カップ麺

マルちゃん正麺 カップ 汁なし担々麺!花椒が利いた本格的な一杯

マルちゃん正麺 カップ 汁なし担々麺

マルちゃん正麺 カップ 汁なし担々麺」を食べてみました。(2019年4月1日発売・東洋水産)

この商品は、乾燥麺ながらも生麺のような食感が楽しめる“マルちゃん正麺”シリーズの新商品ということで、今回はなんと“正麺”登場以来初となる湯切りタイプの革新的カップ麺「汁なし担々麺」が登場です!

それも…チキンによって練り胡麻のコクが引き立った濃厚なスープに黒酢の酸味や花椒ならではの風味豊かな痺れる辛さを加えた刺激的な味わいが生麺のような食感の麺に香り高くマッチした一杯“マルちゃん正麺 カップ 汁なし担々麺”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通り、パッケージには「濃厚コク痺(しび)担々味“花椒仕立て”」と記載されているように、今回の商品は濃厚とも言える練り胡麻によるコクと花椒ならではの痺れる辛みが存分に楽しめる仕上がりのようで、“マルちゃん正麺”らしい生麺のような食感の弾力ある麺だけでなく、クオリティの高い味わいがしっかりと表現されているようです!

一方、こちらにはほどよい弾力と強いコシが表現された麺に、濃厚・コク深い旨みが詰まった刺激的なスープがしっかりと絡む仕上がりイメージなんかも掲載され、お湯を入れて湯切るだけで生麺さながらの麺がより一層美味しく引き立つ花椒の爽やかな風味なんかも伝わってきますね!

さらに、汁なし担々麺ならではの花椒による爽やかな香りが印象的なスープには、粗挽唐辛子やラー油も後押ししたことで風味豊かなビリビリと痺れる辛さに仕上がり、このような質の高い味わいと生麺のような食感が楽しめる一杯は、まさしく革新的な一杯と言えるのではないでしょうか?

実際に食べてみて…

チキンの旨味と練り胡麻から作り出された濃厚なスープには非常にコク深い味わいが表現され、汁なし担々麺ならではの花椒による痺れのすぐ後からは黒酢による酸味が絶妙なバランスとなり、まさに“マルちゃん正麺”らしいクオリティの高い仕上がりとなっていました!
これは特に、旨味と酸味がバランス良く溶け込んだ汁なし担々麺を生麺のような食感の麺とともに気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの“マルちゃん正麺”から登場した湯切りタイプで楽しむ革新的と呼ぶにふわさしい一杯「マルちゃん正麺 カップ 汁なし担々麺」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

マルちゃん正麺 カップ 汁なし担々麺

今回ご紹介するカップ麺は、生麺のような食感の麺でお馴染み“マルちゃん正麺”シリーズから登場した初の湯切りタイプで楽しむ一杯で、チキンを利かせた濃厚なスープには練り胡麻による旨味・コクがしっかりと表現され、さらに汁なし担々麺らしい花椒やラー油による痺れる辛みが濃厚な旨味に絶妙にマッチした一杯“マルちゃん正麺 カップ 汁なし担々麺”となっています。

ちなみに今回使用されている麺には、東洋水産お馴染みの独自製法“生麺ゆでてうまいまま製法”による弾力のあるもちっとした食感はもちろん、湯切りタイプ専用の麺として開発に2年もの歳月をかけたというだけあってカップ麺とは思えないほどの強いコシ、さらになめらかな食感に仕上がっているようです!

このように、今回の“マルちゃん正麺”はシリーズ初となる湯切りタイプのカップ麺ということで、このシリーズは生麺のような食感の麺だけでなくスープの美味しさにも定評ありますからね!この革新的な一杯には期待したいところ!

また、今回は湯切りタイプの2商品が登場ということで、先日ご紹介した“マルちゃん正麺 カップ 焼そば”も同時発売されています!

