カップ麺

セアブラの星 W背脂豚骨醤油ラーメン!かやくとスープの2種で背脂をW仕様にしたコク深い一杯

セアブラの星 W背脂豚骨醤油ラーメン

セアブラの星 W背脂豚骨醤油ラーメン」を食べてみました。(2021年8月23日発売・エースコック)

この商品は、エースコックのオリジナル新フレーバーということで、今回は臭みのないポークを利かせたコクのある豚骨醤油スープに食欲そそるガーリックとキレの良さを引き立てる胡椒をバランス良く合わせ、背脂をW仕様として“かやく”とスープそれぞれに加え、歯切れの良い食感滑らかな丸刃の麺がよく絡む縦型ビッグサイズの食べ応え抜群な一杯が登場です!

それも…背脂を“かやく”とスープのW仕様にしたことによって濃厚な豚骨醤油スープに深みのあるコクが際立ち、喉越しの良い厚み・コクが心地良く、相性抜群なガーリックを利かせたことでパンチの強い口当たりを表現、そこにエースコックならではの丸刃・中太仕様の食感滑らかなフライ麺がよく馴染み、最後まで飽きることなく背脂の旨味が楽しめるボリューム感のある一杯、“セアブラの星 W背脂豚骨醤油ラーメン”となっております。(税別230円)

ご覧の通りパッケージには背脂と“にんにく”を利かせた濃厚な豚骨醤油ラーメンでイメージさせるお馴染みの黄色を基調に文字通り星ノ形にくり抜かれたところに今回のコク深くキリッとしたメリハリのある仕上がりイメージなんかも掲載されており、なんと言っても一度聞いたら忘れられない…“セアブラの星”(どこかで聞いたことのあるような…笑)といった商品名が大きく掲載されており、“かやく”とスープともに背脂をたっぷりと仕様したことでコクのある豚骨醤油スープがたっぷりと楽しめるとのことで気になっている方も多いのではないでしょうか?

セアブラの星 W背脂豚骨醤油ラーメン パッケージ

また、こちら容器側面には…“W背脂 豚骨醤油ラーメン”と記載されているように、今回の“セアブラの星”とは…人気ラーメン店の味わいを再現しているわけではなく、あくまでエースコックのオリジナル商品とのことで、お問い合わせしてみたところ今の段階ではシリーズ化するかどうか不明とのこと。個人的には、なんとなく“セアブラの星”シリーズとして続編が出るような気もするんですけどね…

ただ…今回のフレーバーは背脂を豊富に使用した濃厚な豚骨醤油スープということで、背脂の旨味とコク、そして醤油感の強いキリッとしたシャープな飲み口が絶妙にマッチしたことで恐らく間違いない美味しさがたっぷりと楽しめることに期待できそうです!(ちなみに容器はPPですがシュリンクフィルムを使用したことによって上品さを思わせる質感を表現しています。)

一方こちらには…ポークをベースに濃厚な豚骨醤油スープに仕立て上げ、そこに液体スープ・“かやく”のW仕様による背脂をたっぷりと使用したことでコクを引き立てた醤油感の強い仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…背脂加工品・大豆加工品・ねぎ・唐辛子が使用されているようです!…というか大豆が主原料ではありますが豊富に使用された大豆加工品からも良い旨味が滲み出しているようにも感じられますね。。

他にも特徴として…麺はエースコックらしい中太・丸刃仕様のフライ麺が採用されており、つるっと滑らかな食感はもちろん、ほどよい弾力やコシを併せ持つ仕上がりとなっていて、ポークの旨味にキレの良い醤油やW仕様による背脂の旨味やコクが絶妙にマッチし、さらに食欲そそるガーリックや胡椒を加えメリハリのある濃厚な味わいが最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

たっぷりと使用された背脂のおかげで見た目は非常にこってりと感じられるかもしれませんが…実際にはそこまで乳化感がなく、キリッとしたシャープな飲み口が非常に印象的で脂っこさといった“くどさ”は一切なく、背脂の旨味・コクがしっかりと際立った喉越しの良いスープには…厚みのある旨味が心地良く、ほどよいガーリックや胡椒のアクセントがうまく融合したことで後味すっきりとしたテイストに仕上がり、想像以上に繊細な旨味や風味豊かな王道を行くテイストとなり、弾力のある丸刃の中太麺とともにガツンと食欲を満たしてくれる濃厚ながらも最後まで飽きの来ない一杯となっていました!
これは特に、豚の旨味に“にんにく”や背脂をたっぷりと加えた濃厚な豚骨醤油スープが好みの方はもちろん、インスパイア系にも似通ったパンチの強いコク深い味わいをボリューム感たっぷりとと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はエースコックから新発売となったオリジナル商品で、背脂W仕様による旨味・コクが際立った濃厚な豚骨醤油スープにガーリックや胡椒を利かせたメリハリのある味わいが弾力やコシのある丸刃の中太麺に絡む喉越しの良いボリューム感抜群な一杯、「セアブラの星 W背脂豚骨醤油ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

