カップ麺

辛麺屋 輪(りん)監修 トマト宮崎辛麺!辛味・旨味・酸味が三位一体となった辛旨な一杯

明星 辛麺屋輪監修 トマト宮崎辛麺

辛麺屋 輪(りん)監修 トマト宮崎辛麺」を食べてみました。(2022年6月6日発売・明星食品)

この商品は、宮崎県延岡市発祥のご当地ラーメン“辛麺(からめん)”が大変好評の名店“辛麺屋 輪”の看板メニューに続く人気メニュー“トマト辛麺”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、鶏や豚の旨味をベースに食欲そそる“にんにく”を加え、さらに辛麺には欠かせない唐辛子をたっぷりと利かせたことで辛くて美味い醤油スープに仕立て上げ、そこにトマトの酸味がコクを引き立て、まさに辛味・旨味・酸味が三位一体となった辛旨な一杯が登場です!

それも…鶏と豚の旨味を利かせた醤油ベースのスープにはたっぷりと使用された赤唐辛子によってパンチのある味わいに仕上げ、さらにふわふわの卵を豊富に使用したことでマイルド感がうまくマッチし、さらに相性抜群な香味野菜やトマトの酸味を合わせたことで後引く旨味・辛さがクセになる後味すっきりとした一杯、“辛麺屋輪監修 トマト辛麺”となっております。(値段:税別278円)

ご覧の通り、パッケージには“辛さレベル5”と表記され、“辛みによる刺激が大変強いので、十分に注意してお召しあがりください。”といった辛みの強いテイストのカップ麺にお馴染みの注意書きなんかも記載されています!

一方こちらには、“粗挽き唐辛子の湧き上がる辛味にトマトの酸味のアクセント”と記載され、その背景には鶏や豚の旨味をベースに食欲そそる香味野菜やトマトの酸味・コクがバランス良く融合し、スープに溶けきらないほどの赤唐辛子がたっぷりと使用されたことによって見ているだけで汗を誘う刺激的な仕上がりイメージが掲載されており、これを見る限り具材には…赤唐辛子・卵・トマトペースト加工品・ニラが使用されているようです!

さらに今回の一杯にたっぷりと使用された赤唐辛子は先入れタイプとなっていて、それによって旨味が凝縮された醤油スープに唐辛子の辛みと旨味も溶け出し、しっかりとした辛さが楽しめる仕様のようで、麺を箸で持ち上げると大量の赤唐辛子も一緒に絡み付くイメージ写真がまた食欲そそりますね。。激辛好きにはかなり魅力的に見えるわけですが、看板メニューに次ぐ人気メニューだという…“トマト辛麺”ならではの意外性抜群な酸味やコクに期待したいところ。。

他にも特徴として…麺は実店舗でも使用している“中華麺”を思わせる滑らかな食感とほどよい弾力、そして歯切れの良いノンフライ細麺が採用されていて、鶏や豚の旨味を利かせた後味すっきりとした醤油スープにたっぷりと使用した赤唐辛子による刺激的な辛み、ふんわりと柔らかな卵によるマイルド感、さらに意外にも相性抜群な神アレンジだという…トマトの酸味やコクがうまく融合した辛い中にも旨味が最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

たっぷりと使用された赤唐辛子や“にんにく”を利かせた辛麺らしいパンチのある醤油スープは、見た目ほどの強烈な辛さはではなく、むしろ後味すっきりとしたキレの良い口当たりを際立たせ、ふんわりとした卵が全体をうまく調和し、なんと言ってもトマトに関しては意外にも酸味だけでなくコクを引き立てることで絶妙にマッチし、そこに細いながらももっちりとした食感に際立ったノンフライ麺が食欲をしっかりと満たしてくれる食べ応えのある一杯となっていました!
これは特に、“辛麺屋 輪”のような刺激的な辛麺が好みの方はもちろん、鶏・豚の旨味を利かせた醤油スープにたっぷりと赤唐辛子を加えた刺激的な味わいをトマトの酸味で神アレンジし、まさに辛旨な味わいを思う存分たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は宮崎県延岡市発祥のご当地ラーメン“辛麺”が好評の全国展開する有名店“辛麺屋 輪”の人気メニュー“トマト辛麺”をカップ麺に再現した辛い中にもしっかりとした旨味が楽しめるコク深い一杯、「辛麺屋輪監修 トマト宮崎辛麺」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

