どん兵衛

日清のどん兵衛 背脂風豚ニンニク濃厚ラー油太そば!“にんにく”やラー油を利かせた濃厚な一杯

日清のどん兵衛 背脂風豚ニンニク濃厚ラー油太そば

日清のどん兵衛 背脂風豚ニンニク濃厚ラー油太そば」を食べてみました。(2020年10月13日発売・日清食品/セブンイレブン限定)

この商品は、お馴染み“日清のどん兵衛”シリーズの新商品ということで、今回は以前も色々と発売されていたポークの旨味をベースに背脂や“にんにく”の旨味をしっかりと利かせたインスパイア系を彷彿とさせるがっつり系の一杯が登場です!

それも…これまでの“うどん”とは一風変わって今回使用されているのは“そば粉”をしっかりと練り込んだ太めの蕎麦が採用されており、スープの方にはポークの旨味が濃厚感を際立たせているんですが、若干甘めの“蕎麦つゆ”を思わせるテイストに仕立て上げ、そこに濃厚感を際立たせる背脂や別添されている“特製こってりオイル 豚ニンニク風味ラー油”に含まれる“にんにく”やラー油を利かせたことによって蕎麦の概念を覆すガツンとした口当たりが特徴的な一杯、“日清のどん兵衛 背脂風豚ニンニク濃厚ラー油太そば”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通り、パッケージには赤を基調にお馴染み“どん兵衛”のロゴがあしらわれ、やはりインスパイア系を思わせる黄色をポイントカラーに“背脂風豚ニンニク”といった文言が一際目を惹き、蕎麦にラー油を加えるといった斬新な発想は東京虎ノ門の超人気店“港屋”もがっつり系の蕎麦屋として大変人気でしたからね!さらに今回の一杯には背脂や“にんにく”をたっぷりと利かせたことによって、より一層インパクトのある味わいに仕上がっているものと思われます!

日清のどん兵衛 背脂風豚ニンニク濃厚ラー油太そば パッケージ

一方こちらには、ポークをベースに“にんにく”やラー油、さらに唐辛子や山椒など各種香辛料が加えられた甘辛く濃厚なスープに風味豊かな太蕎麦が背脂と絡む食べ応え抜群な仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…ラード加工品・味付豚肉・“ねぎ”が使用されているようです!

また、こちらには“濃厚太そば篇”と記載されているように、これまで発売されてきたがっつり系の“どん兵衛”は…どれも“マシマシ篇”と記載されていましたから、これはこれでもしかすると今後の商品展開なんかもあるかもしれませんね!(そもそも今回の商品名“背脂風豚ニンニク濃厚ラー油太そば”にはかなり情報が盛り込まれています…笑)

他にも特徴として…麺は上記の通りしっかりと“そば粉”を練り込んだ歯切れの良い太蕎麦が採用されており、ガシガシとした強いコシを併せ持ち、それによってポークをベースにたっぷりと背脂・“にんにく”・ラー油、さらに様々な香辛料が使用された甘辛いがっつり系の一杯が思う存分楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ポークの旨味をしっかりと利かせたことによって濃厚感が際立つ甘辛い“蕎麦つゆ”とも言うべきスープには、食欲そそる“にんにく”の旨味ががっつりと利き、さらにコク深さを引き立てる背脂なんかも豊富に使用されたことで“背脂風豚ニンニク”の文字通りガツンとした味わいに仕上がり、“そば粉”を練り込んだ風味豊かな太蕎麦が相性良く馴染んだことで食欲を満たすインパクト抜群な一品となっていました!
これは特に、ポークを利かせたがっつり系の味わいが好みの方はもちろん、背脂や“にんにく”、そして唐辛子や山椒などたっぷりと香辛料を利かせたメリハリのあるテイストを思う存分楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は“濃厚太そば篇”として“日清のどん兵衛”シリーズから登場したポークをベースにがっつり系のテイストに仕上げたスープに“そば粉”を練り込んだ風味豊かな太蕎麦が絶妙にマッチした一杯、「日清のどん兵衛 背脂風豚ニンニク濃厚ラー油太そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清のどん兵衛 背脂風豚ニンニク濃厚ラー油太そば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“日清のどん兵衛”シリーズの新商品ということで、縦型のがっつり系のフレーバーが新たに登場したわけですが、今回のテイストはこれまで発売されてきた味わいとは若干異なり、ポークをベースに背脂や各種香辛料をたっぷりと加え、別添されている“特製こってりオイル 豚ニンニク風味ラー油”を加えることによって甘辛くパンチのある口当たりを表現し、“そば粉”を練り込んだ太蕎麦が相性良くマッチした一杯、“日清のどん兵衛 背脂風豚ニンニク濃厚ラー油太そば”となっています。

