カップ麺

「麺屋 剛」監修カップ麺 “剛麺 とんこつ味” 鹿児島ラーメン屈指の人気店が手掛けるコク深い一杯

麺屋剛監修 剛麺 とんこつ味

麺屋剛(ごう)監修 剛麺(ごうめん)とんこつ味」を食べてみました。(2021年12月7日発売・エースコック/ファミリーマート限定・数量限定)

この商品は、鹿児島市武に本店を置く人気ラーメン店“麺屋 剛”の看板メニュー“剛麺”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、複数のポークエキスをバランス良く配合し、さらに別添されている“香味野菜の旨味スープ”を加えることによってさらに旨味が引き立てられ、想像以上にあっさりとした中にもコク深くまろやかな味わいが縦型ビッグサイズで楽しめるボリューム感抜群な一杯が登場です!

それも…実店舗では豚骨100%にも関わらずあっさりとした中にも旨味が凝縮された鹿児島系の豚骨スープに拘り、長時間かけてじっくりと炊き出したことで臭みのないコク深くクリーミーな味わいをカップ麺として再現、そこにキリッとした口当たりが印象的な“かえし”となるタレが絶妙にマッチしたことで濃厚ながらも最後まで飽きの来ない安定感のある一杯、“麺屋剛監修 剛麺 とんこつ味”となっております!(税抜き212円)

ご覧の通り、パッケージには“麺屋 剛”、“鹿児島豚骨ラーメン”といった店舗名や力強いロゴが掲載され、豚骨の旨味に拘ったという人気メニュー“剛麺”の味わいを同店監修によって再現された一杯はエースコックとともに幾度となく改良を重ね、かなりクオリティの高い仕上がりとのことで、なかなか期待できそうなフレーバーと言えるのではないでしょうか?!

麺屋剛監修 剛麺 とんこつ味 パッケージ

また、こちらには乳化感のある白濁としたクリーミーな豚骨スープに中太ストレート麺が絡むイメージ写真が掲載されており、割と太めの麺が採用されたことによってしっかりと食欲を満たしてくれるのはもちろん、コク深い豚骨スープの絡みも非常に良く、ほどよく味付けが施されたことで噛むほどに旨味が増していく…そんな相性抜群なフライ仕様の麺が採用されているようです!

一方こちらには“剛麺 豚骨味”といった今回の商品名が記載され、その背景にコク深くも意外とあっさりとした飲み心地の良い豚骨スープに各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…大豆加工品・ねぎ・“もやし”が使用されているようです!この辺りに関しては特に“もやし”が意外な具材として使用されており、気になって見てみると実店舗の方でも“もやし”が盛り付けられているようですね!これは素材のシャキシャキ感、そして大豆を主原料とした大豆加工品に施された味付けからどれほどの旨味が滲み出すのか?非常に気になるところ。。

ちなみにこの商品は、以下の通り企画物のフレーバーとなっていて、以前ご紹介した“利尻らーめん味楽本店監修 焼き醤油味らーめん(2021年9月28日発売)”や“支那そばや監修 醤油らぁ麺(2021年10月26日発売)”に続く第3弾となります!

このたびは、情報サイトの運営やグルメイベントを企画する株式会社ラーメンデータバンクと共同開発したカップ麺シリーズ第3弾として、「麺屋剛監修 剛麺 とんこつ味」 を発売いたします。
引用元:ラーメンデータバンクイチオシ 麺屋剛監修 剛麺 とんこつ味|40のいいこと!?|ファミマの40周年合言葉はファミマる。|キャンペーン|ファミリーマート

このように今後も全国の“なかなか食べに行けないラーメン店”を厳選し、カップ麺としてその味を再現して登場するとのことでしたので、残る第4〜5弾までどこの人気ラーメン店が商品化されるのか非常に楽しみなところ!!

