モッチッチ

ラーメンモッチッチ 炒め野菜香るみそ!調理感のある風味が食欲そそる本格感のある一杯

ラーメンモッチッチ 炒め野菜香るみそ

ラーメンモッチッチ 炒め野菜香るみそ」を食べてみました。(2020年10月19日発売・エースコック)

この商品は、モチモチ食感の麺でお馴染み“モッチッチ”のスープタイプ“ラーメンモッチッチ”シリーズの新商品ということで、今回は国産黒豚の旨味にガーリックやジンジャーなどの香味野菜を合わせ、さらに炒め野菜の食欲そそる風味が香り立つコク深い味噌味の一杯が登場です!

それも…上記の通り贅沢にも国産黒豚の旨味をベースに味噌スープと相性抜群なガーリックやジンジャーといった香味野菜を加え、さらに中華鍋で炒めたかのような風味豊かな炒め野菜の香りが臨場感を高めたことで、“焼そば”にも使用されているエースコックの独自技術“もちもち真空仕立て麺”による弾力やほどよいコシをクオリティ高く表現した麺が絶妙にマッチした一杯、“ラーメンモッチッチ 炒め野菜香るみそ”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには“ラーメンモッチッチ 炒め野菜香るみそ”といった商品名や、“もちもち真空仕立て麺”といったシリーズらしいもっちりとした麺の特徴が記載され、今回はもはやお馴染みとなった“焼そばモッチッチ”ではなく“ラーメンモッチッチ”ということでタテ型の容器となっていて、いつもの可愛らしさとは違ってスタイリッシュにも見える形状となっているのがわかります!

ラーメンモッチッチ 炒め野菜香るみそ パッケージ

一方こちらには“期間限定”と記載されているように、今回のフレーバーに関してはあくまでこの季節限定で楽しめるテイストのようですので気になる方はお早めにどうぞ!(味噌というと割と定番のメニューなのでレギュラー化しても良いような気もするんですが…もしかすると毎年登場するのかもしれません。)

また、こちら容器側面には、国産黒豚の旨味に香味野菜を加え、さらに玉ねぎの旨味がコク深さを引き立てた味噌スープに本格感のある麺が絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ・玉ねぎ・コーン・ねぎ・唐辛子が使用されているようです!
※この“もちもち真空仕立て麺”は、麺の密度を高めることによって新食感を表現しているとのこと。

さらに今回の“炒め野菜香るみそ”は国産黒豚の旨味がベースとなっているんですが、こちら“ポークエキス中に国産黒豚エキスを15%使用しています。”と記載されているように、100%というわけではないようですね!それでも素材の旨味に拘った一杯であることが伝わってきます!

他にも特徴として…麺は上記の通りシリーズを通して使用されている“もちもち真空仕立て麺”が採用されており、文字通りもちもちとした食感が印象的な中太麺に表現された茹でたてのような弾力が心地良く、国産黒豚の旨味をしっかりと利かせた味噌スープに香味野菜や炒め玉ねぎの風味、さらに唐辛子を加えたことでメリハリが付いた味わいが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

国産黒豚の旨味を利かせたコク深くまろやかな味噌スープには、香味野菜の旨味が深みを際立たせたことで非常に繊細な味わいを表現し、そこに炒め野菜の風味が調理感や臨場感を高め、独自技術によるもっちりとした弾力や噛み応えの良い中太麺がしっかりと絡み、幅広い層に好まれると思われる安定化のある一杯となっていました!
これは特に、ポークをベースに相性抜群な香味野菜を加えたコク深く厚みのある旨味にほどよい香辛料を利かせたメリハリのある味噌スープと、本格感のあるもっちりとした麺が絶妙にマッチした味わいをカップ麺として気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は国産黒豚の旨味にガーリックやジンジャーなどの香味野菜を加え、さらに炒め野菜の風味が香り立つコク深い味噌スープに茹でたてのような食感を表現した“もちもち真空仕立て麺”が相性良く馴染んだクオリティの高い一杯、「ラーメンモッチッチ 炒め野菜香るみそ」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ラーメンモッチッチ 炒め野菜香るみそ

