東洋水産

マルちゃん正麺 カップ 焼そば!コクとスパイシーさがクセになる香ばしく濃厚な一杯

マルちゃん正麺 カップ 焼そば
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

マルちゃん正麺 カップ 焼そば」を食べてみました。(2024年3月4日発売・東洋水産

このカップ麺は、“「いま抜群においしく、そして10年後20年後も古びることなく愛され続ける即席麺」”をコンセプトとした本格感のある麺で定評のある“マルちゃん正麺”シリーズの新商品ということで、今回はポークの旨味とトマトケチャップをブレンドした濃厚感とスパイス感がクセになる濃厚な焼そばソースに仕上げ、そこにシリーズならではの生麺のような中太ノンフライ麺と絶妙にマッチした一杯、“マルちゃん正麺 カップ 焼そば”となっております。(値段:税別258円)

ご覧の通り、パッケージには“もちもち生麺食感!濃厚こくソース!”と記載され、その背景には…ポークやトマトケチャップを合わせた濃厚でスパイシーな焼そばソースが“生麺ゆでてうまいまま製法”による本格的な麺や各種具材に絡む仕上がりイメージが掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ・紅生姜揚玉・アオサ揚玉・マヨネーズ風味揚玉が使用されているようです!

そしてその特徴としては、ポークの旨味とトマトケチャップをブレンドし、コクとスパイス感のある“ソース焼そば”をカップ麺にうまく再現、下記の通り具材に使用された紅生姜揚玉・アオサ揚玉・マヨネーズ風味揚玉といった3種の揚げ玉が香ばしさや“焼そば”と相性の良い旨味をプラス、王道とも言える香ばしい焼そばソースに本格感のあるもっちりとした中太麺が食欲を満たすクオリティの高い一杯となっています!

ちなみに、この“マルちゃん正麺”の湯切りタイプのカップ麺としては…“マルちゃん正麺 カップ 焼そば”と“マルちゃん正麺 カップ 汁なし担々麺”が2019年4月1日発売に同時発売にして初登場し、続いてマルちゃん正麺 カップ 油そばが同年6月17日に登場、以来様々な汁なしのフレーバーが登場し、“マルちゃん正麺”ならではのもっちりとした生麺を思わせる食感をうまく活かしたことによってこれまでの概念を覆すテイストを表現、麺だけでなくソースの美味しさにも拘った味わいは臨場感溢れる本格的な仕上がりですので今回の一杯にも期待したいところ!
※この“マルちゃん正麺 カップ 焼そば”はこれまでも度々リニューアル発売されています!

他にも特徴として…東洋水産お馴染みの“生麺ゆでてうまいまま製法”による湯切りタイプ専用の麺を採用したことで、乾燥麺でありながらも専門店のようなつるっと滑らかな食感を再現し、ほどよい弾力とコシがしっかりとした食べ応えを感じさせ、それによってコクとスパイシーな焼そばソースとともに香ばしい味わいが最後までじっくりと楽しめる一杯というわけです!

実際に食べてみて…

ポークとトマトケチャップをブレンドした旨味溢れる濃厚な焼そばソースに仕上がり、鉄板焼きしたかのような香ばしさが食欲を掻き立て、コク深くもスパイス感が全体をうまく調和したことによって最後まで飽きることもなく、具材に使用された3種の揚げ玉がサクサク食感と風味を引き立て、“マルちゃん正麺”ならではの食感滑らかな中太麺とともに満足度の高い“ソース焼そば”がガツンと楽しめる調理感のある一品となっていました!

ゆうき
ゆうき
では、今回は2024年3月4日に東洋水産株式会社から発売された「マルちゃん正麺 カップ 焼そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

マルちゃん正麺 カップ 焼そば

今回ご紹介するカップ麺は、まるで生麺のような食感で定評のある“マルちゃん正麺”シリーズの新商品ということで、ポークやトマトケチャップをブレンドした濃厚な焼そばソースに仕上げ、王道ながらも濃厚で旨味溢れるスパイシーな味わいに際立ち、生麺風・お店さながらのもっちりとした中太麺に絡むことで臨場感の高いテイストがボリューム感たっぷりと楽しめる風味豊かな一杯、“マルちゃん正麺 カップ 焼そば”となっています。
※売っている場所:今回はファミリーマートで購入

ちなみに2024年3月現在、“マルちゃん正麺”のラインアップとしては、以下のように計6品となっていて、今回の“焼そば”のリニューアルに加え“たらこ味焼そば”が同時発売されています!(うち湯切りタイプは2商品)

中でも“マルちゃん正麺 カップ”シリーズは、2019年4月1日から湯切りタイプといった新たな商品展開を行うことで、さらに幅広いジャンルのテイストがラインアップに並んでいます!今回はその中でも通年扱いのリニューアル商品であり、特に汁なしタイプにも力を入れているようにも感じられますね!(最近で言うと…“マルちゃん正麺 カップ 汁なし芳醇こく醤油”や“マルちゃん正麺 カップ ごま油香る鶏だれ冷し”といったフレーバーが登場しています。)

また、これまでも様々な“マルちゃん正麺”シリーズをご紹介してきましたので、ぜひ下記のページもご覧ください!

