カップ麺

日清麺職人 蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば!パクチー香る話題の蘭州ラーメンを再現

日清麺職人 蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば!パクチー香る話題の蘭州ラーメンを再現

日清麺職人 蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば」を食べてみました。(2019年4月1日発売・日清食品)

この商品は、全粒粉を練りこんだ風味豊かな麺でお馴染み“麺職人”の新商品ということで、今回はパクチー香るアジアのソウルフードといった話題の“アジアの麺メニュー”をテーマにしたカップ麺が登場です!

それも…蘭州発祥だという蘭州ラーメンをモチーフに“麺食人”らしくアレンジした一杯で、牛だしを利かせたキレのある後味すっきりとしたスープにほんのりとパクチーの香りを風味付け、さらにラー油によるピリッとした辛みがアクセントとなった“日清麺職人 蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば”となっております。(税抜き180円)

ご覧の通り、パッケージには“パクチー香る”と記載されているように、今回の“麺職人”はアジアの麺メニューをテーマにしていることから、パクチーといった若干クセのある味わいが表現されているようで、これによってまさにアジア旅行気分を楽しめるんだとか?

そして、そもそも“蘭州ラーメン”とは…牛肉の旨味を活かしたスープが特徴的で、薬味としてパクチーが用いられている中国蘭州発祥の麺料理のようで、ご覧のように今回のパッケージには、ラー油の辛みを利かせた赤い油が浮いた透明感のある後味すっきりとした仕上がりイメージなんかも確認できますね!

これはシンプルながらもラー油やパクチーといったアジアのソウルフードを感じさせる特徴的な風味なんかも引き立って楽しめそうです!!

その他にも特徴として、“麺職人”ならではの小麦の風味をアップさせるために全粒粉を練り込んだコシのある細麺が今回も同じく採用され、これによってシリーズらしい香り立つ仕上がりとなっているようですね!

実際に食べてみて…

非常にあっさりと感じられるキレのある口当たりのすぐ後からは…クセ・臭みのない旨味たっぷりな牛の美味しさが口に広がり、ラー油によるピリッとした辛みが牛の旨味と相性良く馴染み、さらにほんのりと香るパクチーならではの香りがアジアらしさを感じさせる雰囲気ある美味しい仕上がりとなっていました!
これは特に、蘭州ラーメンといったアジアンテイストな味わいを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの牛だしを利かせた後味すっきりなスープにパクチーの風味を合わせた一杯「日清麺職人 蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清麺職人 蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば

今回ご紹介するカップ麺は、麺の風味に定評のある“麺職人”シリーズの新商品ということで、話題の“アジアの麺メニュー”をテーマに蘭州ラーメンならではの牛だし・ピリ辛なラー油を利かせ、さらにほんのりとパクチーが香る一杯“日清麺職人 蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば”となっています。

ご覧の通り、パッケージには“小麦の風味がクセになる全粒粉入りノンフライ麺”としっかりと記載されているように、この“麺職人”の麺は細麺ながらもノンフライ仕様ということもあってコシも非常に強く、さらに文字通り全粒粉を練り込んだことによる風味付けがまた香り立つスープと相性良いんですよね!

ちなみに“麺職人”では定期的にテーマにそったカップ麺が2商品同時発売されているんですが、今回も同じく“アジアの麺メニュー”をテーマに“日清麺職人 台湾麺線風鰹とろみそば”といったパクチー香る一杯が同時発売となっています!

また、前回は“日清麺職人 貝だし醤油”や“日清麺職人 梅しお”といった“初春を彩る旬の食材”をテーマにした商品が発売されていましたね!このように“麺職人”では様々なテイストの一杯が登場するのも面白いところ!

それでは、今回の“蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば”がどれほどの牛だしの旨味が表現されているのか?パクチーの利かせ具合や全体のバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り276kcal(めん・かやく257kcal / スープ19kcal)となっております。(塩分は5.7g)

“麺職人”シリーズって意外とカロリーが低い商品が多いんですが、今回もまたカロリーはかなり低い数値のようですね!一方、塩分は平均的といったところ。
ちなみに1食76g、麺の量は65gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープに占める割合がかなり低い数値となっていますね!これもまた“麺職人”の特徴のひとつで、いつもテーマにした食材などの旨味・出汁を活かしたスープに仕上がっているんですよね!

