カップ麺

汁なし麺0(ゼロ)中華醤油!黒酢を利かせた醤油ダレが冷たい麺に絡むヘルシーな一杯

汁なし麺0(ゼロ)中華醤油

汁なし麺0(ゼロ) 中華醤油」を食べてみました。(2020年6月1日発売・アサヒグループ食品)

この商品は、アサヒグループ食品から発売されている糖質ゼロの“こんにゃく寒天麺”を使った“おどろき麺0(ゼロ)”シリーズから新たに登場した革新的な一杯で、最大の特徴としては…何と言っても以前ご紹介したシリーズ初となるお湯禁止!!水で戻すタイプの“汁なし麺0(ゼロ)麻辣担々麺”に続くヘルシー感に際立った一杯が登場です!

それも…タレにはチキンの旨味を利かせた醤油ベースに黒酢を加えたことで暑い日やちょっと小腹を満たしたい時にもちょうど良く、キレの良い口当たりに“ごま”の香ばしさが“冷やし中華”のような味わいを表現し、寒天とコンニャクによるモチモチ・プルプルとした心地良い食感・糖質ゼロのヒンヤリとした麺が後味の良いタレと絶妙にマッチした一杯、“汁なし麺0(ゼロ)中華醤油”となっております。(税抜き215円)

ご覧の通り、パッケージには今まで発売されていた“おどろき麺0(ゼロ)”シリーズを踏襲した“汁なし麺0(ゼロ)”といった文字・数字が一際インパクトあるデザインとなっていて、その周りには…“糖質|麺0g 具材・粉末スープ4.5g”といった健康志向の方にとって見逃せない数値はもちろん、“お湯禁止”といった今回のヒンヤリとした麺で楽しむ注意書きなんかも確認できますね!

汁なし麺0(ゼロ)中華醤油 パッケージ

このように今回は“汁なし麺0(ゼロ)”シリーズの新商品ということで、麺の糖質がなんと“0g”とのことで…まさにカップ麺というべきなのか悩ましいところではありますが、こちらに“お湯禁止”としっかりと掲載されているように今回の一杯には「水」を使用するのが絶対条件であり、間違って熱湯を使用してしまうと“麺が溶けてしまいますので、水をご使用ください。”とのことで、この辺りは要注意ですね!!

しかもこのヒンヤリとした麺には、今回後味さっぱりとした黒酢の酸味が特徴的な“中華醤油”ならではのキレの良いタレと相性良くマッチしていますから、暑い夏の日にもぴったりな味わいを爽やかに楽しむためにも、なるべく冷たい水を使用した上で楽しみましょう!

ちなみにこの“汁なし麺0”シリーズと異なるスープタイプの“おどろき麺0”シリーズは…2017年9月に初登場となって以来、定期的に様々なフレーバーが登場していたようで、小腹を満たす・手軽に糖質コントロールといった健康志向の高い方を中心にかなり好評のようですね!
※“汁なし麺0”シリーズは汁なしということもあって麺量が30%増量されています。

  • おどろき麺0 香ばし醤油麺(2017年9月11日発売)
  • おどろき麺0 酸辣湯麺(2017年9月11日発売)
  • おどろき麺0 濃厚豚骨煮干し麺(2018年4月9日発売)
  • おどろき麺0 旨だしカレー南蛮(2018年9月10日発売)
  • おどろき麺0 しじみ塩とんこつ麺(2018年11月20日発売)
  • おどろき麺0 コク旨味噌バター麺(2019年4月8日発売)
  • おどろき麺0 すだち香るおろし麺(2020年6月2日発売)

こちらにもそういったプルプルとした食感が伝わってくる糖質0gの寒天・コンニャクを使用した麺に黒酢がさっぱり感を演出する醤油タレがしっかりと絡む仕上がりイメージなんかも掲載されているように、どうやらこのシリーズは単純に糖質を抑えただけでなく、しっかりとした味わいなんかも人気の秘訣となっているのかもしれません!

