ラーメン

「札幌ラーメンショー2019」に行ってきました!全国の有名店が集結する定例イベント!

札幌ラーメンショー2019

札幌の大通り公園で開催されている「札幌ラーメンショー」に行ってきました!

この“札幌ラーメンショー”とは…2015年5月からはじまったイベントで、第1幕(2019年5月14日〜19日)と第2幕(2019年5月21日〜26日)といった2部構成で店舗が入れ替わり、全国各地の計20店舗ものラーメン店が札幌大通公園に集結し、全国様々な人気の味わいが楽しめるラーメン好きにはたまらない計12日間開催されるイベントとなっています!(もちろん入場は無料)

というか、この“札幌ラーメンショー”というイベントは札幌ならではのイベントかと思っていたんですが…公式サイトによると平成21年より東京、平成25年より福岡にて「ラーメンショー」を開催しているようで、この札幌での“ラーメンショー”としては全国3都市目となり、2019年で早くも5回目の開催となったようですね!

さすがに5年目ともなると札幌大通公園での恒例のイベントとしても定着しているのかもしれませんね!個人的にも興味があって今回はじめて行ってみることにしました!

また、5年目を迎える今年は、過去に人気だったラーメン店に関して以下のような企画なんかも実施されているとのことで、ここでしか食べることのできないラーメンなんかも楽しめちゃうわけですね!

  • リクエスト出店
  • 5周年記念コラボ

これまでも実に様々なラーメンを食べてきましたが、やはり札幌ラーメンらしい味噌以外の美味しさに気付くのもラーメンの醍醐味でもありますからね!ぜひラーメン好きには足を運んでもらいたいイベントと言えるのではないでしょうか?

ちなみに個人的に札幌ラーメンで特に美味いと思う超おすすめの店舗一覧について詳しくは、ぜひこちらの記事もご覧ください!

札幌ラーメン超おすすめ店を地元ラーメン好きが厳選してご紹介します!【随時更新】
札幌ラーメン超おすすめ店を地元ラーメン好きが厳選してご紹介します!【随時更新】札幌と言えばラーメン!と思い浮かぶほど、札幌のみならず道外の方にも人気の“札幌ラーメン”ですが、「札幌 ラーメン」といった記事でよくおす...
ゆうき
ゆうき
では、今回はこの全国のラーメン店が集結する大規模なラーメン好きのためのイベント「札幌ラーメンショー」について詳しくご紹介してみたいと思います!

札幌ラーメンショー2019

今回ご紹介するラーメンイベントは、年に一度全国のラーメン店が札幌の大通公園に集結し、その腕を競い合う“札幌ラーメンショー”となっていて、“東京ラーメンショー2018”では優勝を決めたそうですが、札幌で開催されている“ラーメンショー”では今までそういった売り上げか何らかの優劣によって優勝などを決めたことはないようです!

また、2015年にはじまった“札幌ラーメンショー”の初年度は、約85,000人を記録し、2016年以降は毎年約130,000人もの方が訪れるというかなり規模の大きなイベントへとなっているようですね!

ちなみに、この“札幌ラーメンショー”の開催会場となる大通公園とは…大通西1丁目から大通西12丁目までの長い公園となっていて、残念ながら無料の専用駐車場は用意されてはいませんが、周辺には数多くの有料パーキングがありますので、そちらを利用してみると良いでしょう。(JRや地下鉄などの交通の便も自体非常に良いです!)

“さっぽろライラックまつり”も同時開催

また、この“札幌ラーメンショー2019”は今回大通り公園の8丁目が会場となっているんですが、実は札幌の歴史あるイベントのひとつ“さっぽろライラックまつり”も同時開催となっているんです!

そんな“さっぽろライラックまつり”は、今年でなんと第61回となっていて、大通会場となる大通公園5〜7丁目には様々な出店などがあり、“ラーメンショー”とともにラーメン以外の食を楽しむこともできるわけです!

そのため、まずはこの5丁目に入ると…“さっぽろライラックまつり”の看板が目に付きますね!それにしても天気が良い。。

そして進んでいくと…食欲そそる香ばしい香りが大通公園内に立ちこめ、こちらはこちらでかなり楽しめそうな内容となっているようです!

しかも、今回訪れたのは札幌では珍しい27℃といった暑い日でしたから…“札幌ラーメンショー”よりもこちらの方が賑わっているような印象ではありましたね。。

また、こちらにはこういった暑い日には欠かせないスイーツなんかもありますね!
うちの子はラーメンなんかよりもこちらに釘付けです。。笑

ちなみにライラックも一応咲いています!
かなりひっそりとした存在感のなさには“ライラックまつり”…??と多少の疑問は残るものの、最近ではこういった出店で楽しむといったケースが大通公園では増えていますからね!それはそれで良しとしましょう!

