カップ麺

「征虎(まさとら)」カップ麺 “カレータンタン麺” タンタンスープにカレーを合わせたコク深い一杯

元祖カレータンタン麺 征虎 カレータンタン麺

元祖カレータンタン麺 征虎 カレータンタン麺」を食べてみました。(2022年4月18日発売・エースコック)

この商品は、横浜市・黄金町の人気ラーメン店“元祖カレータンタン麺 征虎(まさとら)”の看板メニュー“カレータンタン麺”の味わいをカップ麺に再現したもので、チキンをベースに香味野菜や香辛料をバランス良く利かせ、別添されている液体スープを入れることによって食欲そそるガーリックの風味やコチュジャン・豆板醤などのコクが際立ち、まさに川崎のニュータンタン麺とカレー味を合わせたカレータンタンスープを表現、そこにもっちりとした弾力とほどよいコシを併せ持ち、味付けが施された角刃の太麺がしっかりと食欲を満たしてくれる食べ応え抜群な一杯、“元祖カレータンタン麺 征虎 カレータンタン麺”となっております!(税別220円)

ご覧の通りパッケージには虎や虎柄を背景に…“元祖カレータンタン麺 征虎”、“カレータンタン麺”といった店舗名や今回完全再現されたという商品名などが大きく掲載されており、横浜の新しいB級グルメとも言える新感覚の美味しさで多くのリピーターからも高い支持を獲得する人気店のようですね!これは仕上がりが非常に楽しみなところ!

元祖カレータンタン麺 征虎 カレータンタン麺 パッケージ

一方こちら容器側面には…“横浜最強の味(店主自称)”と記載されているように、ここ横浜市と言えばやはりご当地ラーメンが大変人気のエリアかと思われますが、そんな中でも特に川崎のニュータンタン麺と横須賀カレーをうまく融合させたテイストは唯一無二というほど他にはない味わいが楽しめるとあって濃厚で旨辛、そしてスパイシーなテイストがボリューム感たっぷりと堪能できるラーメン店として人気を呼んでいるようですね!

そしてそもそもこのメニューは店主である“河田 征大(かわた まさひろ)”氏が当時経営していた居酒屋の賄いとして作られていたカレーとタンタンスープが大変好評で、それらを組み合わせたメニューを常連さんに出してみたところたちまち話題となり、何とそのメニューを中心にラーメン店として業態変更し、他にも“汁なしカレーまぜそば”や“タンタン麺”、“胡麻担々麺”や“柚子胡椒タンタン麺”など…様々なメニュー展開によって多くの方を魅了する人気店とのこと!

また、今回カップ麺に完全再現されたという…“カレータンタン麺”の特徴としては…上記の通りチキンをベースにコチュジャンや豆板醤、“にんにく”を利かせた旨辛タンタン味のスープとカレー味を合わせたタンタンスープに仕立て上げ、濃厚でありながらもキレの良いすっきりとしたテイストが印象的で、こちらにも“とろみ”の付いたタンタンスープがもっちりとした太麺に絡む仕上がりイメージが掲載されており、これを見る限り具材には…にんにく・大豆加工品・卵・ねぎ・唐辛子が使用されているようです!

他にも特徴として…麺は厚みもあり若干幅広なフライ仕様の太麺が採用されており、適度に味付けが施され、もっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えたずしっと重みのある生麺さながらの密度感があり、それによってチキンをベースに相性抜群な香味野菜や香辛料、コチュジャンや豆板醤など旨味を引き立てるコクや辛みがバランス良く融合し、旨辛でカレーならではのスパイシーな風味までもが絶妙にマッチした新感覚のタンタンスープが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

