ラーメン

麺eiji(MEN-EIJI)に行ってきました!濃厚な魚介豚骨が人気の札幌ラーメン店!

麺eiji(MEN-EIJI)に行ってきました!濃厚な魚介豚骨が人気の札幌ラーメン店!

魚介豚骨醤油が人気の札幌ラーメン店「麺eiji(MEN-EIJI)」に行ってきました!

このラーメン店は2006年にオープンして以来、瞬く間に人気店となり、なんとビブグルマンにも掲載された経歴を持つ人気・実力店である“麺eiji(エイジ)”となっております。

その人気の一杯はというと…化学調味料には頼らないとのことで、桁違いのこだわりの中、まろやかでコク深い豚骨の旨味が魚介のダシとともにバランス良く表現され、ガツンと来る口当たりが印象的で、濃厚ではありますが不思議と“くどさ”はなく、非常に力強くも感じられる仕上がり!

さらに、その濃厚なスープに添えられた魚出汁を利かせたジュレには、ほんのりと柚子が香ることによって、最後まで飽きの来ない爽やかな風味・旨味もプラスされ、上品さと食べ応えを兼ね備えた絶品とも言える一杯となっています!

ちなみにこの“麺eiji”は、口コミなどの評判や、ラーメン雑誌やメディアなどにも度々登場しているということからも、札幌ではかなり知名度の高いラーメン店のひとつで、まさに札幌ラーメンの新風とも言うべきラーメン店です!

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの素材にこだわりぬいた一杯が人気の「麺eiji」についてレビューしてみたいと思います!

麺eijiについて

今回ご紹介するラーメン店は、冒頭でもお伝えした通り、札幌の新風とも言うべくラーメン店で、素材にこだわった一杯が非常に人気の“麺eiji”となっています。

ちなみにここ“麺eiji”は、ラーメン雑誌などにも度々登場しているということもあって、札幌のラーメン好きなら知らない人はいないというくらいの知名度です!

そして、本店の“平岸ベース”では店主である古川氏が自ら腕を振るって美味いラーメンを提供しているわけですが、実際見てみると人柄の良さが滲み出ているといった印象で、店内にも目を配る細かな気遣いはラーメンへのこだわりなんかにも現れているように感じられます!

また、最近では台湾にもイベント出店決定したとのことで、道外にはまだ出店していないようなので、今後の展開なんかも楽しみなラーメン店のひとつではないでしょうか?(本店以外には他に札幌の“南3条スガイディノス店”が営業中です!)

店舗に到着

ということで今回は昼12:00少し前に到着したということもあって、店内は満席でしたが、運良く待ちは4組程度でした!(店内すぐ右手に席が用意されているので、そちらで待ちます。)

ちなみに、この店舗が位置する場所は大きな通りに面しているわけではなく、ラーメン店としては決して良い場所とは言えないんですが…今回訪問した時も次々とお客さんが来店し、帰る頃にできていた行列に驚きです。。さすがの人気店です!

そして、ご覧の通り某レビューサイトからも度々“名店”として選ばれ、もはや全国区となったチームナックスをはじめとするサインなんかも数多く飾られています!

ちなみに店内は、シックで落ち着いた雰囲気で、空調も非常に良く、厨房の熱気が客席にまで伝わることはありません!

メニューについて

そして店内すぐ左手には、こちらの券売機が置かれていますので、まずは食券を購入します。

色々とありますが、基本は以下のメニューとなっていて、意外とシンプルにまとまっていますね!(それぞれ下にサイズやテイスト違いが用意されています。)

  • 魚介豚骨醤油
  • つけBUTO(つけ麺)
  • 台湾まぜ麺
  • 札幌味噌eiji style

中でも、左上の一番人気を意味する場所には、豚骨スープこと“魚介豚骨醤油”が確認できます!