また、大通公園には他にも様々な花が植えられ、涼しげな噴水も数カ所あり、暑い日には敷物を持参して寛ぐ大勢の子ども連れの方々で賑わっています!

“札幌ラーメンショー”の会場について

そしてお待ちかね!“札幌ラーメンショー”が開催されている大通公園8丁目へと進みます!こちらにはしっかりと“札幌ラーメンショー2019”といった看板が掲げられていますね!

そして、8丁目に入ってすぐに、ご覧の通り“札幌ラーメンショー2019”についての事細かな説明などが記載された大きな看板が設置されています!

また、このイベントに関する主催・後援・協賛などが記載された看板なんかもありましたが、“札幌ら〜めん共和国”なんかも後援としてしっかりと記載されていましたね!

そして、これによると…注意点としては以下のような点が挙げられます!

  • 5月20日は第1幕と第2幕の店舗入れ替えのため休業となる
  • オーダーストップは20:30
  • 最終日となる5月26日のオーダーストップは16:30

また、ここ“札幌ラーメンショー”での最大の特徴としては、精算は前払いのチケット制となっているということです!

そのため、今回は非常に暑い日でチケット売り場には行列ができているといったことはありませんでしたが、このチケットは事前にセブンイレブンの店頭マルチコピー機で販売されているようですので、チケットを購入するために行列に並ぶことを避けるためにも、そちらを利用しておいても良いかもしれませんね!

ちなみに、トイレや喫煙ブースなんかもしっかりと用意されているため、ご安心ください!

出店されている店舗一覧

ちなみにこの“札幌ラーメンショー”開催期間中は、先ほどもお伝えした通り第1幕・第2幕と2部構成の12日間開催され、全店舗が入れ代わるのもまた面白く、札幌のみならず実に様々な種類の全国各地のイベントだけのラーメンやコラボ限定メニューが楽しめるイベントとなっています!!

その店舗一覧がこちら看板にも用意されているメニューや簡単な説明とともに記載されていて、みなさんどれを食べようか…じっくりと見定めている様子でしたね!

それでは、第1幕・第2幕それぞれのラーメン店と用意されているメニューを一挙ご紹介したいと思います!

この第1幕では…札幌のラーメン店“真武咲弥(しんぶさきや)”なんかも出店していますね!

また、カップ麺でも度々登場している東京のオシャレ系で人気の“ソラノイロ”なんかも第5回開催記念スペシャルコラボとして登場しているようです!

第1幕(5月14日〜5月19日)

  • 初代けいすけ「炙り肉盛り黒味噌温玉のせ」(東京)
  • 自家製麺 竜葵「日本三大地鶏極上塩らぁ麺」(埼玉)
  • 麺匠 真武咲弥「炙り味噌らーめん贅沢盛り」(札幌)
  • ラー麺 陽はまた昇る「燻製醤油肉と九条ネギの京都鶏白湯ラーメン」(京都)
  • ソラノイロ×Mari iida「瀬戸のもち豚 とんこつラーメン」(東京×札幌)
  • 麺屋 十郎兵衛「比内地鶏極太中華そば」(秋田)
  • 黄金の塩らぁ麺ドゥエイタリアン「らぁ麺フロマージュ」(東京)
  • 麺家 太威「濃厚チーズ味噌担々麺」(新潟)
  • えびそば えび助「海老醤油そば」(宮城)
  • 富良野とみ川「石臼挽き中華そば2019」(富良野)

んー…個人的には、海老の旨味に際立った“えびそば えび助”なんかも気になるところ。。

第2幕(5月21日~26日)

そして、今回訪問した第2幕(5月21~26日)として出店している以下のラーメン店となっていました!

この中だと…カップ麺にも登場していた“若武者”なんかも気になるところではありますが、Twitter(@webproductlab)の方でおすすめを聞いてみたところ…“セアブラノ神”が関西でも有名なラーメン店とのことでしたので、今回は“セアブラノ神”狙いで行きます!!

