インスタントラーメン

日清これ絶対うまいやつ! 香味ねぎ塩 食べてみました!ポークや香味野菜を利かせた濃い目の一杯

日清これ絶対うまいやつ! 香味ねぎ塩

日清これ絶対うまいやつ! 香味ねぎ塩」を食べてみました。(2021年9月20日発売・日清食品)

この商品は、“見た目からしておいしそうだ”といった意味合いのフレーズ「これ絶対うまいやつ!」をそのままシリーズ名として2020年9月14日に3種同時発売した“これ絶対うまいやつ!”シリーズ第4弾となる新フレーバーということで、“ねぎ油”と“ごま油”の香りが食欲をそそる…国道沿いのラーメン屋で食べるような濃くて美味い一杯が登場です!

それも…ポークの旨味をベースに食欲そそる“ねぎ油”と“ごま油”の香りや、“にんにく”を加えたことでガツンとした濃厚な塩スープを表現、そこにすすり心地の良い中細・ノンフライ仕様のストレート麺が絡み、まさに濃いめの“ねぎ塩だれ”のような濃くて美味い安定感のある一杯、“日清これ絶対うまいやつ! 香味ねぎ塩 3食パック”となっております。(税抜き285円)

ご覧の通り、パッケージには味の特徴がぱっと見で浮かぶように今回のフレーバー“香味ねぎ塩ラーメン”といった文言が大きく看板に掲載され、電飾が輝く国道沿いのラーメン屋によく見かける店舗外観をイメージ、非常にインパクトのあるシリーズ名やCMでも流れていたため気になっている方・ご存知の方も多いのではないでしょうか?(この店舗…どこかに似ているような似ていないような。。)

日清これ絶対うまいやつ! 香味ねぎ塩 パッケージ

一方こちらには…“ねぎ油が香るにんにくのきいた濃いめの塩ラーメン この間違いねぇ味をずっと待ってたんだ。”と記載され、本商品は麺とスープのみの仕様となっているんですが、お好みで盛り付けられた仕上がりイメージ写真なんかも掲載されており、ポークの旨味をベースに“ねぎ油”と“ごま油”の香り、そして“にんにく”をガツンと利かせた濃厚な塩ラーメンと言えばチャーシューやメンマ、味付煮卵や“刻みねぎ”など…様々な具材が合いますからね!ぜひお好みのトッピングでじっくり味わってみると良いでしょう!

また、こちらには“「これ絶対うまいやつ!」思わずそう言いたくなる店がある。いつも通る国道沿いの看板がギラギラ輝くラーメン屋。濃いめのスープに、ひとくせ油。あぁ、すげぇうまそうじゃねぇか。これはもう、食べる前からわかるやつ。”と記載され、あっさりとした塩ラーメンのイメージを覆す濃厚なテイストに仕上がっているようで、後ほど詳しくご説明しますが、ポークの旨味がベースとなっているものの…ギトギトとした脂っこさといった印象は全くありませんので、お好みによってはラードなんかを加えて濃厚・こってり感を際立たせてみても良いかもしれません。

ちなみにこれまで登場した“絶対うまいやつ!”シリーズのスープには、それぞれ“ひとくせ油”と呼ばれる味の決め手とも言える調味料が各種別添されているんですが、今回ご紹介する“香味ねぎ塩”には特にそういった記載はなく、恐らく“ねぎ油”と“ごま油”の香りを加えたことで“ねぎ塩だれ”のような濃い目のテイストに仕立て上げ、そこに“にんにく”の旨味がさらに食欲をかき立てているようですね!これはなかなか楽しみな一杯!