他にも特徴として…麺はほどよく味付けが施された中太ストレート麺(油揚げ麺)が採用されており、思ったよりも太い仕様ということもあって弾力のある食感やコシのある仕上がりで、鹿児島の名店“麺屋 剛”の看板メニューを再現した後味の良い豚骨スープとの相性も非常に良く、それによって臭みのない複数のポークエキスをバランス良く合わせたコク深くも後味すっきりとした味わいが最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

豚骨の旨味を存分に活かしたスープには…“麺屋 剛”といった力強いロゴのイメージとは若干異なり、コク深くまろやかで濃厚なんですが、割とあっさりとした一面もあり、若干甘みのある醤油感の強い“かえし”(タレ)が絶妙にマッチしたことでメリハリのある味わいをクオリティ高く再現、そこに味付けが施された中太ストレート麺がしっかりと絡むことでガツンと食欲を満たしてくれる…そんな最後まで飽きの来ない食べ応え抜群な一杯となっていました!!
これは特に、鹿児島の人気ラーメン店“麺屋 剛”ファンはもちろん、丁寧に抽出した豚骨の旨味をバランス良く合わせ、さらに別添されている“香味野菜の旨味スープ”を加えることによってさらに旨味が増して楽しめる味わい深い豚骨スープを食感滑らかな中太ストレート麺とともにボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は鹿児島の人気ラーメン店“麺屋 剛”の看板メニュー“剛麺”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現し、複数のポークエキスに別添されている“香味野菜の旨味スープ”を加えることで臨場感溢れる豚骨スープが気軽に楽しめる縦型ビッグサイズの一杯、「麺屋剛監修 剛麺 とんこつ味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

「麺屋 剛」監修 “剛麺 とんこつ味”

今回ご紹介するカップ麺は、鹿児島の人気ラーメン店“麺屋 剛”の看板メニュー“剛麺(ごうめん)”の味わいを同店初監修によってクオリティ高く再現したもので、数種類ものポークエキスをバランス良く配合し、さらに別添されている“香味野菜の旨味スープ”を加えることで旨味際立つコク深い豚骨スープに仕上がり、さらに麺にはほどよく味付けが施され、食欲をしっかりと満たしてくれる中太ストレート麺が採用され、それによって長時間じっくりと炊き出して作られるという…豚骨スープをカップ麺として気軽に楽しめるボリューム感のある一杯、“麺屋剛監修 剛麺 とんこつ味”となっています。

ご覧の通り、フタの上には容器側面とは異なり、黒を基調に“鹿児島豚骨ラーメン”、“麺屋 剛”といった店舗名やロゴなどがシンプルに掲載されており、こちらには今回の仕上がりイメージは掲載されていないものの…人気ラーメン店“麺屋 剛”の力強い店舗ロゴによってかなり濃厚でインパクトのある豚骨スープをイメージさせますね!(実際には良い意味で若干異なりますが…)

ちなみにここ“麺屋剛”の創業は2007年12月、店主である“東郷 剛”氏が鹿児島市天文館の“くろいわラーメン”で修行経験を経た後、鹿児島県鹿児島市西田にオープンしたのがはじまり。(2013年に現在の鹿児島市武3丁目6-5に移転)その後“麺屋剛 伊集院店”が2017年にオープン(日置市伊集院町麦生田698)し、2019年11月には鹿児島市谷山港2丁目の協同組合鹿児島県陸運会館に“麺屋剛食堂”がオープンするも2021年9月には閉店、2021年5月には屋台をイメージした“名山屋台 麺屋剛”がオープン(鹿児島市名山町3-16)しています。

また、運営会社は“東郷 剛”氏が代表を務める“株式会社剛一家”が取り仕切り、現在鹿児島を中心に3店舗展開しています。(“名山屋台 麺屋剛”はオンラインショップを運営する“さつまうまいもん株式会社”との共同企画によるもので、屋台をイメージしたレトロな雰囲気のフランチャイズ1号店とのこと。)

他にもこちらには“鹿児島の「旨い!」をお届け”と記載されているように、九州の豚骨ラーメンの中でも“麺屋 剛”は“鹿児島ラーメン”を継承する人気店とのことで、そもそも鹿児島ラーメン自体、他の久留米ラーメンなどの豚骨ラーメンとは若干異なり、定義こそ曖昧なものの…豚骨ベースに鶏ガラや野菜の旨味を加えたりと、そのお店独自の味を提供しているようで、半濁のあっさりとしたテイストが特徴のひとつでもあり、何度食べても飽きの来ない安定感・メリハリのある繊細な味わいがカップ麺に再現されているようですね!

