カップ麺

蒙古タンメン中本のカップ麺「辛旨味噌」食べてみました!辛みと旨味が楽しめる美味い一杯

蒙古タンメン中本のカップ麺「辛旨味噌」食べてみました!辛みと旨味が楽しめる美味い一杯

セブンプレミアムから発売されている「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」を食べてみました。(2019年10月28日リニューアル発売)

この商品は、セブンイレブンで通年取り扱いされているカップ麺で、辛いもの好きにはお馴染み・東京や埼玉を中心に店舗展開する“蒙古タンメン中本”にて人気No.1メニューの味わいを再現した“蒙古タンメン中本 辛旨味噌”となっております。(税込204円)

ご覧の通り、パッケージには“辛旨味噌”といった商品名とともに、いかにも辛そうな仕上がりイメージが掲載されています!
とは言っても…この商品の特徴としては、そこまで強烈な辛みではないんですよね!

それも、味噌ベースの厚みのあるスープには、唐辛子による辛みが確かに感じられますが、そこに野菜の甘みが際立ち、それによって辛さそのものが調和された仕上がりによって辛さと旨味を楽しめる…そんな“辛旨”な一杯が表現されています!

味噌ベースに唐辛子の辛味と野菜のうま味を閉じ込めたスープが特長です。麺のコシを上げることで食べ応えが増した太ストレート麺で、より店舗の味に近づけました。
引用元:蒙古タンメン中本 辛旨味噌 – セブン-イレブン~近くて便利~

他にも特徴としては、コシのある極太ストレート麺が採用されていて、“蒙古タンメン中本”ならではの辛みの強いスープとともに、強い食べ応えなんかも同時に楽しめる一杯となっていて、さらに別添されている辛味オイルを追加することによって、辛み際立つ“辛旨”な味わいがじっくりと楽しむことができます!

実際に食べてみて…

激辛好きにはちょっと物足りなさを感じる辛みではありますが、唐辛子による芯の強い辛みの中にも野菜の甘みが感じられ、それによって全体的に辛さ和らぐ仕上がりとなり、味噌ベースの旨味が利いたスープにバランス良く辛みと野菜の甘みが表現された一杯となっていました!
これは特に、蒙古タンメン好きには見逃せない“辛旨”な味わいを楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの“蒙古タンメン中本”の味わいを再現したカップ麺「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

【追記】この商品は、麺重量を80gから85gに増量し、別添されている“辛味オイル”を“辛旨オイル”に変更したことで、スープの旨味がさらに改良されて2019年10月28日にリニューアル発売となっています!

蒙古タンメン中本 辛旨味噌について

今回ご紹介するカップ麺は、東京・埼玉を中心に店舗展開する激辛フリークに絶大な支持を得る超人気ラーメン店“蒙古タンメン中本”の人気メニューを再現したもので、某カップ麺ランキングで評論家の方いわく、店舗がカップ麺の味を真似しているのでは?と再現性の高さを思わせる一杯“蒙古タンメン中本 辛旨味噌”となっています。

また、フタに別添されていた“辛味オイル”を取り外してみると…ご覧の通り“辛味成分のカプサイシンは刺激が強いので、小さなお子様や、辛みが苦手な方の飲食には十分ご注意ください。”との注意書きが記載されているように、今回の一杯は蒙古タンメンらしい強い辛みが表現されていて、そこに味噌のコクや野菜の甘みなどがバランス良く仕上がった一杯となっています!

そして、この蒙古タンメンと言えば…やはり夏限定で楽しめる“北極ラーメン”が非常に人気かと思いますが、残念ながら通年では取り扱っていないため、今回ご紹介する“辛旨味噌”では辛さが物足りない…という方は、お好みで唐辛子などを追加して辛さを増してみても良いかもしれませんね!

この“蒙古タンメン中本 北極ラーメン”について詳しくは、ぜひこちらの記事もご覧ください!!

