かな一杯となっていました!
これは特に、“銀座香味徳”ファンの方はもちろん、牛骨ならではの甘みのある旨味に刺激的な本格香辛料をたっぷりと加えたキレ・コクのあるオリジナル担々麺の味わいをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は鳥取県・赤碕に本店を置く老舗人気ラーメン店の“香味徳 銀座店”でのみ提供されているオリジナル担々麺、“牛骨担々麺”の味わいをカップ麺に再現した甘みのある牛骨の旨味と唐辛子や花椒など豊富に使用された香辛料が絶妙にマッチした旨味際立つ一杯、「銀座香味徳 牛骨担々麺」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

銀座香味徳 牛骨担々麺

今回ご紹介するカップ麺は、鳥取のご当地ラーメン“牛骨ラーメン”で人気の老舗有名店「香味徳」の“銀座店”限定で提供されている人気メニュー“牛骨担々麺”の味わいをカップ麺に再現したもので、牛骨特有の甘みのある旨味に練り胡麻や豆板醤を合わせた濃厚なスープに唐辛子や花椒、甜麺醤やラー油といった本格感のある数種類もの香辛料や調味料を加え、刺激的でありながらも旨味溢れる味わいがクセになる一杯、“銀座香味徳 牛骨担々麺”となっています。

銀座香味徳 牛骨担々麺 パッケージ

ちなみにここ“香味徳”の創業は1949年、自身の名前を店名に捩ったとされる“紙徳(かみとく)”氏によって本店である赤碕店(鳥取県東伯郡琴浦町大字赤碕1979)をオープンさせたのがはじまりで、現在では2代目となる“紙徳 武男”氏が鳥取本店でその味を守り続け、他にも3代目“紙徳 真一”氏が銀座店(2010年7月開業)、“紙徳 潤一”氏がハワイ店(2014年7月開業)にてそれぞれ“牛骨ラーメン”の味わいを日本のみならず世界へと広めているようですね!

また、カップ麺としては…今回の“牛骨担々麺”以外にも以下のような商品が発売されていて、基本的に“鳥取ゴールド牛骨ラーメン(香味徳)”は銀座店限定、“HAWAII BEEFY WILD”はハワイ店と銀座店でそれぞれ提供されています。
※“鳥取ゴールド レッドスパイシー(香味徳 赤)”も銀座店のみ。

ご覧の通り、パッケージにも“香味徳”のロゴには“牛骨ラーメン”と記載され、いくつか店舗展開して独自のメニューを提供しているようですが、どれも基本となる牛骨の旨味を活かした味わいという点は同じく、今回はこれまで発売されてきた中でもひと味違った銀座店の人気メニュー“牛骨担々麺”がカップ麺に初登場ということですね!

他にも以前ご紹介した“鳥取ゴールド レッドスパイシー”にも食欲そそる真っ赤なスープに仕上がったチリパウダーや唐辛子、ハバネロやブラックペッパーなどの本格香辛料が加わったメリハリの利いたテイストでしたので、今回はオリジナル担々麺ということで牛骨の旨味に練り胡麻や本格香辛料を合わせた濃厚な味わいに期待したいところ。。

それでは、今回の“銀座香味徳 牛骨担々麺”がどれほど甘みのある牛骨の旨味が凝縮された仕上がりとなっているのか?担々麺らしい練り胡麻や豆板醤を合わせた濃厚感や唐辛子や花椒、甜麺醤やラー油といった本格香辛料・調味料との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもすすり心地抜群なノンフライ麺特有の弾力とコシのある中細麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り482kcal(めん・かやく355kcal / スープ127kcal)となっております。(塩分は7.3g)

カロリーは、牛骨の旨味をベースに練り胡麻や豆板醤をしっかりと利かせたコク深い味わいの割にかなりそこまで高い数値ではないようですが、一方で塩分はかなり高い数値となっています。
ちなみに1食当たり131g、麺の量は65gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで127kcalとかなり高い数値を占めていることからも…やはり牛骨の旨味をしっかりと利かせたコク深く旨味溢れるオリジナル担々麺であることに間違いなさそうです!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“しょうゆ”や動物油脂をはじめ…

  • ねりごま
  • ビーフブイヨン
  • 甜麺醤
  • 豆板醤
  • 植物油脂
  • 食塩
  • 唐辛子
  • ポークエキス
  • 香味油
  • ゼラチン
  • ガーリックペースト

といった、名店“香味徳”らしい牛骨から丁寧に抽出したコク深く甘みのある旨味をベースに練り胡麻や豆板醤を合わせ、唐辛子や花椒、甜麺醤やラー油といった刺激的な辛さが加わったことで、キレ・コクのあるオリジナル担々麺によるやみつきな味わいを想像させる材料が並びます。

また、販売者は寿がきや食品と記載されていますが、製造所に関しては加ト吉水産株式会社に委託しているようです!