他にも特徴として…具材には小ぶりながらも“乾燥味付肉そぼろ”や卵、紅生姜やネギなんかも豊富に使用されていて、黒酢を利かせた後味の良い“中華醤油”のタレをさらに美味しく引き立て、それによって48kcalといった低カロリーを思わせない満足度の高い味わいがヘルシーに楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

寒天とコンニャクで作られたという麺は想像通りのプルッとした食感がうまく表現されていて、冷たい水で戻したこともあって非常に強いコシが印象的な仕上がりとなり、そこに醤油ベースのタレに黒酢を利かせた後味さっぱりとした味わいが心地良く…暑い夏の日にもぴったりな“冷やし中華”のような味わいがヒンヤリとした麺とともに楽しめる一杯となっていました!
これは特に、糖質などを気にしている方はもちろん、ちょっと小腹が空いた時や夜食、他にも冷たい麺でさっぱりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は“汁なし麺0”シリーズの新商品で、冷たい水によってヒンヤリとした“こんにゃく寒天麺”に黒酢を利かせた醤油ダレが絡む後味さっぱりとした味わいが楽しめるヘルシーな一杯、「汁なし麺0(ゼロ) 中華醤油」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

汁なし麺0(ゼロ)中華醤油

今回ご紹介するカップ麺は、寒天・コンニャクを使用したことで糖質0(ゼロ)を実現した“汁なし麺0(ゼロ)”シリーズの新商品ということで、水で戻した後にしっかりと水切りをしたことで、黒酢を利かせた醤油ベースの後味さっぱりとした“冷やし中華”のような味わいが楽しめる暑い季節にぴったりなヘルシーかつ満足度の高い一杯、“汁なし麺0(ゼロ)中華醤油”となっています。

ご覧の通り、今回の“汁なし麺0(ゼロ)中華醤油”は“汁なし”ということもあって、しっかりと“水切り口”が備え付けられていますね!(熱湯ではないので“湯切り”ではなく“水切り”といった表現もまた独特といったところ。)

また、こういった“おどろき麺0(ゼロ)”から新たに派生した“汁なし麺0(ゼロ)”といったシリーズが登場したということは、汁なしのテイストは他にも色々ありますから…今後の商品展開なんかにも期待してしまいます…と以前書いた通り、やはり新たなフレーバーが登場し、今回は濃厚な胡麻の旨味を利かせた“汁なし麺0 胡麻だれ”も同時発売されています。

ちなみにこの糖質「ゼロ」を実現した麺とは…寒天とコンニャクで作られているとのことで、非常にヘルシーな割にプルプルとしたしっかりとした食感を楽しむことができ、このコンニャクを使用した麺ならではの食感を逆手に取るかのように特徴を活かし、健康面だけでなく物足りなさを感じさせない夏の暑い日にもぴったりな“中華醤油”の味わいが楽しめるようです!

それでは、今回の“汁なし麺0(ゼロ)中華醤油”がどれほどチキンなどの旨味を利かせた醤油ダレに仕上がっているのか?後味さっぱりと感じさせる黒酢との兼ね合いはもちろん、なんと言っても“こんにゃく”と寒天によって作られた麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り48kcalとなっております。(塩分は2.3g)

カロリーは、寒天・コンニャクを使用した糖質0(ゼロ)の麺が使用され、1食当たりの量自体も少なめということもあって…かなり低い数値のようで、塩分もまたそういった麺が影響してなのか?しっかりとした“中華醤油”の味わいが再現されている割にかなり低い数値となっています!また、食物繊維も2.9g含まれていますね!

ちなみに1食当たり14.7gとかなり少なめとなっているようです!
そのため、ちょっともう一品欲しい時にも重宝しそうな…小腹をほどよく満たしてくれる絶妙な一杯で、これが人気・好評の秘訣なのかもしれませんね!

原材料について

では原材料も見てみます。

タレには、乾燥卵加工品(還元水あめ、卵黄粉末、食用油脂(大豆を含む)、全卵粉末)をはじめ…

  • 粉末醤油
  • チキンエキスパウダー
  • ガラスープパウダー
  • 食塩
  • 粉末油脂
  • 粉末酢

といった、チキンを利かせた醤油ベースのタレに黒酢を加えたことで後味さっぱりと感じさせる“冷やし中華”を彷彿とさせ、糖質0gのヘルシーな麺に対して物足りなさを感じさせない濃いめな味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると、“こんにゃく粉”や寒天といった材料なんかもしっかりと確認できますね!