蒙古タンメン中本 北極ラーメン
蒙古タンメン中本 北極ラーメン 食べてみました【2019年版】激辛で美味い一杯が今年も登場!「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」を食べてみました。(2019年7月8日発売・セブンプレミアム) この商品は、辛党・激辛好きにはた...

では、この蒙古タンメン中本のカップ麺“辛旨味噌”の仕上がりについて、味わい・辛さなどに関して改めてじっくりと確認してみたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り549kcal(めん・かやく430kcal / スープ110kcal)となっております。(塩分は6.6g)

ひとまわり大きいサイズとは言え、カロリーはけっこう高めな数値のようで、塩分もまた同じく高めな数値となっていますね!
ちなみに1食118g、麺の量は80gとのこと。

また、カロリーの内訳を確認しみると…やはりスープに占める割合がやや高めとなっているため、味噌ベースのスープに唐辛子によるしっかりとした辛みとポークや野菜の旨味などを利かせたインパクトある仕上がりを想像させます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、豚脂や粉末みそをはじめ…

  • 香辛料
  • 野菜調味料
  • ポーク調味料
  • 植物油脂
  • でん粉
  • 玉ねぎ
  • 乳化油脂
  • オニオンパウダー
  • 野菜調味油
  • 香味油

といった、ポークを利かせた厚みのある味噌スープには、唐辛子による強い辛みはもちろん、野菜の旨味が多く見受けられることから、辛さの中にも甘み・旨味が感じられることで、まさに“辛旨”な仕上がりを想像させる材料が並びます。

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通り、フタの上には“辛味オイル”と記載された調味オイルが別添されています。

そして、具材には…

  • キャベツ
  • 豆腐
  • 味付豚肉
  • 人参
  • キクラゲ

が入っています。

特に大きなサイズの豆腐がゴロゴロと入っているのが印象的ですね!

また、ご覧の通り麺は強いコシを想像させるストレートな太麺が使用されていて、これによって強い食べ応えを感じさせているわけですね!これがまた“辛旨”な味噌スープと合うんです!!

調理してみた

では、熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

具だくさんな豆腐・野菜などがふっくらと仕上がり、野菜ならではの甘い風味も漂うことで、単純に辛いだけではなく旨味もしっかりと楽しめる一杯…といった印象の出来上がりです。

続いてここに…先ほどの辛味オイルを絞り込んでいきます!
このオイルは少量ではあるんですが、強い辛みを想像させる非常に濃い色をしたもので、さらっとした油となっています!

ちなみに、今回の商品はそこまで辛さが強烈というわけではないんですが、辛さに自信がないという方は、この“辛味オイル”で調整してみることによって、“蒙古タンメン中本”の味わいをご自身なりに楽しめると思われます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
スープが全体に馴染むと、表面には辛みを思わせる赤みを帯びた油分が浮き、その下には旨味が凝縮されたポークを利かせた味噌スープが美味しく仕上がっています!

これ具材といい、麺・スープといい…カップ麺としては非常にクオリティ高くも感じられる仕上がりとなっていて、実店舗の味に近いと呼び声高いのも納得の一杯ではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…唐辛子による強い辛みがポークを利かせた厚みのある味噌スープに利いたことで、後引く辛さがクセになりそうな仕上がりとなっています!

そして、そこに野菜の甘みがうまく調和したことで、ほどよく辛さが穏やかにも感じられ、商品名の通り“辛旨”な味わいを堪能することができるでしょう!

ちなみに、この商品は今まで何度も食べているんですが、激辛好きにとってはやはりこの甘みが気になりますね!すっきりとした辛みとポークを利かせた濃厚な味噌スープだけで十分な気もするんですが…ここに野菜の甘さが加わったことで、万人受けする食べやすさは確かに表現されていると思われます!

麺について

麺は、ご覧の通りやや幅広な非常に太いストレート麺が採用されていて、この見た目からも伝わってくるように、しっかりとしたコシのある食感が表現されています!