他にも今回の“香味ねぎ塩”の特徴として…麺は中細ストレート仕様、つるっと滑らかでコシのある食感に仕上がり、思ったよりもずしっとした密度感のあるノンフライ麺が採用されており、ポークの旨味をベースに“ねぎ油”と“ごま油”の香りや“にんにく”の旨味を加えたことで濃厚な塩スープが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

塩味というとどうしてもあっさりとしたテイストをイメージしてしまうかもしれませんが…この“香味ねぎ塩”に関してはポークの旨味が想像以上にコクのある味わいを表現し、なんと言っても“にんにく”の風味が割と強く利いているせいかパンチのある力強いフレーバーとなって表現されており、もちろん脂っこさやドロッとした感じはないものの、メリハリの付いた旨味溢れる塩スープに噛み応えのあるノンフライ仕様の中細ストレート麺がよく絡み、まさに万人受けするかのようなシリーズらしい満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせないコクや“にんにく”のパンチを利かせた後味の良い塩スープに“ねぎ油”と“ごま油”の風味を利かせ、まさに“ねぎ塩だれ”のような濃くて美味いフレーバーをじっくりと味わいたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は見るからに味の想像が付く「これ絶対うまいやつ!」といったフレーズをそのまま冠した袋麺のブランド“日清これ絶対うまいやつ!”第4のフレーバーとなるポークの旨味をベースにした塩スープに“ねぎ油”と“ごま油”、そして食欲そそる“にんにく”を利かせた濃いめの味わいに仕上げ、そこに歯切れの良い中細ストレート麺が絡む美味い一杯、「日清これ絶対うまいやつ! 香味ねぎ塩」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清これ絶対うまいやつ! 香味ねぎ塩

今回ご紹介するインスタントラーメンは、食べる前からしてすでに美味しそうな「これ絶対うまいやつ!」といったフレーズをそのままブランド名として採用し、第1弾として2020年9月14日に3種同時発売された袋麺シリーズ“これ絶対うまいやつ!”シリーズ第4の新フレーバーということで、国道沿いにいつもあるラーメン店の濃厚で美味い味わいをイメージして作られたパンチのある塩スープに“ねぎ油”と“ごま油”、そして“にんにく”の旨味・風味を加えることによってコク深く濃厚な美味しさが際立った満足度の高い一杯、“日清これ絶対うまいやつ! 香味ねぎ塩”となっています。

ちなみにこの“これ絶対うまいやつ”シリーズには各種3パック入っていて、若年ファミリー層が使いやすいように3食パック仕様としているようで、これで税別285円ならかなりリーズナブルな袋麺とも言えるのではないでしょうか?(お好みで追加する別途チャーシューや各種野菜などのトッピングは別として…)

通常袋麺と言えば大抵5食入りとなっているんですが、3食なら税抜き285円と商品自体も安いですし最近のファミリー層なら一度に余すこともありませんから…ちょうど良いボリューム感として全3種類を気軽に楽しむこともできそうですね!ご覧の通りパッケージを開けてみると…このように小分けされたパックが3つ入っています。

一方こちらには“これ絶対うまいやつ! 香味ねぎ塩”の調理の一例として…ポークの旨味をベースに“ねぎ油”と“ごま油”、“にんにく”を加えた濃いめの塩ラーメンを表現、そこに相性の良いチャーシューやメンマ、“ねぎなどが盛り付けられた本格感のある仕上がりイメージなんかも掲載されているように、今回の袋麺には麺とスープのみのシンプルな仕様となっているため、お好みで野菜や肉類、煮卵などを加えて味わってみるとより一層旨味溢れる味わいが堪能できることでしょう!

この辺りのテーマとしては下記の公式ページにも記載されているように、安定感のある定番メニューの濃くて美味い一杯が食べられる国道沿いのラーメン店…といったイメージの味わいを袋麺に再現しているとのことで、王道とも言えるテイストに“にんにく”を利かせた濃厚な味わい表現し、より一層臨場感のある深み・コクを際立たせているようですね!

まるで国道沿いのあのラーメン。”濃くてうまい” 袋麺の新ブランド
引用元:「日清これ絶対うまいやつ!」3品 (9月14日発売) | 日清食品グループ

このように“日清これ絶対うまいやつ!”シリーズから新たに登場したフレーバーには、今回ご紹介する“香味ねぎ塩”以外にも以下の3種類が現在も発売されています!こちらはそれぞれ“背脂”や“黒マー油”、“香味野菜油”を“ひとくせ油”として使用し、旨味を引き立てているようでしたので、好みのフレーバーに各種香辛料やトッピングなどを加えて味わってみると良いでしょう!