それでは、今回の“マルちゃん正麺 カップ 汁なし担々麺”がどれほど練り胡麻による濃厚な味わいに仕上がっているのか?花椒やラー油・唐辛子の痺れる辛さの具合や全体のバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り522kcalとなっております。(塩分は4.3g)

カロリーは、汁なしカップ麺ということもあってやや高めな数値のようですが、一方で塩分はかなり低めにも感じられる数値のようですね!
ちなみに1食132g、麺の量は90gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、植物油や香味油脂をはじめ…

  • 米黒酢
  • チキンエキス
  • ねりごま
  • 香辛料(花椒、唐辛子、にんにく)

といった、チキンの旨味が練り胡麻の旨味をコク深く引き立て、さらに汁なし担々麺ならではの花椒や唐辛子による痺れる辛みが黒酢の酸味や爽やかな風味とともに“正麺”らしいクオリティの高い生麺のような麺に美味しくマッチした仕上がりを想像させる材料が並びます。

JANコード 4901990362757
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、でん粉、食塩、こんにゃく、大豆食物繊維、植物性たん白、植物油脂)、添付調味料(植物油、香味油脂、米黒酢、チキンエキス、ねりごま、デキストリン、食塩、糖類、ごま、香辛料(花椒、唐辛子、にんにく)、酵母エキス)、かやく(チンゲン菜、味付挽肉)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、かんすい、炭酸カルシウム、カラメル色素、酒精、クチナシ色素、パプリカ色素、ベニコウジ色素、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (132g) 当たり]
熱量 522kcal
めん・かやく: 405kcal
スープ: 51kcal
たん白質 10.0g
脂質 19.9g
炭水化物 75.7g
食塩相当量 4.3g
ビタミンB1 0.31mg
ビタミンB2 0.35mg
カルシウム 251mg

引用元:マルちゃん正麺 カップ 汁なし担々麺 | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体スープ、粉末スープ、かやくといった3つの調味料などが入っています。

そして、麺はご覧の通りやや幅広の太麺といった仕様で、東洋水産独自製法による生麺のような弾力とコシ、そしてなめらかな食感を再現したと思われる麺が採用されています!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • チンゲン菜
  • 味付挽肉

が入っています。

具材には、汁なし担々麺として必要最低限といった内容となっているようですね!
シンプルですが、濃厚な汁なし担々麺としては十分ではないでしょうか?

続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺がふっくらと張りのある仕上がりとなり、見るからに弾力とコシがありそうな生麺のようにも見え、それによって思ったよりもしっかりとした食べ応えなんかもありそうな一杯…といった印象の出来上がりです。

そこに先ほどの液体スープを注いでいきます!
すると…ご覧の通りしっかりとした辛みを思わせる赤みを帯びた濃厚なスープとなっていて、思ったよりさらっとしたスープではありましたが、麺を冷まさないためにも念のため調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

さらに粉末スープも加えていきます!
こちらには花椒が含まれているようで、これによって花椒の痺れを思わせる爽やかな風味が一気に広がっていきます!…これは思っている以上に花椒が強めに利いているのかもしれません。。

すると…かなり多めにも感じられる粉末・液体それぞれのスープからは味濃く存在感のある味わいを想像させ、旨味・風味ともに満足度の高い濃厚な汁なし担々麺が表現されているものと思われます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
粉末スープが若干の混ぜにくさを感じさせますが…ご覧の通り液体スープの方も量が多めとなっているため、すんなりと生麺のような食感を表現した太麺にも馴染んでいきます!

そして、スープが全体に馴染むと…スープが多めということもあって、“マルちゃん正麺”らし生麺のような麺に隅々まで濃厚な味わいがコーティングされ、余すことなく練り胡麻によるコク深い旨みと花椒による心地良い痺れが楽しめるクオリティの高い一杯に仕上がっていますね!この辺りはさすが“マルちゃん正麺”といったところ!

そして何よりこの風味が良いですね!花椒独特の爽やかな香りはもちろん、練り胡麻によるコク深い旨みを思わせる食欲そそる風味が漂い、食べる前から早くも濃厚かつ刺激的な味わいに仕上がっていることを期待させます!