ちなみに、この商品は辛さがそこまで強烈ではないとは言え、思いっきりすするのだけは止めておきましょう!唐辛子がしっかりと利いているため人によってはむせます。。

そして、この太麺には味噌ベースのスープにポーク・野菜の旨味を利かせた厚みのあるスープがよく絡み、一口ずつに強い辛みと旨味が凝縮されたような味わいが口に広がっていきます!

※調理時間は5分ですが、硬め・強いコシが好みの方は調理時間で調整しましょう。(今回は3分でも大丈夫でした!)

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらサイズの大きな豆腐が入っていて、表面には豆腐ならではの張りがあり、この食感からは…もはやカップ麺とは思えないほどの仕上がりを楽しませてくれます!

また、こちらのキクラゲも非常に大きく、コリコリとした良い食感が表現された美味しい具材となっています!そしてなぜか“辛旨”なスープにもぴったりですね!

さらに、こちらのキャベツはシャキシャキとまではいかないものの、非常に量も多く、唐辛子による強い辛みを野菜の旨味によって和らいでくれるような…そんな素材本来の味が表現されているように感じられます!

そして、やや小ぶりではありますが…人参なんかも使用されていますね!
こちらもまたキャベツとともに野菜の旨味引き立つ具材として、見た目からも彩りの良さを演出しているようですね!

それから、原材料に記載されていた味付豚肉は、ご覧の通り見つけるのが苦労するほど非常に小さく、こちらじっくりと味わってみると…甘い!味付けが甘いんです!

個人的に、この“辛旨味噌”に表現されている甘みは、野菜から滲み出るの甘さだと思っていたんですが、実はこの味付豚肉から滲み出ていたものもあったんですね!!

ということは、面倒でも調理前にこの豚肉を取り除けば、だいぶすっきりとしたシャープな味わいが楽しめるのかもしれません!!(今度やってみようかな。。)

スープについて

スープは、ポークを利かせた味噌ベースのスープということで、旨味が凝縮されたかのような厚みのある仕上がりとなっていて、そこに野菜の旨味、さらには豚肉から滲み出る甘みなんかも利いたことで、唐辛子による強い辛みが調和され、辛さと旨味を兼ね備えた満足度の高いスープが表現されています!

ご覧の通り、ぱっと見は非常に辛そうな赤みを帯びたスープとなっているんですが、実は旨味・甘みなんかもしっかりと利いているため、そこまで強い辛みではなく、辛さの中にも旨味が利いたバランスの良い仕上がりが印象的な一杯となっています!

また、そこまで辛くはないとは言え、食べ進めていくうちに汗も止まらなくなってくるのは、唐辛子がしっかりと利いたことで、それなりに強い辛みが表現されている証拠なのでしょう!

それが、野菜や味付豚肉から滲み出る甘みによって、ちょうど良いバランスとなったことで、辛みと旨味が同時に楽しめる仕上がりとなっているわけですね!

ちなみに、この一杯はポークが利いた濃い目な仕上がりではありますが、調理時のお湯の量を減らすことによって、さらに旨味が凝縮されたかのような濃厚な味わいを楽しむことができます!

この辺も、お好みで調整してみると良いかもしれませんね!

辛さとしては、やはり激辛好きだとちょっと物足りなさを感じますので、お好みで唐辛子やラー油などを追加アレンジしてみると、辛さに際立った味わいをより美味しく楽しめるのではないでしょうか?

蒙古タンメン 中本 カップ麺をあの「北極」に近づけてみた!
蒙古タンメン 中本 カップ麺をあの「北極」に近づけてみた!さて、蒙古タンメンの北極が発売終了となって早くも半年近くを過ぎましたが、あの北極が食べたくて再販を待ちわびている方も多いのではないでしょ...

まとめ

今回「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」を食べてみて、しっかりとポークの旨味を利かせたことで、味噌ならではのキレとコクが美味しく引き立ち、そこに唐辛子による強い辛み、野菜の旨味・甘みがプラスされたことによって、まさしく“辛旨”な味噌スープが表現されていました!

そして、そこまで強烈な辛さではないものの…美味しさも同時に楽しめるとあって、定期的に食べたくなる味であることには間違いないでしょう!

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!