参考:「マルちゃん正麺」シリーズ一覧

それでは、今回の“マルちゃん正麺 カップ 焼そば”がどれほどポークの旨味やトマトケチャップをブレンドした濃厚な焼そばソースに仕上がっているのか?コクだけでなくスパイシーな後味の良さ、調理感のある香ばしさとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても“マルちゃん正麺”ならではの生麺のような食感に仕上がった弾力のある麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り469kcalとなっております。(塩分は4.2g)

カロリーは、濃厚なカップ焼そば(汁なしカップ麺)の割に思っていたよりも高い数値ではないようで、塩分も同じく低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり126g、麺の量は90gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、ソースや植物油をはじめ…

  • ポークエキス
  • 豚脂
  • トマトケチャップ
  • りんご酢
  • 食塩
  • 香辛料

といった、ポークとトマトケチャップをブレンドしたシンプルながらも王道で濃厚な焼そばソースに仕上げ、コクとスパイシーさがクセになる飽きの来ない味わいが際立ち、香ばしい風味が食欲を掻き立て、食べ応えのあるもっちりとした中太麺にもぴったりな味わいを想像させる材料が並びます。
※製造工場:東洋水産株式会社 関東工場(群馬県)

また、麺の項目を見てみると…でん粉や“こんにゃく”といった生麺さながらの食感を思わせる材料なんかも確認できます!この“生麺ゆでてうまいまま製法”による食感がまた良いんですよね!

JANコード4901990377362
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、でん粉、食塩、植物性たん白、こんにゃく、植物油脂、乳糖、大豆食物繊維)、添付調味料(ソース、植物油、砂糖、ポークエキス、豚脂、トマトケチャップ、りんご酢、酵母エキス、食塩、香辛料、たん白加水分解物)、かやく(キャベツ、紅しょうが揚玉、あおさ揚玉、マヨネーズ風味揚玉)/加工でん粉、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、かんすい、酒精、炭酸カルシウム、レシチン、香料、クチナシ色素、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、アカダイコン色素、ベニコウジ色素、カロチン色素、香辛料抽出物、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・もも・りんご・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (126g) 当たり]
熱量469kcal
たんぱく質8.9g
脂質12.9g
炭水化物79.4g
食塩相当量4.2g
ビタミンB10.49mg
ビタミンB20.43mg
カルシウム202mg

引用元:マルちゃん正麺 カップ 焼そば | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、あとのせかやく、液体ソースといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に液体ソースはポークやトマトケチャップをブレンドした若干“とろみ”の付いた状態で量も多めでしたので、調理中はフタの上で軽く温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通り東洋水産お馴染みの独自技術である“生麺ゆでてうまいまま製法”によって、まるで生麺のような滑らかな食感、そしてほどよいコシが表現されているようで、ポークの旨味にケチャップをブレンドしたコク深くスパイシーな焼そばソースとも馴染みが良さそうです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。
そして、かやくには…シンプルにキャベツのみが入っています!
初期の頃はフリーズドライ製法による5種類(キャベツ・玉ねぎ・小松菜・ねぎ・人参)の野菜が使用されていたんですが、この辺りに関しては若干物足りなさを感じさせます…

続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:600ml)
その後しっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に独自製法の中太麺にはほどよい弾力や強いコシが加わり、まだ別添されている液体ソースや“あとのせかやく”を加える前の状態ではありますが…ポークの旨味にトマトケチャップをブレンドした濃厚な焼そばソースにコクとスパイシーさが際立ち、調理感のある香ばしさが食欲を掻き立てる専門店さながらの一杯…といった印象の出来上がりです。

さらに先ほどの液体ソースを注いでいきます!
すると…こちらにはポークの旨味とトマトケチャップをブレンドしたことで、見るからに濃厚な焼そばソースがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!そして風味としては調理感のある香ばしさやスパイス感が印象的で、幾度となく改良を重ねたことによって本格的な味わいがじっくりと楽しめそうです!

ではよーくかき混ぜていきましょう!
そしてソースが全体に馴染んだら最後に“あとのせかやく”を加えて完成となります!
ただ…やはり具材に関しては初期に使用されていたFD製法の野菜よりもかなりチープに見えますね!その分、麺とソースに重きを置いているんでしょうけど、個人的には味付豚肉・キャベツ・アオサ・紅生姜といった定番の具材・“ふりかけ”で十分だったような気がします!

とは言え、濃厚なソースにはポークやトマトケチャップをブレンドしたことで本格的な味わいが表現され、調理感のある香ばしさを利かせた焼そばソースは王道とも言うべく仕様のようで、そもそも正麺シリーズの汁なしカップ麺として初登場から今もなおレギュラー商品として取り扱いされているだけあって安定感があり、素材の旨味を存分に活かしたクセになる味わいが楽しめることに間違いありません!