しかし、“札幌味噌eiji style”といったメニューもあり、これは濃厚味噌好きにとって非常に悩ましい選択。。(“しょうゆ”・“しお”も用意されています。)

ちなみに、“葱油飯(ねぎあぶらめし)”といったサイドメニューなんかも用意されているようです!
これによると台湾屋台なんかでよく見かけるメニューのようですね!しかし150円とは安い。。

また、今回は餃子も注文しようと思いましたが、あいにく品切れとのことで残念。。

さらに、券売機の上にはご覧のように、大泉さんでお馴染み北海道の番組「ハナタレナックス」でキングオブラーメンに選ばれた際に受け取った賞状なんかも飾られていますね!(確かこれ観てました!)

そして、しばらくすると席が空き、案内されるのでテーブルに置かれているメニューをじっくり見てみます。

これによると…“札幌味噌eiji style”というのはあっさり系なのでしょうか?醤油や塩といったテイストも用意されていて、それぞれ“あっさり”と表記されていますね!

しかも“辛いラーメン”なんてメニューもあるとは…なんて迷わすメニュー。。

ちなみにまわりを見渡すと、つけ麺である“つけBUTO”を注文している方も多く見受けられましたね!こちらも濃い目で美味しそうでほんと迷います。。

そしてこちら!!“麺eiji”のこだわりが事細かく紹介されています!
この丁寧さがまた、きめ細かいラーメンへのこだわりを感じますね!

中でも個人的に気になったところがこちら!

めん小麦粉や製法にこだわり、商品によって5種類の麺を使い分けている
スープ動物系各種部位の美味しさが際立つベストなタイミング・製法によって素材そのものの旨みを存分に引き立てている
和風出汁と柚子のジュレ出汁・旨みをしっかりと利かせた上にすっきりとした柚子が香る
チャーシュー長時間じっくりと調理したことによって、肉の持つ美味しさを引き出している
牛蒡メンマの代わりに使用し、しっかりと灰汁抜きをしたことでラーメンそのものをよりより美味しく引き立てている
玉ねぎ調理時の切り方にも細かくこだわり、素材の持つ美味しさに気遣っている

これを簡単に読むだけでも、桁外れなこだわりによってラーメンを提供していることがヒシヒシと伝わってきますね!!

このように自らハードルを上げているところを見ると、やはり美味いラーメンを提供している自信の現れでもあるのでしょう!

また、テーブルにはご覧の通り“にぼ酢”が置かれています!
こちら“つけBUTO”に使用する調味料のようで、文字通りかなりサイズの大きな“煮干し”がそのまま入っていました!

そしてこちらを見てみると、先ほどお伝えした台湾のイベント出店以外にも出店決定しているということでしょうか?スタッフの募集も行っているようです!これはほんと今後の展開も楽しみですね!!

食べてみた感想

そうしているうちに、ラーメンが運ばれてきます!
良いですね!このスープに載せられたジュレの味の方もまた気になるところですが、低温長時間で仕上げられたと思われる赤みを帯びた上品チャーシューに加え、何やらメンマではなくゴボウが添えられています!この辺りをはじめ…随所にこだわりを感じる一杯のようですね!

そして、この乳化感のある濃厚な豚骨スープにはどれほどの魚介の旨味が表現されているのでしょうか?これは自然と期待値も膨らみます!!

一口食べてみると…ぉおっ!濃厚の一言!口に入れた瞬間から感じる濃厚な豚骨の旨味の後からは、じんわりと魚介の旨味が後引く美味しさとなって感じられ、さらには心地良い風味としても抜けていきます!

麺について

麺は、ご覧の通り角のない太麺といったずしっとした密度感の高い仕様の麺で、先ほどの説明書きによると…なにやら自家製麺とのこと!濃厚な魚介豚骨スープにも負けじと力強い食べ応えを感じさせる麺となっています!

そして、このつるっとした食感によって非常にすすり心地も良く、ほんのりととろみが付いた濃厚な豚骨スープが想像以上によく絡みますね!

それによって、一口ずつにガツンとしたパンチのある味わいが口に広がりますが、不思議とこってり感などはありません!