辛麺屋輪監修 トマト宮崎辛麺

今回ご紹介するカップ麺は、宮崎発祥のご当地ラーメン“辛麺(からめん)”が大変好評の名店“辛麺屋 輪(りん)”の人気メニュー“トマト辛麺”の味わいを同店監修によって“どんぶり型”のカップ麺に再現したもので、鶏や豚の旨味を利かせた醤油スープに食欲そそる“にんにく”やふわっふわの卵をたっぷりと仕様し、辛麺には欠かせない唐辛子も同じく大量に使用したことでパンチのある味わいを再現、そこにトマトの酸味が絶妙にコクを引き立てたことによってついついクセになる辛旨な一杯、“辛麺屋輪監修 トマト宮崎辛麺”となっています。
※売っている場所:今回はセブン-イレブンで購入

ご覧の通りパッケージには、“辛麺”らしい赤唐辛子を豊富に使用した真っ赤に広がるスープを背景に、“トマト宮崎辛麺”など今回の商品名や特徴、食欲を掻き立てる赤唐辛子がたっぷりと絡んだノンフライ細麺のリフト写真などが掲載されており、以前ご紹介したお店の辛さ最高レベルを再現した“辛麺屋 輪監修 25辛 宮崎辛麺(2020年4月20日発売/2021年5月31日リニューアル発売)”とはひと味違った美味しさがたっぷりと楽しめそうです!

明星 辛麺屋輪監修 トマト宮崎辛麺 パッケージ

ちなみに宮崎発祥のご当地ラーメン“辛麺”とは…動物系の旨味に唐辛子や“にんにく”を利かせた醤油ベースの激辛スープに仕上がり、そこにふわふわの卵を加えたことによって味がマイルドに調和され、カップ麺やインスタント麺でも定期的に商品化されている全国的に密かなブームにもなっており、他メーカーからもカップ麺が発売されていたり、以前このブログでもインスタント麺をご紹介したことがありますので、気になる方はこちらの記事もどうぞ!

宮崎の辛麺インスタントラーメン食べてみました!辛さは?
宮崎の辛麺インスタントラーメン食べてみました!辛さは?宮崎が発祥の辛麺というインスタントラーメンをご存じですか? こないだ立ち寄ったヴィレッジヴァンガードで見つけてはじめて知ったたんで...

その“辛麺屋 輪”は、元祖辛麺で人気の“桝本(ますもと)”の辛くて美味い一杯がきっかけで、初代店主“佐藤”氏によって現在では宮崎県を中心に全国12店舗展開し、各種メディアにも取り上げられる人気店とのこと!(実店舗では辛さ0~25倍から選ぶことが可能。)

また、運営会社は宮崎市にある“株式会社 Long Valley Corporation”となっていて、“辛麺屋 輪”だけでなく他にも複数飲食店を経営しているようですね!

それでは、今回の“辛麺屋輪監修 トマト宮崎辛麺”がどれほど鶏・豚の旨味を利かせた後味すっきりとした醤油スープに仕上がりとなっているのか?たっぷりと使用された赤唐辛子やふわふわの卵、そして意外性のあるトマトの酸味との兼ね合いはもちろん、なんと言ってももっちりとした食感が印象的なノンフライ細麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り371kcal(めん・かやく304kcal / スープ67kcal)となっております。(塩分は6.0g)
※ちなみに“25辛 宮崎辛麺”は1食当たり368kcal(めん・かやく319kcal / スープ49kcal)・(塩分は6.2g)

カロリーは、鶏や豚の旨味をしっかりと利かせているんですが、割と軽やかなテイストが特徴的で、まさに最後まで飽きの来ない後味すっきりとした味わいらしくかなり低めな数値のようですが、一方で塩分はこのボリュームを考慮すると平均的といった数値となっています。
ちなみに1食当たり107g、麺の量は75gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと67kcalとコク深くも濃厚といった感じではなく、非常にサラッとした後味の良い辛旨な醤油スープが印象的で、今回はそこにトマトの酸味が意外にも相性良く馴染んだことによってひと味違ったコク深い仕上がりをイメージさせます!

