カップ麺

辛魂 プデチゲ風ラーメン!韓国の鍋料理“プデチゲ”をカップ麺に再現!肉の旨味を利かせた旨辛な一杯

辛魂 プデチゲ風ラーメン

辛魂(からだましい)プデチゲ風ラーメン」を食べてみました。(2021年12月27日発売・エースコック)

この商品は、韓国の軍隊発祥と言われる鍋料理「プデチゲ」の味わいカップ麺に再現したもので、ポークをベースに豆板醤やコチュジャンを加え、韓国産唐辛子や食欲そそるガーリックをしっかりと利かせたスタミナ感溢れるチゲスープに仕立て上げ、“プデチゲ”にぴったりな魚肉練り製品はもちろん、食感の良い白菜キムチなんかも加わり、丸刃の中太ストレート麺がしっかりと食欲を満たしてくれる一杯が登場です!

それも…今回は特別どこかとのコラボというわけではなくNB製品となっていて公式サイトにも詳細情報が公開されており、“辛魂(からだましい)”といったシリーズ名にも見えますが、実際のところ第2弾、3弾と続くような雰囲気はありません。。ただ、韓国の人気鍋料理“プデチゲ”の味わいをカップ麺に再現した食べ応えのあるフレーバーということで、ポークをベースに豆板醤・コチュジャン、さらに韓国産唐辛子やガーリックをバランス良く合わせたやみつき感のあるチゲスープに仕上げ、旨辛な味わいがたっぷりと楽しめる濃厚な一杯、“辛魂 プデチゲ風ラーメン”となっております。(税抜き230円)

ご覧の通り、パッケージには赤を基調に“パワフルな肉の旨味み!”と記載され、その背景には辛さをイメージさせる炎やハングル文字をさり気なくあしらったことで、韓国で人気の鍋料理“プデチゲ”の味わいをカップ麺に再現した旨辛なテイストであることがよーく伝わってきますね!ポークをベースにしているということでどれほど肉の旨味が利いているのか気になるところ。。

一方こちらには…ポークをベースに豆板醤やコチュジャン、韓国産唐辛子やガーリックをバランス良く合わせた旨辛なチゲスープに各種具材が豊富に盛り付けられた仕上がりイメージが掲載されており、これを見る限り具材には…キャベツ・魚肉練り製品・白菜キムチ・ねぎ・韓国産唐辛子が使用されているようです!というかこの熱々な鍋で煮込んだかのようなチゲスープは見るからに食欲そそられます。。

また、こちらには“本場の辛さ”、“韓国産唐辛子使用”と記載され、その背景にはエースコックのロングセラーブランド“スーパーカップ”でよく見かけるような丸刃の中太麺が旨辛なチゲスープにしっかりと絡むリフト写真が掲載され、今回の一杯は“バケツ型”容器の大盛り仕様で食べ応え抜群なボリューム感が楽しめることに間違いありません!しかもこの銀色のステンレス箸が本格感を引き立てているようにも感じられますね!

このように今回は…ボリューム抜群・大盛りカップ麺の人気シリーズを彷彿とさせるフレーバーで、しかもポークをベースに豆板醤・コチュジャン、さらに韓国産唐辛子やガーリックをバランス良く合わせ、白菜キムチからも良い旨味が滲み出し、旨辛なチゲスープがカップ麺に再現されているため、物足りなさといった感じは一切なく、文字通りパワフルな肉の旨味を利かせた“プデチゲ”がたっぷりと堪能できる一杯となっています!