川崎のニュータンタン麺らしく唐辛子や“にんにく”をたっぷり加えたスタミナ感のある後味の良いスープにカレー独自のスパイスをバランス良く合わせ、さらにコチュジャンや豆板醤などで独創的な味わいを表現したというだけあって濃厚ながらも後引く辛さ・旨味が心地良く、実に様々な材料によって満足度の高いスープに仕立て上げ、単純にニュータンタン麺にカレー味を加えたテイストというわけではなく、拘りを感じさせる繊細かつコク深いメリハリがあり、そこに本格感のあるもっちりとした弾力が心地良い生麺さながらの角刃の太麺がしっかりと食欲を満たしてくれる…そんなボリューム感のある一杯となっていました!
これは特に、横浜市・黄金町の人気ラーメン店店“元祖カレータンタン麺 征虎”ファンはもちろん、チキンをベースに“にんにく”やコチュジャン、豆板醤やカレーならではの香辛料などをバランス良く利かせたコク深いタンタンスープに角刃の太麺が絶妙にマッチしたひと味違った味わいをボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は横浜市・黄金町の“カレータンタン麺”で有名な人気ラーメン店“元祖カレータンタン麺 征虎(まさとら)”の看板メニュー“カレータンタン麺”の味わいを縦型ビッグサイズのカップ麺に完全再現したチキンベースに“にんにく”やコチュジャン、豆板醤やカレー独自の香辛料などをバランス良く合わせた濃厚なタンタンスープが生麺さながらのモチモチとした太麺に絡む他にはない風味豊かな一杯、「元祖カレータンタン麺 征虎 カレータンタン麺」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

元祖カレータンタン麺 征虎 カレータンタン麺

今回ご紹介するカップ麺は、横浜市・黄金町の人気店“元祖カレータンタン麺 征虎”の看板メニューである“カレータンタン麺”の味わいをカップ麺に本格再現したもので、チキンをベースに食欲そそる香味野菜、コチュジャンや豆板醤をバランス良く合わせたことによってコクや辛さを引き立て、カレー独自のスパイシーな風味が食欲を掻き立てる拘りのタンタンスープに仕立て上げ、生麺さながらのモチモチとした太麺が本格感を際立たせる食べ応えのある一杯、“元祖カレータンタン麺 征虎 カレータンタン麺”となっています。

ご覧の通りフタには原材料が表示されていて、他にも黒を基調に“カレータンタン麺”といった今回の商品名が掲載され、ベースがチキンということもあって濃厚ながらも脂っこさや“くどさ”を感じさせることもなく、最後まで飽きることのないコク深いテイストとなっており、なんと言っても川崎のソウルフード“ニュータンタン麺”と横須賀カレーを合わせたという…斬新かつ他にはないタンタンカレースープには…実に様々な材料が使用されたことによって奥行きのある旨辛な味わいが本格再現されているようで本格感のある仕上がりに期待できそうです!

ちなみにここ“元祖カレータンタン麺 征虎”の創業は2014年2月、店主である“河田 征大(かわた まさひろ)”氏が当時経営していた居酒屋の賄いとして作っていたカレーとタンタンスープが大変好評だったことから…これらを組み合わせたらもっと美味しくなるのでは?といった考えから誕生し、この“カレータンタン麺”を全国に広めようという思いからラーメン店へと業態変更したのがはじまり。その後、2021年10月には姉妹店として“麺処 五黄の虎(ごおうのとら)”をオープンしています!

そして実店舗では麺の上にカレーをかけてからタンタンスープをかけているため、層のようになっているので味の違いが楽しめるのはもちろん、さらに1〜2辛・3(大辛)・4(気絶)・5(超絶)・6(神)・7(変態)と7段階から辛さを選ぶことができ、3の大辛以上は香辛料が別皿での提供、7以上にするには+100円で7の別皿がもうひとつ加わり、14(KING of HENTAI)の激辛なテイストが楽しめるとのこと!

また、こちら容器側面には今回再現された“元祖カレータンタン麺 征虎”についての簡単な説明書きが実店舗とともに掲載されており、これによると…“神奈川県横浜市で誕生した「元祖カレータンタン麺」は、野菜や動物系の旨味にコチュジャンや豆板醤を加えて仕上げたタンタンスープに、コクのあるカレーとニンニクをしっかりと利かせた、店主 河田征大 氏拘りの「カレータンタン麺」を看板メニューとし、そのクセになる味わいから地元民から愛される人気店です。”とのことで、チキンをベースに香味野菜や香辛料だけでなく野菜の旨味も加わったことで深みのある味わいを表現しているようですね!

