カップ麺

「大阪ふくちぁん」監修カップ麺 “ふくちぁんラーメン” 名物の“大阪ライトとんこつ”を再現した一杯

大阪ふくちぁん監修 ふくちぁんラーメン
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

大阪ふくちぁん監修 ふくちぁんラーメン」を食べてみました。(2024年3月18日発売・寿がきや食品

この商品は、大阪で人気の老舗ラーメンチェーン店“大阪ふくちぁん”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、“大阪ライトとんこつ”と呼ばれるコク深くも後味さっぱりとした豚骨スープに仕上げ、そこに弾力のあるノンフライ中太麺が食欲を満たす万人受けする一杯、“大阪ふくちぁん監修 ふくちぁんラーメン”となっております。(値段:税別298円)

ご覧の通りパッケージには黄色をベースに“名物 大阪ライトとんこつ”、“大阪で愛されるラーメンチェーン店”といった店舗ロゴやオリジナルキャラクター“メンメンちゃん”が掲載されているように、幅広い層に好まれる後味すっきりとした味わいがカップ麺でも再現され、キリッとした“かえし(醤油ダレ)”が全体をうまく調和したことで最後まで飽きの来ない仕上がりに期待できそうです!
※“ふくちゃん”ではなく“ふくちぁん”という点が特徴的。

一方こちらには“濃厚だけど後口スッキリで飲み干せる!”と記載され、その背景には…臭みのない豚骨の旨味をしっかりと利かせた乳化感のある白濁とした豚骨スープに各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージが掲載されていて、これを見る限り具材には…チャーシュー・ねぎ・“もやし”が使用されているようです!

他にも特徴として…麺は豚骨ラーメンにしては珍しい“ちぢれ”を付けた中太ノンフライ仕様で、熱湯4分で仕上げることによってもっちりとした弾力と強めのコシがあり、臭みのない豚骨をベースに“かえし(醤油ダレ)”をバランス良く合わせた乳化感のあるまろやかなスープとともに食欲をしっかりと満たしてくれる…そんな旨味溢れる味わいが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

臭みのない豚骨の旨味を丁寧に利かせたスープには、コクもありつつも後味すっきりとしたライトな口当たりが印象的で、さり気なく利かせた“かえし(醤油ダレ)”によってメリハリのある仕上がりとなり、濃厚とは言え特別“とろみ”が付いているわけでもなく、後味すっきり・麺量65gのボリューム感によってしっかりと食欲が満たされる上品・丁寧な一杯となっていました!

ゆうき
ゆうき
では、今回は2024年3月18日に寿がきや食品株式会社から発売された「大阪ふくちぁん監修 ふくちぁんラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

大阪ふくちぁん監修 ふくちぁんラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、大阪を中心に店舗展開する人気チェーン店“大阪ふくちぁん”の味わいを再現したもので、後味すっきりとした豚骨スープにキリッとした“かえし(醤油ダレ)”をバランス良く合わせたことによってメリハリのあるスープに仕上げ、濃厚ながらも最後まで飽きの来ない“大阪ライトとんこつ”と呼ばれる一杯、“大阪ふくちぁん監修 ふくちぁんラーメン”となっています。
※売っている場所:今回は西友で購入

ご覧の通りフタには…黄色を基調に“大阪ふくちぁん”、“名物大阪ライトとんこつ”といった店舗ロゴや商品名・特徴などが掲載され、濃厚ながらも後味すっきりとした豚骨スープということで、コク深くも脂っこさといった感じは一切なく、大阪で愛される人気ラーメンチェーン店の味わいが気軽に楽しめそうです!

ちなみにここ“大阪ふくちぁん”の創業は1987年5月、元は創業者である“辻口 勝”氏が1976年10月に中華料理店をオープンしたのがはじまり。その後“大阪ふくちぁんラーメン1号店(塚本店)”を1987年5月にオープンし、現在は“株式会社アストジャパン”が取り仕切り大阪を中心に21店舗チェーン展開(2024年3月1日現在)しているようです!

そしてその特徴としては…下記の通り豚骨などを丁寧にじっくりと煮込んだことでコク深くも後味すっきりとした豚骨スープに仕上がっているようで、地元では“大阪ライトとんこつ”と呼ばれています!

当店のスープは豚骨です。大量の豚骨やコラーゲンたっぷりの豚皮、鶏、香味野菜などを、10時間以上時間をかけじっくりと煮込んでいます。濃厚な反面、丁寧にアクぬきなどの処理をするのでスッキリと飲みやすく仕上がっています。
引用元:大阪ふくちぁんラーメン

さらにフタの裏面には“大阪ふくちぁん豆知識”として以下の特徴が記載されています!