他にも特徴として…麺はエースコックらしい中太・丸刃仕様となっていて、つるっと滑らかな密度感のある食感に仕上がり、ポークをベースに豆板醤・コチュジャン、さらに本格感のある韓国産唐辛子や食欲そそるガーリックをバランス良く利かせたコク深くも後引く辛さがクセになる旨辛なチゲスープとともにガツンと食欲も満たされる…そんな食べ応え抜群な味わいが最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ポークを利かせた味わい深いチゲスープには、別添されている液体スープによって豆板醤・コチュジャンのコクや旨味が引き立ち、さらに大きくカットされた白菜キムチを豊富に使用したり、韓国産の唐辛子を使用したりと…まさに濃厚感とキリッとしたシャープな飲み口が絶妙にマッチしたことでチゲスープならではの美味しさをガツンと際立ち、想像以上の強い辛みと旨味溢れるスープが食欲を掻き立てるテイストを表現、“キムチチゲ”とはまたひと味違った刺激的な辛さと旨味がたっぷりと楽しめる満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、“プデチゲ”といった韓国の人気鍋料理が好みの方はもちろん、ポークをベースに豆板醤・コチュジャンを合わせ、さらに韓国産唐辛子やガーリックをバランス良く加え、食感の良い白菜キムチやもっちりとした食べ応えのある中太麺をボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は韓国の人気鍋料理“プデチゲ”の味わいをカップ麺に再現したもので、ポークの旨味をベースに豆板醤・コチュジャンを加え、さらに韓国産唐辛子やガーリックを利かせた旨辛なチゲスープに仕立て上げ、シャキシャキとした白菜キムチや想像以上にしっかりとした辛み、それらが今回のチゲスープの美味しさを最大限に引き立て、エースコックらしいボリューム感のある丸刃仕様の中太フライ麺が絶妙にマッチした食べ応えのある一杯、「辛魂 プデチゲ風ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

辛魂 プデチゲ風ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、韓国の人気鍋料理“プデチゲ”の味わいをカップ麺に再現したもので、臭みのないポークをベースにコクと辛さ・旨味を引き立てる豆板醤・コチュジャン、さらに韓国産唐辛子や食欲そそるガーリックをバランス良く合わせ、具材に使用された白菜キムチからも良い旨味が滲み出したことでやみつき感のあるチゲスープに仕上げ、そこにもっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備えた中太麺が絶妙にマッチしたことでガツンと食欲を満たしてくれるボリューム感抜群な一杯、“辛魂(からだましい)プデチゲ風ラーメン”となっています。

このように今回のフレーバーは肉の旨味や本格感のある韓国産唐辛子を使用した“プデチゲ”の味わいをカップ麺に再現したということで、濃厚でありながらも後味すっきりとした清々しい唐辛子や豆板醤・コチュジャンならではの辛さが心地良く、ガツンとした食べ応えはもちろん…どれほど旨味を凝縮させたインパクトのある味わいに仕上がっているのか気になるところ。。

辛魂 プデチゲ風ラーメン パッケージ

ちなみにこちら容器側面には今回再現された“プデチゲ”についての簡単な説明書きが記載されていて、これによると…「“プデ”は韓国語で「部隊」、“チゲ”は「鍋」の意味。即席めんなどの保存食や、肉、キムチ、野菜などの具材を辛味スープで煮込んだ韓国軍発祥と言われる大衆鍋料理。韓国の若者に大人気なガッツリ系のスタミナメニューです。」とのことで、部隊発祥の鍋料理ということもあって大鍋で取り分けて食べたり、チゲ自体様々な種類があり、違いはほぼ使用されている具材が大きく、その中でもこの“プデチゲ”はキムチというよりも加工肉を加えた特徴があるようですね!

それでは、今回の“辛魂 プデチゲ風ラーメン”がどれほどポークの旨味をベースに豆板醤・コチュジャンを利かせたコク深いチゲスープに仕上がっているのか?本格感を引き立てる韓国産唐辛子や食欲そそるガーリックとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても中太・丸刃仕様による滑らかな食感のボリューム感抜群な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り499kcal(めん・かやく396kcal / スープ103kcal)となっております。(塩分は7.1g)