セアブラの星 W背脂豚骨醤油ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、エースコックの新シリーズとも言えるフレーバーで、ポークの旨味をベースに別添されている液体スープ・“かやく”それぞれに背脂を加えたW仕様によるコクが引き立ち、醤油感の強いキレの良さはもちろん、食欲そそるガーリックや胡椒をバランス良く合わせたことによってパンチの強い濃厚な味わいが大盛り仕様としてたっぷりと楽しめる縦型ビッグサイズの一杯、“セアブラの星 W背脂豚骨醤油ラーメン”となっています。

やはり黄色を基調にしたパッケージを見ると…どうしても豚骨醤油スープでお馴染みの味わいをイメージするように“にんにく”やアブラ(背脂)を利かせた濃厚ながらもキレの良いガツンとしたテイストに期待してしまいますからね!今回新たに登場した“セアブラの星”が果たしてシリーズ化されて第2弾・第3弾と登場するのかどうか?この辺りに関してもすでに気になるところ。。

ちなみにこちら容器側面には…“液体スープの背脂と具材の粒感のある背脂のWの背脂が織りなす間違いのない美味しさ!”と記載されている通り、ベースは豚の旨味でガーリックや胡椒によってメリハリが付き、さらにたっぷりと背脂が使用されたことによるコク深いスープが心地良く、丸刃の中太麺とも相性良く馴染み、80gもの大盛り仕様によって満足感をガツンと満たしてくれる一杯のようですね!

また、この背景に掲載されている仕上がりイメージからも…乳化感のない割と後味すっきりとしたテイストで、濃厚でコク深くもキリッとした口当たりがW仕様の背脂のコクと相性良く馴染み、ついつい箸もスープも止まらなくなるようなガッツリ系が好みの方にはたまらない仕上がりに期待できそうです!

それでは、今回の“セアブラの星 W背脂豚骨醤油ラーメン”がどれほどポークを利かせた濃厚な仕上がりとなっているのか?液体スープ・“かやく”それぞれに背脂を含んだW仕様による背脂のコク、食欲そそるガーリックや胡椒との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもつるっと滑らかな丸刃仕様の中太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り473kcal(めん・かやく385kcal / スープ88kcal)となっております。(塩分は6.5g)

カロリーは、縦型ビッグサイズ・背脂をたっぷりと加えたコク深い豚骨醤油スープの割に意外と低めな数値のようですが、一方で塩分はやや高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり103g、麺の量は80gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと88kcalとやはり思ったよりも低めな数値を占めていることから、動物系の旨味をベースに背脂をたっぷりと使用したことで素材の旨味を存分に活かしたコク深い仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、背脂加工品や食塩をはじめ…

  • 鶏油
  • ポーク調味料
  • 乳化油脂
  • 粉末しょうゆ
  • ポークコラーゲン
  • 香辛料
  • しょうゆ
  • ポークエキス

といった、臭みのないポークをベースに液体スープ・“かやく”それぞれに背脂を加えたW仕様による濃厚な豚骨醤油スープに仕上がり、さらに食欲を掻き立てるガーリックやキレの良さを引き立てる胡椒をバランス良く合わせたことで最後まで飽きの来ないコク深い味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071247317
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ)、スープ(背脂加工品、食塩、鶏油、ポーク調味料、乳化油脂、粉末しょうゆ、ポークコラーゲン、香辛料、たん白加水分解物、しょうゆ、砂糖、大豆たん白、ポークエキス、全卵粉)、かやく(背脂加工品、大豆加工品、ねぎ、唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、カラメル色素、増粘多糖類、酒精、かんすい、香料、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、酸味料、甘味料(カンゾウ、スクラロース、アセスルファムK)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (103g) 当たり]
熱量473kcal
たんぱく質10.9g
脂質22.7g
炭水化物56.3g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
6.5g
(2.0g/4.5g)
ビタミンB10.39mg
ビタミンB20.48mg
カルシウム341mg

引用元:セアブラの星 W背脂豚骨醤油ラーメン|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、後入れかやく、液体スープといった2つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料となっていて、特に液体スープは触ってみたところ…非常にサラッとした油分にたっぷりと背脂が含まれているようでしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、かやくには…

  • 味付豚肉
  • メンマ
  • ねぎ

が入っています。

特に今回W仕様となった背脂に関しては液体スープと“かやく”の方に含まれており、この時点ではどれほどの量が使用されているのかまだわからない状態となっています。

さらに、麺はご覧の通りエースコックらしい中太・丸刃仕様となっていて、もっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備え、麺量80gによるしっかりとした食べ応えなんかも楽しめるボリューム感抜群な一杯のようで、コク深く濃厚な豚骨醤油スープとの馴染み具合にも期待したいところ!!

