カップ麺

ソバヂカラ 濃いつゆラー油肉そば!鰹をベースに動物系の旨味やラー油を利かせたガッツリ系の一杯

ソバヂカラ 濃いつゆラー油肉そば

ソバヂカラ 濃いつゆラー油肉そば」を食べてみました。(2021年5月10日発売・エースコック)

この商品は、“パワフルな味わいとウマい太そば”をコンセプトとした新ブランド“ソバヂカラ”シリーズ第1弾となるカップ麺で、鰹節の旨味をベースに鶏や豚の旨味を利かせた濃いめの醤油ベースの“つゆ”に仕上げ、蕎麦と意外と相性抜群なラー油の辛みを利かせたがっつり系の味わいが噛み応え抜群な太蕎麦に絡むシリーズのテーマにぴったりな濃い!辛い!旨い!力強さと本格感を併せ持つ一杯が登場です!

それも…鰹節と濃いめの醤油による“和風つゆ”に鶏や豚など動物系の旨味がコクや深み・濃厚感を際立たせ、そこにラー油によるピリッとしたアクセントを加え、さらに食欲そそるガーリックや豚・牛の脂感にも拘ったガツンとした濃厚一杯、“ソバヂカラ 濃いつゆラー油肉そば”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通りパッケージには“ソバヂカラ”といった新シリーズらしい力強いロゴや“濃いつゆ肉そば”といった今回の商品名が大きく記載され、蕎麦は蕎麦でもラー油を利かせたガッツリ系の味わいが特徴的な“港屋インスパイア系”とも言えるガッツリ系の蕎麦がたっぷりと楽しめそうな仕上がりに期待できそうです!(ガッツリ系の蕎麦というとこういったフレーバーしか思いつかないので第2弾、第3弾にはどういったテイストが登場するのか気になるところではありますが…)

ソバヂカラ 濃いつゆラー油肉そば パッケージ

一方こちらには…“そば粉”やヤマイモパウダーを練り込んだ角刃・太麺仕様のコシが強く風味豊かな蕎麦にたっぷりと濃厚な“和風つゆ”が絡むリフト写真が掲載されており、見るからにラー油を利かせたガツンとした旨味・アクセントが食欲を掻き立てる噛み応え抜群な蕎麦が楽しめそうですね!個人的にもこういったフレーバーは好みのジャンルなので安定感のある美味しさはもちろん、やみつき感のある刺激的な辛さなどが最後まで飽きることなく味わえること間違いなさそうです!!

また、こちらには鰹出汁と濃いめの醤油を合わせた“和風つゆ”をベースに鶏や豚など動物系の旨味がコク深さや濃厚感を際立たせ、さらにアクセントとなる刺激的なラー油がたっぷりと加えられたガッツリ系の仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付豚肉、鶏・豚味付肉そぼろ、揚げ玉、ねぎ、唐辛子が使用されているようです!

…というか、見るからに濃厚で旨味が凝縮された仕上がりはじんわりと染み渡る蕎麦とはひと味違ったパンチのあるテイストをイメージさせますね!これまでもこういった蕎麦+ラー油といったガッツリ系のフレーバーはカップ麺でも度々登場してきましたが、今回は“ソバヂカラ”シリーズという“パワフルな味わいとウマい太そば”がコンセプト・テーマの一杯ですから、そういったテイストが好みの方にはたまらない一杯であることに間違いないでしょう!

他にも特徴として…麺は“そば粉”やヤマイモパウダーを使用し、噛み応え抜群な角刃・太い仕様の風味豊かな蕎麦が採用されており、それによって鰹出汁を利かせた醤油ベースの“和風つゆ”に鶏や豚の旨味を利かせた濃厚かつラー油を加えたガッツリ系の力強いスープが負けじと相性良く馴染み、縦型ビッグサイズのボリューム感のあるパンチの強いテイストが最後まで飽きることなくたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

キリッとした醤油感の強い口当たりが印象的な“和風つゆ”には鰹出汁ならではのじんわりと染み渡る旨味がバランス良く溶け込み、そこに鶏や豚の旨味がコク深く濃厚なテイストへと引き立て、さらに意外にも相性の良いラー油をたっぷりと加えたことによってガツンとしたパンチの強い味わいに仕上がり、歯切れの良い太い蕎麦にも負けじと力強い美味しさがたっぷりと楽しめるインパクト抜群な一杯となっていました!
これは特に、“肉そば”ならではのガッツリ系の蕎麦が好みの方はもちろん、鰹出汁を利かせた醤油ベースのベーシックな“和風つゆ”に鶏や豚の旨味、さらにラー油をたっぷりと加え、牛や豚の脂感に拘った超濃厚なパンチの強いテイストをボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はエースコックから新たに登場した新シリーズ“ソバヂカラ”第1弾、鰹出汁を利かせた醤油ベースの“和風つゆ”に鶏や豚の旨味を利かせたことで濃厚な厚みを引き立て、さらに牛や豚の脂感にも拘り、なんと言ってもラー油をたっぷりと加えたガッツリ系のテイストが太く噛み応えのある蕎麦と相性良く馴染んだインパクト抜群な一杯、「ソバヂカラ 濃いつゆラー油肉そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ソバヂカラ 濃いつゆラー油肉そば

