カップヌードル 三代目謎肉祭 食べてみました!
ラーメン

函館麺厨房あじさいに行ってきました!透明度の高い“味彩塩拉麺”が人気の函館の老舗有名ラーメン店!

函館麺厨房あじさいに行ってきました!透明度の高い“味彩塩拉麺”が人気の函館の老舗有名ラーメン店!

函館麺厨房あじさい」に行ってきました!
この“あじさい”は、函館に本店を置く塩ラーメンが人気の老舗有名店で、函館以外にも新千歳空港の“北海道ラーメン道場”や、今回ご紹介する“札幌ら〜めん共和国”にも出店しています。

その特徴としては、昆布をベースにした魚介の旨味を利かせた透明度の高い塩スープに、すっきりとしたキレがありながらも、しっかりと豚骨や鶏ガラによる旨味・コクが表現され、単純な塩スープではなく、じんわりと染み渡る塩ラーメンとなっているようです!

実際に食べてみましたが、まさにすっきりとした口当たりが印象的な一杯となっていて、しっかりと動物系の旨味がコクのあるスープを美味しく表現していました!

では、今回は「函館麺厨房あじさい」についてレビューしてみたいと思います。

函館麺厨房あじさいについて

今回ご紹介するラーメン店“あじさい”は、北海道で塩ラーメンと言えば思い浮かべる“函館”に本店を置く老舗有名店で、その函館を中心に店舗展開していますが、札幌にも“ら〜めん共和国”に出店しています。

また、新千歳空港の“ラーメン道場”や、シンガポールにも出店していたり、お土産でもよく目にしますので、道外でもご存知の方も多いのではないでしょうか?

ちなみに、塩ラーメンが一番人気の“あじさい”のこだわりは、スープの透明度ということで、昆布などの旨味を利かせた仕上がりは、澄んだ淡麗スープが見事に表現されています!

個人的に普段、塩ラーメンはあまり食べないんですが…「あじさい」だけは塩が人気の老舗ラーメン店ということもあって気になっていたラーメン店のひとつでした。

店舗に到着

ということで今回は、札幌に唯一店舗のある“ら〜めん共和国店”に行ってきました!
到着したのは12時近くだったこともあって、どこのラーメン店も長い行列を作っています。。

そして、札幌ということもあって、“らーめん 空”や、“吉山商店”といった味噌ラーメンが人気のラーメン店が特に長い行列を作っているような気がしますね!

そんな中、函館ラーメンである“あじさい”も負けじと長い行列を作っています!

メニューについて

そして気になるメニューはこちら!

店舗前にはご覧のような大きなメニューが置かれていて、人気の“味彩塩拉麺”といった塩ラーメンを中心に、赤/白の味噌味や、“パーコー麺”、そしてまかないからメニューとなったという“カレーラーメン”などメニューは様々用意されているようです!

そして、「味彩塩拉麺」が特に人気となっていますが、札幌限定として“特塩拉麺”や、チャーシュー麺といった具材がトッピングされた一杯がおすすめとされています!

そして、並んでいる途中に店員さんがメニューを持ってきてくれるので、じっくり決めて先に注文しておきます!

今回は“味彩塩拉麺”と、トッピングとして“炙りチャーシュー”、そして焼餃子を注文しました!

また、テーブルに案内されると、こちらにもメニューが置いてあります。
こちらによると、ここ“あじさい”は、北海道ではお馴染みの“ザンギ”なんかも人気のようで、1個180円から提供されているようです!

また、“おこさまラーメン”はもちろん、ミニラーメンにも対応しているようです!
この辺は“ら〜めん共和国”ならでは!食べ歩きしたい時なんかにもありがたいところですね!

また、テーブルには“蝦夷ラー油”や、“蝦夷油胡椒”といった、ラーメン以外にも餃子やザンギにもぴったりな調味料が置かれています。(こちらは様々な魚介の旨味をふんだんに利かせた特製スパイスとなっているようです。)

食べてみた感想

すでに列に並んでいた時に注文は済ませておいたので、そこまで待ち時間もなく、しばらくするとラーメンが運ばれてきます!

ご覧の通り、透明度の高い塩スープが表現され、塩ならではのすっきりとした味わいを想像させる一杯となっていますね!

また、この見た目からは、あっさりとした仕上がりを想像させますが、長年愛されているだけあって、鶏ガラや豚骨といった旨味が老舗らしくも、しっかりとした味わいを表現しているスープに仕上がっているようです!

