カップ麺

カップヌードル コッテリーナイス 濃厚! クリーミーシーフード!まろやかな濃厚スープ

カップヌードル コッテリーナイス 濃厚! クリーミーシーフード!まろやかな濃厚スープ

カップヌードル コッテリーナイス 濃厚! クリーミーシーフード」を食べてみました。(2019年3月4日発売・日清食品)

低糖質・低カロリーで好評の“カップヌードル ナイス”シリーズがさらに罪悪感のない一杯へとリニューアル!ということで、従来のこってり・濃厚感はそのままに、脂質だけでなく糖質も同じく50%オフを実現した一杯が登場です!
※今までの“カップヌードル ナイスは脂質50%オフ・糖質40%オフ

今回のリニューアルでは、コッテリ濃厚なスープの味わいはそのままに、脂質だけでなく “糖質” も50%オフを実現し、さらに罪悪感なくお召し上がりいただけるようになりました。
引用元:「カップヌードル コッテリーナイス」3品 (3月4日発売) | 日清食品グループ

そして今回ご紹介するカップ麺は…シーフードヌードルらしい魚介の味わいをベースにコク深くクリーミーなスープに仕上げたことによって、物足りなさを感じさせないこってり感を演出した“カップヌードル コッテリーナイス 濃厚! シーフードヌードル”となっております。(税抜き180円)

ご覧のように、糖質をさらに抑えたということで、パッケージも以前の“カップヌードル ナイス”と比べて“糖質・脂質50%オフ”といった記載が追加され、商品シリーズとしても“ナイス”からこってり感をイメージ付けるためか“コッテリーナイス”へと変更されていますね!

そして、このシリーズの特徴として、糖質・脂質を抑えただけでなく、従来の“カップヌードル”1食分の353kcalよりも約半分となる176kcalを実現、さらにレタス約4個分に相当する食物繊維を含んだことで、低糖質で好評の“ナイス”シリーズがより進化しての登場のようです!

また、そういった糖質・脂質約半分などによるヘルシーな一杯にもかかわらず、スープ自体はクリームシチューのようなこってり感のある旨味が楽しめる…まさに「罪悪感無いス!」的な味わいに仕上がっているため、食べる時間をそこまで気にすることもなく楽しめるのではないでしょうか?(後述しますが、これ若干量も少なめなので夜食なんかにも常備したいところ!)

他にも特徴として、食物繊維がたっぷりと使用されていますが、これは麺に練り込まれているとのことで、新開発による低糖質を兼ね備えたノンフライ麺が採用され、これによって従来よりもさらに罪悪感なく楽しめるシリーズへとリニューアルされているようです!

実際に食べてみて…

食べはじめは若干薄味にも感じられるかもしれませんが…食べ進めていくうちに麺からの旨味が滲み出てくるのか?シーフードならではの魚介の旨味が非常にクリーミーなまろやかな口当たりと変化していき、糖質・脂質が約半分に抑えられた一杯であることを全く思わせない…むしろしっかりとした食べ応えなんかも楽しめる仕上がりとなっていました!
これは特に、糖質・脂質を気にすることなくこってり感のあるシーフードを楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの糖質をさらに抑えてより罪悪感なく厚みのある味わいを楽しむことができるようになった一杯「カップヌードル コッテリーナイス 濃厚! クリーミーシーフード」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

カップヌードル コッテリーナイス 濃厚! クリーミーシーフード

今回ご紹介するカップ麺は、糖質・脂質を大幅カット、さらにカロリーまで約半分にまで抑えた非常にヘルシーな一杯で定評の“カップヌードル ナイス”がさらに糖質を抑えてリニューアル!ということで、シーフードヌードルならではの魚介の旨味をそのままに、クリーミーな口当たりを演出したことによるこってり感が楽しめる“カップヌードル コッテリーナイス 濃厚! クリーミーシーフード”となっています。

ご覧の通り、パッケージには“長い人生が、どうかコッテリでありますように。”といったヘルシーでありながらもコッテリ濃厚な味わいをアピールするかのような文言が添えられています!

さらに、公開予定のCMにはコッテリを愛するという”マキシマム ザ ホルモン”が楽曲提供のみならず、企画段階から携わるという…まさにヘルシーさとこってり感のギャップを強烈にイメージ付ける面白い広告展開によって改めて話題になりそうなシリーズとなっていますね!