それでは、今回の“元祖カレータンタン麺 征虎 カレータンタン麺”がどれほどチキンをベースに食欲そそる“にんにく”や香辛料、コチュジャンや豆板醤などを合わせたクセになるタンタンスープに仕上がっているのか?カレーならではのスパイシーな辛さや風味との兼ね合いはもちろん、なんと言っても厚みもあり若干幅広でモチモチとした生麺さながらの太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り371kcal(めん・かやく293kcal / スープ73kcal)となっております。(塩分は5.8g)

カロリーは縦型ビッグサイズ・ニュータンタン麺とカレー味を融合させた濃厚なテイストながらもベースがチキンということもあって割と低めな数値のようですが、一方で塩分はこのボリューム感を考慮すると平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり93g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと73kcalとやはり濃厚ながらもチキンベースということもあってこってり感・脂っこさといった感じは一切なく、最後まで飽きの来ないやみつき感のある仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩やガーリックペーストをはじめ…

  • カレー粉
  • 植物油脂
  • チキンエキス
  • チキン調味料
  • ガーリックパウダー
  • 粉末ソース
  • カツオ調味料
  • 香味調味料
  • オニオンパウダー
  • 胡椒

といった、チキンをベースに食欲そそる“にんにく”や唐辛子・胡椒などの香辛料を加え、さらにカレーならではのスパイスやコチュジャン・豆板醤を合わせたことでコク深く濃厚なタンタンスープに仕上がり、濃厚ながらも繊細な旨味が凝縮された最後まで飽きの来ない味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071247652
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ)、スープ(食塩、糖類、ガーリックペースト、カレー粉、植物油脂、小麦粉、たん白加水分解物、発酵調味料、チキンエキス、おからパウダー、チキン調味料、ガーリックパウダー、粉末ソース、カツオ調味料、香味調味料、オニオンパウダー、胡椒、酵母エキス、全卵粉)、かやく(にんにく、大豆加工品、卵、ねぎ、唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、炭酸Ca、酒精、カラメル色素、重曹、香料、かんすい、カロチノイド色素、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(カンゾウ)、酸味料、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (93g) 当たり]
熱量371kcal
たんぱく質8.6g
脂質10.6g
炭水化物60.3g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
5.8g
(1.7g/4.1g)
ビタミンB10.35g
ビタミンB20.43g
カルシウム233mg

引用元:元祖カレータンタン麺 征虎 カレータンタン麺|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、液体スープといった調味料がひとつ入っています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、コチュジャンや豆板醤などを含む若干“とろみ”が付いた状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温める程度で十分かと思われます!

そして、かやくには…

  • にんにく
  • 大豆加工品
  • ねぎ
  • 唐辛子

が入っています。

この辺りに関しては今回の“カレータンタン麺”の味わいをうまく引き立てるかのような具材が豊富に使用されているようですね!特に卵はニュータンタン麺には欠かせない具材ですから、旨辛なテイストがたっぷりと楽しめることに間違いありません!

そして、麺はご覧の通り厚みもある若干幅広で適度に味付けが施された太麺が採用されており、見るからにもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えた生麺のような食感を表現、それによってカップ麺ながらも拘りのタンタンスープとともに本格感のあるテイストが楽しめそうです!

調理してみた

続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:440ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの太麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺の状態が確認できないほど具材がたっぷりと使用されているんですが…実際にはこの太麺にはもっちりとした弾力とほどよいコシが加わり、まだ液体スープを加える前の状態ではありますが…チキンをベースに“にんにく”やコチュジャン・豆板醤を加えたコク深くもスパイシーなタンタンスープが楽しめる濃厚ながらも最後まで飽きの来ない臨場感溢れる一杯…といった印象の出来上がりです!

ではここに液体スープを加えていきます!
すると…若干“とろみ”が付いているものの、コチュジャンや豆板醤でしょうか?やや赤みを帯びたペースト状の液体スープがたっぷりと出ていますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

ご覧の通りこの液体スープは若干表面に留まった状態ではありますが、すぐに全体へと馴染んでいき、風味としては思ったよりカレー独自のスパイシーな香りは控え目で、ニュータンタン麺とのバランスを考慮していることがよーく伝わり、様々な旨味が凝縮されたクセになる仕上がりとなっているようです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして液体スープや粉末スープが全体に馴染むと…スープは若干“とろみ”があるものの…そこまでドロッとした状態というわけではなく、チキンをベースに“にんにく”や唐辛子・胡椒、コチュジャンや豆板醤、さらにカレー独自のスパイスをバランス良く合わせたことで、まさに旨味溢れるタンタンスープを表現、後味すっきりとしたテイストながらもコクのある味わいが伝わり、最後まで飽きの来ないメリハリのある一杯といったところ!

