カップ麺

ラッキーマヨネーズおかき味油そば!強い酸味がクセになる美味いカップ麺

ラッキーマヨネーズおかき味油そば

“ラッキーマヨネーズおかき”の味わいをイメージしたカップ麺「ラッキーマヨネーズおかき味油そば」を食べてみました。(2020年1月28日発売・サンヨー食品/ローソン限定)

このカップ麺は、千葉県の米菓メーカー“株式会社三真”から発売されているマヨ好きにはたまらないスナック菓子“ラッキーマヨネーズおかき”とのコラボ商品ということで、“ラッキーマヨネーズおかき”ならではの強めに利かせたマヨネーズの酸味がクセになるマヨラーには見逃せない一杯、“ラッキーマヨネーズおかき味油そば”となっております。(税込228円)

ご覧の通りマヨネーズを連想させる配色によって、なんとも可愛らしくシンプルなイラストパッケージが印象的なため、数多く陳列されたカップ麺の中でも逆に目立っていて、特に仕上がりイメージなんかは掲載されていないんですが…原材料を見る限り具材には…キャベツ、鶏・豚肉味付肉そぼろが使用されているようです!

また、特徴として下記を参考にすると…“ラッキーマヨネーズおかき”最大の特徴であるマヨネーズの味わいを思う存分楽しめるのはもちろん、ブラックペッパーを利かせたスパイスの辛味をうまく合わせたことによって最後まで飽きさせない工夫が加えられているようですね!

さらに後ほど詳しくご紹介しますが、煮干しや昆布など魚介の旨味に香味油によるガーリックの風味なんかもマヨネーズの美味しさを引き立て、濃厚感・こってり感のある“油そば”といったテイストを最後まで飽きの来ない味わいとして表現しています!

程よい酢の酸味を利かせたコクのあるマヨネーズと、ブラックペッパーを利かせた味わいが特長です。
引用元:酸味がクセになる?「ラッキーマヨネーズおかき」とコラボしたポテチとカップ麺が登場!|ローソン研究所

一方こちらパッケージ側面には今回の“ラッキーマヨネーズおかき味油そば”についての簡単な説明が記載されていて、こちらによると…“マヨラーの方でなくても、やみつきになってしまうおかき「ラッキーマヨネーズおかき」風味の油そば”と記載されており、あくまで“ラッキーマヨネーズおかき”の味わいをイメージしたもので、“ラッキーマヨネーズおかき”を実際に使用しているわけでもなく、丸和油脂(株)製“ラッキーマヨネーズ”を使用しているわけでもないようです!(ややこしい。。笑)

そもそも“油そば”は、濃厚ダレをベースにお好みの具材をトッピングして思い切り混ぜていただくという…旨味に旨味を重ねる醍醐味がありますから、酸味の強いマヨネーズもそのひとつとしてコク深い濃厚感・こってり感を加え、さらにブラックペッパーによってほどよい辛みのアクセントとなり、それがついつい止まらなくなるようなクセになる味わいを表現しているようですね!

他にも特徴として…麺にはしっかりとした弾力が感じられる太麺が採用され、マヨネーズの酸味・風味とブラックペッパーがこってり感のある“油そば”ならではのタレとして絶妙にマッチし、思う存分マヨネーズならではの酸味や旨味を最後まで飽きることなくがっつりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

マヨネーズならではの美味しさが凝縮されたタレには、思っていたよりもガーリックやブラックペッパーなどが利き、それによってコク深い濃厚感がうまく調和され、食べ応えのある太麺とともに満足度高く食欲を満たしてくれる…そんなガツンとした“油そば”となっていました!
これは特にマヨネーズ好きな方はもちろん、酸味と辛みが絶妙にマッチした食べ応えのある“油そば”を気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はマヨネーズの酸味がクセになる“ラッキーマヨネーズおかき”とのコラボ商品で、酸味と辛みが油そばにバランス良くマッチした食べごたえのある一杯、「ラッキーマヨネーズおかき味油そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ラッキーマヨネーズおかき味油そば

今回ご紹介するカップ麺は、マヨ好きにはたまらないスナック菓子“ラッキーマヨネーズおかき”とのタイアップによるカップ麺で、マヨネーズの酸味や風味を利かせた濃厚なタレにブラックペッパーや魚介の旨味、さらに香味油によるガーリックなどを加えたことで最後まで飽きの来ないマヨラーに超おすすめのクセになる一杯、“ラッキーマヨネーズおかき味油そば”となっています。

ラッキーマヨネーズおかき味油そば パッケージ

ちなみに、この“ラッキーマヨネーズおかき”という“おかき”を製造・販売している株式会社三真とのコラボカップ麺と言えば…以前ご紹介した“ネギ”の美味しさが思う存分楽しめる“三真 ネギバカ”とのコラボカップ麺も大変話題となっていましたね!こちらもなかなか斬新なパッケージでかなり気になっていた方も多いのではないでしょうか?