今回ご紹介するカップ麺は、茹でたてのモチモチとした食感の麺で好評の“ラーメンモッチッチ”シリーズの新商品ということで、国産黒豚の旨味をベースにジンジャーやガーリックを合わせ、さらに炒め玉ねぎのコクを加えた味噌スープに仕上げ、“もちもち真空仕立て麺”による茹でたてのような食感を表現した中太麺が絶妙にマッチし、炒め野菜の香ばしい風味が臨場感を高める一杯、“ラーメンモッチッチ 炒め野菜香るみそ”となっています。

ご覧の通りフタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…こちらには容器側面のような仕上がりイメージは掲載されていないものの…黄色を基調にシリーズ名や商品名、さらに“新食感”や“もちもち真空仕立て麺”などといった特徴がシンプルに掲載されています!

そしてなんと言ってもこの“モッチッチ”・“ラーメンモッチッチ”シリーズにはこの“もちもち真空仕立て麺”が特徴的で、フライ麺にもかかわらず…麺の密度感を高めることによって茹でたてのような食感を表現、まさにもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えた本格感のある麺に仕上がり、これが人気の秘訣でもあるわけです!

ちなみにこの“ラーメンモッチッチ”シリーズに関しては2019年10月7日に初登場した以下のフレーバーが発売されており、それぞれ旨味を増してリニュールされて現在もレギュラー商品として陳列されています!個人的にはもう少し幅広く商品展開しても良いような気もするんですけどね…

他にも“モッチッチ”シリーズとしては下記の通り定期的に新フレーバーが発売されているので、“カップ焼そば”の選択肢としてリピートしている方も多いのではないでしょうか?

それでは、今回の“ラーメンモッチッチ 炒め野菜香るみそ”がどれほど国産黒豚や香味野菜の旨味を凝縮させたコク深い味噌スープに仕上がっているのか?炒め野菜の風味や炒め玉ねぎによるコクとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても“もちもち真空仕立て麺”によるもっちりとした弾力のある麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り283kcal(めん・かやく235kcal / スープ48kcal)となっております。(塩分は4.9g)

カロリーは、全体の量が若干少なめとは言え…かなり低い数値のようで、塩分も同じくやや低めの数値となっています。
ちなみに1食当たり69g、麺の量は55gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると、スープだけだと48kcalとやはり低めな数値となっていて、国産黒豚の旨味というのはあくまで味噌スープの美味しさ・コクを引き立てるもので、濃厚感・こってり感のない後味すっきりとした仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“粉末みそ”や“みそ”をはじめ…

  • 食塩
  • 香辛料
  • 香味調味料
  • オニオンエキス
  • 香味油
  • ポークエキス
  • ポーク調味料
  • チキン調味料
  • オニオンパウダー
  • 魚介エキス

といった、国産黒豚の旨味をベースに味噌スープと相性抜群なジンジャーやガーリックなどの香味野菜を合わせ、さらに隠し味のように魚介エキスなんかも使用し、炒め野菜の香ばしい風味が食欲そそる後味すっきりとした味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071246938
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、砂糖)、スープ(粉末みそ、みそ、食塩、香辛料、大豆たん白、香味調味料、オニオンエキス、香味油、ポークエキス、ポーク調味料、チキン調味料、オニオンパウダー、酵母エキス、たん白加水分解物、魚介エキス、全卵粉)、かやく(キャベツ、玉ねぎ、コーン、ねぎ、唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、炭酸Ca、重曹、香料、増粘剤(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、酒精、かんすい、カラメル色素、微粒二酸化ケイ素、カロチノイド色素、甘味料(カンゾウ)、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、酸味料、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (69g) 当たり]
熱量283kcal
たん白質6.7g
脂質10.0g
炭水化物41.5g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
4.9g
(1.3g/3.6g)
カルシウム154mg

引用元:ラーメンモッチッチ 炒め野菜香るみそ|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタのうえには“モッチッチ液体スープ”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみた感じだと味噌ならではのペースト状のほんのり“とろみ”が付いた状態となっていましたので、調理中はフタの上で温めておくと良いでしょう!