原材料名

乾燥麺(こんにゃく粉、寒天)、砂糖、乾燥卵加工品(還元水あめ)、卵黄粉末、食用油脂(大豆を含む)、全卵粉末)、粉末醤油(小麦を含む)、ごま、乾燥味付肉そぼろ(豚肉を含む)、たん白加水分解物、デキストリン、チキンエキスパウダー、乾燥紅生姜、ガラスープパウダー、食塩、粉末油脂、乾燥ネギ、粉末酢/ゲル化剤(増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、酸味料、着色料(カラメル、カロテノイド)、乳化剤、微粒酸化ケイ素、膨張剤、増粘剤(キサンタン)、リン酸塩(Na)、粉末セルロース、トレハロース、香料、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、V.E)

栄養成分表示 [1製品 (14.7g) 当たり]
エネルギー48kcal
たんぱく質2.3g
脂質1.7g
炭水化物7.4g
糖質: 4.5g
食物繊維: 2.3g
食塩相当量2.1g

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“麺と水だけ先にお入れください。”と記載された麺と、粉末スープといった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、麺は寒天・コンニャクを使用したとのことでかなり特徴的な仕様となっているようですね!

また、粉末スープの方には今回の“中華醤油”を引き立てる“乾燥味付肉そぼろ”なども含まれているようで、思った以上に量もやや多めとなっています!

調理してみた

ではまず、麺を袋から開けて容器へ入れてみます。

ちなみに、こちらパッケージにも作り方の手順が事細かく記載されているんですが、特に今回の一杯は水を使用しますから、“お湯禁止”といった文字が大きく記載され、目安としては200mlとなっているようですね!

作り方も特に注意点はなく、乾燥麺を水で5分間戻した後はしっかりと水切りし、その後粉末スープを加えてしっかりと混ぜて完成とのこと!

また、このシリーズは“汁なし”仕様ということもあってスープがない分、従来の糖質ゼロの麺よりも30%もの膨張率が高い麺が使用されており、単純に低カロリー・低糖質にこだわった一杯というわけではなく、満足度の高い食べ応えなんかも考えられているようです!!

それでは冷たい水を内側の線まで注いだ後、約5分待ちましょう!
そして出来上がりにしっかりと水切りしたところがこちら!

すると…見るからに寒天・コンニャクを使用したことが伝わってくるプルプルとした食感を思わせる透明感のある仕上がりとなっていて、今回膨張率の高い配合によって30%アップした麺によってしっかりと小腹を満たしてくれる一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの粉末スープを加えていきます!
ちなみにこちら、醤油ベースタレに黒酢を加えた後味さっぱりとした味ということで粉末スープながらも不思議と醤油ならではの風味が香り立ち、個人的にはさりげなく使用された“ごま”が良い香ばしさを演出しているようにも感じられますね!まさに“冷やし中華”のようなテイスト!

そして、こちらの粉末スープには具材として…

  • 乾燥味付肉そぼろ
  • 紅生姜
  • ねぎ

が入っています。

これらの細かい具材などによって“中華醤油”ならではの味わいが引き立ち、“汁なし麺0(ゼロ)”とは言え、その仕上がり自体は全く侮れないものとなっているようですね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
今回はスープが粉末タイプということもあって、若干の混ぜにくさはあるものの…そもそも麺の質が粉末を染み込むわけではないため、意外とすんなり糖質0(ゼロ)の麺にも醤油ベースのタレが馴染んでいきます!

そして、タレが全体に馴染むと…さすが汁なし・1食当たり14gということもあって、見た目的にはかなりの物足りなさを感じますね。。笑

ただ、この商品はメインとして楽しむのではなく、糖質が気になる方をターゲットに小腹を満たしたい時はもちろん、あと一品何か欲しい…といった際にぴったりな一杯と言えるでしょう!

食べてみた感想

一口食べてみると…チキンを利かせた醤油ダレには、ほどよい黒酢の酸味が加わったことで後味さっぱりと感じさせ、さらに小ぶりながらも豊富に使用された紅生姜や“乾燥味付肉そぼろ”がちょうど良い旨味・メリハリを際立たせたことで、食感の良い冷たい麺とともに“冷やし中華”のようなヒンヤリとした爽やかさがうまく表現されています!

