カップ麺

「麺や 六等星」監修カップ麺 “濃厚豚骨醤油” 豚の旨味を凝縮したスープがクセになるコク深い一杯

麺や六等星 濃厚豚骨醤油

麺や 六等星(ろくとうせい)濃厚豚骨醤油」を食べてみました。(2021年11月22日発売・日清食品)

この商品は、神奈川県川崎市にある“超こってり”の人気ラーメン店“麺や 六等星”の看板メニュー“六等星こってり”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、豚骨の旨味を凝縮した超濃厚な豚骨醤油スープに生姜の風味を利かせ、さらに別添されている“特製こってりオイル”を加えることによって豚骨の香りや醤油の旨味が際立ち、もっちりとした弾力と強いコシを兼ね備えた太麺が絡む食べ応え抜群な縦型ビッグサイズの一杯が登場です!

それも…ゲンコツや頭骨、背ガラや豚足豚といった豚骨オンリーに拘る超濃厚な“麺や 六等星”実店舗のスープをイメージし、こってりとしていながらも豚骨を砕いたざらつきなどは一切なく、コク深くまろやかな舌触りが印象的で醤油ダレを濃くしたことによって黒みの強いスープに仕上がり、豚骨の旨味がしっかりと利いた喉越しの良い厚み・コクが心地良く、生姜の風味によるシャープな口当たりが絶妙にマッチし、そこに弾力のある柔らかさと強いコシを併せ持つ太麺がガツンと食欲を満たしてくれるボリューム感抜群な一杯、“麺や六等星 濃厚豚骨醤油”となっております。(税別228円)

ご覧の通りパッケージには“麺や 六等星”、“濃厚豚骨醤油”といった店舗名やロゴ、商品名が記載され、店の看板をイメージさせる深みのある赤を基調に黒い超濃厚豚骨醤油スープが一際目を惹く仕上がりイメージが掲載されているため、気になっている方も多いのではないでしょうか?しかもここ“六等星”…詳しくは後ほどご説明しますが、“ラーメン二郎”直系の中でも特に人気の“ラーメン二郎 八王子野猿二郎2”出身とのことで、スープの出来が悪い時には開店しないという…二郎系とは全く異なる拘りのラーメン店です!!

麺や六等星 濃厚豚骨醤油 パッケージ

また、こちら容器側面には…“人気メニュー「六等星こってり」をカップ麺でアレンジ”、“豚骨の旨みがきいた濃厚ブラウンスープに、うどんでも使用される中力粉でつくる柔らかもっちりの太麺が絡む個性抜群の一杯。”と記載されているように、今回の“六等星 濃厚豚骨醤油”とは…超人気ラーメン店ならではの濃厚な豚骨醤油スープを再現しているだけでなく、拘りの麺であるもっちりとした弾力と強いコシを兼ね備えた厚みもあり幅広な太麺も再現しているようで、かなりの食べ応えに期待できそうです!

しかも今回のフレーバーは様々な部位を使用した豚骨オンリーの旨味が凝縮された超濃厚・ドロッとした豚骨醤油スープということで、臭みのないまろやかな旨味とキリッとした醤油感の強いキレが絶妙にマッチしたことで恐らくかなりインパクトの強い美味しさが再現されているものと思われます!特にこの強力粉で作られたという食感に拘った臨場感の高い仕上がりはかなり気になりますね!

一方こちらには…“豚の旨みを凝縮した背徳こってりスープ”と記載され、その背景には様々部位をじっくりと炊き出した豚の出汁スープに色の濃い醤油ダレを合わせた濃厚ブラウンスープにほんのり“とろみ”を付けた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…大豆たん白加工品・チンゲン菜・“ねぎ”が使用されているようです!

…というか“ラーメン二郎”直系の超人気店出身とのことですが、豚骨ラーメンではなく“六等星こってり”という新たなジャンルを目指すというだけあって“ラーメン二郎”とは全く異なるラーメンを提供していることが一目瞭然ですね!これはどれほど豚骨の旨味が凝縮された濃く深くも醤油ダレのキレの良さがマッチしているのか?非常に気になるところ。。

他にも特徴として…麺は上記の通り“うどん”でも使用されているという中力粉によるもっちりとした弾力と強いコシをうまく再現し(実店舗では自家製麺を使用。)、厚みもあり若干幅広な太麺に仕上げ、良い意味でガシガシとした食感が心地良く、それによって様々な部位を使用した超濃厚な豚骨醤油スープに利かせた臭みのないコク深くまろやかな旨味やキリッとしたシャープな飲み口が印象的な醤油ダレがバランス良く融合した味わいが縦型ビッグサイズのカップ麺として最後までボリューム感たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