また、かやくには…

  • キャベツ
  • 玉ねぎ
  • コーン
  • ねぎ
  • 唐辛子

が入っています。

国産豚肉の旨味などを利かせたコク深い味噌スープですが、肉類の具材は一切入っていませんね!やはり元々女性層をターゲットとしていたせいか…割と品のある軽やかなテイストに仕上がっているのかもしれません!

さらに、麺はご覧の通り“もちもち真空仕立て麺”による中太仕様のフライ麺となっていて、麺の密度を高めることによって茹でたてのような食感を表現し、もっちりとした弾力が心地良い満足度の高い仕上がりに期待できそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:320ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで、先ほどまでの麺が確認できないほど各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、他にも粉末スープが表面にダマとなっている辺りが物足りなさを感じさせないコク深いテイストを表現した深みのある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…国産黒豚の旨味を凝縮させた色の濃い味噌がドロッとした状態で出てきますので、しっかりと絞り込んで入れましょう!

そして、液体スープの量自体はそこまでないものの…見た通り非常にドロッとした状態で、先ほどの栄養成分表示にも記載されていた通りカロリーは割と低いため、素材の旨味を存分に活かした一杯であることが伝わってきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…ほんのり“とろみ”というか、厚みのある旨味が凝縮された仕上がりとなっていて、なんと言っても炒め野菜の風味が調理感を思わせるクオリティの高い一杯となっています!…というか、脂っこさやギトギト感が一切ない国産黒豚によってコク深い味わいを表現し、後味すっきりとしたバランスの良い一杯はかなり幅広い層に好まれるのではないでしょうか?

そういったバランスの良いテイストが風味からもすでに伝わり、キレとコクがうまく調和された味噌スープに仕上がったことで満足度も非常に高く、濃厚感というよりは素材の旨味をうまく活かした品のある一杯に仕上がっているようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…カロリーが非常に低いので仕上がりが若干心配ではありましたが、全く物足りなさを感じさせない国産黒豚の旨味がしっかりとコクを引き立て、味噌ならではのキリッとした口当たりが好印象といったところで、ジンジャーやガーリックなどの香味野菜の旨味はもちろん、なんと言っても炒め野菜の香ばしい風味が臨場感を高めています!これは思っていた以上の仕上がりで美味しいですね!

そのため、濃厚・こってりとしたテイストではありませんが、素材の旨味がコク深さを表現したことで喉越しも非常に良く、香味野菜の旨味や炒め玉ねぎのコクがちょうど良い引き立て役となり、風味にもかなり拘った一杯であることがよーく伝わってきます!

しかもスープにしっかりと動物系の旨味が利いているため、具材に肉類が使用されていなくても全く物足りなさはなく、むしろ野菜の旨味なんかも活かしたことで、深みのあるテイストに際立っているようにも感じられるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り“もちもち真空仕立て麺”によるもっちりとした弾力を表現し、フライ麺ながらも麺の密度を高めることによって“もちもち”とした食感が心地良く、まさに茹でたてのような仕上がりとなっています!

そんな麺には、国産黒豚の旨味をベースにガーリックやジンジャーなどの香味野菜を合わせ、さらに炒め野菜の風味豊かな香ばしさが食欲そそる素材の旨味を活かした深みのある味噌スープがよく絡み、一口ずつに厚みのある旨味やコク深い味わいが口いっぱいに広がっていき、炒め野菜の風味が後味良く抜けていきます!これは想像以上に満足感も満たされていきますね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“玉ねぎ”が入っていて、ほどよいサイズにカットされ、若干柔らかくもシャキシャキとした食感を残した仕上がり具合で、素材本来の旨味・甘味なんかもしっかりと感じられる美味しい具材となっていて、使用されている数に関しても全く申し分ありません!