調理してみた

では熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:450ml)
そして出来上がりがこちら!

かなりしっかりとお湯を吸ったことで、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に丸刃の中太麺にはもっちりとした弾力とほどよいコシが加わり、思っていたよりも非常にボリューム感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…まずはじめに動物系の脂と思われる無色透明な油分がたっぷりと出てきて、その後からは背脂がたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

ご覧の通り液体スープにたっぷりと含まれる背脂のサイズは大粒ではありますが、しっかりと混ぜ合わせることによって旨味として溶け込んでしまうほどトロトロな状態となっています!(そして粒感を表現するために“かやく”にも背脂を後入れ仕様によって採用されているんですね!)

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染んだら最後に“後入れかやく”を加えて完成です!
こちらにも豊富に背脂が含まれているようですが、後入れ仕様によってその形はしっかりと残り、食感や喉越しの良さとしても楽しめるのではないでしょうか?

こうして完成となるわけですが、ポークの旨味にたっぷりと背脂を使用しているにも関わらずスープは割とサラッとしていて脂っこさといった感じもなく、濃厚は濃厚でもコク深いテイストに醤油感の強いキレの良さが相性良く馴染み、パンチの強い口当たりとまろやかな旨味・コクがたっぷりと楽しめる満足度の高い縦型ビッグサイズならではのボリューム感のある一杯となっています!(これなら“どんぶり型”の方が良かったような気もしますね。。)

また、具材に使用された大豆加工品からも良い旨味が滲み出しているように感じられるんですが…まだ湯戻りが完全ではないようでしたので、しっかりとスープと馴染ませながら食べ進めていくと良いでしょう!

…というか背脂がW仕様によってたっぷりと含まれたことでコク深いテイストが際立ち、お店さながらの旨味や風味はもちろん、食べ応え抜群なボリューム感のある中太麺によって想像以上に食欲が満たされる満足度の高い味わいが堪能できそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…ポークを利かせた豚骨醤油スープには醤油感の強いキレ、液体スープ・“かやく”による背脂W仕様のコクがバランス良く馴染み、さらに食欲そそるガーリックや香辛料として胡椒を加えたことで安定感のある美味しさがクオリティ高く表現され、個人的にはもう少し塩気が強くても良いような気もしましたが…これはこれでインスパイア系が好みの方も納得の美味しさがカップ麺で気軽に楽しめることに間違いありません!

そのため、決して脂ギトギト系のテイストというわけではなく、キレの良さと背脂のコクがうまく調和したことによってパンチのある味わいに仕上がり、全体的なバランスが非常に良く、ついついスープが止まらなくなってしまいますね。。これで税別230円ならレギュラー化しても良いくらいの味とボリューム感となっています!

また、食べ進めていくに連れて具材に使用された大豆加工品からも良い旨味が滲み出し、背脂のW仕様とともに旨味・コクが際立っていき、キリッとした醤油感や香辛料がうまく融合したメリハリや厚みのある味わいがたっぷりと楽しむことができ、そもそも脂っこさといった感じは一切ありませんから…最後まで飽きることなく“セアブラの星”が味わえることでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り丸刃仕様の中太フライ麺で、もっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えたすすり心地抜群な滑らかさが心地良く、1食当たりとしても大盛り仕様のボリューム感のある仕上がりとなっています!