それでは、今回の“麺屋剛監修 剛麺 とんこつ味”がどれほど豚骨の旨味を丁寧に利かせたコク深くまろやかな豚骨スープに仕上がっているのか?別添されている“香味野菜の旨味スープ”を加えることによる繊細な旨味との兼ね合いはもちろん、なんと言っても真っ白い中太ストレート麺による滑らかな食感と適度な硬さを再現し、ほどよく味付けが施されたというフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り411kcal(めん・かやく318kcal / スープ93kcal)となっております。(塩分は6.1g)

カロリーは、複数のポークエキスをバランス良く配合したコクのあるテイストながらも…思ったよりあっさりとした豚骨スープということもあって縦型ビッグサイズにも関わらず低めな数値のようですが、一方で塩分はサイズを考慮すると平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり96g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと93kcalとやはりあっさりとしているとは言っても豚骨ラーメンならではのコクやまろやかさがしっかりと表現され、極端に高い数値というわけではありませんが、素材の旨味をうまく活かしたことによって、別添された“香味野菜の旨味スープ”とともにメリハリの付いたコク深い仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポーク調味料やポークエキスをはじめ…

  • 乳化油脂
  • 食塩
  • 豚脂
  • 香辛料
  • しょうゆ
  • 魚介調味料
  • 香味油
  • オニオンパウダー
  • チキンエキス

といった、複数のポークエキスをベースに野菜の旨味や隠し味のように魚介出汁などをバランス良く合わせ、コク深くもあっさりとした豚骨スープに仕上がり、臭みのない繊細なテイストを臨場感高く再現、まさにキレとコクのある味わい深いテイストによって物足りなさを感じさせない奥行きのある味わいを想像させる材料が並びます!

また、麺の項目を見てみると、植物油脂や食塩、“しょうゆ”といった材料が確認でき、中太仕様のストレート麺にはほどよく味付けが施されているようです!

JANコード4901071256562
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、砂糖、しょうゆ)、スープ(ポーク調味料、ポークエキス、植物油脂、オニオンペースト、乳化油脂、食塩、豚脂、香辛料、しょうゆ、魚介調味料、たん白加水分解物、香味油、酵母エキス、オニオンパウダー、でん粉、チキンエキス、全卵粉)、かやく(大豆加工品、ねぎ、もやし)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、香料、酒精、増粘多糖類、重曹、微粒二酸化ケイ素、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (96g) 当たり]
熱量411kcal
たんぱく質9.9g
脂質17.3g
炭水化物54.0g
食塩相当量6.1g
めん・かやく: 1.5g
スープ: 4.6g
ビタミンB10.32mg
ビタミンB20.34mg
カルシウム388mg

開封してみた

フタを開けてみると、粉末スープなどがすでに入っていて、他には“液体スープ”と記載された調味料がひとつ入っています!

そしてこちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみると…数種類ものポークエキスを使用したという割とドロッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておくと良いでしょう!(量は割と多めです。)

また、具材には…

  • 大豆加工品
  • ねぎ
  • もやし

が入っています。

特に肉類に関してはかなり小ぶりな“鶏肉そぼろ”をイメージさせる大豆加工品が使用されているようで、旨味そのものに関しては若干不安ではありますが…恐らく味付けは施されているものと思われますから、こちらからも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなコク深くクリーミーな味わいが楽しめそうです!

さらに麺は、ご覧の通り角刃の中太ストレート麺となっていて、見るからにもっちりとした弾力とほどよいコシ、そして食べ応えのあるずしっとしたボリューム感をイメージさせ、湯戻りすることによって滑らかな食感と適度な硬さを再現し、旨味溢れる豚骨スープにも負けじと実店舗さながらの食感にも期待できそうです!