ちなみに、これまで発売されてきたがっつり系のフレーバーとしては、以下のようなテイストが登場しており、どれもインスパイア系を彷彿とさせる濃厚・がっつりとしたスープにもっちりとした太麺がマッチした食べ応え抜群な一杯となっていましたが、今回は“濃厚太そば篇”ということで、蕎麦ならではの味わいに寄せつつも“にんんく”や背脂をたっぷりと加えたがっつり系の味わいを表現し、まさにあっさりとした蕎麦の概念を覆す一杯のようですね!

また、これらは元々日清食品が“ラーメン二郎”とのコラボカップ麺の提案をしたところ…「勝手にやってくれ」と言われたことから“どん兵衛”をアレンジしたことによって“二郎”らしい味わいを再現し、上記の商品をはじめ、“豚園(2020年3月16日発売)”などが続々と登場となったわけです!

さらに…今回突如登場した“日清のどん兵衛 背脂風豚ニンニク濃厚ラー油太そば”は公式ページは一応公開されているようですが、ほとんど詳細情報がなく、もちろん日清食品の公式ページにも情報がありません!というのも、今回の商品はあくまでセブンイレブンとのコラボカップ麺となっているからであって、そろそろ本家から怒られないか心配です…笑

そのため、このがっつり系の仕上がりイメージが掲載された目を惹くインパクト抜群なパッケージによって気になっているという方も非常に多いのではないでしょうか?しかも今回は太蕎麦ですからね!ポークを利かせた甘辛いスープにがっつり系の材料をたっぷりと加えられた濃厚なテイストはガツンと食欲を満たしてくれるに違いありません!

それでは、今回の“日清のどん兵衛 背脂風豚ニンニク濃厚ラー油太そば”がどれほどポークの旨味を利かせた濃厚な仕上がりとなっているのか?“にんにく”や背脂によるパンチのある口当たりや各種豊富に使用された香辛料との兼ね合いはもちろん、なんと言っても“そば粉”を練り込んだ噛み応えのある太蕎麦との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り470kcal(めん・かやく362kcal / スープ108kcal)となっております。(塩分は7.0g)

カロリーは、ポークをベースに濃厚な仕上がりの割にそこまで高い数値というわけではないようですが、一方で塩分はかなり高い数値となっています。
ちなみに1食当たり100g、麺の量は72gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで108kcaとやや高い数値を占めていることからも、やはり背脂・“にんにく”、さらにラー油などを利かせたがっつり系・濃厚な仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、豚脂やポーク調味料をはじめ…

  • 食塩
  • 植物油脂
  • 粉末しょうゆ
  • クリーミングパウダー
  • 香辛料(にんにく、胡椒、唐辛子、山椒)
  • ポークパウダー
  • メンマパウダー

といった、ポークの旨味をベースにコクを引き立てる背脂や、ガツンとしたパンチのある口当たりを表現する“にんにく”がたっぷりと使用され、さらにあっさりとした蕎麦の概念を覆すラー油を合わせたことで、品名通りがっつり系の味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902105263938
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、そば粉、植物油脂、植物性たん白、食塩、しょうゆ)、スープ(豚脂、ポーク調味料、食塩、糖類、植物油脂、粉末しょうゆ、でん粉、小麦粉、クリーミングパウダー、香辛料(にんにく、胡椒、唐辛子、山椒)、ポークパウダー、メンマパウダー)、かやく(ラード加工品、味付豚肉、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、香料、リン酸塩(Na)、増粘多糖類、炭酸Ca、香辛料抽出物、グリセリン、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、カロチノイド色素、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・そば・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (100g) 当たり]
熱量470kcal
めん・かやく: 362kcal
スープ: 108kcal
たんぱく質11.3g
脂質22.3g
炭水化物56.1g
食塩相当量7.0g
めん・かやく: 2.4g
スープ: 4.6g
ビタミンB10.39mg
ビタミンB20.50mg
カルシウム140mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“特製こってりオイル 豚ニンニク風味ラー油”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、“特製こってりオイル 豚ニンニク風味ラー油”と記載されているように、これを加えることによってこってり感はもちろん、パンチのある“にんにく”の旨味や意外にも蕎麦と相性の良いラー油が加わり、濃厚感が際立つようですね!