  • ラーメン龍の家「炙りとトロけるWチャーシュー豚骨」(福岡)
  • 麺屋 政宗「伊達の炙り牛タンネギ塩そば」(宮城)
  • 麺や廉「とろけるチャーシューコクまろ味噌ラーメン」(札幌)
  • セアブラノ神「京都背脂醤油」(京都)
  • ニセコラーメン風花「新感覚!ふぁっと白いニセコラーメン」(倶知安)
  • 麺処 若武者「島鶏白湯ラーメン」(福島)
  • 寿製麺 よしかわ「炙り肉煮干そば 醤油」(埼玉)
  • ラーメン 東横「新潟ご当地濃厚味噌ラーメン」(新潟)
  • 新旬屋 本店「金の鶏中華」(山形)
  • 海老麺総本家地元家×スープカリー奥芝商店「海老スープカレーラーメン」(函館×札幌)

やはり、札幌在住で札幌のラーメンを食べるのはちょっともったいなくも感じられますからね!そこは敢えて道外のおすすめを堪能してみたいのは当然で、それが“札幌ラーメンショー”ならではの醍醐味とも言えるのではないでしょうか?

しかし、“奥芝商店”も札幌のカレー店としては、前までは予約なしでは入ることができないほどの超人気店でしたからね…これも気になるところではあります。。

チケットの購入について

ではでは…続いてここ“札幌ラーメンショー”では、事前に購入したラーメンチケットとの交換制となるため、まずはチケット売り場の方へ行ってみます!

また、各ラーメン店で用意されているメニューは基本1種類となっているんですが、各種トッピングを用意している店舗もあり、そういった有料トッピングに関しては、各店舗のブースで現金精算となっています!

そして、この“札幌ラーメンショー”ではラーメンの値段が前売り・当日ともに一律800円となっていて、ご覧の通り“只今の待ち時間”なんかも用意されているようですね!(今回は暑くて空いてました。。)

ちなみに会場内のチケット売り場や各店舗での支払いは、電子マネー“WAON”や“SAPICA”なんかも利用することができ、“WAON”は電子マネーイオンブースにてチャージすることもできます!

ラーメンの提供について

それではチケットを購入したら、お目当てのブースに並びます!
今回はかなり暑かったということもあって、そこまで長い行列ではなかったものの…炎天下で待っているのはなかなか体力も削られていきますね。。

そして、今回のお目当てはこちら“京都背脂醤油”を提供している“セアブラノ神”です!!!

特徴としては…鶏と豚の旨味を利かせた清湯スープということで、後味すっきりとした醤油ならではのまろやかな味わいにたっぷりと使用された背脂によってコク深さがより一層際立った一杯のようで、この看板の雰囲気からしてもかなり期待できそうです!

そして、もう一店舗はこちらの“ラーメン龍の家(たつのや)”です!!
こちら福岡久留米の名店とのことで、“炙りとトロけるWチャーシュー豚骨”が提供されていました!

特徴としては豚骨発祥の久留米ということもあって、まろやかな豚骨の旨味がコク深く仕上がった味わいや、Wチャーシュー仕様といった具材なんかもまた気になりますね。。

そして、各店舗のブースに並んでいると…店員さんがひとりずつ注文を聞きに来てくれますので、トッピングが必要であればここで伝え、差額となる料金をお支払いしましょう。(確認後、控えとなる領収証を切り取ってくれるので受け取ります。)

ちなみに“セアブラノ神”では、ご覧の通り…

  • お出し香る京風味付け玉子
  • スペシャル盛り
  • 豪華全部のせデラックス盛り

といったトッピングが用意されているようでした!(今回はノーマルで注文。)

食べてみた感想(セアブラノ神)

そして、しばらくするとラーメンが出来上がるので、受け取って席へ運んでいきます!(※予め座る席を確保しておきましょう。)

すると…見るからにたっぷりと使用された粒の大きな背脂が印象的なんですが、それよりもスープ表面に浮かぶ油の層がしっかりと確認でき、鶏・豚の旨味を利かせた醤油ならではのキレとともに非常にバランスの良い仕上がりを思わせますね!

ちなみに、この“札幌ラーメンショー”で使用されている容器は当然使い捨てとなっていて、若干小さめにも見えるかもしれませんが…意外とそんなこともなく、800円分のボリューム感のある仕様となっています!(もう少し安くして数店舗を食べ比べてみたい気もしますが。。)

また、ここ“セアブラノ神”では背脂によるこってり感をうまく調和させるかのような“ねぎ”や“もやし”といった後味さっぱりと感じさせる具材がたっぷりと使用されているのもまた特徴のひとつと言え、味に締まりをプラスするかのような粗いペッパーなんかも印象的といったところ!