調理してみた

では、熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:440ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはほどよい弾力やコシが加わり、まだ別添されている液体スープ(香味野菜の旨味スープ)を加える前の状態ではありますが、数種類ものポークエキスをバランス良く配合し、野菜の旨味や魚介出汁を加えたことで繊細かつ深みのある豚骨スープに仕上がり、脂っこさのない後味すっきりとした品のある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…まずは非常にサラッとした無色透明な油分がたっぷりと出てきます!(この時点ではまだ特別クセのある風味などは一切ありません。)

続いて若干ドロッとしたタレがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!こちらは醤油感の強いキレの良さや様々な旨味成分が凝縮されているものと思われ、特に粘度の高い状態ではありませんので、恐らくスープとの馴染みは問題なさそうです!

ご覧の通りこの液体スープを加えると…ドロッとしたタレだけが表面に留まり、かなり濃厚な仕上がりをイメージさせますが、数種類のポークエキスを合わせたコク深くも後味の良い豚骨スープということで、恐らく全体を混ぜ合わせていくことで非常にバランスの良いテイストに仕上がるものと思われ、最後まで飽きの来ない味わい深いスープが中太ストレート麺とともにボリューム感たっぷりと楽しめることに間違いありません!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…先ほどとは打って変わって白濁とした豚骨スープならではのコク深くクリーミーなスープに仕上がり、思ったほど“とろみ”はなく、むしろサラッとした状態が印象的で、半濁といった感じはありませんが、表面に浮かぶ上質なポークの旨味と思われる脂・油分がキレの良い豚骨スープにちょうど良いコクや深みを際立たせているようにも感じられます!また、風味としては豚骨というよりも“かえし”に利かせた甘めの醤油系の香りが特徴的といったところでしょうか?後味すっきりとしたメリハリがまた食欲そそりますね。。

また、豊富に使用された大豆加工品からも良い旨味が滲み出しているようにも感じられ、すっきりとした醤油特有のキレと物足りなさを感じさせない豚骨ならではのコク深い旨味が相乗効果によって引き立て合い、コク深くも後味すっきりとしたテイストということもあって安定感のある味わいが縦型ビッグサイズらしくたっぷりと楽しめることと思われます!

食べてみた感想

一口食べてみると…決してあっさりとしているわけではないんですが、恐らくコク深くまろやかな豚骨スープに合わせた“かえし(タレ)”がキレの良さを際立たせ、それによって後味すっきりとした印象のテイストに仕立て上げているものと思われ、全体のバランスは非常に良いですね!豚骨ならではの臭みもありませんし、旨味だけを丁寧に抽出したかのような味わい深いスープには別添されている“香味野菜の旨味スープ”を加えたことで繊細な旨味がプラスされ、さらに魚介の旨味に関してはあくまで隠し味程度となっており、直接旨味として感じられることもなく、イメージする豚骨スープよりも醤油感が強いキレの良さが好印象といったところ!

そのため、キレやコク深い味わいが豚骨スープとしてバランス良く融合され、原材料にも記載されていた通り香辛料がメリハリを付け、当然まろやかさもあり、この喉越しの良さも合わせて物足りなさを一切感じさせない安定感のある仕上がりとなっています!(ちなみに“剛麺”とは…鹿児島特有のあっさり豚骨ラーメンであり、子どもからお年寄りの方まで好まれる鹿児島ラーメンとのこと。)

また、数種類ものポークエキスをバランス良く配合したことによって繊細にも感じられる豚骨の旨味を表現し、メリハリが付いたことでクリーミーながらも飽きるような要素は一切なく、万人受けするかのような変な臭み・クセのない豚骨スープがたっぷりと楽しめるため、かなり幅広い層に好まれるテイストと言えるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧のように真っ白で角刃仕様の中太ストレート麺が採用されており、ほどよく味付けが施されたことによってクオリティの高い豚骨スープとの相性も非常に良く、滑らかな食感と適度な硬さを実現し、フライ麺ならではの香ばしさがまた臨場感の高い風味をプラスしているようにも感じられます!