そんな中太麺には…ポークをベースにガーリックや胡椒を加え、さらに別添されている液体スープ・“かやく”それぞれに背脂をたっぷりと加えたW仕様によってコクが際立つ濃厚な豚骨醤油スープがよく絡み、一口ずつに背脂のコクに負けじと醤油感の強いキレや旨味、さらに食欲そそるガーリックなどが口いっぱいに広がっていき、ほんのり香る“にんにく”の風味が後味良く抜けていきます!…というかここまで豊富に背脂が使用されているにも関わらず全く飽きの来ないテイストはまさに全体のバランスが非常に良い一杯と言え、パンチの強い濃厚醤油といった味わいが好みの方はかなりハマるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの大豆加工品が入っていて、じっくりと味わってみると…大豆を主原料としているせいか食感はイマイチですが…ほどよく味付けが施されたことで肉の旨味が引き立つ仕上がりとなっていたため、スープとしっかりと馴染ませながら食べ進めていき、後ほどもっちりとした中太麺と絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの背脂は量・サイズ感ともに全く申し分なく、そもそも脂っこさといった感じもありませんので、今回の一杯に対して喉越しの良いコクをしっかりと引き立てる相性抜群な具材でもあり、パンチのある濃厚な豚骨醤油スープには欠かせない旨味際立つ具材として想像以上にたっぷりと使用されています!

さらに、さり気なく粗挽き唐辛子なんかも使用されており、こちらもまたじっくりと味わってみると…ピリッとしたちょうど良いメリハリを引き立てるアクセントとして彩り良くスープ表面に散りばめられています!

他にもこちらの“ねぎ”が入っていて、やや小さめにカットされているせいか…シャキシャキとした食感とまではいきませんが、ちょうど良い薬味にもなったことで、今回の“セアブラの星 W背脂豚骨醤油ラーメン”の美味しさを引き立て、さらに後味すっきりと感じさせる相性抜群な具材として彩り良く添えられているようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークをベースにガーリックや胡椒を加え、さらに別添されている液体スープ・“かやく”それぞれに背脂をたっぷりと使用したことで非常にコク深いテイストに仕上がり、醤油感のあるキリッとしたシャープな飲み口が絶妙にマッチし、喉越しの良いパンチのある濃厚な豚骨醤油スープではありますが、脂っこさといった感じは一切なく、“セアブラの星”の文字通り背脂のコクを楽しむ一杯と言っても過言ではないほどの旨味を引き立てた厚みのある仕上がりとなっています!

そのため、液体スープに含まれる背脂はスープのコクそのものを引き立て、さらに“かやく”に使用された背脂に関しては後入れタイプということもあって粒感が感じられ、W仕様とは言え、単純に背脂をたっぷりと加えただけではない手の込んだ仕上がりであることがよーく伝わってきます!特に粒感のある背脂のおかげで喉越しの良さが心地良く、スープの美味しさは一際満足度高く感じられるのではないでしょうか?

また、具材に使用された大豆加工品からも良い旨味が滲み出していき、食べ進めていくに連れて大量に使用された背脂とともにスープの美味しさを徐々に際立たせ、容器底に溜まっている香辛料の胡椒などをしっかり混ぜながら食べ進めていくと、より一層メリハリの利いたテイストが楽しめることと思われます!

そしてなんと言ってもこの背脂と一緒に飲むスープは“セアブラの星”の醍醐味でもあり、コク深く喉越しの良い飲み応えがたまりません!粒感もあり旨味も引き立てる背脂W仕様の一杯はよーく考えられていますね!これは続編に期待したいところ!!

このように、今回の“セアブラの星 W背脂豚骨醤油ラーメン”は、臭みのないポークをベースにガーリックや胡椒を利かせ、さらに液体スープ・“かやく”のそれぞれに背脂をたっぷりと加えたことで非常にコクのある豚骨醤油スープに仕上がり、そこに大豆加工品や唐辛子などを具材に加えたことで更に旨味が際立っていき、たっぷりと使用した背脂によって喉越しの良いスープが心地良く、丸刃仕様の中太麺とともにガツンと食欲を満たしてくれるパンチのある一杯となっていたため、お好みによってはもう少し唐辛子や“おろしにんにく”などを加えてメリハリのある濃厚な味わいを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「セアブラの星 W背脂豚骨醤油ラーメン」を食べてみて、ポークの旨味をベースに濃厚な豚骨醤油スープに仕立て上げ、そこに食欲そそるガーリックや胡椒、さらに液体スープ・“かやく”それぞれにたっぷりと背脂を加えたW仕様によってコク深さが際立ち、決してギトギト感のないメリハリの付いた喉越しが心地良く、醤油感の強いキリッとした飲み口や粗挽き唐辛子などのアクセントが最後まで飽きさせない満足度の高い一杯となっていました!

そして、なんと言っても今回は“セアブラの星”といったシリーズ化を予感させる商品名となっているため、今後の商品展開にもかなり期待したいところではないでしょうか?しかもさり気なくインスパイア系の要素も多く含んでいることからも割と好評な一杯に間違いありません!

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!