また、具材に使用された“にんにく”や大豆加工品からも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて全体が馴染むことでコク深さが際立っていき、それと同時に満足度も増していく…そんな拘りの一杯が完全再現されているようで、お店さながらの角刃仕様の太麺によってしっかりと食欲も満たされるクオリティの高い一杯は税別220円という値段を考慮するとかなりリーズナブルにも感じられますね!(もちろんテイストから考慮すると…残ったスープに追い飯しても良いでしょう。)

食べてみた感想

一口食べてみると…まずチキンベースながらもコチュジャンや豆板醤を利かせたことによって濃厚なニュータンタン麺といったテイストで、そこにカレー味が加わったことでスパイシーな旨味や風味が際立ち、後味すっきりとしていながらもコク深い旨味が心地良く、実に様々な材料が使用されたことで想像以上に複雑で繊細なタンタンスープに仕上がり、ニュータンタン麺・カレー味のどちらか一方が際立っているわけではなく全体のバランスが非常に良いですね!

そのため、思ったより幅広い層に好まれるテイストで辛さ自体も実店舗で言う…1〜2辛程度の食欲そそるアクセントとなっており、“にんにく”のやみつき感やコチュジャン・豆板醤のコク深い辛さなど様々な旨味が互いに引き立て合い、もちろんキリッとしたシャープな口当たりが加わったことで最後まで飽きの来ないメリハリが付き、後味すっきりとしたタンタンスープでありながらも物足りなさを一切感じさせない深みのある味わいが印象的で、まさに店主自称“横浜最強の味”が気軽に楽しめるクオリティの高い仕上がりとなっています!

そして、強いて言えば…辛さを調節できるパックが別添されていれば良かったですね!今回は割と幅広い層に好まれる辛さ控え目な仕上がり具合となっていたため、激辛好きな方はお好みに合わせて唐辛子を加えてみても良いでしょう!とは言え、デフォルトでも十分旨味溢れる味わいがたっぷりと堪能できるスープでしたので、“征虎(まさとら)”の店舗名が一気に全国区になったことに間違いありません!

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもあり幅広で適度に味付けが施された角刃の太麺が採用されており、もっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えたことで生麺さながらの食感を表現し、密度感も高くずしっとした重みのある本格的な仕上がりとなっています!

そんな拘りの太麺には、チキンをベースに“にんにく”やコチュジャン・豆板醤を合わせ、さらにカレーならではのスパイスなどをバランス良く合わせた濃厚なカレータンタンスープがよく絡み、一口ずつにコク深く引き立てられた味わいや食欲そそる“にんにく”の旨味などが口いっぱいに広がっていき、カレーならではのスパイシーな風味がが抜けていきます!…というか今回の一杯は全体のバランスが非常に良いですね!カレー味を加えるとどうしてもカレースープになってしまうんですが…このスープには全体のバランスがうまく考慮されていてニュータンタン麺らしさも楽しむことができ、横浜市発祥の人気店というのも納得です!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの鶏挽肉をイメージさせる大豆加工品が入っていて、どうしても大豆が主原料となっているせいか…肉の旨味自体は感じられないものの、ほどよく味付けが施された仕上がり具合となっていたため、しっかりとスープと馴染ませながら食べ進め、後ほど弾力のある太麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの卵はニュータンタン麺には欠かせない具材のひとつで食感は非常に柔らかく、味付け自体はありませんが…今回の一杯にちょうど良いマイルド感や見た目としてのアクセントがプラスされているようです!

そして、こちらの“にんにく”はかなり細かくカットされたものが多く使用されていて、じっくりと味わってみると…意外としっかりとした素材本来の旨味が感じられたため、こちらも上記の大豆加工品とともにしっかりとスープと馴染ませながら食べ進めていくと、より一層今回のやみつき感が際立って楽しめるかと思われます!

