モッチッチ

ラーメンモッチッチ 野菜タンメン しお!国産の丸鶏だしを利かせた染み渡る一杯

ラーメンモッチッチ 野菜タンメン

ラーメンモッチッチ 野菜タンメン しお」を食べてみました。(2019年10月7日発売/2020年6月1日リニューアル発売・エースコック)

この商品は、モチモチ食感の麺でお馴染み“モッチッチ”の新商品ということで、今回はなんと“焼そば”だけでなく“ラーメン”でもあのモチモチ食感を!ということで待望のスープタイプ・ラーメンが登場です!

それも…国産の丸鶏から抽出した出汁をベースに魚介の旨味やオニオンなど香味野菜を合わせ、素材の旨味を存分に活かした染みるような味わいがモチモチとした麺の食感とともに表現された一杯、“ラーメンモッチッチ 野菜タンメン”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには“ラーメンモッチッチ 野菜タンメン”といった商品名や、“まるで、茹でたてのあのおいしさ”といったシリーズらしい麺の特徴が記載され、今回はラーメンタイプということでタテ型の容器となっているんですが、いつもの“モッチッチ”と比べるとスタイリッシュにも見える形状となっているのがわかります!

ラーメンモッチッチ 野菜タンメン パッケージ

また、パッケージ側面をよーく見てみると…凸凹を付けたエンボスといった特殊加工が施され、細部に渡ってお洒落な仕様となっている辺りからも“モッチッチ”シリーズ当初からの女性をターゲットにしていることを感じさせますね!マットな質感も上品さを物語っています!

一方こちらには“国産丸鶏だし、しみわたる”といった今回の特徴なんかが端的に記載され、背景には丸鶏の出汁を利かせたスープに野菜の旨味が凝縮された染み渡るようなタンメンスープといった仕上がりイメージなんかも掲載されており、これを見る限り具材には…キャベツ・チンゲン菜・コーン・人参・キクラゲが使用されているようです!

ちなみに今回使用されている丸鶏は、こちらにも記載されているように、チキン原料中に10%使用しているとのこと!

他にも特徴として…麺には“モッチッチ”シリーズにも使用されているエースコックの独自技術“真空仕立て麺”によってモチモチ感やコシが表現されているんですが、今回ラーメンで使用するために麺そのものを太く改良、さらに配合の見直しなどの結果、麺の張りや歯切れの良さ、そしてモチモチとした食感などがスープタイプでも実現されているとのことで、それによって最後まで飽きることなく丸鶏の出汁に香味野菜の旨味を利かせた染み渡る美味しさがじっくりと楽しめるというわけです!

このように、今回の“モッチッチ”はラーメンということで麺を太く・配合を見直したことによって表面の張りなど、ラーメンでもシリーズらしいモチモチとした食感が楽しめる食感が実現されているため、この辺りの仕上がり具合についても注目したいと思います!

実際に食べてみて…

野菜タンメンということで優しい味わいかと思いきや、香辛料や香味野菜の旨味がしっかりと利いているせいか…キレのある口当たりが非常に心地良く、そのすぐ後からは丸鶏出汁の旨味が染みるかのように後味良く感じられ、モチモチとしたシリーズらしい麺がラーメンでも楽しめる満足度の高い仕上がりとなっていました!
これは特に、丸鶏の出汁が利いた深みのある野菜タンメンを“モッチッチ”シリーズらしいモチモチとした食感とともに気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はモチモチ食感でお馴染み“モッチッチ”シリーズをラーメンでも楽しめるように新開発された麺とともに丸鶏の出汁を利かせた染み渡るスープが味わえる一杯、「ラーメンモッチッチ 野菜タンメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

【追記】この商品は具材のキクラゲを増量し、“シンプル、ナチュラル、大人っぽさ”をテーマにパッケージを刷新、“ラーメンモッチッチ 野菜タンメン しお”として2020年6月1日にリニューアル発売されています!「

ラーメンモッチッチ 野菜タンメン

今回ご紹介するカップ麺は、茹でたてのモチモチとした食感の麺で好評の“モッチッチ”シリーズの新商品“ラーメンモッチッチ”ということで、なんとラーメンとしてもあの食感が楽しめるよう試行錯誤の結果実現し、丸鶏出汁の旨味をベースに魚介や香味野菜の旨味を利かせた染み渡るかのような野菜タンメンならではの後味すっきりとしたスープをじっくりと味わうことができる素材の旨味を活かした一杯、“ラーメンモッチッチ 野菜タンメン”となっています。

ご覧の通り、フタの上に別添されている調味油を剥がしてみると…こちらにも丸鶏出汁の旨味をベースに魚介や香味野菜を合わせた後味すっきりとした味わいに仕上がったスープに“モッチッチ”シリーズらしい独自技術によるモチモチとした食感がラーメンでも楽しめる麺などの仕上がりイメージを背景に、今回の商品名“ラーメンモッチッチ 野菜タンメン”といった文字がラーメンどんぶりをイメージさせるイラストとともに配置されていますね!

