【ペヤングの新商品】からしMAXやきそば 食べてみました!
カップ麺

くらこんカップ麺!サッポロ一番 くらこん塩こんぶ使用 鶏だし塩鍋風うどん 食べてみました!

くらこんカップ麺!サッポロ一番 くらこん塩こんぶ使用 鶏だし塩鍋風うどん 食べてみました!

2018年1月9日にサンヨー食品から発売された「サッポロ一番 くらこん塩こんぶ使用 鶏だし塩鍋風うどん」を食べてみました。

この商品は、“塩こんぶ”をはじめとする加工メーカー“くらこん”監修の元商品化されたもので、もちろん“くらこん塩こんぶ”を使用した鶏のダシを利かせた塩鍋風のうどんとなっております!

特徴としては、商品名にある通り、鶏のダシを利かせたあっさりとした塩味のスープに“くらこん”の塩こんぶが味に深みを出している上に、ごま油によって風味豊かに仕上がった一杯です。

実際に食べてみましたが、それ以外にも鰹のダシなんかも含んでいるため、まさに鍋のように煮詰まったような旨味を凝縮した美味しさを感じる塩味のうどんに仕上がっていました!

ちなみにこちらの商品は、コンビニでは見かけませんでしたが…イオンの系列店“まいばすけっと”にて取り扱いしておりました。
また、同日に「ごま油香る塩ラーメン」も一緒に発売されていますね。

では、今回はこの「サッポロ一番 くらこん塩こんぶ使用 鶏だし塩鍋風うどん」についてレビューしてみたいと思います。

サッポロ一番 くらこん塩こんぶ使用 鶏だし塩鍋風うどんについて

今回ご紹介するカップ麺は“くらこん”監修の商品ということで、ご覧の通りパッケージには“くらこん塩こんぶ”公式キャラクターである“塩こん部長”のイラストが描かれています。

そして、今回の特徴である“塩こんぶの旨味と鶏だしがきいた塩味の鍋風スープ!”と記載されていますね。これは鶏のダシと塩こんぶとの組み合わせがどういった仕上がりとなっているのかが気になります。。

f:id:yuki53:20180121150048j:plain

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り312kcalとなっております。(塩分は5.8g)

塩分はそれなりといったところですが、カロリーはやや低めにも感じられますね。
これは同時に発売された「ごま油香る塩ラーメン」とほぼ同じ仕様のようです。

f:id:yuki53:20180121150049j:plain

では原材料も見てみます。
スープにはチキンエキスや豚脂、かつお節エキス、野菜エキスといった材料が並び、鶏ダシを利かせた塩スープということが確認できますが、鶏のダシ以外にも魚介系や野菜の旨味なんかも含まれているようです。

f:id:yuki53:20180121150050j:plain

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやくと液体スープといった2つの調味料などが入っています。

f:id:yuki53:20180121150051j:plain

そして、麺はもちっとした食感が想像できそうな太めなうどんとなっています。
また、すでにかやくのキャベツが入っていることが確認できます。

f:id:yuki53:20180121150052j:plain

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。
かやくにはもちろん、“かねふく塩こんぶ”が入っていて、他には味付卵や人参が入っているようです。

f:id:yuki53:20180121150053j:plain

熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりに先ほどの液体スープを入れたところがこちら!

様々な旨味を利かせたと思われる塩味のあっさりとした香りがしますが、中でも野菜の旨味が特に強めに香る出来上がりです。

f:id:yuki53:20180121150054j:plain

では、よーくかき混ぜてみましょう。
かなり透明感のあるスープには、野菜の旨味を感じる風味が塩味とともに漂い、ほんのりと香る塩こんぶの風味が良いアクセントとなっているようです。

f:id:yuki53:20180121150055j:plain

食べてみた感想

一口食べてみると…優しい口当たりの塩スープには様々な旨味が利いているため、じんわりと染みる味わい深い仕上がりとなっています。

さらに、塩こんぶの風味と鶏のダシが特徴的であり、この商品ならではの美味しさを表現しているようです。

麺について

麺はご覧の通り、つるっとした食感がすすり心地の良さを感じさせてくれる食べ応えのあるうどんに仕上がっています。

このうどんには、ダシの利いたあっさりとした塩味のスープがよく絡み、一口ずつ塩こんぶや野菜の風味が美味しく抜けていきます。

f:id:yuki53:20180121150100j:plain

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“くらこん塩こんぶ”が入っているんですが、こちらは塩味のスープとの相性ももちろん良く、ほどよく食感もあるので、今回のカップ麺の中で良いアクセントとなっている具材のひとつです。

f:id:yuki53:20180121150059j:plain

また、こちらの味付卵はふっくらとした仕上がりとなっていて、塩味のスープとは対照的とも言えるマイルドな味わいを感じます。

f:id:yuki53:20180121150056j:plain

他にも人参やキャベツといった具材が入っていて、野菜の旨味を利かせたスープにもぴったりな具材として“くらこん塩こんぶ”の旨味を引き立てています。

f:id:yuki53:20180121150058j:plain
f:id:yuki53:20180121150057j:plain

今回の商品は、鶏だしを利かせた塩鍋風というだけあって、それに合うように野菜の旨味が強く感じられます。そのため、こういった野菜の具材の味わいも活きてきますね!

スープについて

スープはご覧のように透き通った塩味のスープとなっていて、鶏のダシが利いていますが、塩こんぶの旨味を活かすためなのか…やや弱めにも感じられますね。

そのため、野菜の旨味が強調され、全体的にあっさりとした味わいとなっているようです。なので、少し物足りなさを感じる方もいるかもしれませんが、濃い味がお好みの場合は、少しお湯を少なめにして調理した後で調整してみても良いかもしれません。

また、公式ページによるとごま油も利かせてあるとのことでしたが、個人的にはそこまで風味は感じられませんでしたね。。

f:id:yuki53:20180121150101j:plain

まとめ

今回は「サッポロ一番 くらこん塩こんぶ使用 鶏だし塩鍋風うどん」を食べてみましたが、“くらこん塩こんぶ”の旨味を活かしたバランスの取れた味わいは、塩味のあっさりとした食べやすさに加えて風味ともに美味しく仕上がった一杯でした。

これは「ごま油香る塩ラーメン」とも対照的な一杯でしたので、比べてみても面白いかもしれませんよ!

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です