また、今回“カップヌードル ナイス”シリーズが一新!ということで、他にも“カップヌードル コッテリーナイス 濃厚! ポークしょうゆ”と“カップヌードル コッテリーナイス 濃厚! キムチ豚骨”も同じくリニューアル発売となっています!

ちなみに、通常の“カップヌードル シーフードヌードル”については、こちらの記事もぜひご覧下さい!

カップヌードル シーフードヌードル 食べてみました!シーフードの旨みが利いた白濁スープ
カップヌードル シーフードヌードル 食べてみました!シーフードの旨みが利いた白濁スープ日清食品から発売されている「カップヌードル シーフードヌードル」を食べてみました。(1984年発売) この商品は、お馴染み“カップ...

それでは、今回リニューアルとなった“濃厚! クリーミーシーフード”がどこまでこってり感・コク深さを表現しているのか?低糖質・低カロリーを感じさせるのか?などなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り176kcal(めん・かやく137kcal / スープ39kcal)となっております。(塩分は4.6g)

この“コッテリーナイス”シリーズは1食当たりの量が若干少なめとなっているせいもありますが…カロリーは通常のカップヌードルの約半分のかなり低い数値のようで、塩分もまた同じくやや低めな数値のようですね!
ちなみに1食56g、麺の量は40gとのこと。

濃厚! クリーミーシーフード
シーフードヌードル

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、乳等を主要原料とする食品やポーク調味料をはじめ…

  • 粉末しょうゆ
  • チキン調味料
  • 香辛料
  • 豚脂
  • 食塩
  • ポテトフレーク

といった、シーフードヌードルらしい魚介の旨味成分は特に見当たりませんが…ポークやクリーミーな味わいを表現した厚みのある仕上がりを想像させる材料が並びます。

JANコード4902105244814
原材料名

めん(小麦粉、植物性たん白、植物油脂、食塩、チキンエキス、ポークエキス、しょうゆ、ポーク調味料、でん粉、香辛料、たん白加水分解物)、スープ(乳等を主要原料とする食品、ポーク調味料、糖類、ブイヨン、粉末しょうゆ、チキン調味料、香辛料、小麦粉、豚脂、食塩、ポテトフレーク)、かやく(味付卵、キャベツ、いか、魚肉練り製品、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、かんすい、炭酸Ca、環状オリゴ糖、焼成Ca、乳化剤、香料、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、カロチノイド色素、酸味料、カラメル色素、ベニコウジ色素、炭酸Mg、ビタミンB2、香辛料抽出物、ビタミンB1、チャ抽出物、(一部にかに・小麦・卵・乳成分・いか・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (56g) 当たり]
熱量176kcal
めん・かやく: 137kcal
スープ: 39kcal
たんぱく質9.4g
脂質6.5g
炭水化物34.8g
糖質18.8g
食物繊維16.0g
食塩相当量4.6g
めん・かやく: 1.4g
スープ: 3.2g
ビタミンB10.11mg
ビタミンB20.16mg
カルシウム84mg

引用元:カップヌードル コッテリーナイス 濃厚!クリーミーシーフード | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、具材には…

  • 味付卵
  • キャベツ
  • いか
  • 魚肉練り製品
  • ねぎ

が入っています。

そして、麺はご覧の通りパリパリとした印象で、すでに部分的に崩れていますが…通常のカップヌードルと比べて若干厚みのない仕様のようで、お馴染み幅広なところは同じく、食物繊維がたっぷりと練り込まれ、さらに新開発によって糖質を抑えられたつるみのあるノンフライ麺が採用されているようです!

調理してみた

では、熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

粉末スープなどがまだしっかりと溶けきっていないせいか…薄めにも見えるかなりあっさりとした印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
スープが全体に馴染むと、それでもまた若干さらっとした印象は拭えませんが…これは先ほど原材料にも記載されていたように、麺にもチキンエキスやポークエキス、さらにでん粉などが使用されていたため、食べ進めていくうちにこってり感が増していくものと思われます!

そして、具材の量は若干通常の“シーフードヌードル”より劣るものの…シーフードらしい魚介の風味に加え、クリーミーなこってり感を演出したと思われる厚みのある香りが特徴的な仕上がりといったところ!