一口食べてみると…非常に厚みのあるすっきりとした塩スープが印象的で、“あっさりさ”と“コク深さ”がバランス良く仕上がったスープとなっているようです!

また、澄んだスープの見た目通り、すっきりとした塩味のスープとなっているため、旨味が鮮明に感じられ、口当たりにはほどよいキレ、そしてその後からはじんわりと染み渡るような美味しさが表現されています!

麺について

麺は中細といった仕様となっていて、非常にすすり心地の良いストレート麺となっています!

そんな麺には、昆布の旨味が動物系の旨味によって美味しく引き立った塩スープがよく絡み、一口ずつに塩ラーメン独特のすっきりとした風味が後味良く抜けていきます!

ただ、強いて言うと…やや麺は多めとなっているため、場合によってはミニラーメンで注文しても良いかもしれません。

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのチャーシューが入っているんですが、こちらはやや薄めにも感じられますが…非常に柔らかく、ほどよく脂身も含んでいるせいか、噛むと豚の旨みが味濃く滲み出てきますね!

また、すっきりとした塩スープにも相性良く、鶏ガラや豚骨を使用したという旨味にもぴったりです!

また、こちらのメンマはサイズ・数ともに文句なしの仕上がりとなっていて、素材本来の風味と旨味がしっかりと感じられ、ほどよい食感が良いアクセントとなった具材となっています!

そして、こちらのお麩は、見た目の彩りも良く、スープがしっかりと染み込むことによって、独特な食感と滲み出るスープの味わいを楽しむことができます!

そもそも“あじさい”の塩ラーメンは、シンプルな仕上がりということもあって、見た目の彩りといった意味で“お麩”が加えられているようです。

また、こちらの卵は固めよりの半熟といった仕上がりとなっていて、スープの味わいを損なわないためでしょうか?味付け自体はされていないようです。

なので、こちらもお麩と同じく彩りとしての具材のように感じますね。

他にもネギや、三つ葉といった具材も入っていて、これによってすっきりとした塩スープをより風味良く際立たせているようです!

そして、こちらが別でトッピング追加した“炙りチャーシュー”となっているんですが、これはチャーシューのほんの一部となっていて、厚みもありなかなかのボリュームある具材となっています!

しかし、炙りというだけあって、非常に香ばしく、肉質もしっかりとした存在感の強い具材となっているため、個人的にはさっぱりとした塩ラーメンとは合わないような気もします。。

スープについて

スープは、透明度の高いすっきりとした塩味らしいキレのある口当たりが表現され、鶏ガラや豚骨といった旨味によって、単純にあっさりとした味わいではなく、しっかりと染み渡るようなコク深いスープとなっています!

このすっきりとした塩味と、染み渡るような旨味はゴクゴクいけちゃいますね。。
当然スープが美味しく仕上がっているので、やはり麺はもう少し少なめでも良いような気がします。

非常にキレの良いすっきりとした塩スープでありながらも、しっかりとしたコクが表現されているため、あっと言う間に完食です。。

嫌みのない昆布の旨味が何とも美味しく引き立った塩スープは、ついつい止まらなくなりますね。。たまにはこういったすっきりとした塩ラーメンも良いかもしれません!

サイドメニューについて

“あじさい”のサイドメニューは、ザンギやチャーマヨ丼など色々と用意されているんですが、今回はその中から餃子(5個450円)を注文しました。

ご覧の通り、皮は非常に厚く、もちっとした食感が特徴的となっていて、中のボリュームも十分!そして、ニンニクもほどよく利いていますね!

こちら、テーブルに置かれてた“蝦夷ラー油”を付けてみると、またひと味違った美味しさを楽しむことができます!

また、先ほどもお伝えしたように、“あじさい”ではザンギも人気のようで、周りでもけっこう注文しているお客さんが多かったようです!

まとめ

今回は「函館麺厨房あじさい」の“味彩塩拉麺”を食べてみましたが、塩味らしいすっきりとした味わいには、動物系の旨味によってコクのある厚みがしっかりと表現されていました!

そのため、非常に飲み心地の良いスープには、物足りなさを全く感じさせない仕上がりとなっていて、昆布ダシを美味しく感じられる一杯となっていました!

個人的には、ミニラーメンと一緒に餃子やザンギといったサイドメニューも注文して、テーブルに置かれていた“蝦夷油胡椒”によって色々と違った味を楽しんでみても良いかな?と思います!

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

麺厨房あじさい 札幌エスタ店 店舗情報

札幌市中央区北五条西2丁目 エスタ10F

TEL: 011-213-2713
11:00~22:00
定休日:年中無休

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です