JANコード4901677082879
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、植物油脂、小麦たん白、大豆食物繊維、たん白加水分解物)、スープ(しょうゆ、動物油脂、ねりごま、ビーフブイヨン、甜麺醤、豆板醤、植物油脂、砂糖、食塩、ごま、唐辛子、ポークエキス、香味油、ゼラチン、たん白加水分解物、ガーリックペースト)、かやく(肉そぼろ、ねぎ、もやし)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、かんすい、炭酸カルシウム、酒精、着色料(カラメル、クチナシ、パプリカ色素)、乳化剤、香辛料抽出物、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、V.E、V.C)、甘味料(キシロース)、香料、(一部に乳成分・小麦・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (131g) 当たり]
熱量482kcal
たんぱく質11.8g
脂質22.0g
炭水化物59.1g
食塩相当量7.3 g
(めん・かやく 2.5 g)
(スープ 4.8 g)
カルシウム197mg

引用元:銀座香味徳 牛骨担々麺:商品情報:寿がきや株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体スープ、粉末スープ、“かやく”といった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に液体スープは非常に量も多く、担々麺らしく練り胡麻などが含まれるドロッとした状態でしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!(粉末スープは先入れタイプ)

また、麺はご覧の通りやや細めにも見える中細・ノンフライ仕様で、すすり心地も非常に良く、中細ながらも…ほどよい弾力と歯切れの良い強いコシが表現され、牛骨の旨味溢れるオリジナル担々スープとともに滑らかな食感も楽しめそうです!

調理してみた

ということでまず先ほどの粉末スープと“かやく”を入れてみます。

そして、かやくには…

  • 肉そぼろ
  • ねぎ
  • もやし

が入っています。
他にも“ごま”や粗挽き唐辛子なんかも使用されていることが確認できます!

今回は“香味徳”ならではの牛骨の旨味を活かしたオリジナル担々麺ということで、ぴったりな“肉そぼろ”が使用されており、こちらからも良い旨味が滲み出すことで食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなメリハリの利いた濃厚なテイストに期待できそうです!

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:450ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの中細麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特にノンフライ仕様の麺はほどよい弾力としっかりとしたコシが加わり、まだ液体スープを加える前ではありますが…牛骨の旨味をベースに練り胡麻や豆板醤によるコク深くも後味すっきりとしたスパイスがバランス良く調和された旨味溢れるスープとともに滑らかな食感なんかも楽しめる臨場感の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを注いでいきます!
すると…まずは唐辛子を利かせたラー油のような赤みを帯びた油分がたっぷりと出てきます!

そしてそのすぐ後からは…練り胡麻や豆板醤など様々な本格香辛料や調味料を利かせた濃厚な液体スープが出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

そして、この液体スープはそもそも量が多いんですが、ノンフライ麺がずしっとした状態で容器底に沈んでいるため、表面に留まった状態となっていて、豚の旨味とはひと味違った牛骨の旨味をうまく活かしたオリジナル担々麺は思ったよりも濃厚感は控え目で、後味すっきりとした飲み飽きることのない仕上がりのようですね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…原材料に記載されていた通り牛骨の旨味に練り胡麻や豆板醤によるコク深さが表現されているものの…醤油感も同じく強く、そこに唐辛子や花椒、甜麺醤やラー油といった本格感のある香辛料・調味料がバランス良く融合したことで、サラッとしていながらも味わい深いやみつき感のあるテイストに期待できそうです!

また、スープ表面には牛骨の上質な旨味と思われる脂が浮き、キレの良い口当たりと飽きの来ない濃厚感・深みのある味わいがじっくりと楽しむことができ、クセのない牛骨の甘味・旨味が際立つ後味すっきりとした刺激的なオリジナル担々麺の文字通りひと味違った美味しさがたっぷりと堪能できるのではないでしょうか?

ちなみに牛骨の旨味とは…想像するような牛の脂っこくクセのなる旨味とは全く異なるテイストとなっていて、これがまた担々麺にもぴったりで、食べ慣れ親しんだ担々麺とはひと味違った味わいがあり、丁寧な処理による老舗店ながらの拘りによって臭みもなくクセがないんですよね!これが“香味徳”一番の秘訣と言えるかもしれません!

食べてみた感想

一口食べてみると…丁寧に抽出された牛骨の旨味が練り胡麻や豆板醤と相性良くマッチし、コク深くもドロッとした仕上がりではありませんから、濃厚感はありながらも後味すっきりとしたキレの良さや本格香辛料による心地良い辛みが清々しく感じられ、このメリハリの付いたオリジナル担々麺はかなりハマりますね!めちゃくちゃ美味しいです!

しかも気になる辛さも強烈なものではなく、唐辛子や花椒についてもあくまでピリッとしたアクセントや爽やかな風味やほんのりと痺れを加えることによって臨場感を高め、この甘みのある牛骨の旨味を引き立てるかのようにちょうど良いメリハリを演出、他にも豆板醤や甜麺醤、ラー油の辛さがバランス良く合わさったことで旨味・辛みがともに引き立って感じられますね!食べ進めていくに連れてほんのり汗が滲んで来ます!