さらに、濃厚な“ソース焼そば”ですから、マヨネーズや各種香辛料なんかも相性良くマッチすると思われますので、ちょっとした味変用に予めお好みの調味料などを用意しておいても良いかもしれません!もちろんデフォルトでも十分満足度の高い美味しさが味わえるので、幅広い層に好まれる一杯と言えるでしょう!

食べてみた感想

一口食べてみると…ポークの旨味にトマトケチャップをブレンドした甘辛く濃厚な焼そばソースが表現されていて、コク深さとスパイシーさがバランス良く調和され、良い意味でこってりとしているものの全く飽きが来ません!そしてソースの構成は非常にシンプルななですが、素材の旨味を存分に活かしたことでちょうど良いメリハリが付き、贅沢仕様とも言える本格的な仕上がりとなっています!

やはり“マルちゃん正麺”シリーズは他のカップ麺よりもひと味違うというか…ワンランク上の味わいに感じられますね!特に今回のテイストは“ソース焼そば”といった定番のフレーバーなんですが、濃厚感とスパイス感など全体のバランスが非常に良く、なんと言っても“生麺ゆでてうまいまま製法”によるもっちりとした中太麺が採用されていますから、満足度・安定感がまるで違うようです!

それによって正直…麺とソースだけでも十分楽しめるフレーバーであり、具材のキャベツは良いんですが、3種類の揚げ玉がちょっと頼りなく感じますね!この仕上がりで税別258円なので、揚げ玉ではなく“ふりかけ”で紅生姜やアオサなどを加える程度でも十分だったような気がします!この揚げ玉のせいで逆にチープに感じられ、旨味・風味としてもそこまで期待できませんから、また今後のリニューアルに期待したいところ!

麺について

麺は、ご覧の通り東洋水産独自技術の“生麺ゆでてうまいまま製法”による生麺のような滑らかで弾力のある食感や、ほどよいコシが表現された仕上がりとなっていて、麺量90gによってボリューム感に関しても申し分ありません!

そんな麺には、ポークの旨味にケチャップをブレンドしたコク深くスパイシーな焼そばソースがよく絡み、濃厚な旨味や焼そばソース特有のほんのりとした酸味、そして甘辛い味わいなどが口いっぱいに広がっていき、調理感のある香ばしさが後味よく抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのキャベツが入っていて、ほどよいサイズにカットされた茹で野菜のような食感で、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

また、こちらの3種類の揚げ玉(紅生姜揚玉・アオサ揚玉・マヨネーズ風味揚玉)は、良く言えば色鮮やな具材でサクサクとした食感と香ばしさをプラスしているものの、それぞれの特徴が味としてしっかりと感じられるものではないため、この辺りに関しては別で紅生姜やアオサ、マヨネーズなどを加えた方がより臨場感も高く楽しめるかと思われます!

ソースについて

ソースは、ポークの旨味にトマトケチャップをブレンドし、各種香辛料を合わせたことによってコク深くも後味の良いスパイシーなメリハリが心地良く、見た通りこってりとしているんですが、脂っこさを感じさせる“くどさ”は一切なく、むしろ豚脂なども使用されたことで最後まで麺がパサつくこともありませんし、調理感のある香ばしさが食欲を掻き立てていきます!

そして、焼そばソースならではのほんのりとした酸味なんかもちょうど良いアクセントとなり、本格的な味わいをカップ麺として再現、“ソース焼そば”のカップ麺としてもトップレベルの仕上がりと言え、ここに紅生姜やアオサ、鰹節を加えると完成度の高い“焼そば”が味わえるのではないでしょうか?(希に極太麺のカップ麺が登場しますが…やはり“焼そば”はこういった麺の方が合いますね。)

また、初期の頃は液体・粉末のWパック仕様だったんですが、現在は液体ソースのみにしたことでちょうど良いコク・オイリー感が際立ち、ついつい箸が止まらなくなります!強いて言うなら…という点が見つからないほどソースの仕上がりは非常に良く、濃厚で甘辛でスパイシーといった味わいは幅広い層に好まれることに間違いありません!

まとめ

今回「マルちゃん正麺 カップ 焼そば」を食べてみて、麺の仕上がりに定評のある“マルちゃん正麺”で初となる汁なしカップ麺に改良を加えた一杯は…ポークの旨味にトマトケチャップをブレンドした濃厚でスパイシーな焼そばソースに仕上がり、コク深くも後味の良さが印象的で、なんと言っても東洋水産の独自技術である“生麺ゆでてうまいまま製法”による滑らかな食感や生麺さながらの弾力が表現された中太麺が食欲をしっかりと満たす満足度の高い一杯となっていました!

ただ、麺とソースの仕上がりは想像以上に良かったんですが、具材に使用されている3種の揚げ玉が量も少なく個人的には若干チープな印象でしたので、お好みによっては紅生姜やアオサ、マヨネーズや鰹節など“ソース焼そば”と相性抜群な各種具材や香辛料などを別途加えてみると、より臨場感溢れる味わいがじっくりと楽しめるのではないでしょうか?

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です