カップ麺

丸大食品監修 スンドゥブ辛口味 うどん!“あさり”の旨味を利かせた後引く辛みがクセになる一杯

丸大食品監修 スンドゥブ辛口味 うどん

丸大食品監修 スンドゥブ辛口味 うどん」を食べてみました。(2020年11月16日発売・サンヨー食品)

この商品は大手食品メーカー“丸大食品”とコラボし、豆腐ひとつで本格感のあるスンドゥブ鍋が楽しめる同社の人気商品“スンドゥブ 辛口”の味わいをカップ麺に再現したもので、ポークの旨味をベースに“あさり”などの魚貝出汁を利かせた後引く辛み・旨味がクセになる一杯が登場です!

それも…上記の通りポークや“あさり”などの染み渡るかのような魚貝出汁をしっかりと利かせたスープには、食欲そそるガーリックの旨味や唐辛子のピリッとした辛みが加えられ、キレ・後味すっきりとした味わいに食感滑らかな“うどん”がマッチしたクセになる一杯、“丸大食品監修 スンドゥブ辛口味 うどん”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには“あさりの旨みがきいたうどん”と記載されているように、そもそもこの“スンドゥブ”とは…豆腐を意味し、正確には“スンドゥブ鍋(スンドゥブチゲ)”の味わいをイメージしたフレーバーということで、魚介系・魚貝出汁をうまく活かした味わいに食欲そそる辛みを利かせたやみつき感のあるテイストというわけです!しかも“辛口”と記載されているように割と強めの辛さが表現されていることが伝わってきますね!

一方こちらには…ポークや“あさり”などの魚貝出汁の旨味を味噌ベースのコク深いスープにしっかりと利かせた奥深くも後引く辛さがクセになるスンドゥブ鍋ならではの赤みを帯びた旨辛スープといった仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…豆腐・ねぎ・唐辛子が使用されているようです!

今回は“スンドゥブ 辛口”ということもあって、唐辛子ならではの赤みを帯びた辛みオイルなど…食欲そそる刺激的な辛さは見ているだけで食欲を掻き立てられますね!!これからの季節にもぴったりではないでしょうか?

また、こちらには“本製品は「丸大食品 スンドゥブ 辛口」の味わいをイメージしたカップめんです。「丸大食品 スンドゥブ 辛口」は使用していません。”と記載され、あくまで“丸大食品”とのコラボによって同社監修の元、“スンドゥブ 辛口”の味わいをカップ麺に再現した一杯というわけですね!こういった魚介系・魚貝出汁を利かせたスープに辛みを利かせたテイストは個人的にも好みのテイストなので旨味を凝縮させた仕上がりには期待したいところ。。

そして、こちらには丸大食品の人気商品“スンドゥブ 辛口”そのものがイメージとして掲載されておりますが、上記の通りこの商品自体をスープに使用しているわけではありません!ただ…豆腐をはじめ、お好みの野菜を用意するだけで本格スンドゥブ鍋が楽しめるので常備しているという方も多いのではないでしょうか?(他にも“マイルド味”が発売されています。)
※実際の商品は300g×2人前となっています。

他にも特徴として…麺は厚みもあり幅広な“うどん”が採用されていて、つるっと滑らかな食感はもちろん、弾力のあるもっちり感やほどよいコシを併せ持ち、それによってポークをベースに“あさり”などの魚貝出汁などの魚介系の旨味をしっかりと利かせ、さらに食欲そそるガーリックや唐辛子を加えたことによって、汗をさそう辛口スンドゥブ鍋を彷彿とさせるスープが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“あさり”ならではの染み渡る魚貝出汁をポークの旨味がコク深い美味しさに引き立て、そこにガーリックや唐辛子をしっかりと利かせたことによって食べ進めていくに連れてポカポカと体温まる後引く辛み・旨味がクセになるスンドゥブ風スープが楽しめる満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、魚貝出汁を利かせたスンドゥブ鍋ならではの旨味・辛みのあるスープをカップ麺として気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は食品メーカー“丸大食品”とのコラボによって“スンドゥブ 辛口”の味わいをカップ麺に再現したもので、“あさり”特有の魚貝出汁をポークが引き立て、ガーリックや唐辛子を利かせた辛口仕様のクセになる一杯、「丸大食品監修 スンドゥブ辛口味 うどん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

