カップ麺

どん兵衛 マシマシ篇ガチ豚ニンニク!ラーメン二郎を思わせるインスパイア系の一杯

どん兵衛 マシマシ篇ガチ豚ニンニク

どん兵衛 マシマシ篇ガチ豚ニンニク」を食べてみました。(2019年10月8日発売・日清食品/セブン-イレブン限定)

この商品は、お馴染み“どん兵衛”の新商品ということで、今回はなんと…豚の旨味とニンニクのガツンとした味わいで圧倒的人気を誇る全国展開の人気店“ラーメン二郎”をインスパイアした食べ応え抜群な一杯が登場です!

それも…インスパイア系らしくポークをほどよく利かせた醤油ベースのスープに仕上がり、たっぷりと使用した刻みニンニクによってガツンとした口当たりを表現したパンチのある一杯、“どん兵衛 マシマシ篇ガチ豚ニンニク”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通り、パッケージは若干大きめな縦型仕様となっており、“二郎”の看板を思わせる黄色の背景に黒い文字でお馴染み“どん兵衛”のロゴが配置され、今回最大の特徴である“豚ニンニク”といった文字が赤く目立つ配色によってうまくまとめられ、まさしくこってりとした二郎ならではの味わいを日清食品がインスパイアしたことが伝わってくるようで、“どんぶり型”でお馴染みの“どん兵衛”とは一線を画するかのような見るからに希少価値の高い一杯となっています!!

どん兵衛 マシマシ篇ガチ豚ニンニク パッケージ

そしてなんと言っても見てびっくりなのがこちらの仕上がりイメージ!
まさに二郎らしい刻みニンニクが今回の商品名通りガチでマシマシ仕様となっているようですね!ただ…これはあくまでイメージなので、実際の仕上がりに関しても非常に気になるところ。。

このように、しっかりとした食べ応えを感じさせるイメージ写真なんかも掲載されているわけですが、これを見る限り具材には…にんにく・キャベツ・味付豚肉が使用されているようです!

一方こちらには“どん兵衛”シリーズらしい弾力あるもっちりとした“うどん”が掲載されていて、食べ応え抜群な二郎の太麺をイメージするにはぴったりな仕様となっているようですね!(一応パッケージにも“うどん”と記載されています。)

ちなみに…この出汁が美味しいお馴染み“どん兵衛”を簡単なアレンジによってラーメン二郎らしいこってりとした豚骨醤油スープに仕上げ、お好みで野菜をたっぷりと加えた食べ応え抜群な“どん二郎”なんかも一時期大変話題となりましたが、今回の“どん兵衛 マシマシ篇ガチ豚ニンニク”についての詳細は明らかにされていないものの…そういったインスパイア系の味わいが“どん兵衛”公式商品として楽しめる非常に興味深い一杯というわけですね!(…というか“どん二郎”インスパイア?とも言える一杯です!)

個人的にも以前気になって作ってみたことがありますので、この簡単アレンジで楽しめる“どん二郎”について詳しくは下記の記事もぜひご覧ください!

どん二郎
【どん二郎】作ってみました!お馴染み“どん兵衛”を二郎風にアレンジ!つゆの美味しさでお馴染み“どん兵衛”をラーメン二郎風にアレンジした一杯「どん二郎」を食べてみました。 この商品は、いわゆるカップ麺...

上記のように、意外と簡単なアレンジによって二郎らしいインパクトのある味わいが楽しめるわけですが、出汁の利いた醤油ベースの“つゆ”を豚のガツンとした脂・旨味を加えることでちょうど良いパンチのある口当たりとなって不思議とインスパイア系の味にも似た仕上がりとなるんですよね!

それが今回、日清食品から公式発売されたわけですから…その仕上がり具合はまだ定かではありませんが、全国のジロリアンの方も大変気になっているのではないでしょうか?(これをさらにマシマシ仕様にする方も出てきそうですね!!)