他にも今回の容器は、希に採用されている“しおケアカップ”仕様となっており、内側下線までスープを残すことで食塩相当量の摂取を調整することができ、それによって3.9gまで塩分を控えることが可能とのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、香味調味料や“しょうゆ”をはじめ…

  • 鶏・豚エキス
  • 豚脂
  • 食塩
  • しょうゆもろみ
  • トマトペースト
  • 香辛料

といった、鶏や豚の旨味を利かせた比較的サラッとした醤油スープをベースに、宮崎のご当地ラーメンである“辛麺”らしくたっぷりと赤唐辛子や“にんにく”の旨味・辛みを利かせたことでパンチのある味わいを表現し、さらにふっくらとした卵を豊富に使用したことによって辛さが和らぎ、なんと言っても意外性のあるトマトの酸味がコクを引き立てる後引く辛さ・美味しさがクセになる味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目には“でん粉”といった材料が確認でき、辛麺特有のもっちりとした弾力なんかを表現しているようにも感じられます!

ちなみに以前発売されていた“辛麺屋輪監修 25辛 宮崎辛麺”と比較してみると…ほぼ同等の材料が並び、これまでの味わいを踏襲しつつもトマトの酸味・コクをバランス良く合わせた神アレンジとして再現しているようですね!

辛麺屋輪監修 トマト宮崎辛麺
辛麺屋輪監修 25辛 宮崎辛麺
JANコード4902881453318
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、でん粉、植物性たん白、卵粉、しょうゆ)、スープ(香味調味料、しょうゆ、糖類、鶏・豚エキス、豚脂、食塩、たん白加水分解物、しょうゆもろみ、トマトペースト、酵母エキス、香辛料)、かやく(赤唐辛子、卵、トマトペースト加工品、ニラ)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、かんすい、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、炭酸カルシウム、酒精、カラメル色素、酸味料、乳化剤、ソルビット、卵殻カルシウム、グリセリン、香料、カロチノイド色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、ベニコウジ色素、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (107g) 当たり]
熱量371kcal
めん・かやく: 304kcal
スープ: 67kcal
たんぱく質10.6g
脂質7.3g
炭水化物65.6g
食塩相当量6.0g
めん・かやく: 2.0g
スープ: 4.0g
ビタミンB10.34mg
ビタミンB20.39mg
カルシウム169mg

引用元:明星 辛麺屋輪監修 トマト宮崎辛麺 | 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り2種類の“かやく”、液体スープといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に2種類の“かやく”にはそれぞれ卵と赤唐辛子が含まれているようで、触ってみた感じかなりの量が使用されていることがわかります!

また、液体スープに関しては、辛麺らしく鶏・豚の旨味が凝縮されているものの…割とサラッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

さらに、麺はご覧の通り中細寄りの細麺となっていて、実店舗では“こんにゃく麺”・“中華麺”・“うどん麺”といった3種の麺から選べるようですが、“こんにゃく麺”には“そば粉”が練り込まれたもっちりとした弾力が表現されているため、今回は“中華麺”をイメージさせる細いノンフライ麺となっています!

調理してみた

ということでまず、2種類の“かやく”を入れてみます。

そして、このかやくには…

  • 赤唐辛子
  • トマトペースト加工品
  • ニラ

が入っています。

というか相変わらず赤唐辛子の量はかなりたっぷりと使用されていますね!
もちろんふんわりとした“かきたま”をイメージさせる卵も豊富に使用されているわけですが、今回はトマトペースト加工品なんかも入っていて、スープにもトマトの旨味・酸味が利いたことでコクを引き立てた相性抜群な味わいに期待できそうです!

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:410ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはもっちりとした弾力とほどよいコシが加わり、まだ液体スープを加える前の状態ではありますが…すでにたっぷりと使用された赤唐辛子による赤みを帯びた食欲そそるスープとなっていて、この赤唐辛子から滲み出た旨味・辛みがマイルドな卵とうまく調和され、さらにトマトの旨味や酸味がちょうど良いコクを引き立てた旨味溢れる刺激的な一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの液体スープを入れていきます!
すると…鶏や豚の旨味が利いているとのことでしたが、やはり辛麺らしいサラッとした醤油スープとなっていて、醤油感のあるキリッとしたシャープな飲み口をイメージさせます!

