マルちゃん正麺

マルちゃん正麺 カップ 台湾まぜそば!甘辛い名古屋名物の味わいを再現した濃厚な一杯

マルちゃん正麺 カップ 台湾まぜそば

マルちゃん正麺 カップ 台湾まぜそば」を食べてみました。(2020年6月15日発売・東洋水産)

この商品は、“「いま抜群においしく、そして10年後20年後も古びることなく愛され続ける即席麺」”をコンセプトとした本格感のある麺で定評のある“マルちゃん正麺”シリーズの新商品ということで、今回は名古屋発祥のご当地ラーメン“台湾まぜそば”の味わいを表現した濃厚な汁なしタイプの一杯が登場です!

それも…甘辛い醤油ベースのタレに“台湾まぜそば”らしい花椒のピリッとした辛みを加え、さらに魚介を利かせたことで濃厚な味わいに深みが際立ち、シリーズならではの“生麺ゆでてうまいまま製法”によって、まるで生麺の食感を思わせるもっちりとした太麺に旨味が凝縮されたタレがしっかりと絡む食べ応え抜群な一杯、“マルちゃん正麺 カップ 台湾まぜそば”となっております。(税抜き225円)

ご覧の通り、パッケージには「名古屋ご当地の味 やみつき甘辛だれ “魚介&花椒仕立て”」と記載されているように、今回“マルちゃん正麺”が再現した“台湾まぜそば”には…濃厚な醤油ベースのタレに魚介の旨味はもちろん、花椒によって痺れる辛みを利かせたことで本格感のある味わいを表現しているようで、実際にはお好みの具材をトッピングして思い切り混ぜていただくとより美味しく楽しめるので、事前に“おろしにんにく”や卵などを用意しておいても良いかもしれませんね!

一方こちらには、見るからに動物系・魚介系の旨味が凝縮された濃厚ダレがもっちりとした太麺にしっかりと絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…チンゲン菜・味付豚肉・にらが使用されているようです!若干“味付豚肉”の量は少なめにも見えますが、“台湾まぜそば”には欠かせない“台湾ミンチ”をうまく表現しているようにも見えます!

また、今回の“台湾まぜそば”は、汁なしタイプとなっているため、ご覧の通り“湯切り口”が搭載されているので、湯切り忘れには注意です。(若干デザインに馴染んでいてわかりにくいかもしれませんが…)

他にも特徴として…麺は東洋水産ではもはやお馴染みとなった“生麺ゆでてうまいまま製法”によって本格感のある生麺のような食感を再現、もっちり感や生麺特有の粘りや弾力のある強いコシなどが心地良く、それによって“台湾まぜそば”の味わいを再現した旨味・香辛料をたっぷりと加えた醤油ベースの濃厚なタレが絶妙にマッチし、インパクトのある一杯が最後までたっぷりと楽しめるというわけです!
※容器や公式ページには“生麺ゆでてうまいまま製法”の記載がありませんが、今回も同様の仕様となっています。

実際に食べてみて…

醤油ベースの濃厚なタレは申し分のないほど動物系・魚介系の旨味が凝縮されており、さらに花椒による刺激的な辛さが想像以上にしっかりと利いたことで、ガツンとした味わいに仕上がり、もう少しタレが多めに使用されていれば残ったところに追い飯をしたかったところではありましたが…途中で加える別途用意した卵を加えることでまろやかな旨味が際立ち、最後まで満足度の高い美味しさが堪能できるシリーズらしいクオリティの高い一杯となっていました!
これは特に、辛みの利いた“台湾まぜそば”が好みの方はもちろん、動物系・魚介系の旨味を醤油ベースの濃厚なタレにバランス良く合わせ、さらに花椒を加えた刺激的な味わいをたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は名古屋名物“台湾まぜそば”の味わいを“マルちゃん正麺”として再現した旨味溢れる濃厚な一杯、「マルちゃん正麺 カップ 台湾まぜそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

