どん兵衛

どん兵衛 マシマシ篇 ガチニンニク背脂風豚骨!二郎系の味わいに背脂を加えたコク深い一杯

どん兵衛 マシマシ篇 ガチニンニク背脂風豚骨

どん兵衛 マシマシ篇 ガチニンニク背脂風豚骨」を食べてみました。(2020年3月30日発売・日清食品/セブンイレブン限定)

この商品は、お馴染み“どん兵衛”の新商品ということで、今回は以前大変話題となったアレンジメニュー“どん二郎”を彷彿とさせる“どん兵衛 マシマシ篇”シリーズ第3弾として発売されたもので、豚骨の旨味をベースにコク深く濃厚な味わいに仕上げたスープにたっぷりと“刻みにんにく”を使用し、さらに背脂によるコク深さが際立った食べ応え抜群な一杯が登場です!

それも…豚の旨味を存分に活かした一杯は今回インスパイア系らしい王道の豚骨醤油スープとなっていて、“にんにく”のガツンとした味わいで圧倒的人気を誇る全国展開の人気店“ラーメン二郎”を思わせる濃厚感を踏襲しつつ、後味すっきりとした醤油ならではのキレの良いスープに背脂をたっぷりと使用したことで、深みのあるコクを引き立てた旨味溢れる一杯、“どん兵衛 マシマシ篇 ガチニンニク背脂風豚骨”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通り、パッケージは“ラーメン二郎”の看板を思わせる黄色で統一されていた“マシマシ編”第1弾とは異なり、第3弾となる今回は…紫にも近い奇抜なピンク色を基調にあしらわれており、なんと言っても“ガチニンニク背脂風豚骨”といった商品名が印象強いデザインとして配置され、インスパイア系らしいたっぷりと使用された“にんにく”の旨味はもちろん、二郎系には欠かせない背脂を加えたことによってコク深く濃厚な味わいであることがすでに伝わってきますね!…なんかどんどん本家に寄せて行ってる感が。。

どん兵衛 マシマシ篇 ガチニンニク背脂風豚骨 パッケージ

一方こちら容器側面には、豚骨の旨味を利かせた濃厚な豚骨醤油スープといった仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…にんにく・背脂(ラード加工品)・味付豚肉・ねぎが使用されているようです!ここにギトギトとした豚の脂が加わっていればもはや二郎そのもの。。

ちなみにこの“マシマシ編”に使用されている“刻みにんにく”は細かくカットされている状態で容器底にたっぷりと溜まっているんですよね!これが“二郎”らしさの象徴でもありクセになるガツンとした味わいを表現し、さらに今回は背脂を加えたコク深いテイストに仕上がっているものと思われますから、今回の第3弾もまたかなり期待したいところ!

また、こちらには“どん兵衛”らしいもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えた太い“うどん”に“刻みにんにく”がたっぷりと絡んだイメージ写真なんかも掲載されていて、よく“うどん”に比喩される“二郎”ならではの太麺がうまい具合に表現されたことでガツンとした豚骨醤油スープと絶妙にマッチし、しっかりとした食べ応えなんかも楽しめそうです!(※一応パッケージには“うどん”と記載されています。)

他にも特徴として…上記のように麺には“どん兵衛”ならではのもっちりとした弾力と食感滑らかな太い“うどん”が採用されていて、“ラーメン二郎”らしい…しっかりとした食べ応えを表現したことによって、今回の豚骨醤油スープに“刻みにんにく”をたっぷりと合わせ、さらに背脂によるコクが際立った濃厚なスープにも負けじと満足度の高い一杯が楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“マシマシ篇”第3弾として登場となった今回の“ガチニンニク背脂風豚骨”は、インスパイア系としては王道にも感じられる豚骨醤油に“にんにく”の旨味、そして相性抜群な背脂をたっぷりと加えたことで、臨場感溢れる仕上がりとなり、醤油ならではのキレの良さによって思っていたほどこってりとした“くどさ”はなく、最後まで飽きの来ない…今回もまた話題性抜群な美味い一杯となっていました!
これは特に、ジロリアンの方はもちろん、お馴染み“どん兵衛”のアレンジレシピとして登場した“どん二郎”を彷彿とさせる王道インスパイア系の味わいを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はアレンジレシピ“どん二郎”を彷彿とさせる“マシマシ篇”第3弾として登場となった豚骨醤油スープに“にんにく”の旨味をしっかりと利かせ、たっぷりと背脂を合わせた食べ応え抜群な一杯、「どん兵衛 マシマシ篇 ガチニンニク背脂風豚骨」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