ではさっそく一口食べてみると…このたっぷりと使用された背脂から想像させるこってり感といった濃厚さはそこまでなく、“くどさ”といった油っこさはむしろ旨味の詰まったコク深い醤油スープにちょうど良くマッチしていますね!これは飽きの来ない一杯!!

麺について

麺は、ご覧の通り中太の丸みを帯びたつるっと滑らかでありながらも、しっかりとした強いコシが印象的な仕上がりとなり、さすがに京都のラーメン店ということもあって定かではありませんが…何やら“麺屋棣鄂(ていがく)”といった製麺所によるストレート麺のようですね!

そんな麺には、鶏・豚の旨味をベースにしたすっきりとした仕上がりながらも厚みのある醤油スープがよく絡み、一口ずつにほどよいこってり感やたっぷりと使用された背脂によるコク深い味わいが口いっぱいに広がっていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのチャーシューが入っていて、1枚のサイズはそこまで大きくはありませんが…これがしっかりと2枚入ったことでボリューム感としては申し分なく、非常に柔らかなトロトロ仕様の仕上がりとなり、口に入れるとホロホロと崩れていくのと同時に肉の旨味もじゅわっと滲み出てくる美味しい具材となっています!

というかこの柔らかさと、しっかりと閉じ込められた旨味は…非常に丁寧な処理・行程を想像させますね!脂身もほどよく含んだことでとろけるような旨味が堪能できます!

そのため、ご覧の通りスープをよく絡めて麺と一緒にいただいたみると…これまた肉の旨味や背脂によるコク深さが醤油スープの美味しさをより一層引き立て、満足感もかなり増して楽しむことができるでしょう!

また、こちらの“もやし”は、強火で水分をさっと飛ばした程度のシャキシャキとした食感が非常に心地良く感じられ、背脂の浮いたコクのある醤油スープにさっぱり感をプラスしているようです!

さらに、こちらの食感の良い新鮮さを感じさせる“ねぎ”がたっぷりと使用されていて、こちら九条ネギですかね?非常に食感の良い薬味となったことでちょうど良い口直しにもなり、コク深いスープを何度でも改めて楽しむことができるかと思われます!

そして、こちらのメンマは惜しげもなくサイズもかなり大きく、柔らかさとメンマならではの歯応えを兼ね備えた絶妙な仕上がりとなり、メンマならではの味付けは多少弱めということで素材本来の味わいを活かした具材となっているようですね!

スープについて

スープは、ご覧の通り粒の大きな背脂がたっぷりと使用されているため、多少“くどさ”を想像するかもしれませんが…これがまた意外と後味すっきりとした醤油ならではのキレのある口当たりにほどよいコク深さが引き立ち、スープ表面に浮かぶ油の層もまた全く油っこさを感じさせないクセになる味わいが表現されています!

また、この黒胡椒といった粗いペッパーなんかも味に締まりを加え、それによってスープ全体のバランスが調和されているとも言えるかもしれませんね!

ご覧のように、使用されている背脂の粒は非常に大きいんですが…これがまた意外と油っこさというよりもコク深さといった旨味を引き立てるには欠かせないものとなっていて、シャープな口当たりが心地良いスープにぴったりなんです!

そうこうしているうちに完食です!
旨味の詰まった醤油ならではのキレとコクをたっぷりと使用した背脂がコク深さを引き立て、さらにペッパーが味に締まりをプラスしたことで、飽きる要素はどこにもありませんね!美味いっ!!

食べてみた感想(ラーメン龍の家)

続いては、こちら福岡の名店“龍の家(たつのや)”の“炙りとトロけるWチャーシュー豚骨”となっていて、2019年で創業20年を迎えたという人気・実力ともに兼ね備えた豚骨専門店の一杯ですね!※玉子はトッピングしています。

このほどよく乳化した豚骨の旨味が凝縮された濃厚とも言えるスープが印象的ですね!
とは言っても…スープ自体はそこまで“とろみ”といった感じはなく、意外とあっさりと食べられてしまう後味の良さなんかも特徴的と言えるのかもしれません!

また、こちらの一杯には商品名である“炙りとトロけるWチャーシュー豚骨”の通り、炙ったチャーシューとトロトロなチャーシューといったWチャーシュー仕様となっていて、ことなる食感・風味のチャーシューが楽しめるわけですね!