  • 豆知識1…お得な無料キムチバーがある
  • 豆知識2…ラーメンだけでなく餃子の無人直売所もある
  • 豆知識3…麺やスープ、チャーシューやキムチなど全て自家製
  • 豆知識4…キャラクターの名前は“ふくちぁん”ではなく“メンメン”ちゃん

このように“大阪ふくちぁんラーメン”を運営する“株式会社アストジャパン”は他にも“ふくちぁん餃子”や“福福らーめん”など…いくつかのブランド展開も行っているようです!

それでは、今回の“大阪ふくちぁん監修 ふくちぁんラーメン”がどれほど豚骨の旨味を丁寧に利かせた濃厚な仕上がりとなっているのか?キレの良さを引き立てる“かえし(醤油ダレ)”との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもすすり心地抜群な丸刃の中太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り411kcal(めん・かやく284kcal / スープ127kcal)となっております。(塩分は7.1g)

カロリーは、濃厚ながらもライトな豚骨スープというだけあってそこまで高い数値ではありませんが、一方で塩分はこのボリュームを考慮しても高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり116g、麺の量は65gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと127kcalと高めな数値を占め、ライトとは言え、あっさり・薄味というわけではなく、豚骨の旨味をしっかりと利かせたコク深くメリハリの付いたテイストのようで、乳化感のある白濁としたまろやかな仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポークエキスや動物油脂をはじめ…

  • しょうゆ
  • 食塩
  • 植物油脂
  • チキンエキス
  • ポーク調味油
  • ゼラチン

といった、臭みのない豚骨の旨味をベースにキリッとした“かえし(醤油ダレ)”をバランス良く合わせ、シンプルながらも素材の旨味を存分に活かしたコク深くまろやかな豚骨スープに仕上げ、脂っこさといった“くどさ”も一切なく、最後まで飽きの来ない濃厚な味わいを想像させる材料が並びます。
※製造工場:寿がきや食品株式会社 関東工場(群馬県)

JANコード4901677191311
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、小麦たん白、植物油脂、大豆食物繊維、たん白加水分解物)、スープ(ポークエキス、動物油脂、しょうゆ、食塩、植物油脂、砂糖、チキンエキス、ポーク調味油、ゼラチン、たん白加水分解物)、かやく(チャーシュー、ねぎ、もやし)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、かんすい、炭酸Ca、乳化剤、微粒二酸化ケイ素、着色料(クチナシ、カラメル)、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(V.E、V.C、ローズマリー抽出物)、酸味料、(一部に乳成分・小麦・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (116g) 当たり]
熱量411kcal
たん白質12.5g
脂質15.7g
炭水化物54.8g
食塩相当量7.1 g
(めん・かやく 1.8 g)
(スープ 5.3 g)
カルシウム94mg

引用元:大阪ふくちぁん監修 ふくちぁんラーメン:商品情報:寿がきや株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、液体スープ、かやく、かやく入スープといった調味料などの3パックが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に液体スープは豚骨の旨味を凝縮した若干トロッとした仕様でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておくと良いでしょう!

さらに麺は、ご覧の通り豚骨ラーメンとしては割と珍しい“ちぢれ”を付けたノンフライ中太仕様で、調理時間4分で仕上げることによってほどよい弾力と硬めの食感に期待できそうです!

調理してみた

ではまず、“かやく”と“かやく入りスープ”を加えていきます。

そして、具材には…

  • チャーシュー
  • ねぎ
  • もやし

が入っています。

続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:410ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりと湯戻りしたことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはほどよい弾力とコシが加わり、まだ別添されている液体スープを加える前の状態ではありますが、臭みのない豚骨の旨味をベースにキリッとした“かえし(醤油ダレ)”で味を調え、さり気なく使用されたチキンエキスやゼラチンが深みのあるコクや濃厚感をプラス、最後まで飽きの来ない人気チェーン店ならではの一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…ポークエキスやチキンエキス、動物油脂やゼラチンなどを含むトロッとしたスープがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!ただ、豚骨特有の臭みなどは一切なく、丁寧で品のある味わいをイメージさせます!

では、よーくかき混ぜてみます!
そしてスープが全体に馴染むと…ご覧の通り乳化感のある白濁とした豚骨スープに調理感のある脂・油分が浮き、濃厚とは言っても変に“とろみ”が付いているわけでもなく、素材の旨味を存分に活かした品のある仕上がりのようで、メリハリの付いた味わいがじっくりと楽しめそうです!(豚骨スープということもあって、“おろしにんにく”や紅生姜なんかを追加してみると良さそうです。)

他にも“かえし(醤油ダレ)”が馴染んだことで単調になりがちな豚骨スープにアクセントが付き、混ぜながら食べ進めていくに連れてスープも馴染んで満足度も増していく…そんな人気ラーメン店が手掛ける“大阪ライトとんこつ”といったスープが気軽に楽しめるフレーバーに間違いなく、麺量65gですが…特別ボリューム感に関しては申し分ありません!