ということで、今回もすっきりとした中にも牛だしの旨味がたっぷりと表現された仕上がりには期待できそうです!!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、牛脂や香味調味料をはじめ…

  • 香辛料
  • 香味油

といった、後味すっきりとした塩ベースのスープに牛だしの旨味をしっかりと利かせ、そこにラー油によるピリッとした辛みやパクチーならではの風味が香ることで、まさにアジアの麺メニューが楽しめる仕上がりを想像させる材料がシンプルに並びます。

JANコード4902105250082
原材料名

めん(小麦粉、小麦全粒粉、食塩、植物油脂、卵粉、しょうゆ、チキンエキス、大豆食物繊維)、スープ(牛脂、食塩、香味調味料、糖類、香辛料、酵母エキス、香味油)、かやく(ねぎ、赤唐辛子、パクチー)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸Ca、香料、増粘剤(アルギン酸)、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、乳化剤、香辛料抽出物、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、炭酸Na、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

栄養成分表示 [1食 (76g) 当たり]
熱量276kcal
たんぱく質7.1g
脂質4.1g
炭水化物52.6g
食塩相当量5.7g
めん・かやく: 1.8g
スープ: 3.9g
ビタミンB10.24mg
ビタミンB20.32mg
カルシウム135mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、粉末スープ、調味オイルといった3つの調味料などが入っています。

また、麺はご覧の通り“麺職人”らしく細麺仕様となっていて、細麺ながらもしっかりとしたコシが楽しめるノンフライ麺が採用されています!

また、全粒粉が練り込まれているのも“麺職人”の特徴のひとつなんですが、こちらはご覧のようによーく見てみるとその様子がわかりますね!

これによって小麦の風味がアップし、旨味を利かせたスープをより香り高く引き立てるものと思われます!

調理してみた

ではまず、かやくと先ほどの粉末スープを入れてみます。

かやくには、

  • ねぎ
  • 赤唐辛子
  • パクチー

が入っています。

パクチーが使用されているとは言え、そこまで量は入っていないからも…仕上がりはほのかに香る程度のものではないでしょうか?

続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

牛だしの旨味は、粉末スープ仕様ということもあってそこまで脂っこい仕上がりではないようで、ほのかにパクチーの香りが漂うことから、まさしくアジアの雰囲気ある一杯…といった印象の出来上がりです。

このスープに浮かぶ“ねぎ”以外の細かくカットされたものが恐らくパクチーと思われます!

では、ここに先ほどの調味油を注いでいきます!
こちらは念のため調理中にフタの上で温めておきましたが、非常にさらっとしたラー油を含んだ調味料となっているようです!

そして、これを入れることによってピリッとしたアクセントを思わせる赤みを帯びた油がスープ表面に広がり、これが牛だしの旨味とバランスの良い仕上がりとなっているようですね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…透明感のあるさらっとした仕上がりではあるものの、たっぷりと牛だしの旨味が利いていることを思わせるほんのりと厚みを感じる仕上がりとなっています!

なるほど!話題になっているものの…個人的に“蘭州ラーメン”と聞いてもピンと来ませんでしたが…今回の一杯は、牛だしを利かせたキレのあるスープに薬味としてパクチーが香り、そしてピリッとしたラー油のアクセントを合わせた一杯のようで、アジアのソウルフードをテーマにしたというだけあって、ほんのりと香るパクチーの風味が心地良いですね!

食べてみた感想

一口食べてみると…おっ!透明度の高いスープからは、この見た目以上にしっかりとした牛だしの旨味が表現されているようで、それによって全く物足りなさを感じさせない美味しさがベースとなっているようです!

さらに、ラー油によるピリッとした辛みがスープの切れ味をより一層引き立て、これによって最後まで全く飽きる気配はありませんね!