それでは、今回の“日清これ絶対うまいやつ! 香味ねぎ塩”がどれほどポークの旨味を利かせた濃厚な仕上がりとなっているのか?“ねぎ油”と“ごま油”、さらに食欲そそる“にんにく”を利かせたパンチのある口当たりとの兼ね合いはもちろん、何と言ってもノンフライ仕様の中細ストレート麺といった密度感の高い食べ応え抜群な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り311kcal(めん・かやく262kcal / スープ49kcal)となっております。(塩分は6.5g)

カロリーは、ポークの旨味を活かしたコク深いテイストながらも…やはり塩スープということもあって非常に低い数値のようですが、一方で塩分はやや高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり96g、麺の量は75gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみるとスープだけだと49kcalとこちらもポークを利かせた濃厚なテイストの割に低めな数値となっていることから、食欲そそる“ねぎ油”と“ごま油”の香り、“にんにく”の旨味・風味をしっかりと利かせたことで物足りなさを一切感じさせることもなく、これまでの塩スープの概念を覆すコク深い仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、豚脂やポークエキスをはじめ…

  • 食塩
  • 香辛料
  • 植物油脂
  • ねぎ調味油

といった、ポークの旨味をベースに食欲そそる“ねぎ油”と“ごま油”の香りや、“にんにく”をしっかりと利かせた濃いめの塩スープに仕上げ、キリッとしたシャープな飲み口と絶妙にマッチしたことで物足りなさを感じさせない安定感のある味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…食塩やチキン調味料といった材料が確認でき、ほどよく味付けが施されていることが確認できます!

JANコード4902105111079
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、植物油脂、卵粉、チキン調味料、大豆食物繊維)、スープ(たん白加水分解物、豚脂、ポークエキス、食塩、糖類、香辛料、植物油脂、ねぎ調味油)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、かんすい、リン酸Ca、香料、カラメル色素、酸味料、カロチノイド色素、増粘剤(キサンタンガム)、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (96g) 当たり]
熱量311kcal
めん: 262kcal
スープ: 49kcal
たんぱく質8.8g
脂質5.0g
炭水化物57.6g
食塩相当量6.5g
めん: 2.2g
スープ: 4.3g
ビタミンB10.11mg
ビタミンB20.16mg
カルシウム115mg

引用元:日清これ絶対うまいやつ! 香味ねぎ塩 3食パック | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り袋麺らしく麺と調味料のみといったシンプルな内容となっていて、具材などは一切入っておりませんので、お好みの追加トッピングを予め用意しておくと良いでしょう!

今回はポークの旨味を利かせた上に“ねぎ油”と“ごま油”の風味が香り、さらに“にんにく”が加えられた濃い目の塩ラーメンですから…チャーシューやメンマ、“ねぎ”や味付煮卵なんかも相性抜群かと思われますので、シンプルに麺とスープで楽しむのも良し、たっぷり野菜でシャキシャキ食感を楽しむのも良いですね!

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、濃厚な塩スープとのことでポークの旨味と思われる脂が若干固まっている部分もありましたので、軽く揉んで脂をほぐしておくと良いでしょう。

ちなみに麺の方はというと…ご覧の通り中細ストレート仕様のノンフライ麺となっていて、袋麺らしい密度感のあるしっかりとした食べ応えを表現、湯戻りする以前からすでにほどよい弾力や歯切れの良いコシを併せ持った本格感のある仕様となっているようです!

調理してみた

では念のため作り方を見てみます。

  1. 鍋にお湯450mlを沸騰させ、麺を入れて4分間茹でる(好みの硬さによって調整)
  2. 予め液体スープを器に入れておく
  3. 麺がほぐれたら鍋からお湯だけを先に入れてスープを溶かす
  4. 最後に麺を入れて出来上がり(お好みで各種具材を追加する)

といった袋麺らしく非常に簡単な調理方法となっていて、基本は茹でるだけです!後はコンビニなどでもチャーシューやメンマなどがセットになった便利な具材が販売されているので、お好みで野菜などをトッピングしてみてください。

この辺りに関しては希に具材付きの袋麺なんかもありますが…ほぼ同様の仕様ですからね!何か一品だけでもあれば一段と美味しくなるかと思いますので、チャーシューや“もやし”だけでもあれば良いかもしれませんね!