丸大食品監修 スンドゥブ辛口味 うどん

今回ご紹介するカップ麺は、ハムやソーセージなどの製造販売メーカーでお馴染み“丸大食品”とコラボし、本格感のあるスンドゥブ鍋が気軽に楽しめる同社の人気商品“スンドゥブ 辛口”の味わいをカップ麺に再現したもので、ポークの旨味をベースに“あさり”などの魚貝出汁にガーリックや唐辛子を合わせたことで、後引く辛みがクセになるスープに仕立て上げ、そこににもっちりとした弾力の“うどん”が絶妙にマッチした食べ応えのある一杯、“丸大食品監修 スンドゥブマイルド味 ラーメン”となっています。

ご覧の通りパッケージは、辛口らしく赤を基調に“スンドゥブ味”、“あさりの旨みがきいたうどん”、“辛口”といった商品名や各種特徴が記載され、その背景には韓国の家庭料理であり、いかにも食欲そそる赤みを帯びたスンドゥブ風スープの仕上がりイメージが掲載されており、辛さレベルなどは特に記載されていませんが…見るからに汗を誘う辛口なテイストが表現されていることがよーく伝わってきますね!

丸大食品監修 スンドゥブ辛口味 うどん パッケージ

一方こちらには、サンヨー食品と老舗食品メーカー“丸大食品”のロゴが並べられ、今回のコラボカップ麺であることが確認できます!染み渡る出汁の旨味と汗を誘う辛みを利かせたスンドゥブ風スープはやみつき感がありますからね!どれほどの旨味が凝縮されているのか?非常に気になるところ。。

ちなみに今回は同じく丸大食品の人気商品“スンドゥブ マイルド味”をカップ麺に再現した一杯、“丸大食品監修 スンドゥブマイルド味 ラーメン”も同時発売されています!

また、2019年11月11日には“スンドゥブ辛口味 ラーメン”と“スンドゥブマイルド味 うどん”が縦型カップ麺として発売されていて、今回は“どんぶり型”で辛口味が“うどん”に、マイルド味がラーメンと…テイストが逆になっての登場となっているようです!

それでは、今回の“丸大食品監修 スンドゥブ辛口味 うどん”がどれほどポークや“あさり”など魚貝出汁を凝縮させた仕上がりとなっているのか?食欲そそるガーリックの旨味や唐辛子による辛口なテイストとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもつるっと滑らかな食感ともっちりとした弾力が特徴的な“うどん”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り316kcal(めん・かやく288kcal / スープ88kcal)となっております。(塩分は4.6g)

カロリーは、魚貝出汁を活かした染み渡るかのようなテイストということもあって、割と低めな数値となっていて、同じく塩分もやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり71g、麺の量は55gとのこと。(“どんぶり型”のカップ麺ではありますが、若干量は少なめということもあって夜食なんかにも良いかもしれませんね。)

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで88kcalと思ったよりも高めな数値を占めていることから、やはりポークの旨味をしっかりと利かせたコク深いスンドゥブ風スープに仕上がっていることをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や植物油脂をはじめ…

  • 豚脂
  • 香辛料
  • ポークエキス
  • 貝エキス
  • 油脂加工品
  • 魚醤(魚介類)
  • 加工大豆粉
  • みそ
  • 粉末豆乳

といった、ポークをベースに“あさり”など魚貝出汁を中心にスンドゥブ鍋を思わせる魚介系の旨味を凝縮させ、さらにガーリックや唐辛子を利かせた後引く辛みがクセになる味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901734041139
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩)、スープ(糖類、食塩、植物油脂、豚脂、香辛料、ポークエキス、貝エキス、油脂加工品、魚醤(魚介類)、加工大豆粉、みそ、酵母エキス、粉末豆乳)、かやく(豆腐、ねぎ、唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、パプリカ色素、香辛料抽出物、香料、増粘剤(キサンタン)、リン酸塩(Na)、カラメル色素、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・魚醤(魚介類)を含む)