そしてなんと言ってもタレは48kcalといった低カロリーな感じを全く思わせませんね!量的な問題はさておき…味自体はしっかりと濃いめな仕上がりで、“中華醤油”らしい酸味を利かせた上に“ごま”の香ばしい風味が特徴的とも言え、それが冷たい麺と相性良くマッチしたことによって糖質が気になる方でも全く気にすることなく楽しめるのではないでしょうか?

ただ気になるのは…このシリーズ、商品価格が税込みだと232円とボリュームを考慮すると決してリーズナブルではないんですよね。。とは言え、こういった低糖質な一杯を求めている方なら恐らくそこまで価格帯を気にしないのかもしれません。

麺について

麺は、ご覧の通り寒天・コンニャクを使用したことによってプルプル、もしくはコリコリとも言うべく冷たければ冷たいほど心地良い仕上がりとなっていて、この濃いめな醤油ベースに黒酢を利かせたタレとも非常に相性良く馴染んでいます!

それによってこのヒンヤリ感が爽快感を増してくれるというんでしょうか?さっぱりとした酸味の利いた醤油ダレを引き立て、この後味の良さはまさにこの“汁なし麺0(ゼロ)中華醤油”ならでは!!

トッピングについて

トッピングには、ご覧の通り粉末スープに含まれていた“味付肉そぼろ”が入っていて、かなり小ぶりでしたので、しっかりと混ぜて“こんにゃく寒天麺”とともに絡めていただくと…より一層肉の旨味が増して楽しめるかと思われます!

また、こちらの紅生姜も同じくなかり小さく・乾燥タイプのものが使用されており、素材本来のピリッとしたアクセントがうまく再現されたことで、今回の“中華醤油”にもぴったりな具材となっているようです!

他にも、こちらの卵が入っていて、味付け自体は感じられないものの…上記の紅生姜とともに彩りの良い具材としてかなり小ぶりではありますが、割と多めに使用されています。

そしてこれら各種具材をしっかりと風味豊かな醤油ダレとよく絡めて一緒にいただいてみると…黒酢の酸味を利かせた心地良い味わいが“ごま”ならではの香ばしさも加わったことで、暑い日にぴったりな後味さっぱりとした美味しさを感じさせてくれます!

タレについて

タレは、先ほどもお伝えした通りチキンを利かせた醤油ベースのタレに黒酢を加えたことで、後味さっぱりとした“冷やし中華”風な味わいに仕上がり、さらに香ばしさを引き立てる“ごま”や相性抜群な紅生姜がちょうど良いアクセントとなっていて、シンプルながらも様々な具材からも良い旨味が際立ったことで物足りなさを一切感じさせないテイストとなっています!

ちなみに調理時にはしっかりと水切りをしたんですが…原材料に使用された粉末醤油などがほどよく容器底に確認でき、しっかりとタレを絡めてさっぱりとした味わいを堪能することができます!このほどよい酸味や香ばしさはかなり好印象といったところ!

このように今回の“汁なし麺0(ゼロ)中華醤油”は、寒天・コンニャクを使用した独特のプルプルな食感を活かした糖質0gを実現し、さらに醤油ベースに黒酢を利かせた暑い日にぴったりなタレは、“ごま”の香ばしさや豊富に使用された各種具材によって旨味際立つ後味の良い仕上がりとなっていたため、お好みによって“中華醤油”と相性の良い“からし”などをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「汁なし麺0(ゼロ)中華醤油」を食べてみて、チキンを利かせた醤油ベースに黒酢の酸味が心地良い後味すっきりとしたタレに仕上げ、“ごま”や紅生姜を加えたさりげないアクセントが飽きの来ない味わいを表現し、なんと言っても冷たい水切りによるヒンヤリとしたヘルシーな麺と相性良くマッチしたことで満足度の高い美味しさはもちろん、ちょっとした小腹を満たしてくれる一杯となっていました!

この1食当たり48kcalといった非常に低いカロリーの割に、しっかりとした味わいが楽しめる一杯は、まさしくちょっと食べたい時にぴったりで、特に糖質を気にしているのであればいくつか常備しておいても良いかもしれませんね!

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!