そして、こちらの粗挽き唐辛子なんかも使用されていて、しっかりと全体を混ぜ合わせることによってピリッとした辛さのアクセントが際立っていき、香味野菜なんかも使用されたことで後半にもなると体の中からポカポカと温まり、汗を誘う相性抜群な香辛料としてさり気なくスープ一面に散りばめられています!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、やや小さめにカットされたことでシャキシャキとした食感とまではいかないものの…ちょうど良い薬味にもなったことで今回のタンタンスープの美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっているようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りチキンをベースに“にんにく”やコチュジャン・豆板醤などの香辛料を加え、さらにカレーならではのスパイスも加わったことによってコク深いカレータンタンスープに仕立て上げ、ニュータンタン麺とカレー味をうまく融合させたという…全体のバランスが非常に良いやみつき感のあるテイストが再現され、濃厚なんですが決して飽きるような脂っこさや“くどさ”はなく、この複雑かつ繊細なカレータンタンスープは実に様々な材料が使用されたことでクセになりますね!

ただ、このニュータンタン麺×カレー味によるコク深くもキレの良いカレータンタンスープには、辛いもの好きにはやや辛さが控え目に感じられたため、全体のバランスが非常に良く万人受けするかのような仕上がりではあるんですが、辛さを調節できるパックが別添されていれば良かったような気もします。。(この辺りはお好みで唐辛子を加えて刺激的な辛さで楽しみたいところ。)

また、具材に使用されていた“にんにく”や大豆加工品からも良い旨味が滲み出し、さらに容器底に溜まっていた粉末スープも全体に馴染むことで厚みのあるコクが際立っていき、それと同時に満足度も増していく…そんな見た目以上に旨味が凝縮されたクセになるカレータンタンスープとなっていて、本格再現というだけあって手の込んだ丁寧な味わいが楽しめるのではないでしょうか?

そしてカレーテイストをイメージさせる濃厚なスープには食べ進めていくに連れて“とろみ”が増していき、ボリューム感のある一杯なので十分食欲も満たされるわけですが、残ったスープに追い飯したくなりますね。。しかも様々な材料や各種香辛料が使用されたことによって繊細な旨味・味わいが際立ち、旨辛で喉越しの良い仕上がりが好印象で、ついついスープが止まらなくなってしまいます!

このように、今回の“元祖カレータンタン麺 征虎 カレータンタン麺”は、チキンの旨味をベースに食欲そそる“にんにく”や卵、唐辛子や挽肉をたっぷりと加えた川崎のニュータンタン麺とカレー味をバランス良く合わせ、さらにコチュジャンや豆板醤を合わせたことによって濃厚かつ後味すっきりとしたメリハリのあるカレータンタンスープに仕上がり、カップ麺ながらも厚みもあり幅広でほどよく味付けが施された弾力とコシを兼ね備えた生麺さながらのフライ麺が絶妙にマッチしたことで満足度高く楽しめるクオリティの高い一杯となっていたため、お好みによっては唐辛子を足して自分好みの辛さで味わってみても良いでしょう!

まとめ

今回「元祖カレータンタン麺 征虎(まさとら)カレータンタン麺」を食べてみて、横浜市・黄金町の人気ラーメン店“元祖カレータンタン麺 征虎”の看板メニュー“カレータンタン麺”の味わいをカップ麺に完全再現した一杯は、チキンをベースに“にんにく”やカレーならではの香辛料を利かせ、別添されている液体スープを加えることによってコチュジャンや豆板醤のコク深い旨味や辛さが際立ったカレータンタンスープに仕上がり、具材にも卵や大豆加工品、“にんにく”が豊富に使用されたことで食べ進めていくに連れて満足度も増していき、もっちりとした弾力と強いコシを併せ持つ太麺が使用されたことでガツンと食欲を満たし、まさにカップ麺ながらも臨場感の高い味わいが楽しめる濃厚な一杯となっていました!

また、チキンの旨味がベースとなったことで、濃厚は濃厚でも決して飽きるような脂っこさや“くどさ”は一切なく、実に様々な材料・香辛料が使用されたことでニュータンタン麺とカレー味を融合させたやみつき感のある味わいがストレートに楽しめるため、かなり幅広い層に好まれる逸品と言えるでしょう!

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!