マルちゃん正麺 カップ 台湾まぜそば

今回ご紹介するカップ麺は、まるで生麺のような食感で定評のある“マルちゃん正麺”の新商品ということで、名古屋のご当地ラーメン・名古屋飯などで知られる“台湾まぜそば”の味わいを“マルちゃん正麺”が再現したもので、動物系と魚介系の旨味をバランス良く融合させた濃厚感のある醤油ベースのタレに花椒による刺激的な辛みを加え、風味豊かでガツンとした味わいが気軽に楽しめる満足度の高い一杯、“マルちゃん正麺 カップ 台湾まぜそば”となっています。

この“台湾まぜそば”と言えば…濃いめの醤油ダレが容器底にあり、ピリッとした辛みが印象的な“台湾ミンチ”やチンゲン菜、ニラや魚粉など…お好みのトッピングを思い切り混ぜていただくのが醍醐味ですので、事前に追加したい具材を用意しておいても良いでしょう!(“にんにく”や卵なんかも合いますよ!)

マルちゃん正麺 カップ 台湾まぜそば パッケージ

ちなみに、現在“マルちゃん正麺”のラインアップとしては、以下のように今回の“台湾まぜそば”を含め計11品となっています!(うち湯切りタイプは4商品)

中でも“マルちゃん正麺 カップ”シリーズは、2019年4月1日から新たに湯切りタイプといった新たな商品展開を行うことで、さらに幅広いジャンルのテイストがラインアップに並んでいます!今回も“台湾まぜそば”ということで、特に最近は汁なしタイプに力を入れているようにも感じられますね!
※これまでも様々な“マルちゃん正麺”シリーズをご紹介してきましたので、ぜひ下記のページもご覧ください!

個人的に“マルちゃん正麺 カップ 油そば”はレギュラー化すると思ったんですけどね…ラインアップからは外されてしまっているようです。。

参考:「マルちゃん正麺」シリーズ一覧

それでは、今回の“マルちゃん正麺 カップ 台湾まぜそば”がどれほど動物系・魚介系の旨味が凝縮された仕上がりとなっているのか?“台湾ミンチ”を思わせる味付豚肉や刺激的な痺れる辛さとの兼ね合いはもちろん、東洋水産が誇る“生麺ゆでてうまいまま製法”によるもっちりとした食感など本格感のある生麺のような太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り451kcalとなっております。(塩分は4.2g)

カロリーは、汁なしカップ麺で濃厚な仕上がりの割にそこまで高い数値ではないようで、塩分も同じくやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり124g、麺の量は90gとのこと。

確か…今回採用されている“生麺ゆでてうまいまま製法”は、湯切りタイプ専用の麺として開発されているのはもちろん、ノンフライ麺とはまた若干製法が異なるため、この辺りによってカロリーが若干抑えられているのかもしれませんね!

原材料について

では原材料も見てみます。

タレには、“しょうゆ”や香味油脂をはじめ…

  • 植物油
  • チキンエキス
  • 香辛料
  • 粉末かつおぶし
  • 粉末煮干し

といった、動物系の旨味に魚粉をたっぷりと使用した“台湾まぜそば”特有の味わいをベースに刺激的な花椒を加えたことによってキリッとした口当たりとやみつきになる辛みがバランス良くマッチした濃厚な味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…でん粉や“こんにゃく”、大豆食物繊維といったもっちりとした生麺を思わせる材料なんかもしっかりと確認できます!

JANコード4901990366106
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、でん粉、食塩、こんにゃく、大豆食物繊維、植物性たん白、植物油脂)、添付調味料(しょうゆ、香味油脂、植物油、チキンエキス、香辛料、砂糖、デキストリン、粉末かつおぶし、粉末煮干し)、かやく(チンゲン菜、味付豚肉、にら)/加工でん粉、かんすい、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、レシチン、酒精、炭酸カルシウム、酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE、ローズマリー抽出物)、香辛料抽出物、クチナシ色素、パプリカ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (124g) 当たり]
熱量451kcal
たんぱく質12.3g
脂質11.0g
炭水化物75.8g
食塩相当量4.2g
ビタミンB10.53mg
ビタミンB20.56mg
カルシウム186mg