カロリーは、この“バケツ型”のボリューム感抜群な仕様ながらも割と低めな数値のようですが、一方で塩分はかなり高い数値となっています。
ちなみに1食当たり130g、麺の量は90gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと103kcalと割と高めな数値を占めていることから、ポークをベースに豆板醤・コチュジャンをしっかりと利かせたコク深さと韓国産唐辛子やガーリックを加えた後引く旨味・辛みをバランス良く融合させた“プデチゲ”ならではのガツンとした仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“みそ”やポークエキスをはじめ…

  • 植物油脂
  • 豚脂
  • 香味調味料
  • ガーリックペースト
  • 食塩
  • ハクサイエキス
  • ポーク調味料
  • 唐辛子
  • 香味調味料

といった、ポークの旨味をベースに豆板醤・コチュジャンを加え、さらに韓国産唐辛子やガーリックを利かせたことによってやみつき感のあるチゲスープに仕上がり、肉の旨味と本格調味料によって後引く旨味・辛みがクセになるフレーバーを再現、そこに食べ応えのある中太麺が絶妙にマッチした最後まで飽きの来ない味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071235611
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩)、スープ(みそ、発酵調味料、ポークエキス、植物油脂、豚脂、香味調味料、ガーリックペースト、食塩、ハクサイエキス、酵母エキス)、かやく入りスープ(キャベツ、ポーク調味料、魚肉練り製品、砂糖、白菜キムチ、ねぎ、唐辛子、酵母エキス、たん白加水分解物、香味調味料)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、カラメル色素、香料、酒精、増粘多糖類、かんすい、香辛料抽出物、カロチノイド色素、重曹、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、微粒二酸化ケイ素、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、酸味料、クチナシ色素、ビタミンB2、ベニコウジ色素、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (130g) 当たり]
熱量499kcal
たん白質12.2g
脂質17.3g
炭水化物73.7g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
7.1g
(2.0g/5.1g)
ビタミンB10.66mg
ビタミンB20.51mg
カルシウム342mg

引用元:辛魂 プデチゲ風ラーメン|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく入り粉末スープ”、液体スープといった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に液体スープに関してはポークの旨味だけでなく、豆板醤・コチュジャンをたっぷりと含んだドロッとした状態となっていたため、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

さらに、麺はご覧の通りエースコックらしい中太・丸刃仕様となっていて、もっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備え、麺量90gによるしっかりとした食べ応えなんかも楽しめるボリューム感抜群な一杯のようで、さらに今回は豊富な具材が各種使用されたことでスープの旨味も引き立ち…この辺りに関しては全体の仕上がりにも期待したいところ!!

調理してみた

ではまず、先ほどの“かやく入り粉末スープ”を入れてみます。

そして、かやくには…

  • キャベツ
  • 魚肉練り製品
  • 白菜キムチ
  • ねぎ
  • 唐辛子

が入っています。

特に白菜キムチに関しては見るからに大きくカットされ、さらに使用されている数も湯戻りする以前の状態からしてすでに申し分ありません!(味付けなんかもしっかりとされているようですので、スープとよく馴染ませながら食べ進めていくと良いかもしれませんね。)

また、粉末スープも量が非常に多く、すでにチゲスープならではの“にんにく”や豆板醤・コチュジャンなどの香りが食欲そそり…塩気の強い濃いめ・ガッツリ系の“プデチゲ風ラーメン”をイメージさせます!…というかエースコックはこういったフレーバーが得意ですからね!やみつき感のある美味しさが楽しめることに間違いありません!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:500ml)
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸ったことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に中太麺には丸刃仕様ならではのほどよい弾力や歯切れの良い強いコシが加わり、ポークをベースに豆板醤・コチュジャン、さらに韓国産唐辛子や食欲そそるガーリックを利かせたパンチのあるチゲスープと相性良くマッチし、ガツンと食欲を満たしてくれる濃いめの旨味・風味が楽しめるインパクト抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…ポークエキスのような油分とともに味噌をはじめ豆板醤やコチュジャンをたっぷりと含むドロッとした濃厚なスープがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!これによってやみつき感のあるチゲスープの風味がより一層引き立っていきます!

