カップ麺

蒙古タンメン中本 辛旨飯 食べてみました!中本らしい辛くて旨いカップ飯

蒙古タンメン中本 辛旨飯 食べてみました!中本らしい辛くて旨いカップ飯

セブンプレミアムから発売されている「蒙古タンメン中本 辛旨飯」を食べてみました。

この商品は、東京・埼玉を中心に店舗展開し、もはやセブンイレブンでもお馴染み“蒙古タンメン中本”のカップ飯(めし)ということで、同店店主である“白根 誠”氏監修のもと、味噌ベースの辛旨スープに“にんにく”や唐辛子の強い辛みを利かせ、後引く辛さの中にもしっかりと旨味を楽しめる一杯“蒙古タンメン中本 辛旨飯(からうまめし)”となっております。(税込257円)

そしてその特徴としては…ポークを利かせたことによって、味噌ならではのキレとコクが美味しく引き立ち、食欲そそる“にんにく”やスパイシーさを後押しする山椒などが使用され、そこに“蒙古タンメン中本”ならではの唐辛子による強い辛みが表現されたことで、まさに“辛旨”な味わいに仕上がったクセになりそうな一杯です!

このパッケージに表示されている“辛旨飯(からうまめし)”といった、強い辛さをイメージさせる商品名なんかが印象的で、店頭でもお馴染みの商品として一年通して陳列されていますね!

また、セブンプレミアム公式ページによると、野菜の風味なんかもプラスされているようで、このことからも単純にポークの旨味を味噌ベースのスープに利かせただけでなく、“蒙古タンメン中本”らしい辛くて旨いこだわりの味わいが表現されているようです!

「蒙古タンメン中本」店主白根誠さん監修。味噌をベースに野菜で風味付けをし、唐辛子を中心に辛みをきかせた辛旨スープで仕上げました。
引用元:蒙古タンメン中本 辛旨飯 103g | セブンプレミアム公式 セブンプレミアム向上委員会

ちなみに、こちらパッケージ側面には“辛味成分のカプサイシンは刺激が強いので、小さなお子様や、辛みが苦手な方の飲食には十分ご注意ください。”といった注意書きが記載されているように、この“蒙古タンメン中本”ならではの強い辛みがクセになり、リピートしている方も多いのではないでしょうか?

他にも、“蒙古タンメン中本”らしい豆腐やキクラゲなどなど…具だくさんとも言える様々な具材が使用されたことによって物足りなさといった感じは一切なく、スープとライスだけでなく、ライスとの相性抜群な具材も同時に楽しめる満足度の高い一杯のようです!

実際に食べてみて…

味噌ベースの後味すっきりとした辛みの強いスープには、しっかりとポークなどの旨味が利いたことで、唐辛子による強い辛さと美味しさをじっくりと堪能できる仕上がりとなり、ほんのり“とろみ”が付いたことによって、その旨味はさらに増して感じられる“辛旨”なカップ飯に仕上がっていました!
これは特に、パンチのある辛旨な味わいを手軽にライスで楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの“蒙古タンメン中本”の辛さの中にも旨味がしっかりと表現された一杯「蒙古タンメン中本 辛旨飯」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

蒙古タンメン中本 辛旨飯について

今回ご紹介するカップ飯は、激辛でお馴染み“蒙古タンメン中本”の店主監修のもと、味噌ベースのコク深い味わいに唐辛子による強い辛みを利かせたことによって、後引く強い辛みの中にもしっかりとした旨さを感じさせる“蒙古タンメン中本 辛旨飯”となっています。

ご覧の通りパッケージには“「蒙古タンメン」の味わいをごはんでもお楽しみください”と記載されているように、今回の一杯は激辛好きのリピーターも多い“蒙古タンメン中本”の旨くて辛い味わいをライスでも楽しむことができるとのことで、麺とはまたひと味違ったライスの食感はもちろん、辛さに際立った旨いスープには期待したいところ!