そしてこの液体スープは量も多くサラッとしているせいか…すぐに容器底へと沈んでいき、表面には上質な脂・油分が広がり、動物系の旨味を利かせたシンプルな醤油スープながらも深みのある味わいに仕上がっているようで、赤唐辛子による後引く刺激的な辛さや絶妙にマッチしたトマト旨味・酸味がしっかりと楽しめそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…やはり“辛麺”らしいサラッとした醤油ベースのスープには、粗くカットされた赤唐辛子がたっぷりと使用され、さらに対称的とも言える卵が彩りの良さやまろやかさを際立たせ、なんと言ってもトマトの旨味や酸味が意外にも相性良く馴染んだ神アレンジによる仕上がりとなっているようで、これは予想以上の味わいが楽しめるのではないでしょうか?

また、赤唐辛子を先入れにすることによって唐辛子の辛みがスープにもしっかりと滲み出し、旨味の利いた醤油スープを刺激的な辛さへと際立たせているわけですね!(容器底にもたっぷりと溜まっているので、しっかりと混ぜながらいただくと良いでしょう。)

しかもこの赤唐辛子は当然溶けきることもありませんから…食べ進めていくに連れてピリッとした刺激的なアクセントが蓄積されていき、汗を誘うクセになる味わいを際立たせていくことに間違いありません!…というか具材に使用されていたトマトペースト加工品はスープを馴染ませることによって完全に溶け込み、酸味というよりも旨味としてコクを引き立てているようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…“辛麺屋 輪”監修による“トマト辛麺”ということで、辛さ自体は見た目ほどではありませんが、ほどよい辛さと動物系の旨味、そして食欲そそる香味野菜やトマトの酸味がバランス良くマッチしたことでトマトの神アレンジは思っていた以上に合いますね!なんと言うか…トマトだけが強調されているわけではなく、ほんのり酸味もあるもののそこまで気になるほどのものではありませんし、むしろ旨味としてコクを引き立てているようにも感じられます!

そのため、後味すっきりとしたテイストが際立ち、辛くて美味いやみつき感のあるテイストとなっており、再現性は定かではありませんが…割と実店舗に近しい味わいが気軽に楽しめるのではないでしょうか?特にトマトの利かせ具合が非常に良く、ほんのりとした酸味によって不思議と厚みのある旨味が引き立っています!これは想像以上に評判が良さそうですね!

ちなみに気になる辛さに関しては…パッケージデザインから想像すると肩すかしを食らうのでは?というほどのもので、実店舗で選べる0〜25辛で言うと…個人的には5辛くらいに感じられるため、辛さとしては若干物足りなさを感じます。。(そのため激辛好きな方は唐辛子を足して味わってみても良いでしょう。)

ただ、鶏や豚の旨味をしっかりと利かせた醤油スープは…サラッとしている割に物足りなさを一切感じさせない濃いめなテイストとなっていて、ほどよい辛さと豊富に使用された卵によるマイルドな味わいはクセになりますね!そこにトマトの酸味が加わったことでやみつき感のある美味しさがたっぷりと楽しめることに間違いありません!

麺について

麺は、ご覧の通りやや丸みを帯びたノンフライの細麺仕様となっていて、もっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備え、麺量75gによって食欲もしっかりと満たしてくれる本格感のある仕上がりとなっています!

そんな麺には、鶏や豚の旨味をベースに食欲そそる“にんにく”、たっぷりと使用された赤唐辛子や卵による旨味・辛みが滲み出し、さらに爽やかなトマトの酸味がほんのり利いたコク深いスープがよく絡み、一口ずつに動物系や香味野菜の旨味、そして後引く刺激的な辛さなどが口いっぱいに広がっていき、ほんのり香るトマトの風味が後味良く抜けていきます!…というかこのトマトを加えた辛麺は当初想像も付かないフレーバーだったんですが、実際味わってみるとその相性の良さに気付きますね!酸味だけでなく旨味やコクも引き立ったことで絶妙にマッチしているようです!