今回ご紹介するカップ麺は、“パワフルな味わいとウマい太そば”をコンセプトとしたエースコックの新ブランド“ソバヂカラ”シリーズ第1弾として登場したもので、鰹出汁の旨味を濃いめの醤油とバランス良く合わせた“和風つゆ”に鶏や豚など動物系の旨味を利かせたことで厚み・濃厚なテイストに引き立て、さらにガッツリ系の蕎麦として欠かせないラー油をたっぷりと加えたことでガツンとした口当たりが噛み応え抜群な太蕎麦と相性良くマッチしたボリューム感のある一杯、“ソバヂカラ 濃いつゆラー油肉そば”となっています。

最近こういったじんわりと染み渡る蕎麦に肉の旨味やラー油を利かせたガッツリ系のテイストが人気のジャンルとして確立・全国にも広がりつつありますから、カップ麺として気軽に楽しめるのは嬉しいですね!個人的にも初めは蕎麦にラー油?と思っていましたが、実際に食べてみると意外とハマる味で肉の旨味もたっぷりと利かせたことで濃厚でありながらも“蕎麦つゆ”の染み渡る美味しさが絶妙にマッチしていて素材本来の美味しさがこれでもかというほど詰め込まれており、想像以上に食欲をがっつりと満たすインパクトのある一杯に違いありません!

ちなみに、こちら容器側面には…今回の“濃いつゆラー油肉そば”の簡単な特徴が記載されており、これによると“濃厚旨辛 パワフルテイスト×ウマい 太そば”とのことで、スープ・麺ともに存在感のある一杯に仕上がり、濃いめの“つゆ”に凝縮されたパンチのあるガッツリ系の蕎麦が楽しめそうです!(こういったフレーバーはこれまでも定期的に発売されていて、“和風つゆ”と肉の旨味・ラー油を利かせたテイストは意外とハマりますから…今後注目したいシリーズと言えるでしょう。)

それでは、今回の“ソバヂカラ 濃いつゆラー油肉そば”がどれほど鰹出汁を利かせた染み渡る仕上がりとなっているのか?鶏や豚など動物系の旨味による厚み・濃厚感を際立たせ、ラー油をたっぷりと加えたパンチのある刺激的な味わいとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても“そば粉”やヤマイモパウダーを使用した噛み応え抜群な風味豊かな太蕎麦との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り393kcal(めん・かやく307kcal / スープ86kcal)となっております。(塩分は7.4g)

カロリーは、縦型ビッグサイズ・動物系の旨味をたっぷりと利かせた濃厚な“肉そば”の割に低めな数値のようですが、一方で塩分はかなり高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり94g、麺の量は70gとのこと!

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと86kcalとやはり高めな数値を占めていることから、鰹出汁を利かせた濃いめの“和風つゆ”に鶏や豚など動物系の旨味が濃厚感を引き立て、さらに牛や豚の脂感に拘ったというインパクトのある仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や豚脂をはじめ…

  • しょうゆ
  • 香辛料
  • カツオブシパウダー
  • チキンエキス
  • ポークエキス
  • 魚介調味料
  • 香味油
  • ポーク調味料

といった、鰹出汁を濃いめの醤油とバランス良く合わせた“和風つゆ”に仕上げ、そこに鶏や豚など動物系の旨味がコク深く濃厚感を引き立て、さらにガツンとしたパンチの強い口当たりを表現するには欠かせないラー油をたっぷりと加えたことで、シリーズ第1弾として相応しい“肉そば”ならではのインパクト抜群な味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…“そば粉”やヤマイモパウダーといった材料が確認でき、風味豊かな香りや噛み応え抜群な太蕎麦に仕上がっていることが伝わってきますね!