食べてみた感想

一口食べてみると…食べはじめは若干物足りなさを感じるかもしれませんが、よーく混ぜながら(特に麺から旨味を出すように)食べ進めていくと、シーフードならではの魚介のダシ・旨味がポークを利かせたことによるクリーミーな厚みのある味わいへと変化していき、コッテリ濃厚な仕上がりというのも納得の一杯で、ヘルシーさをどこにも感じさせない満足度の高いスープが表現されています!

そのため、シーフードヌードルらしいすっきりとした後味がお好みの方にとっては、若干まろやか過ぎる…と感じられるかもしれませんが、この辺りを気にしないというなら糖質・脂質50%オフやカロリー約半分といったメリットの方がはるかに大きいような気もしますね!しかも食物繊維までたっぷり!

麺について

麺は、ご覧の通り“カップヌードル”らしく幅広ではありますが、食物繊維がたっぷりと練り込まれたせいなのか…やや厚みのない仕様で若干頼りなさを感じさせる麺に仕上がっています!

とは言え、新開発によるノンフライ麺ということもあって、変にプチプチ切れやすいわけでもなく、意外と伸びの良い張りもあり、つるっとなめらかな食感が印象的!

そんな麺には、今回コッテリ濃厚感を表現したクリーミーなコク深いシーフードヌードルならではの味わいをベースにしたスープがよく絡み、一口ずつにポークによって厚みを感じさせる魚介の旨味が口に広がっていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのシーフードには欠かせない“カニ風味かまぼこ”が入っていて、そこまで魚介の旨味は味付けとしては感じられないものの…カマボコらしい味が今回の濃厚・クリーミーなスープにもぴったりです!

また、こちらの味付卵は、味付け自体はそこまで味濃いものではありませんが、この鮮やかな彩りによって、今回の一杯に見た目からもコントラストの高いアクセントがプラスされているようです!

さらに、こちらもまたシーフードといったテイストの一杯には欠かせない“いか”ですね!こちら若干量が少ないのが気にはなりましたが…しっかりとした噛み応えのある具材となっていて、今回の濃厚なスープにもちょうど良い魚介の旨味を滲み出しているようにも感じられます!

そして、こちらのキャベツはシャキシャキとまではいかないものの、ほどよい食感を残した仕上がりとなり、こちらもまた“いか”などと一緒にちょうど良い食感としてのアクセントを楽しむことができるでしょう。

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り、食べはじめは若干薄味にも感じられますが…麺から旨味を滲み出すように混ぜながら食べ進めていくうちに、でん粉やチキンやポークなどの旨味がシーフードならではの味わいを表現したスープに濃厚感を加え、気付けばほんのりと“とろみ”が付いた仕上がりとなり、非常にこってりとしたスープを堪能することができます!

そのため、糖質・脂質オフやカロリー約半分といったヘルシーさを押し出した一杯であることを忘れてしまうほどの満足感があり、“コッテリーナイス”の名にふさわしい“こってり”でありながらも“クリーミーシーフード”の味わいが普通に美味しく、罪悪感の無い食べ応えなんかも楽しめるのではないでしょうか?

そして、そもそもシーフードならではの魚介の旨味がベースとなっているため、味はすっきりとしたキレと“くどさ”を感じさせない後味が印象的ではありますが、今回の“コッテリーナイス”はこってり感を表現するためにポークやでん粉などが使用されているため、シャープな味わいが若干丸みを感じるかもしれませんね!

上記のように、濃厚さに際立った今回の“濃厚! クリーミーシーフード”ということもあって、キリッとしたシャープな飲み口が若干こってりとした印象でしたので、お好みによって少しだけ胡椒やペッパー類といった香辛料を追加してみても良いかもしれません!

まとめ

今回「カップヌードル コッテリーナイス 濃厚! クリーミーシーフード」を食べてみて、ベースとなる味わいはお馴染みシーフードヌードルを思わせる魚介の旨味を利かせ、そこにコッテリ濃厚な満足感を演出するためにポークやチキンが加えられ、さらに“でん粉”によってほんのり“とろみ”が付くこってりとした一杯が表現されていました!

この仕上がりは、パッケージにも記載されていたようにまさしく“こってりなのに…”といった糖質・脂質やカロリーが約半分に抑えられた仕上がりとは思えない濃厚さが印象的で、先日ご紹介した“濃厚! ポークしょうゆ”と同じように、非常に厚みのあるスープがしっかりとした食べ応え・飲み応えを楽しませてくれるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!