栄養成分表示 [1食 (71g) 当たり]
熱量316kcal
たんぱく質5.6g
脂質14.7g
炭水化物40.4g
食塩相当量4.6g
めん・かやく: 1.1g
スープ: 3.5g
ビタミンB10.33mg
ビタミンB20.59mg
カルシウム196mg

引用元:丸大食品監修 スンドゥブ辛口味 うどん | サンヨー食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、特製スープ、調味油といった3つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特製スープは粉末タイプで調味油は非常にサラッとした状態となっていましたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で充分かと思われます!

また、麺はご覧の通り厚みもあり幅広な“うどん”が採用されており、湯戻りする以前からすでにもっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備え、麺量55gながらもしっかりとした食べ応えを表現しているように感じられます!

調理してみた

ではまず、“かやく”と特製スープを入れてみます。

そして、かやくには…

  • 豆腐
  • ねぎ
  • 唐辛子

が入っています。

…というかこの時点ですでに“あさり”など魚貝出汁特有の食欲そそる香りが確認できます!

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:350ml)
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸ったことで、先ほどまでの“うどん”につるっと滑らかな食感や、もっちりとした弾力が加わり、魚貝出汁を利かせたスンドゥブ風スープとともに体温まる味わいがしっかりと楽しめる一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの調味油を加えていきます!
すると…こちらには唐辛子やガーリックなどを含んだ赤みを帯びた油分となっていて、見るからに食欲そそるのはもちろん、魚貝出汁ならではの風味に加え、ガーリックらしい食欲そそる香りが一気に広がっていきます!これは思っていたよりも本格感のある一杯!

そして、その調味油はスープ表面に広がっていき、丸大食品の人気商品“スンドゥブ 辛口”の味わいを再現したというだけあって、真っ赤な油分が見た目からも食欲を掻き立てていきます!(辛みが気になるという方はデフォルトの味わいを確認しながら少しずつ加えてみてください。)

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…“スンドゥブ 辛口”らしい味噌ベースの赤みを帯びた食欲そそる仕上がりとなっていて、スープ自体は非常にサラッとした状態ではありますが、ポークの旨味を利かせているため、“あさり”など魚貝出汁や魚介系の旨味が引き立ち、カップ麺ながらも…見た目・風味ともに本格感のある一杯といったところ!

また、スンドゥブ鍋には欠かせない豆腐が使用されたことで、また違った食感なんかも楽しむことができ、肉類の具材が入っていないため、お好みのトッピングなどを追加してみても良いかもしれませんね!

食べてみた感想

一口食べてみると…“あさり”ならではの染み渡る魚貝出汁特有の旨味がポークによって厚みのあるスープとして引き立てられ、サラッとしている割に深みのある味わいに仕上がり、特に食欲そそるガーリックやポカポカと体温まる唐辛子の辛みがクセになります!

この魚貝出汁とボークの組み合わせ・バランスが非常に秀逸で、ポークの旨味はあくまで“あさり”の旨味を引き立てるものとしてスープに溶け込み、魚貝出汁の旨味・風味を活かした本格感のあるスンドゥブ風スープを表現しているようです!

ちなみに気になる辛さについては、“辛口”というだけあって唐辛子のしっかりとした辛みが利いているんですが、食べられないほどの強い辛さというわけではなく、食べ進めていくに連れて汗ばんでくるような…ガーリックの旨味も後押しして体温まる刺激的な辛さとなっています!

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもあり幅広な“うどん”となっていて、もっちりとした弾力や張りのある強いコシを兼ね備えたすすり心地の良い仕上がりとなっています!