ご覧の通り、この液体スープはドロッとしているせいか…スープ表面に留まり、使用されている量も非常に多く…これによって濃厚とも言える味わいがより一層際立ち、韓国で大変人気だという鍋料理“プデチゲを気軽にカップ麺として楽しめる肉の旨味や後引く辛さがたまらないテイストをイメージさせます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…割とサラッとした仕上がりではありますが、ポークをベースに豆板醤・コチュジャンを利かせたことによって厚みのある喉越しの良さが混ぜている箸先から伝わり、豊富に使用された白菜キムチからも良い旨味が滲み出し、そこに韓国産唐辛子やガーリックをバランス良く加えたことによって後味すっきりとしたメリハリのある一杯となっています!!

他にも具材に使用された白菜キムチはもちろん、キャベツや“ねぎ”、魚肉練り製品といった具材によって旨味や食感が引き立ち、それによって食べ進めていくに連れて汗を誘い満足度も増していく…そんなボリューム感抜群なシリーズらしい一杯に仕上がり、“プデチゲ”の肉の旨味を強調したフレーバーに相応しい味わいを彷彿とさせるガツンとした旨辛なスープがたっぷりと楽しめることに間違いありません!

食べてみた感想

一口食べてみると…ポークの旨味をベースに豆板醤やコチュジャンをバランス良く合わせたというだけあってコク・旨味に関しては全く申し分なく、大きくカットされた白菜キムチから滲み出す旨味や食感の良さ、そしてボリューム感のある中太麺、さらに韓国産唐辛子や食欲そそるガーリックが加わったことによってやみつき感のある旨味・風味が際立ち、コク深くも後引く辛さが心地良い“プデチゲ風ラーメン”がボリューム感たっぷりと楽しむことができ、想像以上にガツンとしたパンチのある仕上がりとなっています!

そして、気になる辛さについては上記の通り思ったよりも今回使用されている韓国産唐辛子の辛みが強く、激辛というほどではありませんが…豆板醤・コチュジャンと相性良く馴染んだことでやみつき感のある辛みを表現、当然ギトギト・こってりとした脂っこさもありませんから、後味すっきりとしたキレの良さが引き立つことで最後まで飽きの来ないメリハリのある旨辛なスープが楽しめることでしょう!

また、特にポークをベースに本格調味料や韓国産唐辛子を使用したコクのあるスープに仕上げたことで、こってり系というよりもパンチの強いシャープな飲み口が印象的となっていて、ガーリックなど香味野菜や香辛料がしっかりと利いたことで体の中からポカポカと温まり、食べ進めていくに連れて汗が止まらなくなるような爽快感のある辛さが表現されていたため、チゲスープが好みの方だとかなりハマるテイストと言えるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り丸刃の中太仕様となっていて、もっちりとした弾力やほどよいコシ、そしてしっかりとした食べ応えもあり、特に味付けが施されているわけではありませんが、スープとの相性抜群なボリューム感のある仕上がりとなっています!

そんな中太麺には…ポークをベースに豆板醤・コチュジャンをバランス良く合わせ、さらに韓国産唐辛子やガーリックを利かせたことによって韓国の人気鍋料理“プデチゲ”の味わいを再現したコク深いスープがよく絡み、一口ずつにポークの旨味に本格調味料を加えたやみつき感のある味わいや食欲そそるガーリックならではの旨味などが口いっぱいに広がっていき、具材に使用された白菜キムチならではの風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!…これは想像以上にガツンとした味わいとそれに伴う旨味が表現されていて、濃いめ・パンチの強いフレーバーが好みの方にとってはたまりませんね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの大きくカットされた白菜キムチが入っていて、見た通りシャキシャキとした食感が心地良く、こちらにもしっかりと味付けが施されているため、インパクトのあるチゲスープとしっかりと馴染ませながら食べ進め、後ほど中太麺と一緒に絡めていただくと、より一層キムチならではの旨味が引き立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの魚肉練り製品は、ほどよい味付けが感じられ、そもそもこの“プデチゲ”にはこういった加工肉などが主に使用されているとのことで、若干珍しく感じられるかもしれませんが…じっくりと味わってみると、今回のチゲスープとの相性も意外と良く、こちらも上記の白菜キムチと同じくしっかりとスープと馴染ませながら食べ進めていくと良いでしょう!