ではさっそく鍋に450mlのお湯を沸騰させていきます!
その間に先ほどの液体スープを入れておきましょう!すると…ポークの脂には“にんにく”も含まれており、シリーズらしく濃厚な塩スープを思わせる濃いめな色合いで、脂自体はそこまで粘度のある状態ではありませんが、しっかりと絞って入れていきましょう。

後は、麺を茹でて熱湯から先に器に移して軽く混ぜ、麺を移せば出来上がりです!
今回は調味料1パックということもあって袋麺らしくめちゃくちゃ簡単ですね!

そして最後に具材をお好みで加えて完成となります!(今回はチャーシューとメンマを別途購入して追加してみました!)
すると…ポークの旨味を利かせた濃いめの塩スープに仕上がり、味の決め手となる“にんにく”によって思っていたよりもパンチのある味わいが引き立てられ、“ねぎ油”と“ごま油”の香りが食欲そそり…濃いめは濃いめでも決して脂っこさや“くどさ”は一切なく、幅広い層に好まれる後味すっきりとした一杯といった印象の出来上がりです。

ご覧の通りスープ表面には“ねぎ油”と“ごま油”などのほどよい油分が浮き、これがあっさりとした塩スープの印象を覆すコクを引き立て、調理感のある風味や“にんにく”の香りがまた食欲を掻き立ててきます。。

食べてみた感想

一口食べてみると…臭みのないポークの旨味を丁寧に利かせた塩スープには、あっさりとしていながらも“ねぎ油”と“ごま油”を加えたことによってコク深く厚みのある旨味を表現、しかし決してギトギトとした脂こってりといった感じではなく、あくまで旨味が凝縮された深みのある仕上がりで、キレとコクのある繊細で濃いめなテイストは最後まで飽きる事もありませんし、なにより“にんにく”の旨味・風味がガツンとした味わいを引き立てているため、誰もが好む塩スープといったところでしょうか?

そのため、あっさりとした塩スープというわけではなく、ポークの旨味によるコク深さ、そして“ねぎ油”と“ごま油”の風味や“にんにく”が加わったことでパンチの強いテイストが楽しめる仕上がりで、基本的に麺とスープのみの袋麺となっているので追加トッピングとしてチャーシューやメンマなど自分好みの具材を加えてみると満足度も増して楽しめるかと思われます!(そもそもスープが非常に美味しいので夜食なら具材なしの“素ラーメン”でも良いかもしれませんね!)

さらにこれまで発売された“これ絶対うまいやつ”シリーズに使用されている“ひとくせ油”は特に記述されていませんでしたが…(この“香味ねぎ塩”の場合は“ねぎ油”と“ごま油”なんですかね?)“にんにく”の旨味・風味が加わったことで強烈に食欲を掻き立てますので、塩スープを美味しく引き立てる旨味はもちろん、ポークによるほどよいコクがベースとなったことで安定感のある味わいがバランス良く、幅広い層に好まれる一杯であることに間違いないでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り中細・ストレート仕様で、ほどよい弾力と歯切れの良い強いコシを兼ね備え、すすり心地抜群なノンフライ麺となっています!この辺りに関しては袋麺らしくクオリティが高いですね!

そんな中細ストレート麺には、ポークの旨味をベースにキレの良い塩ダレを合わせたコク深く安定感のある味わいに調理感のある“ねぎ油”と“ごま油”の風味や食欲そそる“にんにく”を利かせた濃いめの塩スープがよく絡み、一口ずつにコク深くメリハリの付いた味わいが口いっぱいに広がっていき、“ねぎ油”と“ごま油”といった風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!

他にも今回はトッピングとしてチャーシューを加えてみたんですが間違いないですね!スープと馴染ませて旨味を引き立ててみても良いですし、こうして麺に絡めていただくと…より一層肉の旨味が口いっぱいに広がっていき、満足度の高い味わいが堪能できるため、予めお好みの具材を各種用意しておいても良いでしょう!“刻みねぎ”なんかも後味さっぱりと感じさせるので良いかもしれません!