ちなみにこの商品は以前からも発売されていましたが、2018年10月22日に改めてリニューアル発売されているようですね!
※この商品は蒙古タンメン中本店主・セブン&アイグループ・日清食品の共同開発となっています。

では、この“蒙古タンメン中本”ならではの辛くて旨いスープをライスで楽しめる一杯がどれほどの辛さ、どういった美味しさに仕上がっているのか?この辺りについて改めてじっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り413kcalとなっております。(塩分は2.9g)

カップ飯ということで、カロリーはやや低めにも感じられる数値のようで、塩分も同じくかなり低い数値となっているようですね!
ちなみに1食103gとのこと。

なるほど…スープタイプではないだけでここまでカロリー・塩分ともにカットされるわけですね!これは塩分を気にしている方にとっては嬉しい仕様かもしれませんね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、豚脂や粉末みそをはじめ…

  • 香辛料(にんにく、唐辛子、胡椒、山椒)
  • 香味油
  • 野菜調味料
  • 食塩
  • ポーク調味料
  • でん粉
  • 玉ねぎ
  • 野菜調味油
  • 乳化油脂
  • 酵母エキス
  • オニオンパウダー
  • 植物油脂

といった、ポークを利かせた味噌ベースの厚みのあるスープには、実に様々な野菜の旨味を使用したことで、キレとコクのある味わい深い仕上がりに野菜の風味が香り立ち、美味しさ引き立つ一杯を想像させる材料が並びます。

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り豊富に使用された具材や粉末スープなどがすでに入っていて、フタの上には“辛旨オイル”と記載された調味料が別添されていました。

そして、具材には…

  • キャベツ
  • 豆腐
  • 味付豚肉
  • 人参
  • キクラゲ

が入っています。

“蒙古タンメン中本”の特徴的な豆腐が大きめなサイズとなってゴロゴロと入っているところが印象的ですね!

また、ライスは容器を振るとシャカシャカと心地良くも聞こえる音からも伝わってくるように、芯のしっかりとした仕上がりを想像させる“ごはん”が使用されているようです!

調理してみた

では調理していきましょう!
このカップ飯はお湯を注ぐだけの簡単調理ではありますが、ご覧の通り容器側面にちゃんと調理方法が記載されています!

そして、こちらによると…“熱湯を内側の線までゆっくりと、まんべんなく注ぐ。”と記載されているように、ライスがお湯を浸透するまでに若干の時間がかかりますので、じっくりとお湯を注いでいきましょう!(お湯の目安量は250ml)

ということで、熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

ごはんがほどよくお湯を吸っていて、先ほどよりも当然ふっくらと仕上がり、この時点ではまだスープの味わいが想像もできない状態ではありますが、味噌ならではのコク深いスープに食欲そそる“にんにく”が利いたことで、“蒙古タンメン中本”らしい風味が香り立ち、満足度の高い一杯であることは確か!…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの“辛旨オイル”を注いでいきます!
この辛旨オイルは量自体はそこまで多くはありませんが、強い辛みが含まれているものと思われるため、辛みに心配な方はこの量で辛さを調整してみると良いでしょう!

すると…カプサイシンによる刺激的・強い辛みを想像させる赤みを帯びた油が広がり、いかにも辛そうな味わいがこの風味からも伝わってきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧のように、スープは“ごはん”にまだ完全に馴染んでいるわけではありませんので、比較的混ぜやすく、先ほどの辛旨オイルもすんなりとスープに行き渡っていきます!

そして、スープが全体に馴染むと…強い辛みを思わせる赤みを帯びたスープが全体に広がり、逃げ場のない辛みが味噌ならではのコク深い旨みと合わさったことで、まさしく“辛旨飯”といった商品名にもふさわしいクセになりそうな味わいが表現されていることを思わせます!

そして、原材料に“でん粉”と記載されていたように、仕上がりはほんのりと“とろみ”が付き、食べ進めていくうちにこの“とろみ”はどんどん増していき、旨味・コクも同じく満足度の高い仕上がりへと変化していくものと思われます!

食べてみた感想

一口食べてみると…厚みのある味噌ベースのスープには、“にんにく”をはじめポークの旨味や山椒などスパイシーな香辛料が心地よく、そこに唐辛子の強い辛みが刺激的なアタックとなって口当たりに感じられます!

この強い辛みが表現されたことで、後味は非常にすっきりとした印象となっていて、ポークがしっかりと利いてはいるものの、脂っこさもありませんので、最後まで飽きることなく辛くて旨い“蒙古タンメン中本”ならではの美味しさが楽しめるのではないでしょうか?

ちなみに気になる辛さについては、“蒙古タンメン中本 辛旨味噌”と“蒙古タンメン中本 北極ラーメン”のちょうど中間の辛さといったところで、特に“辛旨味噌”の特徴である豚肉の味付けによる甘みなどが“辛旨飯”の方には一切なく、非常にすっきりとした後味が心地良い強い辛みとして表現されています!