また、こちらのキャベツは割と大きめにカットされていて、上記の“玉ねぎ”と同じくほどよいシャキシャキ感があり、彩りなんかも非常に良く、今回の一杯にちょうど良い食感としてのアクセントがプラスされているようです!

さらに、こちらのコーンは正直…味噌スープと合わせると逆にチープに感じられるんですが…今回のコク深い味噌スープを損なうことなく彩り鮮やかな具材としてさり気なく添えられています!

そして、こちらの“ねぎ”は、若干小さめにカットされているため、シャキシャキとした食感は感じられないものの…ちょうど良い薬味にもなったことで、コク深く風味豊かな味噌スープの美味しさを引き立てる相性抜群な具材となっているようです!

他にも、粗挽き唐辛子が使用されており、じっくりと味わってみると…ピリッとした辛みがしっかりと感じられるアクセントとして、国産黒豚の旨味を利かせたコク深い味わいにちょうど良いメリハリを際立たせているようにも感じられますね!それによって最後まで飽きることなく風味豊かな味噌スープが楽しめるため、お好みによってはもう少し足してみても良いかもしれません!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り国産黒豚の旨味をベースにジンジャーやガーリックなどの香味野菜を合わせ、さらに炒め野菜の香ばしい風味が印象的な素材本来の美味しさを存分に活かしたコク・深みのある仕上がりとなっています!

そして、国産黒豚の旨味と言っても決して脂っこさを加えているわけではなく、味噌ならではのキレとコクを引き立てる丁寧に抽出された旨味となっていて、特に変な臭みや“くどさ”なども一切ありません!

むしろチキンや魚介の旨味なんかも加わったことで旨味が繊細に表現され、炒め野菜の香ばしさが心地良く、ついついスープが止まらなくなってしまいますね。。

また、食べ進めていくに連れて具材に使用された各種野菜からも良い旨味が滲み出し、炒め野菜の風味が際立っていくことによって満足度も増していく…そんな優しい味わいがじっくりと楽しめる満足度の高い仕上がりとなっています!

ちなみに、個人的にはギトギトとしたポークの旨味を利かせた濃厚な味噌スープも好みなんですが…今回の“炒め野菜香るみそ”のような後味すっきりとしていながらも物足りなさのないコクがうまく融合されたテイストも決してあっさりとしているだけではありませんから…かなり幅広い層に支持される一杯と言えるのではないでしょうか?期間限定というのがもったいないくらいです。。

このように、今回の“ラーメンモッチッチ 炒め野菜香るみそ”は、国産黒豚の旨味を丁寧に利かせたコク深くもまろやかな味噌スープをベースに相性抜群な香味野菜や炒め玉ねぎのコクを合わせ、さらに炒め野菜の香ばしい調理感のある風味が食欲そそる…想像以上にクオリティの高い仕上がりとなっていたため、お好みによっては、味噌スープにぴったりな唐辛子などの香辛料をちょい足しして、さらにメリハリを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「ラーメンモッチッチ 炒め野菜香るみそ」を食べてみて、国産黒豚の旨味をベースにジンジャーやガーリックなどの香味野菜が深みのある味わいを引き立て、さらに炒め野菜の風味が臨場感溢れるテイストを表現し、コク深くも後味すっきりとした満足度の高い味噌スープに仕上げ、“もちもち真空仕立て麺”によるもっちりとした弾力のある麺と絶妙にマッチした本格感のある一杯となっていました!

また、久しぶりの“ラーメンモッチッチ”シリーズの新フレーバーは期間限定ではありましたが、素材の旨味を存分に活かしたコク深く・風味豊かな定番メニューとしてレギュラー化されても良いくらいの美味しさが表現されていたため、女性層を中心にかなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!