非常にコクのある濃厚な豚骨醤油スープには…確かに豚骨の旨味が凝縮されているんですが、決して変な臭みやクセはなく、むしろ品のあるまろやかさや深みのある美味しさが際立ち、“とろみ”を付けたトロッとした状態にも関わらず重たさを感じさせることもなく、ただただ純粋に豚骨の旨味だけを抽出し、濃い目の醤油ダレとバランス良く合わせたことで最後まで飽きの来ない超濃厚なスープに仕上がり、ギトギトとした脂っこさもなくキリッとしたシャープな飲み口が非常に印象的でしたので、ほどよい生姜の風味がやみつき感を引き立て、もっちりとした弾力のある中力粉を使用したコシの強い太麺がガツンと食欲を満たしてくれる濃厚ながらも最後まで飽きの来ない食べ応えのある一杯となっていました!
これは特に、“麺や 六等星”ファンはもちろん、豚の旨味に拘り抜いた豚骨オンリーの出汁スープに濃い目の醤油ダレをバランス良く合わせたことで“六等星こってり”といった新たなジャンルを目指す超濃厚な豚骨醤油スープに生姜の風味を加え、もっちりとした弾力と強いコシを併せ持つ太麺とともにインパクトのある味わいをがっつりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は神奈川県川崎市にある“超こってり”の人気ラーメン店“麺や 六等星”の看板メニュー“六等星こってり”の味わいをカップ麺に再現した濃い目の醤油ダレと豚骨の旨味を凝縮させた超濃厚豚骨スープが“うどん”にも使用されているという中力粉によるもっちりとした弾力と強いコシを兼ね備えた太麺がガツンと楽しめるボリューム感抜群な一杯、「麺や六等星 濃厚豚骨醤油」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

麺や六等星 濃厚豚骨醤油

今回ご紹介するカップ麺は、神奈川県川崎市にある“超こってり”の人気ラーメン店“麺や 六等星”の看板メニュー“六等星こってり”の個性抜群な味わいをカップ麺に再現したもので、豚骨オンリーの旨味をたっぷりと利かせた出汁スープに濃い目の醤油ダレをバランス良く合わせたことで黒みの強いブラウンスープとも言うべきインパクトのある濃厚豚骨醤油スープに仕立て上げ、そこにほんのりと生姜の風味を加え、醤油感の強いキレの良さはもちろん、獣臭など豚骨特有の変な臭みなどが一切ないコク深くまろやかな味わいが太くコシの強い麺とともにガツンと食欲を満たしてくれる縦型ビッグサイズの一杯、“麺や六等星 濃厚豚骨醤油”となっています。

ご覧の通りフタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…こちらには実店舗でも使用されている“どんぶり”に超濃厚な豚骨醤油スープ・もっちりとした弾力や強いコシを併せ持つ太麺、さらに各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージが一面に掲載され、“超こってり”の人気店というだけあって“混ぜて混ぜて、よく混ぜてください”と記載されている通り粉末スープがたっぷりと使用されているものと思われ、しっかりと混ぜ合わせていくことによって“とろみ”が付き、それによってコクのある超濃厚醤油スープがカップ麺ながらもじっくりと楽しめるようですね!これは“ラーメン二郎”直系でも最高峰との呼び声高い“八王子野猿二郎2”出身のラーメン店ということで、かなり濃厚・コク深いスープに間違いなさそうです!

ちなみにここ“麺や 六等星”の創業は2019年11月7日、東京・八王子野猿街道にある“ラーメン二郎”の直系であり超人気店“ラーメン二郎 八王子野猿二郎2”出身だという店主“井上 大士”氏によって川崎市・稲田堤にオープンしたのがはじまり。そしてこちら容器側面にも実店舗写真とともに簡単な説明文が記載されており、これによると…“豚骨ラーメンではなく、“六等星こってり”という新たなジャンルを目指したラーメン界に異彩を放つ新進気鋭の名店”とのことで、基本は18:00〜24:00(土曜日は11:30〜18:00)といった営業時間なんですが、“スープが不出来の日は営業いたしません”と謳っているようにその日の状態は常に公式Twitterでチェックする必要のある人気・実力を兼ね備えたラーメン店のようですね!(もちろん行列必須・スープがなくなり次第閉店となるため、実際に食べるにはかなりハードルの高い名店と言えるでしょう。)
※“TRYラーメン大賞2020-21”の新人賞とんこつ部門で1位を獲得しています。