他にも特徴として…麺は“二郎”でよく「まるで“うどん”のような麺」と例えられるように、“どん兵衛”シリーズらしいコシの強い太くもっちりとした“うどん”が採用されているようで、それによって醤油ベースに豚の旨味、そしてニンニクをガツンと利かせた力強いスープにも負けじとインパクトある食べ応えを楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

若干豚の旨味に関しては上品な仕上がりというか…二郎ならではのギトギト・こってりとした脂の感じが弱く感じられたものの、確かにニンニクの利かせ具合は非常にマシマシ仕様ということが伝わって来るガツンとした口当たりに仕上がり、インスパイア系らしい味わいでもありますが、お馴染み“どん兵衛”らしさも感じさせることで、恐らく万人受けする後味すっきりとした一杯に仕上げたものと思われます!
これは特に、多少賛否あるかもしれませんが…豚の旨味を利かせた醤油ベースのスープにニンニクをガツンと利かせたインスパイア系を気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は出汁の旨味に定評のあるお馴染み“どん兵衛”シリーズがついに“豚ニンニク”といったインスパイア系を表現した一杯「どん兵衛 マシマシ篇ガチ豚ニンニク」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

どん兵衛 マシマシ篇ガチ豚ニンニク

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“どん兵衛”の新商品ということで、豚の旨味にニンニクをマシマシ仕様によってガツンとした味わいが特徴的な二郎インスパイア系を彷彿とさせるインパクト抜群な味わいを表現した一杯、“どん兵衛 マシマシ篇ガチ豚ニンニク”となっています。

ご覧の通りパッケージには“どん兵衛”らしさを感じさせる“うどん”といった文字もしっかりと掲載されているわけですが、このもっちりとした弾力ある太麺は二郎にも通じるところがあり、しっかりとした食べ応えといった意味ではちょうど良いコラボとも言え、なんと言ってもこのニンニクのイラストイメージからも伝わって来るように、今回の一杯は“豚ニンニク”ですからね!ガツンとした口当たりには期待したいところ!!

また、“ラーメン二郎”実店舗に行くのはちょっと抵抗があるけど…どんな味か気になる。。という方にもぴったりな一杯とも言えるかもしれませんね!ちなみに実際の店舗の様子については、こちらの記事もぜひご覧ください!

ラーメン二郎 札幌店 行ってきました!こってり豚骨醤油がクセになる食べ応えのある一杯!
ラーメン二郎 札幌店 行ってきました!こってり豚骨醤油がクセになる食べ応えのある一杯!「ラーメン二郎 札幌店」に行ってきました! ラーメン二郎…好きな方は好きですよね! 札幌でも「てら」や「勝盛軒」をはじめとする二...

それでは、今回の“どん兵衛 マシマシ篇ガチ豚ニンニク”がどれほど豚の旨味やニンニクを利かせたガツンとした味わいに仕上がっているのか?“どん兵衛”らしさと“二郎インスパイア”らしさとのスープの兼ね合いはもちろん、なんと言ってももっちりとした弾力ある食感が特徴的な“うどん”との相性などなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り353kcal(めん・かやく302kcal / スープ51kcal)となっております。(塩分は6.3g)

カロリーは、濃厚・パンチのあるインスパイア系にしてはかなり低めな数値のようですが、一方で塩分は若干高めといったところ。
ちなみに1食当たり84g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープは51kcalとこちらもやや低めな仕上がりということからも、若干豚の旨味・脂が弱めとなり、そこまでギトギトとしたスープというわけではなく、その分ニンニクのマシマシ仕様によるガツンとした口当たりによって豚の旨味を引き立て、食べ応えのある味わいを表現しているように感じられます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、豚脂や“粉末しょうゆ”をはじめ…

  • かつおぶし調味料
  • でん粉
  • 香辛料
  • 魚粉
  • 昆布調味料

といった、豚の旨味を利かせつつも“どん兵衛”らしい魚介の旨味も加え、後味すっきりとした出汁の利いた味わいにたっぷりと刻みニンニクを加えたことによって、“豚ニンニク”らしいガツンとした口当たりを想像させる材料が並びます。