引用元:マルちゃん正麺 カップ 台湾まぜそば | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体スープ、かやく、粉末スープといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、今回は液体・粉末のWスープ仕様のようで、特に液体スープは割とドロッとした状態で量も多かったので、調理中にフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通り汁なし麺専用として別途開発された“生麺ゆでてうまいまま製法”を用いて作られたシリーズらしい本格感のある粘りや滑らかさ、そして弾力や噛み応えのあるコシなどを併せ持つ仕様となっています!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • チンゲン菜
  • 味付豚肉
  • ニラ

が入っています。

“台湾まぜそば”と言えば…“にんにく”や辛さを加えた“台湾ミンチ”が欠かせないんですが、今回はこの割とサイズの大きな味付豚肉でそういった雰囲気を演出しているようにも感じられますね!(ちょっと数的に物足りなさは感じますが…)

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:600ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺にもっちりとした弾力や生麺らしい粘りが加わり、見るからに本格感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…しっかりと温めておいたおかげでさらっとした状態ではありますが、旨味が凝縮されているのか?非常に濃い目のタレとなっていて、赤みを帯びた油分なんかも含まれているように見えます!

そして量もやや多く、すぐに容器底へと沈んでいくわけですが、風味としては魚粉が含まれていないため、まだ“台湾まぜそば”らしい仕上がりではありません!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りこのタレは多く使用されていて、ほどよいラー油のような油分なんかも含まれているようでしたので、すんなりと太麺にも馴染んでいきます!

そして液体スープが全体に馴染んだら、続いて粉末スープを加えていきます!
こちらには鰹節・煮干しなどの粉末が含まれているようで、動物系・魚介系を合わせた“台湾まぜそば”らしい食欲そそる風味が一気に広がっていきます!

そして、こちらもまた量が割と多く、中には花椒なんかも含まれているのでしょうか?ふんわりと爽やか・華やかな香りなんかも感じられますね!

そしてしっかりと混ぜ合わせて完成となります!
ご覧の通り、見るからに濃厚な“台湾まぜそば”となっていますが、若干トッピングに関しては物足りなさを感じさせますので、お好みによってはニラや卵、“ねぎ”なんかを加えてい見ても良いかもしれません!

ただ、今回の“台湾まぜそば”に関しては2パック仕様のタレですから…かなり濃厚な仕上がりにも感じられ、旨味が凝縮されたパンチのある味わいがたっぷりと楽しめるのは間違いないでしょう!

食べてみた感想

一口食べてみると…動物系・魚介系の旨味が凝縮されているため、濃厚でありながらも非常に美味しさが際立っていて、花椒による痺れる辛さは思っていたよりも強く、そこまでビリビリとした痺れではありませんが、心地良い辛さが濃厚なタレとうまく調和し、文字通り甘辛くメリハリの付いた仕上がりとなっています!

ただ、個人的には魚粉が完全にタレとして馴染んでしまっているので、節感がないというか…口の中でざらつきなどが一切なく、良い意味での荒々しさがないようにも感じられますね!“台湾まぜそば”というとそういった魚粉の旨味なんかも良いアクセントになっていますから、タレに馴染まない仕様であればもっと臨場感高く再現されていたようにも感じられます!

それと気になるのは“台湾ミンチ”で、大きめなサイズの味付豚肉がゴロゴロとはいっているんですが、こちらももっと小さめにして旨味・辛みを際立たせていれば…と思ったものの、今回の“台湾まぜそば”に関して言えば、敢えてそこまでは考慮していないのかもしれません。。しかしタレの方はしっかりと旨味が再現されているので、物足りなさといった印象は全くありませんね!

麺について

麺は、ご覧の通り“生麺ゆでてうまいまま製法”による本格感のある生麺のような食感が再現され、もっちりとした弾力はもちろん、噛み応えのある強いコシがあり、しっかりと食欲を満たしてくれます!

ちなみにこの“マルちゃん正麺”の麺は、各種フレーバーによって“麺線(麺の幅)”と“麺厚(麺の奥行き・厚み)”と呼ばれる仕様を若干変えているとのことで、今回は厚みのあるしっかりとした食べ応えを表現しているようにも感じられますね!