それでは、今回の“麺や六等星 濃厚豚骨醤油”がどれほど豚骨の旨味を凝縮させたクセのないコク深くまろやかで超濃厚な豚骨醤油スープに仕上がっているのか?インパクトのある見た目を再現するキレの良い濃い目の醤油ダレや生姜の風味との兼ね合いはもちろん、なんと言っても“うどん”にも使用するという中力粉によるもっちりとした弾力や強いコシを兼ね備えた太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り487kcal(めん・かやく402kcal / スープ85kcal)となっております。(塩分は6.8g)

カロリーは、縦型ビッグサイズ・豚骨の旨味をたっぷりと加えたコク深い超濃厚豚骨醤油スープの割に意外と低めな数値のようですが、一方で塩分はやや高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり112g、麺の量は80gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと85kcalとやはり思ったよりも低めな数値を占めていることから、動物系の旨味をベースに濃い目の醤油ダレをバランス良く合わせたことで見た目としてのインパクトや物足りなさを感じさせないコク深くまろやかな豚骨醤油スープの美味しさを存分に楽しめるように素材の旨味を存分に活かしたコク深い仕上がりをイメージさせます!(実店舗では完飲したらダメというくらい濃い目に仕上げているようですね。。)

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポーク調味料や豚脂をはじめ…

  • でん粉
  • しょうゆ
  • 香辛料
  • ポークパウダー
  • 植物油脂
  • 食塩
  • 香味調味料

といった、臭みのない豚骨の旨味をたっぷりと利かせた超濃厚な豚骨醤油スープに仕上げ、濃い目の醤油ダレが見た目のインパクトを際立たせ、基本は拘りの豚骨による出汁スープに醤油ダレを合わせたシンプルなテイストとなっているんですが、実際には豚骨の美味しさが存分に引き立てられ、さらに脂感は控え目でほんのり“とろみ”を付けた仕上がりとなり、さらに食欲を掻き立てる生姜の風味を加えた最後まで飽きの来ないコク深い味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902105270424
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩)、スープ(ポーク調味料、豚脂、糖類、小麦粉、でん粉、しょうゆ、還元水あめ、香辛料、ポークパウダー、植物油脂、脱脂大豆粉、たん白加水分解物、食塩、香味調味料)、かやく(大豆たん白加工品、チンゲン菜、ねぎ)/加工でん粉、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、香料、炭酸Ca、グリセリン、かんすい、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、フラボノイド色素、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、酸味料、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (112g) 当たり]
熱量487kcal
めん・かやく: 402kcal
スープ: 85kcal
たんぱく質10.1g
脂質18.0g
炭水化物71.1g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
6.8g
めん・かやく: 2.8g
スープ: 4.0g
ビタミンB10.39mg
ビタミンB20.46mg
カルシウム492mg

引用元:SUSURUがイマ食べたいこってり第1位 麺や六等星 濃厚豚骨醤油 | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“特製こってりオイル”と記載されている調味料が別添されています。

そしてこちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみたところ…豚骨の香りや醤油の旨味などが凝縮されたオイル状のサラッとした状態となっていましたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、かやくには…

  • 大豆たん白加工品
  • チンゲン菜
  • ねぎ

が入っています。

特に今回は“超こってり”で大変人気を博する神奈川県川崎市の名店“麺や 六等星”の看板メニュー“六等星こってり”の味わいをカップ麺に再現したというだけあって、粉末スープの量が非常に多いですね。。これはパッケージにも記載されていた通りしっかりと混ぜて混ぜて…しっかりと混ぜながらいただくと本来の美味しさが楽しめるかと思われます!

さらに、麺はご覧の通り“うどん”にも使用しているという…中力粉による柔らかもっちりとした弾力と強いコシを兼ね備えた角刃・太麺仕様となっていて、麺量80gによるしっかりとした食べ応えなんかも楽しめるボリューム感抜群な一杯のようで、コク深く超濃厚な豚骨醤油スープとの馴染み具合にも期待したいところ!!

調理してみた

では熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:410ml)
そして出来上がりがこちら!