どん兵衛 マシマシ篇 ガチニンニク背脂風豚骨

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“どん兵衛”の新商品ということで、豚の旨味に“にんにく”をマシマシに加え、さらに別添されている背脂によってコク深いガツンとした味わいが特徴的な二郎インスパイア系を彷彿とさせるインパクト抜群な味わいを表現した一杯、“どん兵衛 マシマシ篇 ガチニンニク背脂風豚骨”となっています。

これを見る限り第1弾との違いは…

  • 背脂が加えられている
  • キャベツが使用されていない

という点くらいかと思われるかもしれませんが、第1弾にはまだ“どん兵衛”らしい昆布や鰹の出汁なんかも利かせてあったものの…今回の第3弾にはなんとそういった材料は使用しておらず、もはや“どん兵衛”とは名ばかりの二郎インスパイア系の一杯となっており、先ほどもお伝えした通り少しずつ寄せて行ってる感は否めなく、もし第4弾が登場するとしたら、さらに豚脂がギトギトと加えられ、具材もキャベツマシマシ仕様で盛られ、ある意味完成された一杯が登場するかもしれませんね!

ちなみに、元々日清食品が“ラーメン二郎”とのコラボカップ麺の提案をしたところ…ラーメン二郎の創業者である“山田 拓美”氏に「来られても面倒くせえから勝手にやってくれ」と言われたことから“どん兵衛”をアレンジしたことによって“二郎”らしい味わいを再現した“どん兵衛 マシマシ篇 ガチ豚ニンニク(2019年10月8日発売)”の商品化へと発展し、さらに手軽に“二郎系”の味わいが楽しめる“マシマシの素”がオンライン限定(3,000袋限定)でプレゼントされ、さらに“マシマシ篇”第2弾として“ガチニンニクバター味噌”が2019年12月9日に発売、さらに今回第3弾となる“ガチニンニク背脂風豚骨”が登場となったわけです!
※“マシマシの素”は大変好評だったようで、2019年11月25日に改めて数量限定で再登場しました。

他にも2020年3月16日には“もやし”ひとつであの濃厚な豚骨醤油が楽しめる箱形のインスタント麺“豚園(ぶたぞの)”が発売されています!

…というか今回の一杯は事前情報はもちろん、日清食品の公式ページにも情報がありません!というのも今回の商品はセブン&アイ(セブンプレミアム)による取り扱いでもなくセブンイレブン限定商品(あくまでセブンイレブンと日清食品とのコラボ)となっているためです!毎回言ってますが…“勝手にやってくれ”とは言ってもちょっとやり過ぎですよね。。笑

また、“どん二郎”に関しては個人的にも以前気になって作ってみたことがありますので、詳しくは下記の記事もぜひご覧ください!

どん二郎
【どん二郎】作ってみました!お馴染み“どん兵衛”を二郎風にアレンジ!つゆの美味しさでお馴染み“どん兵衛”をラーメン二郎風にアレンジした一杯「どん二郎」を食べてみました。 この商品は、いわゆるカップ麺...

上記のように、意外と簡単なアレンジによって二郎らしいインパクトのある味わいが楽しめるわけですが、出汁の利いた醤油ベースの“つゆ”を豚のガツンとした脂・旨味を加えることでちょうど良いパンチのある口当たりとなって不思議とインスパイア系の味にも似た仕上がりとなるんですよね!(ぜひお試しください。)

それでは、今回の“どん兵衛 マシマシ篇 ガチニンニク背脂風豚骨”がどれほど豚骨の旨味を利かせた仕上がりとなっているのか?たっぷりと加えられた“刻みにんにく”や別添された背脂によるコクとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても“どん兵衛”らしいもっちりとした弾力のある“うどん”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り415kcal(めん・かやく327kcal / スープ88kcal)となっております。(塩分は6.5g)

カロリーは、インスパイア系の一杯の割にやや低めな数値のようですが、一方で塩分はやや高めといったところ。
ちなみに1食当たり95g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープは88kcalと強烈に高い数値というわけではありませんが、しっかりと豚骨の旨味を利かせ、さらに背脂のコクが旨味を引き立てる喉越しの良いインパクトある豚骨醤油をイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポーク調味料や豚脂をはじめ…