ちなみに触ってみたところ…ラー油らしく非常にサラッとした状態となっていたため、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、かやくには…

  • ラード加工品
  • 味付豚肉
  • ねぎ

が入っています。

がっつり系のフレーバーにぴったりな味付豚肉はもちろん、背脂を表現したラード加工品がけっこう多めに使用されていることが確認できますね!

さらに、麺はご覧の通り“そば粉”がしっかりと練り込まれたことで、風味豊かな香りと歯切れの良い食感を表現した太蕎麦が採用されており、すすり心地抜群な仕上がりとパンチのある濃厚なスープが絶妙にマッチした“濃厚ラー油太そば”にふさわしい食感が楽しめそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:430ml)
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸い、蕎麦の仕上がり具合が確認できないほどたっぷりと使用された具材や表面にダマとなった粉末スープからしてかなりインパクトのある濃厚な一杯…といった印象の出来上がりです。…というかすでに“にんにく”の風味が食欲を掻き立てていきます。。

ではここに先ほどの“特製こってりオイル 豚ニンニク風味ラー油”を加えていきます!
すると…ラー油らしく赤みを帯びたサラッとした油分となっていて、さらに“にんにく”のガツンとした風味が際立っていきます!!

そして、意外にも蕎麦と相性抜群なラー油がスープ表面に広がっていき、背脂・“にんにく”を利かせた濃厚なスープをより一層ガツンとした口当たりへと際立たせていきます!これはかなり期待できそうな一杯!!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…ポークをベースに、まるで“蕎麦つゆ”のようなサラッとした仕上がりながらも背脂や“にんにく”、さらにラー油がたっぷりと加えられたことによってパンチのある濃厚感・こってり感があり、旨辛ながっつり系蕎麦がたっぷりと楽しめるのではないでしょうか?

また、具材に使用されたラード加工品(背脂)や味付豚肉からも良い旨味が滲み出し、コク深くも濃厚な味わいがガツンと際立ち、唐辛子や山椒など数多くの香辛料が使用されたことで甘辛く仕上がったスープに強烈なインパクトが加わった背脂×にんにく×ラー油によるがっつり系の濃厚なテイストが食欲をしっかりと満たしてくれそうです!!

食べてみた感想

一口食べてみると…これはまさに蕎麦×ラー油の組み合わせに背脂や“にんにく”、各種香辛料をたっぷりと使用したことによって、より一層がっつりとした味わいに際立っていますね!そして恐らくポークによる若干の甘味があるものの…唐辛子や山椒などの香辛料がたっぷりと使用されたことでうまく調和され、分厚い旨味としてパンチのあるテイストに仕上がっています!

しかも普通に蕎麦とラー油といった組み合わせだけでも十分パンチのある美味しさが楽しめるわけですが、今回の“背脂風豚ニンニク濃厚ラー油太そば”に関しては、さらに背脂や“にんにく”が加わり、豚の旨味がベースとなっていますから…非常に濃厚なスープが印象的で、ついつい箸が止まらなくなりますね。。かなり美味いです!!

…というかうまく考えましたね!これまでは“日清のどん兵衛”シリーズらしいもっちりとした弾力のある“うどん”がインスパイア系らしさをうまく表現していたんですが、ここに来て蕎麦とは。。これは以前ご紹介した“日清のどん兵衛 ラーそば”なんかも登場していた通り蕎麦とラー油って意外と合うんですよね!!そういったパンチのある味わいをさらにブラッシュアップしているため、今後の商品展開にも期待したいところではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り“そば粉”をしっかりと練り込んだ風味豊かな太蕎麦となっていて、歯切れの良いガシガシとした強いコシのある食感に仕上がっています!