かなりしっかりとお湯を吸ったことで、先ほどまでの太麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に角刃の太麺が確認できないほど豊富に具材が使用され、まだ粉末スープが表面にダマとなって残っていることからも、やはり想像以上に濃厚かつボリューム感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“特製こってりオイル”を加えていきます!
すると…見るからに濃い目の醤油ダレに豚骨の香りが加わった割とサラッとした仕様となっていて、量はやや少なめではありますが、醤油の旨味なんかも際立つかと思われますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

ご覧の通りこの“特製こってりオイル”を加えても、そこまで風味としての変化はないものの…ここ“麺や 六等星”ならではの濃い目の色合いがさらに際立ち、しっかりと混ぜ合わせることによって醤油の旨味として溶け込むと思われます!(特に脂感はなく、ただただコクのある濃厚なテイストといったところ。)

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…すでにこってり感を思わせる“とろみ”が付き、豚骨ならではの獣臭などの臭みは一切なく、濃厚は濃厚でもコク深いテイストに醤油感の強いキレの良さが相性良く馴染み、パンチの強い口当たりとまろやかな旨味がたっぷりと楽しめる満足度の高い縦型ビッグサイズならではのボリューム感のある一杯となっています!(とにかく麺の仕上がりが良いですね!)

また、具材に使用されたチャーシューをイメージした“大豆たん白加工品”からも良い旨味が滲み出しているように感じられ、しっかりとスープと馴染ませながら食べ進めていくと、より一層旨味が増して楽しめるかと思われます!そしてなんと言っても実店舗には“羽釜の中は豚だけです”、“魚不使用。動物系ONLY”と貼られているようにとにかく豚骨の旨味に拘った超濃厚な豚骨醤油スープに仕上がっているようで、カップ麺ながらも本格感のある美味しさが楽しめるのではないでしょうか?

…というかスープ表面を見ても脂っこさといった油分が浮いていないことから、やはりギトギトとした意味での濃厚感ではなく豚骨の旨味をコク深くまろやかに利かせたことで最後まで飽きの来ないテイストが際立ち、お店さながらの醤油の旨味や豚骨の風味はもちろん、食べ応え抜群なボリューム感のある太麺によって想像以上に食欲が満たされる満足度の高い味わいに間違いなさそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…拘りの豚骨に関してはやはり臭みやクセが一切なく、非常にまろやかなコクと口当たりの滑らかさが印象的で、色味の濃い醤油ダレがバランス良くマッチしたことで塩気も強くキリッとしたシャープな味わいが心地良く、このコクとキレがバランス良く馴染み、さらに食欲そそる生姜の風味がほんのり香ることで安定感のある美味しさがクオリティ高く再現され、“ラーメン二郎”とは一線を画する一杯というのも納得で、“六等星こってり”といったジャンルを目指しているだけあってインパクト抜群な仕上がりとなっています!

そのため、決して脂ギトギト系のテイストというわけではなく、醤油感の強いキレの良さと丁寧に抽出した豚骨のコクがうまく融合したことによって超濃厚なパンチのある味わいに仕上がり、ついついスープが止まらなくなってしまいますね。。この味わいとボリューム感で税別228円ならかなり満足のいくフレーバーとなっています!

また、食べ進めていくに連れて具材に使用された大豆たん白加工品からも良い旨味が滲み出し、濃厚な豚骨醤油スープに旨味・コクが際立っていき、キリッとした醤油感や香辛料がうまく調和したメリハリや厚みのある味わいがたっぷりと楽しむことができ、そもそも脂っこさといった感じは一切ありませんから…最後まで飽きることなく“六等星こってり”ならではの超濃厚なスープが味わえることでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り角刃仕様の太麺で、“うどん”にも使用しているという中力粉による柔らかもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えた密度感のある食べ応えが心地良く、良い意味でガシガシとした食感が再現され、麺量80gといったボリューム感のある仕上がりとなっています!