JANコード4901071247188
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、そば粉、植物油脂、植物性たん白、食塩、砂糖、ヤマイモパウダー)、スープ(食塩、豚脂、しょうゆ、植物油脂、たん白加水分解物、砂糖、でん粉、牛脂、発酵調味料、粉末しょうゆ、香辛料、カツオブシパウダー、チキンエキス、ポークエキス、魚介調味料、酵母エキス、香味油、ポーク調味料)、かやく(味付豚肉、鶏・豚味付肉そぼろ、揚げ玉、ねぎ、唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酒精、炭酸Ca、リン酸三ナトリウム、重曹、香料、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、甘味料(カンゾウ、アドバンテーム)、微粒二酸化ケイ素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・そば・卵・乳成分・牛肉・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉・やまいもを含む)

栄養成分表示 [1食 (94g) 当たり]
熱量393kcal
たんぱく質10.7g
脂質14.9g
炭水化物53.9g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
7.4g
(1.7g/5.7g)
ビタミンB10.31mg
ビタミンB20.41mg
カルシウム165mg

引用元:ソバヂカラ 濃いつゆラー油肉そば|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、他にも“液体スープ”と記載された調味料がひとつ入っています。

そしてこちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみたところ…割とサラッとした状態で、恐らく動物系の旨味・脂を含む濃厚な醤油をたっぷりと含んでいるようでしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、かやくには…

  • 味付豚肉
  • 鶏・豚味付肉そぼろ
  • 揚げ玉
  • ねぎ
  • 唐辛子

が入っています。

この通り肉類も2種類、さらに揚げ玉なんかも使用されたことで、“肉そば”らしいコク深く香ばしい風味が食欲そそる存在感のある仕上がりに期待できそうです!

さらに、麺はご覧の通り厚みもあり幅広なフライ麺で、“そば粉”やヤマイモパウダーを使用し、鰹出汁や動物系の旨味、そしてラー油を加えたガッツリ系の“濃いつゆ”にも負けじと食べ応え抜群な太蕎麦が採用されているようです!

調理してみた

では熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:440ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に“そば粉”をしっかりと練り込んだ太蕎麦には歯切れの良い強いコシが加わり、まだ液体スープを加える前の状態ではありますが、鰹出汁の利いた“和風つゆ”やガッツリ系の味わいが楽しめる動物系・ラー油を加えたインパクトのある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…ラー油と思われる赤みを帯びた油分がたっぷりと出てきます!

そしてその後からは…醤油感の強い濃厚な液対スープがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

ご覧の通りこの液体スープは基本サラッとした状態となっているんですが、動物系の旨味・脂をしっかりと利かせているせいか…若干“とろみ”のついた仕様のようで、容器底に沈むことなく表面に留まり、食欲そそる蕎麦の風味やラー油、その他様々な具材から香り立つ香ばしさが印象的といったところ!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…基本は鰹出汁を利かせた醤油ベースの“和風つゆ”ということもあって割とサラッとした仕上がりではありますが、鶏や豚など動物系の旨味がしっかりと溶け込んでいるせいか、厚みのある旨味に仕上がり、なんと言ってもラー油をたっぷりと使用した旨味溢れる“肉そば”ならではの濃厚な味わいが楽しめそうです!

また、具材に使用された味付豚肉や“鶏・豚味付肉そぼろ”からも良い旨味が滲み出しているようにも感じられ、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな肉の旨味にも拘った染み渡るテイストに仕上がっているようですので、しっかりとスープと馴染ませながら食べ進めていくと良いでしょう!そうすることで肉の旨味が際立って楽しめることに間違いなさそうです!(それにしても見た目からも食欲そそりますね。。)

食べてみた感想

一口食べてみると…パッケージのイメージ通り濃いめの醤油に染み渡るかのような鰹出汁の利いた“和風つゆ”がベースとなり、鶏や豚など動物系の旨味がコク深く良い意味で脂っこさを引き立て、なんと言ってもラー油を加えたことでガツンとした力強い味わいに仕上がり、辛さというよりも非常に濃い味と後引く旨味・ラー油のアクセントがクセになりますね!

しかも鰹出汁と動物系のWスープが和風つゆにバランス良く溶け込んでいますから実に様々な旨味が凝縮されたことで満足感も一際大きく感じられます!これはイメージしていた通りめちゃくちゃ美味い!!

ちなみにラー油の辛さ具合についてはあくまで食欲そそるアクセントとなっていて辛いというよりもガッツリ系のテイストを表現するためには欠かせない調味料であり、その相性の良さは想像以上でハマる方も多いのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り太く・角刃仕様のフライ麺で、そば粉やヤマイモパウダーが使用された風味豊かな仕上がりながらも噛み応え抜群なガッツリ系の和風つゆとも絶妙にマッチしたインパクトのある仕様となっています!