そんな太蕎麦には…ポークをベースに唐辛子や山椒などの香辛料をたっぷりと加えた甘辛い味わいに背脂や“にんにく”、さらにラー油を加えたことによってがっつりとしたパンチの強い濃厚なスープがよく絡み、一口ずつにガツンとした分厚い旨味が口いっぱいに広がっていき、“にんにく”ならではの食欲そそる風味が後味良く抜けていきます!…というかこれはしっかりとスープに付けて思い切り頬張りたくなりますね!!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、小さくカットされてはいるものの…じっくりと味わってみると、ほどよい味付けや肉の旨味がじゅわっと滲み出てくる想像以上に美味しい仕上がりとなっていたため、食べはじめはスープ底に沈めておき、後ほど歯切れの良い太蕎麦と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらの背脂(ラード加工品)は大粒というほどではありませんが、ほどよいサイズで使用されている数に関しても全く申し分なく、これが後々コク深さを際立たせていき、こってり濃厚なテイストとして相性良く馴染んでいます!(背脂自体に脂っこさなどは一切ありません。)

さらに、こちらの“ねぎ”は、やや小さめにカットされていたため、シャキシャキとした食感とまではいかないものの…ちょうど良い薬味にもなったことで、今回の濃厚なスープを美味しく引き立て、後味の良さを際立たせる相性の良い具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークの旨味をベースにたっぷりと背脂が加えられ、さらに別添されている“特製こってりオイル 豚ニンニク風味ラー油”を加えることによってガツンとしたパンチのある味わいに際立ち、“そば粉”を練り込んだ太蕎麦と相性の良い甘辛さをうまく調和したことで、分厚い旨味として商品名にぴったりなテイストに仕上がっています!

また、香辛料には“にんにく”をはじめ唐辛子や胡椒、さらに山椒までもが使用されているんですが、決して辛さを強調しているわけではなく、あくまで旨味を引き立てるかのようなアクセントがプラスされているようで、ベースとしては“濃厚ラー油太そば”、そして“背脂風豚ニンニク”が加わったインパクトのある味わいを表現、こちらもまた太蕎麦同様にクオリティが非常に高く、ついついスープが止まらなくなってしまいますね。。

また、ポークの旨味やたっぷりと使用された背脂、これらは決して脂っこさといった感じもなく、濃厚な旨味として喉越し良く表現され、そこにラー油や“にんにく”など各種香辛料がたっぷりと使用されたことで、やみつき感のあるパンチの強い口当たりに仕上げ、箱買いしても良いくらいの美味しさがバランス良くぎゅっと詰め込まれています!

このように、今回の“日清のどん兵衛 背脂風豚ニンニク濃厚ラー油太そば”は、ポークの旨味をベースに背脂をたっぷりと使用し、さらに別添されている“特製こってりオイル 豚ニンニク風味ラー油”を加えることによって“にんにく”やラー油が利いたパンチのある濃厚なテイストに仕上がり、“そば粉”をしっかりと練り込んだ風味豊かな太蕎麦と相性良く馴染んだ食べ応え抜群な一杯となっていたため、お好みによってはラー油辺りをもう少し足してみても良いでしょう!

まとめ

今回「日清のどん兵衛 背脂風豚ニンニク濃厚ラー油太そば」を食べてみて、ポークの旨味を利かせた濃厚なスープにコクを引き立てる背脂をたっぷりと使用し、さらに“にんにく”やラー油をガツンと利かせたことで、パンチのある口当たりを表現、まさにこれまでの蕎麦の概念を覆すほどのインパクト抜群な一杯となり、歯切れの良い太蕎麦と相性良く馴染んだことで、がっつりと食欲を満たす満足度の高い仕上がりとなっていました!

…というか、このシリーズはテイストを変えてまだまだこれからの商品展開なんかもありそうですね!しかもこういったがっつり系のフレーバーは人気がありますから、豚の旨味をベースに背脂や“にんにく”をたっぷりと利かせた濃厚な味わいが好みの方ならぜひ試しておきたい一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!