そして、気になるパクチーの利かせ具合については、すすった時や後味にほんのりと香る程度のものとなっているため、パクチーが苦手な方でもそこまで気にならないかと思われます!

麺について

麺は、ご覧のように“麺職人”ならではの細いストレート仕様となっていて、ノンフライ麺ということもあって細いながらもしっかりとしたコシがあり、全粒粉を練り込んだことによる風味豊かな仕上がりが後味すっきりとしたスープと美味しくマッチしています!

そんな細麺には今回“蘭州ラーメン”ならではの牛だしを利かせた旨味溢れるスープがよく絡み、一口ずつに“くどさ”のない牛の旨味が口に広がり、全粒粉による小麦の風味とともにパクチーの香りが後味良く抜けていきます!

“麺職人”シリーズはこういったさりげない風味の良さなんかも良いんですよね!素材の旨味・風味をしっかりと活かした仕上がりは想像以上ではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングには、ご覧の通り“ねぎ”、パクチー、赤唐辛子といった割とシンプルな具材が使用されています!

しかし、スープにしっかりと牛だしの旨味が表現されていることから、意外と物足りなさといった感じはなく、これらによって旨味の利いたスープに味の締まりをプラスしたり、風味からも引き立てる相性抜群な具材となっているようですね!

中でも特にパクチーによる雰囲気ある風味をほんのりと利かせた感じは今回のテーマにもぴったりで、あくまで主張し過ぎていないところがまた絶妙な仕上がりといったところ!

また、赤唐辛子によるピリッとした辛みは、ラー油とともにちょうどいいアクセントにもなり、これによって最後までスープを飽きさせません!

そして、これらの具材を一緒に絡めて食べてみると…爽やかにも感じられるパクチーの風味やピリ辛な辛みが牛だしの旨味をより一層引き立たせ、すっきりとした味わいの中にもしっかりとした楽しむことができるでしょう!!

スープについて

スープは、牛だしの旨味が思ったよりもたっぷりと利いているようで、それによって口当たりに感じられるシャープな飲み口の割に満足度の高い味わいが表現されています!

そして、この牛だしの旨味に関して言うと…牛特有の変に脂っこい“くどさ”といった印象も全くなく、臭みのない丁寧な旨味としてスープを美味しく引き立てているようですね!

それによってパクチーの風味もふんわりと厚みを感じる仕上がりとなり、上品な風味からも“蘭州ラーメン”らしいアジアの雰囲気を楽しめるようです!

また、ラー油によるピリッとした辛みについては、あくまで牛だしの旨味にちょうど良いアクセントを加える程度のもので、味にほどよい締まりをプラスし、それによってすっきりとした味わいが余計に引き立ち、パクチーの爽やかな風味も合わさったことで爽快感すら感じさせる後味の良い仕上がりとなっています!

この赤唐辛子やラー油によって、食べ進めるに連れてほんのりと体温まるような辛みが心地良く、すすった時に香るパクチーと合わさった印象はまさにアジアのソウルフードといった雰囲気ある味わい!これはなかなかクオリティ高い仕上がりと言えるのではないでしょうか?

このように、今回の仕上がりはピリ辛程度の仕上がりでしたので、お好みによってラー油や唐辛子といった香辛料を追加アレンジしてみたり、場合によってはパクチーを追加してみて、より一層アジアンテイストを強調して楽しんでみても良いかもしれません!

まとめ

今回「日清麺職人 蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば」を食べてみて、口当たりすっきりとしたスープには、丁寧に抽出されたかような牛だしの旨味がたっぷりと溶け込み、それによって上品にも感じられる美味しさが表現され、そこにほんのりと香るパクチーの風味がアジアの雰囲気を感じさせるバランスの良い一杯となっていました!

このように今回の“蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば”は、そこまでパクチー感が強くはなく、牛だしの利いた後味すっきりとしたスープに赤唐辛子・ラー油によるほどよいアクセントが楽しめるライトな一杯で、そこまでクセが強くはない仕上がりとなっていたため、幅広い層に好まれる味わいと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!