ちなみに、この“モッチッチ”シリーズとは、元々アンケートで“生麺に近づけてほしい”、“もちもち感を出してほしい”…といった声が多く、そんな市場調査から商品化された手作り感のある食感が特徴的な一杯で、女性客をターゲットに第1弾となる“焼そばモッチッチ”が2017年6月19日に発売され、これまでも以下のようなフレーバーが定期的に登場してきました!

※“やきそばモッチッチ”としての現ラインアップは、“焼そばモッチッチ”と“塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし”の2商品のみとなっています。

そして今回、そのモチモチとした食感を活かしたラーメンタイプが登場!ということで、鰹出汁にチキンの旨味を利かせた風味豊かな仕上がりとなった“ラーメンモッチッチ ワンタン麺”も同時発売されています!

これによって“ラーメンモッチッチ”シリーズとしてのラインアップはこの2商品ということですね!これは今後の商品展開も考えられるのでしょうか?この辺りも気になるところ。。

それでは、今回の“ラーメンモッチッチ 野菜タンメン”がどれほど丸鶏出汁の旨味を利かせた仕上がりとなっているのか?野菜タンメンならではの香味野菜の旨味との兼ね合いや別添された調味油の利かせ具合、そしてなんと言ってもラーメン用に改良を重ねた独自技術“真空仕立て麺”によるモチモチとした食感の仕上がりなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り285kcal(めん・かやく232kcal / スープ53kcal)となっております。(塩分は3.7g)

カロリーは、丸鶏出汁を利かせたとは言え…野菜タンメンといった後味すっきりとしたイメージ通りやや低めな数値のようで、塩分も同じくかなり低めとなっているようですね!
ちなみに1食当たり66g、麺の量は55gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や植物油脂をはじめ…

  • チキンエキス
  • 粉末しょうゆ
  • 動物油脂
  • 香辛料
  • チキン調味料
  • ポークエキス
  • 野菜エキス
  • オニオンパウダー
  • 香味油
  • 魚介エキス
  • シイタケエキス
  • ポーク調味料

といった、国産の丸鶏出汁をベースに実に様々な魚介や香味野菜をはじめとする旨味を合わせているようで、野菜タンメンらしいキレのある口当たりとともにじんわりと染み渡る風味豊かな味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071246556
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、砂糖)、スープ(食塩、植物油脂、チキンエキス、粉末しょうゆ、動物油脂、香辛料、チキン調味料、ポークエキス、野菜エキス、オニオンパウダー、香味油、発酵調味料、酵母エキス、魚介エキス、シイタケエキス、たん白加水分解物、ポーク調味料)、かやく(キャベツ、チンゲン菜、コーン、キクラゲ、人参)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、炭酸カルシウム、かんすい、増粘剤(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、カロチノイド色素、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・えび・いか・大豆・鶏肉・豚肉・ごまを含む)

栄養成分表示 [1食 (66g) 当たり]
熱量285kcal
たん白質5.9g
脂質9.8g
炭水化物43.3g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
3.7g
(1.2g/2.5g)
カルシウム161mg

引用元:ラーメンモッチッチ 野菜タンメン|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“調味油”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一別添されているパックとなっていて、調味油ということで風味付けするためのものでしょうか?

さらっとした状態ではありましたが、原材料の項目には様々な動物系の旨味なんかも含まれているようでしたので、念のため調理中はフタの上で軽く温めておくと良いでしょう!

また、具材には…

  • キャベツ
  • チンゲン菜
  • コーン
  • キクラゲ
  • 人参

が入っています!

野菜タンメンらしく具材にも豊富に野菜が使用されているようですね!

さらに、麺はご覧の通りラーメンにも合うように若干太く改良し、配合も見直したという“モッチッチ”シリーズで使用されている“真空仕立て麺”のラーメン用の麺が採用されているようで、油揚げ麺とは思えないモチモチとした茹でたてのような食感が楽しめるものと思われます!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの具材などがほどよくふっくらとした仕上がりとなり、まだ調味油を入れる前ではありますが…野菜タンメンらしい香味野菜の旨味がたっぷりと利いた染み渡る一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの調味油を注いでいきます!
すると…ご覧の通り透明感のある油分となっていて、そこまで特徴ある風味などは含まれていないようで、あくまでスープに深みを加える旨味などの油分となっているようですね!

そのため、この調味油を加えても見た目はほぼ変わらず。。たっぷりと使用された具材からも丸鶏出汁を利かせたスープの味わいを引き立てているようにも見えます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…さらっとした仕上がりではありますが、丸鶏出汁の旨味が利いているのでしょうか?スープ表面にはほどよい脂が浮き、野菜タンメンをコク深く引き立てているようですね!

また、麺に関しては“真空仕立て麺”の改良版ということもあって、生地から空気を抜いたことであのモチモチ感を表現しているようで、意外とずしっとした重み・密度感なんかもあり、この仕上がりの時点ではスープ底に沈んだ状態となっています!

食べてみた感想

一口食べてみると…野菜タンメンということで非常にさっぱりとした味わいを想像していましたが、キレの良い口当たりや後味の良さはイメージ通りだったものの…丸鶏出汁の旨味がほどよくコク・厚みを加え、さらに香辛料や香味野菜の旨味がしっかりと利いているため、キリッとした味わいが表現されています!