さらにこちらのキャベツは大きめにカットされたことによってほどよい食感を残した仕上がり具合となっており、今回の一杯に対してちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、ほどよいサイズにカットされているため、シャキシャキとした食感とまではいきませんが…ちょうど良い薬味にもなったことで今回の“プデチゲ風ラーメン”の美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材として彩り良く添えられています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークをベースに豆板醤・コチュジャンをバランス良く合わせ、さらに韓国産唐辛子や食欲そそるガーリックを加えたことで、しっかりとした辛みとコク深い肉の旨味が絶妙にマッチし、メリハリのある後味すっきりとしたチゲスープということもあって想像以上にガツンとした味わいがたまらなく…具材に使用された白菜キムチ特有の旨味や風味が全体のバランスをうまく調和し、最後まで飽きの来ないテイストとなっています!

また、割とサラッとした旨辛スープではあるんですが、見た目以上にポークや豆板醤・コチュジャンによる厚みがあり、喉越しの良さと後味すっきりとしたキレの良い口当たりが絶妙にマッチしたことで複雑かつ繊細な旨味が溶け込み、まさに肉の旨味や本格調味料を存分に活かした一杯は、“チゲ鍋”や“キムチ鍋”が好みの方も納得の味わいが楽しめることでしょう!

ちなみに今回の“プデチゲ風ラーメン”の辛さに関しては、先ほどもお伝えした通り激辛というほどではありませんが…粒子の細かい韓国産唐辛子が完全にスープへ溶け込んでいるため、思い切り麺をすするとむせます。。ただし単純に辛いだけでなく、ガーリックや豆板醤・コチュジャンなんかも利いていますから…それによって美味しい辛さと言うんでしょうか?辛くて美味いやみつき感のあるチゲスープが表現されているようです!

このように、今回の“辛魂 プデチゲ風ラーメン”は、臭みのないポークの旨味をベースに豆板醤・コチュジャンをバランス良く利かせたことでほどよいコクがあり、さらに韓国産唐辛子や食欲そそるガーリックを利かせたことで、キリッとしたシャープな飲み口が絶妙にマッチ、他にも具材に使用された白菜キムチからも良い旨味が滲み出し、丸刃仕様の中太麺との馴染みも非常に良く、メリハリのあるチゲスープが90gもの麺とともに楽しめる食べ応え抜群な一杯となっていたため、お好みによってはチゲスープと相性の良い唐辛子や“おろしにんにく”、“おろし生姜”などをちょい足しして旨味・辛みをさらに際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「辛魂(からだましい)プデチゲ風ラーメン」を食べてみて、韓国の軍隊発祥とされる人気の鍋料理“プデチゲ”の味わいをカップ麺に再現した一杯には…ポークをベースに豆板醤・コチュジャンを加えたことで味わい深いテイストに仕上がり、さらに韓国産唐辛子や食欲そそるガーリックを利かせたことによってメリハリのある辛さが心地良く、具材に使用された白菜キムチからも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなやみつき感のある美味しさがボリュームたっぷりと楽しめるインパクト抜群な一杯となっていました!

やはりチゲスープといったテイストは間違いないですね!“キムチ鍋”とも似通った部分もあるんですが、この“プデチゲ”に関しては肉の旨味をメインに豆板醤・コチュジャンによってコク深い旨味とちょうど良い辛さが際立っていましたから、“チゲ鍋”が好みの方も納得の一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!