トッピングについて

トッピングにはまず、ご覧のようにこの見た目からして食欲そそる上品なチャーシューが入っていて、じっくりと長い時間をかけて調理したことによって旨味が閉じ込められ、噛むと想像以上に肉本来の旨味が存分に楽しめる非常に美味しい具材となっています!

また、ぱっと見の印象よりもはるかに肉の密度感が高く、2枚入っていてボリュームもばっちりです!

“麺eiji”の場合、よく目にするチャーシューよりも、こういった仕上がりの方が濃厚な魚介豚骨スープの味を損なうことなく楽しめるのかもしれませんね!

ちなみに麺とスープを一緒に絡めてみると…これまた濃厚な旨み・食感を楽しむことができます!

また、こちらの牛蒡は、メンマの代わりに使用されているとのことで、箸がすっと入るような柔らかさに仕上がり、牛蒡ならではの土臭さといった灰汁抜きはしっかりと施されているようです!

そのため、旨みが凝縮された魚介豚骨の味わいを損なうことなく、口直しのようにも感じられる具材として一役買っているようですね!

そして、こちらの“玉ねぎ”はやや大きめにカットされているおかげで、シャキシャキとした心地良い食感がプラスされ、豚骨スープの濃厚さが調和されるかのように抜群な組み合わせとなっています!

スープについて

スープは、臭みのない上質な豚骨の旨味が濃厚・まろやかに表現され、そこに旨味を引き立てるかのように魚介が利いています!これは美味い!!

その魚介の旨味は荒々しくも感じるほどしっかりとした味が表現されてはいるものの、豚骨のまろやかさによってバランス良く感じられますね!そのため、口当たりは非常に強いパンチを感じるのではないでしょうか?

ちなみに今回は“魚介豚骨醤油”を注文しましたが、人によっては濃いと感じる方もいるかもしれません。そのため、そこまで濃い目が好みではない場合は“つけ麺”や、“札幌味噌eiji style”を注文してみると良いでしょう!(個人的にも食べてみたい。。)

そして、非常に濃厚な豚骨スープではあるんですが、不思議と“くどさ”はなく、こういったところにも科学調味料には頼らない、といったこだわりが表現されているようですね!

そしてこちら!和風出汁と柚子のジュレです!
こちらは、熱々のスープにすっと溶けることなくその質感を保っている仕上がりで、単純に柚子が香るだけではなく、こちらにもしっかりと和風出汁といった旨みが含まれているため、スープに少しずつ絡めて味わってみると、さらに旨みが増して爽やかな風味とともに豚骨魚介の味わいを楽しむことができます!

また、柚子の風味も強すぎず、あくまでほんのりと香ることで、魚介豚骨を損なうこともありませんね!こういった随所に見られるこだわりがあるからこそ、札幌ラーメンの新風と呼ばれる理由なのかもしれません!

こうして色々と味を楽しんでいるうちに完食です。。
麺といい、濃厚なスープといい、この“魚介豚骨醤油”の満足度はかなり高いですね!

まとめ

今回「麺eiji」の人気メニュー“魚介豚骨醤油”を食べてみて、濃厚な豚骨ベースのスープに魚介の旨みが利いたことで、不思議とこってりとした感じはなく、和風出汁と柚子のジュレも良い味・風味を後押ししたことによって、非常に満足度の高い一杯に仕上がっていました!

そして、先ほどもお伝えした通り、ここ“麺eiji”は道外に出店する前に海外進出が決定しているため、道外の方にとって今後注目のラーメン店のひとつとも言えるでしょう!

また、一番人気である“魚介豚骨醤油”以外にも“つけ麺”や“まぜ麺”など気になるメニューも多数用意されているため、好みに応じてこだわりの美味い“麺eiji”を楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

麺eiji 平岸ベース 店舗情報

札幌市豊平区平岸2条11丁目1-12
※駐車場は店舗前に4台ほど用意されています。

TEL:011-813-7233
営業時間:11:00~15:00 / 17:00~20:30
定休日:水曜・第三火曜

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です