そして、この丸鶏出汁や野菜の旨味は想像以上に利いているため、野菜タンメンならではの軽やかなスープではありますが、決して物足りなさを感じさせる味わいというわけではなく、しっかりと旨味として楽しむことができるでしょう!香辛料の利かせ具合が絶妙です!

また、このスープ表面に浮いた丸鶏出汁の旨味と思われる脂は、もちろん脂っこさを感じさせるほどのものではなく、野菜の旨味をコク深く染み渡る味わいとして引き立てているため、旨味が凝縮されたスープは止まらなくなりますね。。

麺について

麺は、ご覧の通り“モッチッチ”シリーズで使用されたいた“真空仕立て麺”をラーメンでも楽しめるよう太さを増し、さらに配合を見直したことによってスープでも茹でたてのようなモチモチとした食感が楽しめる仕上がりとなっています!

ただ…やはりスープが馴染むことによって多加水麺とは言っても“焼そば”よりは若干表面の張りが弱く感じられますね。。そのため、この“モッチッチ”シリーズは“焼そば”の方がうまく食感を活かすことができているのではないでしょうか?

そのため、他のカップ麺と比べてみても、そこまでモチモチ感が強烈な特徴を表現しているようには感じられないかもしれません。。

とは言っても、エースコックの独自技術“真空仕立て麺”を改良したことによって、確かに茹でたてのようなモチモチ感は表現されてはいます!ただ…もう少し張りの強さがあればもっと良かったんですけどね。。(そのため、調理時間5分を少し調整してみても良いかもしれません!)

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのキャベツが入っていて、シャキシャキというよりも若干柔らかい仕上がりとなっていて、今回の優しくも感じられる丸鶏出汁を利かせた野菜タンメンの味わいにもぴったりです!

また、こちらのキクラゲも同じくコリコリとした仕様ではなく、柔らかい仕上がりとなっていて、個人的にはコリコリ系のキクラゲの方が好みではあるんですが、これはこれで野菜タンメンの味わいには欠かせない具材となっています!

さらに、こちらのチンゲン菜は、若干小ぶりにカットされているということもあって、素材本来の味わいや風味がそこまで感じられなかったものの…こちらもまた野菜タンメンの旨味を引き立てる相性の良い具材のようですね!

そして、こちらのコーンは、じっくりと味わってみると素材本来の甘みなんかも感じられる具材ではありましたが、今回の野菜タンメンの味わいを損なうこともなく彩り良く添えられています!

他にもこちらの人参が入っていて、こちらもまた細かくカットされた状態となっているため、そこまで人参本来の味わいが感じられる仕上がりではありませんでしたが…これら野菜の具材が豊富に使用されたことによって、丸鶏出汁をベースに香味野菜の旨味を利かせたスープをより一層美味しく引き立てているんでしょうね!

スープについて

スープは、ご覧の通り野菜タンメンらしい後味すっきりとした野菜の旨味が際立っているかと思いましたが、丸鶏出汁の旨味がしっかりとコク深さを引き立て、さらに香辛料や香味野菜、ほんのりとした魚介の旨味によってシャープな飲み口、そして染み渡るかのような美味しさが表現された仕上がりとなっています!

個人的に野菜タンメンと言えば…どちらかと言うとチキンベースに優しい味わいが表現されているイメージだったんですが、今回の一杯は丸鶏出汁をしっかりと利かせたことによってキレの良いスープに満足度の高い旨味を凝縮しているようで、香辛料も合わせて全く飽きることなく最後までじっくりと染み渡るスープを楽しむことができるでしょう!

また、原材料を見る限り…塩分も非常に低い仕様でしたので、そういったことからも野菜の旨味が際立っているかと思いましたが、今回の野菜タンメンは香辛料の利かせ方が特に良いですね!

それによって丸鶏出汁のコク深い旨味にちょうど良いメリハリが付き、まさにクセになる味わいが“モッチッチ”シリーズならではのモチモチとしたまるで茹でたてのような食感の麺とともにじっくりと味わうことができます!

このように、今回の“ラーメンモッチッチ 野菜タンメン”は、国産の丸鶏出汁といったこだわり具材からの旨味をベースに魚介や香味野菜の旨味を合わせ、後味すっきりとしたスープの中にも満足度の高い美味しさを表現し、香辛料も絶妙な利かせ具合ではありましたが、お好みによってはもう少し香辛料を追加してみても良いかもしれません!

まとめ

今回「ラーメンモッチッチ 野菜タンメン」を食べてみて、国産の丸鶏出汁をベースに魚介や香味野菜の旨味を合わせたことで、すっきりとした味わいの中にもクセになる美味しさが表現された飽きの来ない一杯となっていました!

さらに“モッチッチ”シリーズらしい“真空仕立て麺”をラーメンでも楽しめるよう改良を加えたことによってスープタイプでもモチモチとした食感が楽しめ、この食感が“モッチッチ”らしくもあり、旨味溢れるスープとともに弾力ある麺をじっくりと堪能できるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!