また、このような濃厚な汁なし担々麺が“正麺”シリーズから登場すること自体革新的と言えるわけですが、湯切りタイプ専用の生麺のような麺に加え、ここまでクオリティの高いソースが表現されているとは…ちょっと期待以上の仕上がりではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…おっ!口当たりには練り胡麻の濃厚さに際立った旨味・コクが押し寄せてくるわけですが、“くどさ”といったまったり感なども一切なく、ちょうど良い辛みがむしろキレの良い味わいを表現しているようです!

また、原材料に記載されていた“にんにく”は、そこまで臭みもなく旨味として溶け込んでいるようで、チキンを利かせた練り胡麻のコク深い味わいをより一層美味しく引き立てているようですね!

そして…気になる花椒やラー油・唐辛子による痺れ・辛みについては、辛さというよりも痺れがやや強めです!花椒ならではのビリビリとした痺れに加え、後味には黒酢による酸味が口に残り、この辺りが若干賛否ありそうな気もしないでもないですが…汁なし担々麺らしい刺激的なアクセントが旨味溢れるスープにしっかりと加えられています!

麺について

麺は、ご覧の通りやや幅広な太麺ということで、よーく見てみると角刃でしょうか?独自製法による生麺のような弾力と強いコシが表現された麺には、心地良い歯切れなんかも楽しむことができるようです!

また、この麺は湯切りタイプ専用の麺を開発しただけあって、強い弾力やもちもちとした食感が生麺らしさを感じさせるわけですが、しっかりとしたコシなんかも楽しめる非常にリアルな麺に仕上がっているようですね!これはかなり満足度も高いのではないでしょうか?

そんな太麺には、チキンを利かせた濃厚な練り胡麻のコクが引き立った濃厚なスープがよく絡み、一口ずつに“くどさ”のない濃厚な味わいが口いっぱいに広がっていき、そのすぐ後からは花椒による痺れと風味、さらには黒酢の酸味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付挽肉が入っていて、こういった挽肉は汁なし担々麺ならではの濃厚なスープには欠かせない旨味を引き立てる具材としても非常に相性良く、今回の濃厚なスープもしっかりと絡んでいるため、噛むと肉の旨味も一緒に滲み出てくる美味しい具材となっています!

また、こちらのチンゲン菜は、やや小ぶりではありますが…素材本来の味わいなんかもしっかりと表現されていて、さらにほどよいシャキシャキとした食感があり、これによって今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

そして、これら具材を濃厚なスープが絡む麺と一緒に食べてみると…練り胡麻の旨味が挽肉によってさらに美味しく引き立ち、チンゲン菜の食感や味わいが同時に楽しめることで、濃厚さがさらに際立った汁なし担々麺を味わいことができます!

スープについて

スープは、汁なし担々麺らしく練り胡麻の濃厚なコクがチキンによって引き立ち、そこに唐辛子や花椒によるキレのある口当たりが表現されたことで変な“くどさ”といった感じも一切なく、むしろ後味すっきりとした心地良さが印象的といった仕上がりとなっています!

そして、何より花椒による痺れる辛みがやや強めということもあって、この旨味と酸味がバランス良く表現された濃厚な味わいがちょうど良くも感じられます!

また、練り胡麻だけでなく、さりげなく散りばめられた“ごま”が相性良くほんのりと香ばしさなんかもプラスしているようですね!

今回の“マルちゃん正麺”初となる湯切りタイプのカップ麺として登場した“汁なし担々麺”は、非常に濃厚な仕上がりということもあって、そのままでも十分コク深い刺激的な味わいを楽しむことができるかと思われますが、辛さ自体はそこまで強くはなかったので、お好みによって唐辛子を追加してみても良いかもしれません!

まとめ

今回「マルちゃん正麺 カップ 汁なし担々麺」を食べてみて、ベースとなるスープにはチキンや練り胡麻による濃厚な味わいが表現され、そこに花椒やラー油による痺れる辛さが刺激的なアクセントとなって香り高く仕上がっていました!

このように、濃厚な旨味に加え刺激的な辛み・痺れが生麺のような食感の麺とともに楽しめる湯切りタイプの革新的な一杯は、“マルちゃん正麺”らしいクオリティの高さということもあって今後の商品展開なんかも期待できるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です