そんな中太麺には…数種類ものポークエキスをバランス良く配合し、さらに別添されている“香味野菜の旨味スープ”を加えることによって、より一層旨味が引き立ったコク深くまろやかな豚骨スープがよく絡み、一口ずつにコク深くもキリッとしたシャープな飲み口などが口いっぱいに広がっていき、醤油ダレならではの芳醇な風味やフライ麺の香ばしさが後味良く抜けていきます!…というかこのスープはやはり“かえし(タレ)”がポイントとなっているような気がしますね!まろやかな豚骨スープにアクセントを加えることによってメリハリが付き、やみつき感のある味わいが際立ったことで、ついついスープが止まらなくなります。。

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの大豆加工品が入っていて、大豆を主原料・かなり小ぶりな仕様ということもあって、単品で味わうというよりも、しっかりとスープに馴染ませながら食べ進めていき、後ほど食感滑らかな中太麺と一緒に絡めていただくと、肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの“もやし”は思ったよりも数・サイズともに申し分なく、シャキシャキとした食感が心地良く、今回の一杯に対してちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、ほどよいサイズにカットされたことによってシャキシャキとした食感がしっかりと感じられ、さらにちょうど良い薬味となったことで今回の豚骨スープの美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り数種類ものポークエキスをバランス良く配合し、さらに別添されている“香味野菜の旨味スープ”を加えることによってさらに旨味が増し、コク深くまろやかな豚骨スープでありながらも醤油感の強いキリッとしたタレがちょうど良いメリハリとなって最後まで全く飽きさせません!しかもさり気なく野菜や魚介の旨味を隠し味程度に利かせたことで思ったよりも繊細な味わいに仕上がり、乳化感のある白濁としたシンプルな豚骨スープで安定感のある美味しさには飽きる要素がありませんから…縦型ビッグサイズらしいボリュームによって食欲もガツンと満たされます!

ご覧の通り今回の豚骨スープは“とろみ”が非常に弱く、むしろサラッとしているんですが、旨味そのものに対して物足りなさといった感じは一切なく、しっかりとしたコクや旨味が際立ち、そこに醤油感の強いタレがメリハリとなってちょうど良いアクセントをプラスしているため、申し分のない旨味と豚骨感ならではの風味が香る手の込んだ豚骨スープが好みの方ならかなりハマるフレーバーと言えるのではないでしょうか?

また、食べ進めていくに連れて具材に使用されている大豆加工品からも良い旨味が滲み出していき、厚みのあるコクが喉越し良く際立ち、さらに“でん粉”なんかも使用されていましたから、ほんのり“とろみ”が加わっていくのと同時に満足度も増していく…そんな味わい深いテイストがビッグサイズらしくたっぷりと楽しめる一杯といったところ!

このように、今回の“麺屋剛監修 剛麺 とんこつ味”は、数種類ものポークエキスをベースに別添されている“香味野菜の旨味スープ”を加えることによって旨味がさらに際立ち、コク深くまろやかな安定感のある豚骨スープに醤油感の強いタレが加わったことでメリハリのある後味すっきりとしたテイストが心地良く、あっさり感とこってり感がバランス良く融合したことで最後まで飽きの来ない豚骨スープに仕上がり、さらに麺には白い中太ストレート麺が採用され、滑らかな食感と適度な硬さを実現、それによって拘りの豚骨スープとともにガツンと食欲を満たしてくれるクオリティの高い一杯となっていたため、お好みによっては豚骨スープと相性抜群な“おろしにんにく”や紅生姜などをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「麺屋剛監修 剛麺 とんこつ味」を食べてみて、鹿児島ラーメンの人気店“麺屋 剛”の看板メニュー“剛麺”の味わいをカップ麺に再現した一杯には、臭みのない豚骨の旨味が丁寧に凝縮され、別添されていた液体スープを加えることによってより一層旨味が際立ち、安定感のある味わいながらもキリッとしたタレが相性良く馴染み、最後まで飽きの来ないテイストが心地良く、あっさりとしていながらもほどよいコクやまろやかさがクセになる豚骨スープに仕立て上げ、麺にまで拘ったことでカップ麺ながらも満足度の高い食べ応え抜群な一杯となっていました!

こういった豚骨ラーメンというと…割と定番のフレーバーに仕上がってしまうものなんですが、今回の“麺屋 剛”監修による一杯に関してはポークエキスのバランスやキリッとした醤油ダレとのバランスが非常に秀逸でしたので鹿児島ラーメンならではの拘りの味わいがじっくりと楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!