原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、大豆植物繊維)、かやく(にんにく、キャベツ、味付豚肉)、スープ(豚脂、粉末しょうゆ、食塩、かつおぶし調味料、糖類、でん粉、香辛料、魚粉、昆布調味料)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、リン酸塩(Na)、カラメル色素、炭酸Ca、乳化剤、グリセリン、香料、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、甘味料(スクラロース)、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1(一部に小麦・乳成分・ごま・さば・大豆・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (84g) 当たり]
熱量353kcal
たんぱく質6.3g
脂質12.2g
炭水化物54.4g
食塩相当量6.3g
めん・かやく: 2.6g
スープ: 3.7g
ビタミンB10.29mg
ビタミンB20.38mg
カルシウム122mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、具材には…

  • にんにく
  • キャベツ
  • 味付豚肉

が入っています。

こちら見た感じだと刻みニンニクは細かいせいか…容器底に溜まっているものと思われます!…というか開けた瞬間から食欲そそるニンニクの良い香りが一気に広がっていきますね!

そして、麺はご覧の通り“どん兵衛”ならではのもっちりとした弾力ある太い“うどん”が採用されているようで、これこそ“どん兵衛”らしくもあり、インスパイア系にもぴったりな食べ応え抜群な食感を表現しているようですね!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸い、先ほどまでの“うどん”にもっちりとした弾力が加わり、しっかりとした食べ応えと刻みニンニクがマシマシ仕様となったことでガツンとした味わいが楽しめる一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…スープ表面にはやはり豚の脂などギトギトとしたこってり感はそこまでないようで、むしろこの辺りは“どん兵衛”らしい出汁の旨味が利いたキレのある口当たりが表現されているようにも感じられますね!

ただ…ニンニクの風味はなかなか強烈なものがあります!!なるほど…今回の“どん兵衛 マシマシ篇ガチ豚ニンニク”は、豚の濃厚感を控え目にニンニクの旨味をガツンと利かせたことでキレ・後味の良さを表現し、非常に食べやすいインスパイア系を表現しているようです!

また、具材に使用された味付豚肉からもほどよく肉の旨味が滲み出しているようで、カップ麺らしい仕上がりのようですので、こちらはスープ底に沈めておいて少しでも肉の旨味を滲み出してもらった方が良さそうです!

これは…お好みによってはラード・牛脂など味を調整するために予め用意しておいた方が良いかもしれませんね!以前アレンジしてみた“どん二郎”を彷彿とさせます!(その際も豚肉の旨味・脂に関して若干物足りなさを感じたので。。)

食べてみた感想

一口食べてみると…ニンニクが凄いことになってますね!!それによってガツンとした口当たりを表現しています!これは良い意味で臭くて美味いっ!笑

ただ、やはり“どん兵衛”らしい出汁の旨味なんかもしっかりと表現されていますから…この辺りで若干賛否分かれそうな気はしますね。。もっと豚の旨味をギトギトと楽しみたい方は追加調味料で自分好みの濃厚な味付けにアレンジしてみるのも面白いかもしれません!

そのため、魚介出汁にほどよく豚の旨味が利き、キレの良いすっきりとした印象のスープに仕上がり、容器底にたっぷりと潜む刻みニンニクからガツンとした味わいが伝わって来るようです!(後述しますが、容器底にはかなりの刻みニンニクが溜まっていました。。)

麺について

麺は、ご覧の通り“どん兵衛”らしいもっちりとした弾力ある食感が印象的な“うどん”となっていて、仕様自体はいつもと全く同じでしょうか?若干柔らかめにも感じられたため、調理時間で少し調整してみても良いかもしれません!

そんな“うどん”には…魚介出汁に豚の旨味を利かせた醤油ベースのスープがよく絡み、一口ずつにほどよい豚の旨味とガツンとしたニンニクの味わいが口いっぱいに広がっていき、なんと言ってもこの食欲そそるニンニクの香りが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、先ほどもお伝えした通りカップ麺ならではの若干物足りなさを感じさせる具材ではありますが…じっくりと味わってみると、それなりに豚の旨味なんかもほどよく滲み出てくるため、やはり食べはじめはスープ底にしっかりと沈めておき、旨味をよーく引き立ててもらいましょう!