食べてみた感想

一口食べてみると…豚骨の旨味はしっかりと利いているものの独特な獣臭は一切なく、サラッとしているんですが、キレとコクが絶妙にマッチしたことで想像以上に安定感があり、“大阪ライトとんこつ”というだけあって後味すっきり・飽きの来ない味わいで、キリッとした“かえし”によるアクセントが全体をうまく調和し、物足りなさを感じさせない深みのある仕上がりといったところ!

そのため、豚骨の旨味を丁寧に利かせたコクのあるスープといった印象で、飽きるような“くどさ”は一切なく、ちょうど良いメリハリによって幅広い層に好まれる味わいを表現、さらに本格的なノンフライ仕様の中太麺が食欲をしっかりと満たし、この“かえし”のおかげで単調な感じもありませんし、お好みによっては“おろしにんにく”や紅生姜、“ごま”などで味を調整してみても良いでしょう!

さらに実店舗で長時間じっくりと煮込んだかのようなシルキーで舌触りまろやかな感じが特徴的で、デフォルトでもコク深くまろやかでクリーミーな美味しさが十分楽しめるフレーバーであり、数ある豚骨ラーメンの中でも全てにおいて平均的な味わいなので記憶に残らないかもしれませんが、逆に嫌いな人がいないのでは?というほどの仕上がりと言えます!

麺について

麺は、ご覧の通り豚骨ラーメンとしてはやや珍しい“ちぢれ”を付けた丸刃の中太仕様で、もっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備え、麺量65gとは言え割とボリューム感のある仕上がりとなっていて、滑らかな食感なんかも好印象といったところ!

そんなノンフライ麺には…臭みのない豚骨の旨味を丁寧に利かせたコク深くまろやかなスープがよく絡み、豚骨の旨味や甘み、醤油感のあるキリッとした口当たりなどが口いっぱいに広がっていき、調理感のある香ばしさはもちろん、ほんのり香る上品な豚骨の風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのチャーシューが入っていて、やや小さめにカットされたチープな印象も受けるかもしれませんが、脂身を含む部位が使用され、じっくりと味わってみると…ほどよく味付けされた肉の旨味が滲み出す仕上がりとなっていたため、まずはスープとよく馴染ませながら食べ進め、後ほど本格感のある中太麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの“もやし”は、短くカットされているものの太い仕様でシャキシャキとした食感が心地良く、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!(“大阪ふくちぁんラーメン”の“ラーメン”にも実際に使用されています。)

さらに、こちらの“ねぎ”は、小さめにカットされたことでシャキシャキ感こそありませんが、ちょうど良い薬味にもなったことで今回の豚骨スープを美味しく引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、臭みのない豚骨の旨味にキレの良い“かえし(醤油ダレ)”をバランス良く合わせたコク深くメリハリのある味わいで、濃厚とは言え…決してギトギトとした脂っこさではなく、コクのある旨味と言うんでしょうか?喉越し抜群なスープといった印象が強く、最後まで飽きの来ない仕上がりとなっています!

そしてこの豚骨の旨味に醤油感のある“かえし”を加えたことで、ついついスープが止まらなくなるような後味の良さが心地良く、幅広い層に好まれそうな定番の味で満足度もかなり高いのではないでしょうか?特にこのキレの良さによって単調になることもありませんし、お好みに合わせて“おろしにんにく”や紅生姜などで味を調整してみても良さそうです!

また、ぱっと見は乳化感のある白濁とした豚骨スープなんですが、意外にも醤油感のあるキレが際立っていて、食べ進めていくに連れて表面に浮かぶ旨味エキス・脂なんかも馴染んでいきます!しかも豚骨の旨味が非常に丁寧で、その旨味を引き立てるかのようなメリハリがさり気なく加わり、濃厚ながらもちょうど良い塩気といったアクセントが利いていますから、思いのほか白飯と合うかもしれません!

まとめ

今回「大阪ふくちぁん監修 ふくちぁんラーメン」を食べてみて、大阪を中心に店舗展開を行う人気チェーン店“大阪ふくちぁん”の看板メニューを同店監修によってカップ麺に再現した一杯には…臭みのない豚骨の旨味をしっかりと利かせたコク深くもキレの良い“かえし(醤油ダレ)”をバランス良く合わせ、麺量65gの中太ノンフライ麺とともに食欲をしっかりと満たしてくれる上品でクセのない仕上がりとなっていました!

やはり臭みのない豚骨の旨味を丁寧に利かせて、醤油感のある“かえし”をバランス良く合わせた豚骨ラーメンはカップ麺とは言え安定感もあって間違いありませんね!もちろん“おろしにんにく”や紅生姜、辛子高菜など味変アイテムがあればなお楽しめるんでしょうけど、デフォルトでも定番・王道とも言える味わいを再現し、そこにもっちりとした弾力とほどよいコシを併せ持つ中太ノンフライ麺が絶妙にマッチしていたため、想像以上に満足度の高い一杯と言えるのではないでしょうか?

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です