ライスについて

使用されているライスは表面ふっくら・芯の残る仕上がりによって食感も非常に良く、ライスがスープを含みすぎたことによるフニャッとした感じもないため、こちらもまた最後まで飽きることなくすっきりとした激辛スープとともにライスを楽しめる仕上がりのようですね!

個人的には硬めの“ごはん”が好みですので、調理時間が5分のところ4分にしてみましたが、仕上がり自体は特に問題ありませんでした!

この辺はお好みに合わせて調理時間を調整してみると良いでしょう!
ちなみに食べ進めていくうちに、スープの“とろみ”とともに“ごはん”のもちっとした食感が増して感じられるかと思いますので、どちらにしても若干短めにしても良いかもしれません。

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの豆腐が入っていて、表面の張りといい、ふっくらとした食感といいカップ麺とは思えないようなクオリティの高い仕上がりとなっています!

そして、もちろん豆腐ならではの水気のある具材ではありませんので、スープの味そのものを薄めることなく相性良く辛旨スープに馴染んでいるようです!

また、こちらのキクラゲはコリコリとした食感がしっかりと表現された具材として、今回の一杯にちょうど良いアクセントをプラスしていて、これによって“ごはん”の食感とともにテンポ良く食べ進めることができます!

さらに、こちらの人参はやや小ぶりで、存在感の強いスープによって印象薄い具材ではありますが…様々な野菜の旨味を利かせたスープとの相性はもちろん良く、こういった野菜の具材も不思議と合いますね!

そして、こちらのキャベツはシャキシャキとまではいかないものの…ほどよく食感を残した仕上がりとなり、こちらもまたスープの味わいによって印象薄くも感じられる具材ではありますが、こういった野菜からも旨味がスープへ滲み出し、全体としてまとまりの良い味わいが表現されているものと思われます!

それから、気になっていたのがこちらの味付豚肉です!

お馴染みの商品“辛旨味噌”では味付豚肉が非常に甘みを感じさせる味付けがされていたため、スープ全体が甘さが際だった仕上がりとなっていましたが…この“辛旨飯”に使用されている味付豚肉は、そういった甘さの感じさせない味付けがされていて、どちらかと言うと豚肉本来の旨味が感じられることで、辛旨スープとの相性も抜群な具材となっているようですね!このおかげでスープの旨味も引き立って感じられるのではないでしょうか?

こういった具だくさんな仕様だからこそ、旨味・食感が色々と楽しむことができ、最後まで食べ飽きることなく辛旨スープの味わいをじっくりと堪能することができるのかもしれません!

スープについて

スープは、味噌ベースのコク深い仕上がりに野菜の旨味を利かせていますが、特に変な野菜の臭みなども一切なく、むしろスープの味わいを引き立てるかのように旨味として溶け込んでいます!

そして、もちろんポークもしっかりと利いているため、強めに利いた唐辛子による辛みの中にも旨味も感じられることで、クセになりそうな“辛旨”なスープが表現されていますね!

また、食べ進めていくうちに、やはり“とろみ”も増してくるようで、それと同時に旨味・コクもどんどん厚みを増し、食べ進めていくに連れて満足度も高くなってくるのがわかります!

ちなみに、“北極ラーメン”ほどの強い辛みではありませんが、別添されていた“辛旨オイル”を全て絞り入れたことで、後引く辛さが表現されていることは確かですね!

こちらもまた食べ進めていくうちに汗が止まらなくなってきます。。
そのため、激辛好きにも納得の辛さとなっていて、商品名に引けを取らない辛くて旨い一杯が満足度高く感じられるのではないでしょうか?

さりげなく山椒が風味良くスパイシーな香辛料として使用されているようですが、かなりひかえ目となっているため、お好みでこういった香辛料を追加してみても良いかもしれません!また、辛みが心配な方も“辛旨オイル”の量で確かめながら調整してみると良いでしょう!

まとめ

今回「蒙古タンメン中本 辛旨飯」を食べてみて、ポークをベースに味噌のキレとコクが美味しく引き立ったスープに、“蒙古タンメン中本”らしく唐辛子による強い辛みが表現され、そこに野菜の旨味が美味しさをさらに引き立てたことによって、まさに辛くて旨い納得の味わいに仕上がっていました!

また、スープだけで言うと…もう少し辛みが強くても良いような気は個人的にしましたが、先ほどもお伝えしたように変な甘みもないため全体のバランスは非常に良く、“北極ラーメン”よりも刺激が強くないため、ある意味“蒙古タンメン中本”シリーズの中で最も万人受けするとも言える仕上がりかもしれませんね!

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!