トッピングについて

トッピングにはまず、なんと言ってもこちらの赤唐辛子がたっぷりと使用されていて、若干粉っぽさを感じるほどの量となっているため、思い切り麺をすするとむせるかもしれませんので注意です!

ただ、先ほどもお伝えした通り、この赤みを帯びた刺激的な味わいをイメージさせるスープには、そこまで強烈な辛さではありませんので、心地良い辛さとして後引く辛さ・旨味が楽しめるかと思われ、容器底にもたっぷりと溜まっていたため、しっかりと混ぜながら食べ進めていくと良いでしょう!

また、こちらの卵は見るからにふんわりとした食感柔らかな仕上がりとなっていて、こちらもまた豊富に使用されていますから、辛みを相性良く和らげ、見た目としての彩りの良さもプラスしているように感じられます!

さらに、こちらのニラなんかも使用されていて、そもそもスープには“にんにく”が利いていますから、相性抜群な香味野菜のひとつとしてより一層旨味を引き立て、食欲そそる具材として彩り良く添えられています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り鶏や豚の旨味を利かせ、そこに食欲そそる“にんにく”やたっぷりと使用された赤唐辛子から滲み出す後引く辛さによって“辛麺”ならではの辛旨なテイストを再現、さらにトマトの酸味が意外にも相性良く馴染んだことでコクが引き立ち、サラッとした仕上がりの割に深みのある味わいとなっています!

ただ、以前の25辛ほどの辛さではありませんでしたので、今回の“トマト宮崎辛麺”は辛くて美味い…まさに辛味・旨味・酸味が三位一体となった辛旨なテイストに際立っているように感じられ、幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

また、個人的にはもう少し“にんにく”を強めに利かせていても良かったのかな?と思うところではありましたので、こちらもまたお好みで“おろしにんにく”などを加えてみるとより一層パンチのある口当たりが楽しめるかと思われます!

そして全体的にはそこまで強い辛さではなく、“にんにく”も周囲を気にするほどのものではありませんでしたから、ほどよい辛さと旨味にトマトを加えた神アレンジによる辛麺が気軽に楽しめる一杯であり、なんと言っても非常に食べやすい“宮崎辛麺”であり、デフォルトでも十分美味しくいただけるんですが、唐辛子や“おろしにんにく”を加えることによって自分好みの辛麺を味わってみても良いでしょう!

このように、今回の“辛麺屋輪監修 トマト宮崎辛麺”は、鶏や豚の旨味をバランス良く利かせた醤油スープに食欲そそる“にんにく”を合わせ、さらにたっぷりと使用した赤唐辛子やふんわりとした卵によって後引く旨味と辛みが思う存分楽しむことができ、さらにトマトの旨味や風味が意外にも相性良く溶け込んだことで酸味だけでなくコクが引き立つ辛旨な一杯となっていたため、お好みによっては“おろしにんにく”や唐辛子などをさらに加えて刺激的な味わいに際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「辛麺屋輪監修 トマト宮崎辛麺」を食べてみて、宮崎市に本店を置く名店“辛麺屋 輪”の人気メニュー“トマト辛麺”をカップ麺に再現した一杯には…臭みのない鶏や豚の旨味をベースに食欲そそる香味野菜を合わせ、宮崎県延岡市発祥のご当地ラーメン“宮崎辛麺”らしくたっぷりと使用した赤唐辛子が汗を誘うキリッとした口当たりに食感柔らかな卵がまろやかさをプラス、さらにトマトの酸味や旨味が意外なほど相性良く馴染んだことでコク深さが引き立ち、まさに食べやすい辛麺に仕上がった辛旨な一杯となっていました!

やはり“辛麺”はこういった脂っこさ・濃厚感のないすっきりとした醤油スープが印象的で、食欲そそる香味野菜や後引く辛みが心地良いテイストということもあって…ついついスープが止まらなくなりますね!しかも見た目以上に辛みもそこまで強くはなかったので、最後までたっぷりと心地良い旨味・辛みが楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!