青ネギオイル仕立てのネギバカ にんにく塩ラーメン
「ネギバカ」のカップ麺 “青ネギオイル仕立てのネギバカ にんにく塩ラーメン” ネギバカおかき風味の美味い一杯「青ネギオイル仕立てのネギバカ にんにく塩ラーメン」を食べてみました。(2019年12月17日発売・サンヨー食品/ローソン限定) ...

それが今回は“ラッキーマヨネーズおかき”とのタイアップということで、カップ麺以外にも“ラッキーマヨネーズポテトチップ”が同時発売されています!(“ラッキーマヨネーズおかき”も2020年1月28日よりローソンにて取扱開始!)気になる方はこのカップ麺や“おかき”とともにローソンにてお探しください!

…というか株式会社三真が商品展開する“おかき”には、他にも様々なテイストがありますから、今後の商品展開なんかも非常に気になるところではあります。。

それでは、今回の“ラッキーマヨネーズおかき味油そば”がどれほどマヨネーズの旨味や酸味が強く利かせた仕上がりとなっているのか?マヨネーズならではのこってり感を調和させるブラックペッパーとの兼ね合いはもちろん、魚介の旨味やガーリックの利かせ具合、そしてなんと言っても食べ応え抜群な太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り638kcalとなっております。(塩分は4.2g)

カロリーは、マヨネーズの味わいを際立たせた“油そば”ということもあってかなり高い数値のようですが、一方で塩分はやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり131g、麺の量は100gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

タレには、植物油脂やマヨネーズをはじめ…

  • 粉末醸造酢
  • 香辛料
  • 香味油
  • しょうゆ
  • 野菜粉末
  • 魚介エキス(魚介類)
  • 昆布エキス
  • かつお節粉末

といった、“ラッキーマヨネーズおかき”の酸味や風味が利いたタレには、ブラックペッパーや魚介の旨味、さらに香味油に含まれるガーリックの旨味が最後まで飽きさせない味のメリハリを加えた食べ応え抜群な味わいを想像させる材料が並びます。

原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩)、ソース(植物油脂、マヨネーズ、糖類、粉末醸造酢、香辛料、食塩、香味油、しょうゆ、野菜粉末、魚介エキス(魚介類)、酵母エキス、昆布エキス、かつお節粉末、たん白加水分解物)、かやく(キャベツ、鶏・豚肉味付肉そぼろ)/調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、香料、クチナシ色素、香辛料抽出物、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・魚介エキス(魚介類)を含む)

栄養成分表示 [1食 (131g) 当たり]
熱量638kcal
たんぱく質11.7g
脂質33.6g
炭水化物72.2g
食塩相当量4.2g
カルシウム233mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り特製粉末ソース、調味油、特製マヨネーズといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特にソースは粉末仕様、さらに調味油には香味油などを含んだ風味豊かな油分と思われ、仕上げにはさらに特製マヨネーズを加えていただくという…まさにマヨネーズの旨味・酸味を思う存分に楽しめる一杯のようですね!

また、麺はご覧の通り太麺・油揚げ麺となっていて、見るからに弾力あるもっちり感やほどよいコシが表現されたことによって食べ応え抜群な仕様となっているようです!

その太麺の裏側には…ご覧の通り具材として使用されているキャベツ、鶏・豚肉味付肉そぼろが入っています。

調理してみた

では念のため調理方法を見てみると…汁なしカップ麺ということで湯切りが必要となるわけですが、お湯を捨てた後はまず調味油から混ぜ合わせ、その後に特製粉末ソースを太麺に馴染ませていくようですね!

そして仕上げは、マヨネーズによってこってり感を演出して完成となるわけです!

それでは熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:600ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺がさらにふっくらとした仕上がりとなり、ほどよいもっちり感が加わったことによるしっかりとした食べ応えが表現された一杯…といった印象の出来上がりです。

では、調理方法によってまずは調味油から注いでいきます!
すると…こちらは無色透明な油分となっていて、やはり香味油が含まれているようで、食欲そそるガーリックのような香味野菜の旨味がさりげなく香り立ちます!

では軽く麺と馴染ませていきましょう!
ほどよい油分となっているため、次に加える粉末ソースに対するちょうど良い潤滑油の役目にもなっているような気もしますね!

そして調味油が太麺に馴染んだら…続いて先ほどの特製粉末ソースを加えていきます!
こちら粉末状となっているんですが、不思議とマヨネーズ特有の酸味が強い風味が一気に広がっていき、それ以外にも原材料にも記載されていたような魚介の旨味やブラックペッパーなどの香辛料が加わっているようで、非常に風味が良いですね!マヨネーズのこってり感にうまく塩気・辛みがバランス良く利いているようです!