また、メンマなんかも幅広いジャンルに合うのでおすすめです!
コリコリとした食感や味付けされた素材の旨味がちょうど良いアクセントとなって塩スープを引き立ててくれます!…というか袋麺はこういったお好みの具材を追加したり、香辛料や調味料でアレンジできる点が醍醐味でもありますので、素ラーメンはもちろん自分好みの味わいでじっくりと味わってみたりと色々と楽しめます!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り臭みのないポークの旨味をベースにキレの良い塩ダレをバランス良く合わせ、そこに“ねぎ油”と“ごま油”の調理感のある風味が相性良く馴染み、さらに食欲そそる“にんにく”がパンチのあるテイストを引き立て、あっさりとした塩スープの概念を覆すコク深く濃い目の味わいがクオリティ高く表現されています!

なるほど…“香味ねぎ塩”とは“ねぎ油”と“ごま油”による風味豊かな香りと“にんにく”の旨味による文字通り香味野菜をうまく活かした一杯のようで、ポークをベースにしたことで厚みのある旨味やほどよいコクをプラス、それによってキリッとした塩スープながらも後引く旨味がクセになる味わいに仕上げているわけですね!これはシリーズらしく濃くて美味い一杯であることに間違いありません。(その後、夜食としても食べましたが、具材なしでも十分美味しいです。)

また、今回の“絶対うまいやつ! 香味ねぎ塩”は香味野菜の旨味や風味をバランス良く利かせたことで、あっさりとした塩スープの単調なイメージではなく、ほどよい濃厚感というか…深みのある味わいを表現し、もちろんポークの脂っこさは一切ありませんから、最後まで飽きることなく楽しめることと思われます!

他にも、シンプルにポークの旨味に塩ダレを合わせたキレ・コクのあるシャープな飲み口と深みのある味わいがバランスが良く融合し、塩ラーメンの良さも踏襲しつつも香味野菜の旨味を加えた濃いめの美味しさに仕上がっているため、ついついスープが止まらなくなりますね。。

このように、今回の“日清これ絶対うまいやつ! 香味ねぎ塩”は、ポークをベースにした塩スープということで厚みのあるコクや相性抜群な“ねぎ油”と“ごま油”による調理感のある風味を合わせ、そこに食欲そそる“にんにく”がバランス良く加わったことによって深みのある旨味が際立ち、濃いめとは言え…キレの良い後味すっきりとした塩スープに仕上がり、なんと言っても歯切れの良い中細ストレート麺といった袋麺ならではの本格感のある麺が絶妙にマッチしたメリハリのある一杯となっていたため、お好みによってはチャーシューや各種野菜などの具材や塩スープと相性の良いペッパー系の香辛料を加えて美味しさをさらに際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「日清これ絶対うまいやつ! 香味ねぎ塩」を食べてみて、ポークを利かせた塩スープに香味野菜をバランス良く合わせた濃い目の味わいに仕上がり、特に“ねぎ油”と“ごま油”の風味がほどよい調理感を表現し、さらになんと言っても“にんにく”の旨味や風味がガツンとしたパンチのある口当たりと食欲そそる香りを演出、それによってあっさりとした塩スープを覆す何度食べても飽きの来ない後味すっきりとした美味しさに際立ち、濃厚は濃厚でもメリハリの利いたコク深く安定感のあるテイストが印象的で、袋麺ならではの本格感のある食感を表現したノンフライ仕様の中細ストレート麺と絶妙にマッチした満足度の高い一杯となっていました!

やはり“これ絶対うまいやつ!”シリーズは文字通り安定感もあって美味しいですね!ポークの利かせ具合や塩気の強さ、そして香味野菜の風味や旨味とのバランスの良さは、万人受けするかのようなコク深く安定感のある塩スープに仕上げ、脂っこさは全くなく旨味を凝縮した濃いめのスープが表現されていたため、お好みの具材などを追加トッピングしてみると、より一層満足度も増して楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!