また、こちらのキャベツはシャキシャキといった食感というよりも…まさにインスパイア系とも言える茹で野菜らしい若干柔らかな仕上がり具合となっていて、個人的にはこちらもマシマシ仕様だと臨場感あったように感じられたんですが、これはこれで今回の一杯にちょうど良い食感としてのアクセントを加えているようです!

スープについて

スープは、“どん兵衛”らしい染み渡るような魚介系の出汁に加え、“豚ニンニク”といった商品名通り豚の旨味なんかもほどよく利いたキレのある飲み口が印象的な後味すっきりとした仕上がりとなっています!

そのため、二郎系の味わいを期待してしまうと…ちょっと厚み・濃厚感・ギトギト感に関して物足りなさを感じるかもしれませんね!ただ、今回はその分ニンニクがガツンと利いていますから、この口当たりに感じさせるパンチの強さによって満足できるのではないでしょうか?

そういったことから、今回の“どん兵衛 マシマシ篇ガチ豚ニンニク”は万人受けしそうな非常に食べやすいインスパイア系とも言えるでしょう!

ではでは…個人的に脂っこさが欲しかったので、こちらラードを加えてみます!

すると、けっこう入れたつもりですが、まだまだ足りないくらいすっきり感に際立っていますね。。これなら、ちょっと面倒かもしれませんが…脂身の多い炒めた豚肉を加えるとちょうど良いかもしれません!

その後も少しラードを足してみたことで、若干厚みのある濃厚感が楽しめる味わいへと変化したわけですが、やはり今回の一杯はなんと言っても刻みニンニクによるガツンとした口当たりが特徴的なようで、“うどん”がうまく二郎ならではの食べ応えのある太麺を表現しており、二郎インスパイア系と言うよりも…冒頭でもご紹介した“どん二郎”をインスパイアした一杯と言った方がしっくり来るかもしれませんね!

そしてこちら!刻みニンニクが容器底にたっぷりと使用されて溜まっています!(この他にもまだまだたっぷりと入っていました。。)

原材料を確認しても“にんにく”といった材料が使用されていなかったため、どうしてこんなにニンニクが利いているんだろう??とは思っていたんですが…パッケージに掲載されていた仕上がりイメージもあながち間違いではないようで、このたっぷりと使用されたシャキシャキ感のある刻みニンニクによってガツンとした口当たり・味わいが表現されているわけですね!

このように、今回の“どん兵衛 マシマシ篇ガチ豚ニンニク”は、豚の旨味に関しては“どん兵衛”らしい魚介出汁なんかも利いたことでキレの良い後味すっきりとした仕上がりとなり、そこにたっぷりと使用された刻みニンニクによってガツンとした二郎らしいパンチのある口当たりが楽しめる仕上がりとなっていたため、お好みによっては厚みのある濃厚感をラードなどで調整してみても良いかもしれません!

まとめ

今回「どん兵衛 マシマシ篇ガチ豚ニンニク」を食べてみて、豚の脂っこい旨味が若干物足りなさを感じられたものの…その分“どん兵衛”らしい出汁の利いたキレの良い口当たりが表現され、そこにたっぷりと使用された刻みニンニクによってガツンとしたパンチのある味わいが楽しめる満足度の高い仕上がりとなっていました!

そのため、二郎インスパイア系とのことで若干期待値が上がりすぎていたせいもあって、どうしても脂っこさ・こってり感が心残りではありましたが…この味がカップ麺として気軽に楽しめるわけですから、そういった意味では十分過ぎるほどのニンニクの利かせ具合と言えるのではないでしょうか?

また、今回の“マシマシ篇ガチ豚ニンニク”は実際コラボ商品なんですかね?正式な公表は一切なく、個人的には“どん二郎”のアレンジレシピを商品化したもののように感じられる一杯となっていて、セブン-イレブン限定・期間/数量限定での発売のようですので、気になる方はぜひお早めに食べてみてくださいねー!それでは!