ちなみにこの粉末ソースは思ったよりも量が多く、たっぷりと旨味が凝縮されていることが伝わってくるのはもちろん、マヨネーズのこってり感だけでなく、しっかりとした味の濃さが表現されているようで脂っこさといった印象も全くありません!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
先に調味油を加え馴染ませておいたので、粉末ソースとは言っても割とすんなり太麺にコーティングされていきます!

さらに最後には、先ほどの特製マヨネーズを加えて完成となります!
こってり感が気になる方は、味の様子を見て加えていくと良いでしょう!

こうして完成となるわけですが、思ったよりもマヨネーズとしてイメージさせるこってり感はなく、酸味の強い風味に加え、魚介の旨味や香辛料がなんとも食欲をかき立てます。。

これはマヨラーにはたまりませんね!“おかき”らしい香ばしさは感じられないものの…最後まで飽きさせない味わいを表現するためにブラックペッパーなどの香辛料がしっかりと利いているため、お好みによっては追いマヨしても良いくらいです!!

食べてみた感想

一口食べてみると…このジャンク感というか、スナック感のある旨味が魚介やブラックペッパーなどによってうまく表現され、マヨネーズの旨味・酸味を美味しく引き立てています!これは美味いですね!

なんと言ってもこのバランスはかなり良いのではないでしょうか?確かにマヨネーズらしい濃厚な味わいや風味が思う存分楽しめるわけですが、上記のようにブラックペッパーなどの香辛料やほどよい塩気のある口当たりのキレが加わっているため、まるで飽きの来ない味わいに仕上がり、絶妙なバランスとしてコク深いマヨネーズを味わえるでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り太麺仕様によって、ほどよい弾力のある食感と歯切れの良い強いコシがあり、それによってしっかりとした食べ応えを感じられるかと思われます!

そんな太麺には、マヨネーズの旨味がたっぷりと利いたタレがよく絡み、一口ずつにブラックペッパーや魚介、さらに香味油に含まれるガーリックなどが絶妙なバランスとなった味わいが口いっぱいに広がっていき、酸味の利いたマヨネーズ特有の風味が後味良く抜けていきます!

そして、食べはじめに少し多く特製マヨネーズを付けて食べてみると…この特製マヨネーズ自体こってりとした仕上がりではないようで、全く“くどさ”を感じることもなく、旨味溢れる酸味の利いた味わいがより濃厚に楽しめるでしょう!これがまた美味い!!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“鶏・豚肉味付肉そぼろ”が入っていて、やや小ぶりではありますが、しっかりと味付けが施されていることが伝わって来る仕上がりとなり、噛むとじゅわっと滲み出て来る肉の旨味が美味しいですね!

そのため、濃厚なソースがしっかりとコーティングされた太麺と一緒に味わってみると、より一層旨味が引き立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらのキャベツは、思ったよりも多く使用されていて、大きめにカットされていることもあってシャキシャキとした食感が心地良く、今回の一杯に丁度良い食感としてのアクセントがプラスされているようです!

タレについて

タレは、“油そば”らしくこってりとしたテイストではありますが、そのマヨネーズの旨味をうまく調和させるかのように魚介やブラックペッパーが味にメリハリを加え、さらに醤油ベースでしょうか?キレの良い口当たりなんかも感じられるため、濃厚でありつつも“くどさ”といった脂っこさなどは一切なく、最後までじっくりとマヨネーズの味わい・酸味が堪能できる仕上がりとなっています!

ただ、この強い酸味はマヨネーズだけでなく、原材料にも記載されていたように醸造酢も後押ししたことによって表現されており、そういった点でもマヨネーズらしいこってり感が控え目に感じられるのかもしれません!

そして個人的に特筆すべきところは…ちょうど良い塩加減や旨味として魚介系が酸味の強いタレに溶け込んでいる点で、ブラックペッパーも利きすぎることなくマヨネーズの美味しさに対して良い引き立て役となり、今回の“ラッキーマヨネーズおかき”をこってりとした“油そば”に再現した味わいは恐らくパッケージからは想像も付かないのではないでしょうか?

このように、今回の“ラッキーマヨネーズおかき味油そば”は、マヨネーズの味わいを様々な旨味・香辛料によって最後まで飽きることのない工夫が施され、特に濃厚でありながらも心地良い酸味やブラックペッパーによるメリハリのある辛みがより一層美味しさを際立たせる絶妙なバランスとして仕上がっていたため、お好みによってはさらにマヨネーズを追加してみても良いでしょう!

まとめ

今回「ラッキーマヨネーズおかき味油そば」を食べてみて、酸味を利かせたコク深いマヨネーズの旨味をベースにした“油そば”には、魚介の旨味やガーリック、そしてブラックペッパーによるアクセントによって最後まで全く飽きさせない仕上がりとなり、文字通り思う存分マヨネーズの味わいが楽しめる食べ応え抜群な一杯となっていました!

そして今回は“ラッキーマヨネーズおかき”とのタイアップでしたが、“三真”では他にも色々なテイストの“おかき”などが発売されているため、今後の商品展開にも期待したいところではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!