そんな太蕎麦には鰹出汁をベースにした醤油味の和風つゆに鶏や豚など動物系の旨味がコク深さや濃厚感を際立たせた旨み溢れるスープがよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡る鰹出汁や動物系の濃厚な旨味、そしてラー油のクセになる刺激的なアクセントなどが口いっぱいに広がっていき、魚介系ならではの香りが後味良く抜けていきます!これはイメージ通り間違いないやつですね!ガッツリ系の蕎麦が好みの方も納得の仕上がりではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、細かくカットされているものの…じっくりと味わってみるとそれなりに味付けが施された肉の旨味が感じられる仕上がり具合となっていたため、単品で楽しむというよりも…スープとしっかりと馴染ませながらいただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

そして肉類の具材としては…この味付豚肉以外にも“鶏・豚味付肉そぼろ”が使用されており、“肉そぼろ”らしく割と小ぶりな仕様ながらもじっくりと味わってみると食感は非常に柔らかく、思ったよりもしっかりと味付けが施された肉の旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい仕上がりとなっていたため、こちらもまたスープとしっかりと馴染ませながら食べ進めていくとガツンとした美味しさが引き立って感じられることでしょう!

また、こちらの揚げ玉は先入れタイプの仕様となっているため、食感はふんわりと柔らかく、サクサク感はありませんが…ほどよい油分や香ばしさが旨味を引き立て、相性抜群な具材のひとつとして臨場感の高い風味をさり気なくプラスしているようです!

さらに、こちらの輪切り唐辛子は…しっかりとした辛みを加える彩り鮮やかな具材としてラー油とともにほどよいアクセントをプラスし、今回のようなガッツリ系の“肉そば”には欠かせないピリッとした刺激によって食欲を掻き立てていきます!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されており、ほどよいサイズにカットされたことでシャキシャキ感が心地良く、ちょうど良い薬味にもなったことで今回のガッツリ系・濃いめの“つゆ”を美味しく引き立て、さらに後味すっきりと感じさせる相性抜群な具材として相性良く添えられています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り鰹出汁を利かせた醤油ベースの和風つゆに臭みのない鶏や豚など動物系の旨味がコク深く濃厚なテイストに引き立てられ、さらに意外にも相性抜群なラー油をたっぷりと加えたことでシリーズのコンセプトらしくパワフルな味わいが印象的、そして牛や豚の脂感にも拘ったとのことで深みのある味わいがガツンと表現されています!

そのため、醤油感の強いキリッとした口当たりのすぐ後からは濃厚・インパクト抜群とも言える動物系の旨味やガツンとしたラー油の刺激などが広がっていき、旨味に旨みを重ねた重層的なパンチのある美味しさがたっぷりと楽しめること間違いありません!

ただ…ガーリックの旨味自体はそこまで強く感じられませんでしたので、お好みに合わせて別途“おろしにんにく”をちょい足ししてみると良いでしょう!(場所を選ばず食べられるという利点はありますが…)

また、具材に使用された2種類もの肉類や揚げ玉からも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて濃厚感も増していき、それと同時に満足度も増していくそんなやみつき感のあるガッツリ系肉そばに仕上がり、港屋インスパイア系とも言えるパンチのある味わいが好みの方ならかなりハマる一杯となっています!

ただ、辛さとしてはラー油の利いたガツンとしたテイストながらも辛いと言うよりもメリハリのあるアクセントがプラスされ、ラー油に含まれるごま油のような風味なども食欲を掻き立て、臨場感のある味わいに引き立てているように感じられます!(そのためお好みによっては唐辛子などの香辛料を別途追加してみても良いかもしれません。)

このように、今回の“ソバヂカラ 濃いつゆラー油肉そば”は、鰹と濃いめの醤油をバランス良く合わせた和風つゆに鶏や豚など動物系の旨味がコク深く厚みのあるテイストに引き立て、牛や豚の脂感が良い意味でこってり感をプラス、さらにラー油をしっかりと加えたことでガツンとした味わいがたまらないインパクト抜群なスープとなっていたため、お好みによっては相性の良い唐辛子やラー油をさらに追加して刺激的なテイストを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「ソバヂカラ 濃いつゆラー油肉そば」を食べてみて、エースコックから新たに登場したパワフルな味わいとウマい太そば”をコンセプトにした新シリーズソバヂカラ1弾には、鰹出汁や動物系の旨味を利かせた濃いめの和風つゆにラー油を加えたことでパンチの強い肉そばらしい仕上がりとなり、牛や豚などの脂感にも拘ったことで良い意味でのこってり感や脂っこさが旨味を際立たせ、最後まで飽きの来ないインパクト抜群な一杯となっていました!

また、パンチの強いガッツリ系の蕎麦が好みの方ならハマる美味しさであることに間違いなく、個人的には第1弾でここまで王道な肉そばを登場させたなら2弾、第3弾はどういったフレーバーが登場するのか?非常に楽しみなところではあります!

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!