そんな太麺には、動物系・魚介系の旨味がたっぷりと凝縮され、さらに花椒によるピリッとした辛みがちょうど良いアクセントとなった濃厚なタレがよく絡み、一口ずつに甘辛く満足度の高い濃いめの味わいが口いっぱいに広がっていき、花椒ならではの爽やかな風味がほんのりと後味良く抜けていきます!
※花椒仕立てとは言ってもそこまでビリビリとした痺れはありません。

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、使用されている数は若干少ないものの…サイズはしっかりと肉の旨味が感じられるほど大きく、じっくりと味わってみると、ホロホロと崩れていくような柔らかな仕上がりで、それと同時に味付けされた肉の旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい具材となっていましたので、今回の太麺と一緒に絡めていただくとより一層旨味が際立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらのチンゲン菜は、大きめにカットされているため、シャキシャキとした食感が心地良く、素材本来の味わいなんかもしっかりと感じ取れる具材となっています!

ただ…チンゲン菜は、“台湾まぜそば”の代表的な具材ではありませんので、この辺りは“マルちゃん正麺”シリーズらしさを感じますね!

さらに、こちらのニラは若干小さくカットされていて、食欲そそる味わいもそこまで強くは感じられませんでしたので、本格的な“台湾まぜそば”として楽しむには、別途用意して追加した方が良さそうです!

また、“台湾まぜそば”と言えば…“にんにく”なんかもたっぷりと使用されていますので、“おろしにんにく”で代用してみても良いかもしれません!

タレについて

タレは、先ほどもお伝えした通り甘辛い醤油をベースに動物系・魚介系の旨味を凝縮したことで、濃厚な味わいを表現、さらに花椒を加えたことによって刺激的な辛さが加わり、濃厚でありながらもメリハリの利いた最後まで飽きの来ないパンチの強い仕上がりとなっています!

そして気になる辛さの強さに関してですが、思っていたよりもしっかりとした本格的辛さが表現されてはいますが、心地良いアクセントとなる程度で、強烈な辛さとうわけではなく、“花椒仕立て”と記載されていたようなビリビリとした痺れもそこまでありません。

そのため、甘辛く旨味が凝縮された濃厚なタレとこのアクセントとなる辛さがうまく調和されたことによって“くどさ”といった印象も全くなく、まさにガツンとした味わいが楽しめるでしょう!

ではここに“台湾まぜそば”には欠かせない具材のひとつ卵を加えてみます!
これがまた合うんですよね!!

すると…卵特有のまろやかな旨味が加わり、甘辛く濃厚なタレがさらに美味しさが際立ち、やみつきな“台湾まぜそば”へと早変わりします!これおすすめです!

このように、今回の“マルちゃん正麺 カップ 台湾まぜそば”は、甘辛い醤油ベースの濃厚なタレに動物系・魚介系の旨味をたっぷりと詰め込み、さらに花椒によるピリッとした辛みが心地良いアクセントをプラスし、本格感のある生麺のような食感の太麺とともに“台湾まぜそば”ならではのインパクトのある味わいに仕上がっていたため、お好みによっては今回のように卵の他にニラや“にんにく”、“ねぎ”などをたっぷりと加えて旨味を際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「マルちゃん正麺 カップ 台湾まぜそば」を食べてみて、甘辛い“台湾まぜそば”特有の味わいはうまく表現されてはいたものの…やはり“台湾ミンチ”や口の中でざらつきを感じさせるような魚粉、“にんにく”の旨味など各種具材に関して若干の物足りなさを感じましたが、動物系・魚介系の旨味を凝縮した満足度の高い濃厚なタレを“マルちゃん正麺”として再現した旨味溢れる一杯となっていました!

このように“台湾まぜそば”は、自分好みの具材を追加トッピングして思い切り混ぜて食べる醍醐味がありますので、卵・“にんにく”だけでも加えてみるとさらに美味しさが増して楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!