では、こちらもさっそく一口食べてみると…そこまで豚骨の臭みがない上質な旨味とも言える美味しさが詰まったスープに仕上がっていて、マイルドでありながらもすっきりとした後味が絶妙なバランスとなって楽しめます!この豚骨スープもまた美味しいですね。。

麺について

麺はご覧の通り中太ストレート麺といった仕様となっていて、何やら自社で製麺所を持っているようで、こちらもまたこだわりの麺“金色麦龍麺”が強いコシと歯切れの良さが特徴的な美味い麺に仕上がっているようです!ちなみにかなり硬めの仕様となっていて、個人的に食感はかなり好印象といったところ!

そんな麺には、豚骨の旨味が凝縮された濃厚なスープがよく絡み、一口ずつに臭みのないマイルドな豚骨の旨味が口いっぱいに広がっていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの数枚使用された赤身を含んだチャーシューが入っていて、若干薄めにも見えるかもしれませんが、噛むとジューシーな旨味がとろけるような食感とともに滲み出てきます!

また、こちらの炙りチャーシューに関しては…もはや箸で持つ事すらままならないほどに柔らかな仕上がりとなっていて、想像通りの旨味や程よい香ばしさを兼ね備えた非常に美味しい具材となっています!

そして、こちらのキクラゲは思ったよりも豊富に使用されていて、コリコリとした食感がまた豚骨スープにもぴったりです!ここまで豚骨の旨味に際立った一杯なら具材として紅生姜なんかも欲しくなりますね。。

スープについて

スープは、ほどよい“とろみ”がある豚骨の旨味が凝縮されたスープとなり、臭みとしてはほぼないに等しく、非常に丁寧な処理を思わせる上質な旨味としてスープに溶け込んでいます!

そのため、最後まで飽きることもなく“龍の家”ならではの強いコクとまろやかな豚骨の風味を楽しむことができるのではないでしょうか?

他の食も楽しめる

また、この“札幌ラーメンショー”の会場となる8丁目では、出店されているラーメン店以外にもいくつかの出店があり、ご覧のように“牡蠣皿盛り4個入り(1,000円)”といった惹かれるメニューなんかも用意されているわけです!!

それが…ご覧の通り目の前でさっと火を通してくれて、プリッとした食感のちょうど良い蒸し加減となって仕上がるんです。。これは注文しちゃいますよね。。

それがこちら!(今回は若干小ぶりな牡蠣をひとつおまけしてくれました!!)
殻は軽く切れ目を入れてくれているので、すっと開くことができますが、これがなかなか熱々なので注意です!

すると…厚岸産のような特大サイズではないものの…クリーミーな牡蠣ならではの美味しさを外で楽しむといった醍醐味は格別ですね!この磯の風味がまたたまりません!

まとめ

今回「札幌ラーメンショー2019」へ行ってみて、第1幕・第2幕とでラーメン店が入れ替わり、ただでさえ全国各地の有名店といった様々なラーメンが楽しめるイベントなんですが、それに加えて他にも色々な出店があることで、ラーメン以外の食も楽しめる非常に満足度の高いイベントとなっていました!

そして、今回はじめて訪問してみて…うちでは恐らく毎年恒例のイベントとなることでしょう!!笑

このように…次はどんなラーメン店が出店するのか?と考えるのもまた“札幌ラーメンショー”の醍醐味でもあり、来年もまた色んなラーメン店と出会えることを楽しみにしたいと思います!

ということで、気になる方はぜひ訪れてみてくださいねー!それでは!

札幌ラーメンショー2019 イベント情報

札幌市中央区大通西8丁目(大通公園西8丁目)
地下鉄大通駅1番出口より徒歩5分・JR札幌駅より徒歩20分・地下鉄西11丁目駅4番出口より徒歩3分

第1幕:2019年5月14日~19日
第2幕:2019年5月21日~26日
営業時間:10:00〜21:00(5月26日は17:00まで)※雨天決行

夏の風物詩“さっぽろ大通ビアガーデン”については、こちらの記事もご覧ください!

さっぽろ大通ビアガーデン【2019】に行ってきました!短い暑い夏を楽しむ札幌の夏まつり!週末に天気も良かったということで札幌では恒例、今年で第66回目の開催となる“さっぽろ夏まつり”の協賛行事のひとつ「さっぽろ大通ビアガーデ...

また、秋の祭典“オータムフェスト”についての詳細はこちらもご覧ください!

さっぽろオータムフェスト【2019】に行ってきました!道内の旬の食材が集結する秋の祭典
さっぽろオータムフェスト【2019】に行ってきました!道内の旬の食材が集結する秋の祭典道内各地の旬の食材やご当地グルメが一堂に集結する食の祭典「さっぽろオータムフェスト2019」に行ってきました! 今年で開催12回目...