そんな太麺には…臭みのない豚骨の旨味をベースにした出汁スープに濃い目の醤油ダレをバランス良く合わせた超濃厚豚骨醤油スープがよく絡み、一口ずつに品のある豚骨の旨味や醤油感のあるキリッとした味わいなどが口いっぱいに広がっていき、ほんのり香る生姜の風味や豚骨の香りが後味良く抜けていきます!…というかここまでたっぷりと豚骨の旨味を利かせているにも関わらず全く飽きの来ないコク深いテイストはまさに拘りの豚骨とキレの良い醤油ダレとのバランスが非常に良い一杯と言え、コク深くまろやかな濃厚豚骨醤油といった味わいが好みの方はかなりハマるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのチャーシューをイメージした大豆たん白加工品が入っていて、じっくりと味わってみると…大豆を主原料としているせいかイマイチな仕上がりかと思いきや…しっかりと肉質を感じさせる仕上がりで、ほどよく味付けが施されたことで肉の旨味がじゅわっと滲み出す仕上がり具合となっていたため、スープとしっかりと馴染ませながら食べ進めていき、後ほどもっちりとした太麺と絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのチンゲン菜は量・サイズ感ともに全く申し分なく、シャキシャキとした食感が心地良く感じられ、今回の一杯に対してちょうど良い食感としてのアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が入っていて、やや小さめにカットされているせいか…シャキシャキとした食感とまではいきませんが、ちょうど良い薬味にもなったことで、今回の“六等星こってり”の味わいを再現したスープの美味しさを引き立て、さらに後味すっきりと感じさせる相性抜群な具材として彩り良く添えられています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り実店舗ではゲンコツや頭骨、背ガラや豚足など豚骨オンリーで仕上げるという出汁スープをベースに色味の濃い醤油ダレをバランス良く合わせたことによって“麺や 六等星”の看板メニューならではの味わいをうまく再現、そこに生姜の風味をほんのりと加えることによってキリッとした後味が際立ち、特に豚骨の旨味に関しては変なギトギト感や臭みなど一切なく、非常にまろやかでコクのある仕上がりとなっています!

そのため、別添されている“特製こってりオイル”によって醤油の旨味や豚骨の香りが引き立ち、さらに“かやく”に使用された大豆たん白加工品に関しても大豆を主原料としている割にしっかりと味付けが施されたことで旨味も増していき、単純な豚骨醤油スープというわけではなく、どのジャンルにも属さない“六等星こってり”といった確立したテイストであることがよーく伝わってきます!そのため、実店舗との再現性はどれほどなのか?気になるところ。。

また、食べ進めていくに連れて大量に使用された粉末スープも全体に馴染んでいくことによって徐々に喉越し抜群な豚骨醤油スープの“とろみ”・濃厚感も際立っていくため、容器底からしっかりと混ぜながら食べ進めていくと、より一層メリハリ・コクの利いたテイストが楽しめることと思われます!

ただ、強いて言えば…豚骨の旨味が丁寧過ぎる点が賛否分かれるかもしれませんね!コク深くまろやかで非常に品のある仕上がりとなっているんですが、見た目は色の濃い醤油ダレというだけで落ち着いた雰囲気ですので、“超こってり”に期待して食べてみると若干物足りなさを感じられる方もいらっしゃるかもしれません!(その分、幅広い層に好まれるフレーバーとも言えるでしょう!)

このように、今回の“麺や六等星 濃厚豚骨醤油”は、臭みのない豚骨の旨味をたっぷりと利かせた出汁スープに色の濃い醤油ダレをバランス良く合わせたことでキレとコクのある喉越し抜群な超濃厚な豚骨醤油スープに仕上がり、濃厚ではありますが、脂っこさや“くどさ”を感じさせるようなこってり感というわけではなく、コク深くまろやかな旨味が際立ち、生姜の風味がほんのりと加わったことで後味の良さも非常に良く、そこに“うどん”にも使用しているという中力粉による柔らかもっちりとした弾力と強いコシを兼ね備えた角刃の太麺が絶妙にマッチし、濃厚なスープとボリューム感のある太麺によってガツンと食欲を満たしてくれる満足度の高い一杯となっていたため、お好みによっては豚骨醤油スープと相性の良い“おろしにんにく”や唐辛子などの香辛料をちょい足しして刺激的なアクセントを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「麺や六等星 濃厚豚骨醤油」を食べてみて、神奈川県川崎市にある“超こってり”の人気ラーメン店“麺や 六等星”の看板メニュー“六等星こってり”の味わいをカップ麺に再現した一杯には…臭みのない豚骨の旨味がたっぷりと利き、それによってコク深くもまろやかなテイストに仕上がり、そこに色の濃い醤油ダレが合わさったことで“六等星こってり”といった唯一無二の超濃厚豚骨醤油スープがもっちりとした弾力のある太麺とともにボリューム感たっぷりと楽しめる最後まで飽きの来ない一杯となっていました!

そして、なんと言っても今回は豚骨の脂っこさ・臭みといった感じは一切なく、喉越し良く楽しめる豚骨醤油スープとなっていたんですが、食べ進めていくに連れて豚骨のこってり感が満足度も満たしてくれるため、想像以上に好評な一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!