そんな“うどん”には…丸大食品の“スンドゥブ 辛口”の味わいを再現したという、ポークをベースに“あさり”など魚貝出汁をバランス良く合わせた旨辛スープがよく絡み、一口ずつにスンドゥブならではのじんわりと染み渡るかのような魚介系の旨味やピリッとした唐辛子の辛さなどが口いっぱいに広がっていき、貝出汁特有の風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの豆腐が入っていて、見た通りかなり小ぶりな印象ではありますが…ほどよい張りと柔らかな食感に仕上がり、使用されている数・サイズともに若干物足りなさは感じるものの…スンドゥブ鍋をイメージさせるには欠かせない具材として“うどん”のつるっと滑らかな食感とはまた異なる具材としてさり気なく添えられています!

また、こちらの“ねぎ”は、やや小さめにカットされているせいか…シャキシャキとした食感とまではいかないものの、ちょうど良い薬味にもなったことで、今回の“スンドゥブ 辛口”をカップ麺に再現した旨辛スープをより一層美味しく引き立て、後味さっぱりと感じさせる具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り、非常にサラッとした仕上がりではありますが、“あさり”の旨味をポークが引き立て、スンドゥブ風スープらしく魚貝出汁の旨味をバランス良く溶け込ませたことによって、じんわりと染み渡る本格感のあるテイストをうまく表現しているようです!

また、食欲そそるガーリックや汗を誘う唐辛子などがしっかりと含んだことで、やみつき感なんかもあり、スンドゥブ鍋にぴったりな各種具材を追加トッピングしたくなりますね。。

そしてその気になる辛さについてですが、今回のパッケージには辛さレベルなどは表示されていなかったものの…丸大食品の“スンドゥブ 辛口”には当社比として“辛さ7”と記載されており、激辛というほどではなく、刺激的な辛さが後引く旨味を引き立てるちょうど良いメリハリ・アクセントとなる程度のもので、食べ進めていくに連れてガーリックも利いたことでほんのり汗ばむほどにポカポカと温まっていき、ついついスープが止まらなくなってしまいます。。

そのため、ポークの旨味・“あさり”をはじめ魚貝出汁などの魚介系の旨味、そして食欲そそるガーリックやキレ・後味の良さを引き立てる唐辛子がバランス良くマッチしたことで、“スンドゥブ 辛口”の味わいをうまくカップ麺に再現し、つるっと滑らかな食感が特徴的な“うどん”とも非常に相性良く、税別193円といった割とリーズナブルな価格設定にもかかわらず思ったよりも満足度の高い仕上がりが印象的で、昨年2019年にも発売されていた通り、今後の商品展開なんかも気になるところ!

このように、今回の“丸大食品監修 スンドゥブ辛口味 うどん”は、ポークをベースに“あさり”など魚貝出汁をうまく溶け込ませ、他にも魚介系の旨味を利かせたことによって、じんわりと染み渡る素材本来の美味しさを活かした本格感のあるスンドゥブ風スープに仕上げ、そこに相性良くガーリックや唐辛子が体温まる香味野菜やピリッとした辛みとして深みのあるスープによく馴染み、なんと言ってもつるっと滑らかな食感が印象的な“うどん”が絡む満足度の高い一杯となっていたため、お好みによっては唐辛子をもう少し足して刺激的な辛みを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「丸大食品監修 スンドゥブ辛口味 うどん」を食べてみて、丸大食品とのコラボによって人気商品“スンドゥブ 辛口”の味わいをカップ麺に再現した一杯は、ポークの旨味をベースに“あさり”特有の貝出汁エキスがじんわりと染み渡り、魚介系の旨味が非常にバランス良く、他にもガーリックの旨味が深みを際立たせ、辛口らしく唐辛子を利かせた旨辛スープがつるっと滑らかな“うどん”にしっかりと絡む本格感のある一杯となっていました!

やはりこういった貝出汁を利かせた旨辛スープは魚介系とはまたひと味違って美味しいですね!しかもポークの旨味が素材本来の旨味を存分に活かしたことで深み・コクもあり、まさにスンドゥブ鍋のシメに“うどん”を追加して食べているかのような臨場感の高い仕上がりは幅広い層に好まれるテイストと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!