そしてなんと言ってもこの“銀座香味徳 牛骨担々麺”の良いところは牛骨の旨味の出し方に限りますね!この旨味・甘味を伴う味わいをベースにオリジナル担々麺が表現され、本格香辛料や“ごま”による香ばしさなど全てがバランス良く調和されたことで、ついついスープが止まらなくなってしまいます。。

麺について

麺は、ご覧の通り中細・ノンフライ仕様で、丸刃でしょうか?つるっと滑らかな食感に加え、ほどよい弾力や歯切れの良いコシが心地良く感じられる仕上がりとなっています!

そんな中細麺には…牛骨の旨味をたっぷりと利かせ、練り胡麻や豆板醤、甜麺醤やラー油といった様々な本格的香辛料・調味料を利かせた後味の良いオリジナル担々スープがよく絡み、一口ずつに深みのある牛骨の旨味や心地良い痺れる辛みなどが口いっぱいに広がっていき、ほんのり香る“ごま”の香ばしさが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“肉そぼろ”が入っていて、じっくりと味わってみると…スープの旨味を引き立てる肉の旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい仕上がりで、担々麺には欠かせない相性抜群な具材となっていたため、単品で味わうというよりはスープと馴染ませるようにしっかりと混ぜながら食べ進めていくことによって、より一層肉の旨味が際立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらの“もやし”はかなり太い生タイプにも感じられる仕上がりとなっていて、シャキシャキとした食感が非常に心地良く、これによって今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらの部位の異なる“ねぎ”が豊富に使用されていて、こちらはやや小さめにカットされたことでシャキシャキとした食感とまではいきませんが、ちょうど良い薬味にもなったことで今回の“牛骨担々麺”の味わいをより一層美味しく引き立て、後味すっきりと感じさせる相性の良い具材として彩り良く添えられています!

他にも、粗挽き唐辛子はピリッとした刺激的なアクセントを引き立て、“ごま”に関しては練り胡麻を利かせた担々麺にぴったりな香ばしさを感じさせるなど…細部に渡って手の込んだ拘りを感じさせますね!変にチープな具材を使用するよりもかなり印象良いです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り丁寧に抽出された臭みのない牛骨の旨味をベースに担々麺らしく練り胡麻や豆板醤をバランス良く合わせ、さらに唐辛子や花椒、甜麺醤やラー油といった本格感を表現する各種香辛料や調味料が全体の旨味・甘味を調和し、豚・味噌を使用した担々麺とはひと味違った後味の良い旨味溢れるオリジナル担々スープが表現されています!これはかなりクオリティ高いですね!実店舗の再現性までは定かではないものの…カップ麺でここまでの美味しさを出せるとはちょっと驚きです!

しかも牛骨の旨味に関しては「牛」特有の変な臭み・脂っこさといったクセは一切なく、甘味もしっかりと感じられるものの嫌味のある感じではなく、数多く使用された香辛料と絶妙にマッチしたことで互いの旨味を引き立て合い、特別“くどさ”などもありませんから、ついついスープが止まらなくなってしまいますね。。個人的にはかなりハマりましたね…笑

他にも唐辛子や花椒、甜麺醤やラー油を使用していて、割と強い辛さを想像されるかもしれませんが、実際には全体のメリハリをバランス良く表現するかのようなアクセントや風味として使用されており、まさに旨味を際立たせているとも言える絶妙な利かせ具合が好印象といったところ!

そのため、辛いのがそこまで得意ではないという方でも牛骨の旨味を惜しげもなく利かせたコク深く後味の良い名店“香味徳”が手がける“牛骨担々麺”ならではの美味しさがたっぷりと楽しめるのではないでしょうか?

このように、今回の“銀座香味徳 牛骨担々麺”は、甘みのある香ばしい牛骨の旨味を丁寧に利かせ、担々麺らしい練り胡麻や豆板醤をバランス良く合わせた濃厚ながらも後味の良いすっきりとした印象のオリジナル担々麺に仕上がり、比較的サラッとしたスープには…唐辛子や花椒による痺れる辛みがちょうど良いアクセントとなって相性良く馴染み、さり気なく使用された粗挽き唐辛子や“ごま”が全体の美味しさを引き立てる清々しくも感じられる一杯となっていたため、お好みによっては唐辛子などの香辛料をさらに足して刺激的なテイストに際立たせてみても良いでしょう!(デフォルトではそこまで強い辛さではありません。)

まとめ

今回「銀座香味徳 牛骨担々麺」を食べてみて、丁寧に抽出した牛骨ならではの甘みのある旨味が品良く溶け込み、練り胡麻や豆板醤を合わせたことによって決して脂っこさのないコクを表現、そこに唐辛子や花椒、甜麺醤やラー油など…本格感のある香辛料・調味料をたっぷりと加えたことによってキレの良い口当たりや絶妙なアクセント・風味が引き立ち、最後まで飽きの来ない満足度の高い味わいが思う存分楽しめるひと味違ったオリジナル担々麺となっていました!

また、これまでも老舗人気店“香味徳”監修のカップ麺はいくつか登場してきましたが、今回の“牛骨担々麺”は非常にクオリティが高いですね!ベースとなる牛骨の旨味はもちろん、決して物足りなさを感じさせないコク深くも後味すっきりとした香辛料が絶妙なバランスで融合された一杯はかなり幅広い層に好まれるテイストと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!