  • 食塩
  • でん粉
  • クリーミングパウダー
  • ポークパウダー

といった、豚骨の旨味をしっかりと利かせたシャープな飲み口が印象的なインスパイア系ならではの豚骨醤油スープに仕上げ、そこに“刻みにんにく”や別添されているじっくりと炊き出した背脂によるコクが厚みのある旨味を際立たせるガツンとした味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902105255254
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維)、スープ(ポーク調味料、豚脂、食塩、でん粉、糖類、クリーミングパウダー、小麦粉、ポークパウダー、たん白加水分解物、酵母エキス)、かやく(にんにく、ラード加工品、味付豚肉、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、カラメル色素、リン酸塩(Na)、炭酸Ca、香料、乳化剤、グリセリン、酸化防止剤(ビタミンE)、フラボノイド色素、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (95g) 当たり]
熱量415kcal
たんぱく質8.5g
脂質16.9g
炭水化物57.2g
食塩相当量6.5g
めん・かやく: 2.4g
スープ: 4.1g
ビタミンB10.30mg
ビタミンB20.36mg
カルシウム128mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、具材には…

  • にんにく
  • ラード加工品
  • 味付豚肉
  • ねぎ

が入っています。

ちなみにこの時点ですでに食欲そそる“にんにく”の風味が香ります!!

さらに、麺はご覧の通り“どん兵衛”シリーズらしい厚みのある幅広なもっちりとした“うどん”が採用されているようで、これによって“にんにく”・背脂マシマシ仕様の豚骨醤油スープとともにしっかりとした食べ応えに期待できそうです!(もはや“どん兵衛”らしさはこの“うどん”だけですね。。)

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:420ml)
そして出来上がりがこちら!

すると…しっかりとお湯を吸い、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に“うどん”にはもっちりとした弾力が加わり、なんと言っても“にんにく”の良い香りが漂い、パンチのある豚骨醤油らしい食べ応え抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…スープ自体は割とさらっとした状態ではありますが、豚骨や背脂がしっかりと利いているせいか厚みのある旨味が凝縮されたコク深い一杯といったところで、粒の大きな背脂がスープ表面に浮いているのが確認できますね!

また、この“マシマシ編”シリーズに使用されている“刻みにんにく”は容器底にたっぷりと沈んでいますから、いただく際は容器底から“うどん”をすくうと一際旨味が引き立って楽しめるかと思われます!(ただ、風味としてはそこまで強烈に“にんにく”臭いわけではありません。)

食べてみた感想

一口食べてみると…やはり魚介出汁が使用されていないだけあって完全に豚骨醤油へ寄せて行ってますね!“どん兵衛”らしさは“うどん”のみで、先ほどもお伝えした通りここに豚脂のギトギト感が加わればスープは完璧再現と言って良いのではないでしょうか?(怒られないのか心配になるほどです。。)

そのため、豚骨の旨味はしっかりと利いているものの…脂っこさといった印象は全くなく、後味すっきりとしたキレの良い仕上がりのため、ついゴクゴクいけちゃうやつですね。。個人的にはここにたっぷりとラードを加えたいところ!

また、豚骨に関しても特徴的な臭みなどもなく、脂っこさがない分、幅広い層に好まれるテイストに仕上げてきてますね!この“マシマシ編”シリーズでは一番美味しく(本家に近く)再現されているのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り“どん兵衛”らしい厚みのある幅広な“うどん”となっていて、若干もっちりとした弾力に際立って感じられたため、調理時間5分なんですが…ちょうど良い食感を楽しむなら恐らく3分程度でも良いかもしれません!(この辺りはお好みによって調整してみてください。)

そんな“うどん”には、豚骨の旨味をしっかりと利かせ、醤油ならではのキレが後味の良さを際立たせた豚骨醤油スープがよく絡み、一口ずつに食欲そそる“にんにく”や背脂によってコク深い味わいが口いっぱいに広がっていき、マシマシ仕様の“刻みにんにく”の香りが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、細切れにされたカップ麺らしい仕上がりではありますが…じっくりと噛んで味わってみると、それなりに豚の旨味が感じられる具材となっていましたので、食べはじめは少しでも旨味を滲み出してもらうためにもスープ底に沈めておき、後々麺と一緒に絡めていただくとより一層肉の旨味が引き立って楽しめるのではないでしょうか?

さらにこちら!スープ底にたっぷりと沈んでいる“刻みにんにく”です!ちょっと小さめなカットではありますが、食感も良く、これが良い旨味を引き立てるんですよね!豚骨醤油スープとも非常に相性良く、パンチのある口当たりを表現し、インスパイア系には欠かせない具材となっています!しかもそこまで強烈な“にんにく”臭というわけではない点が好印象で、がっつりと楽しみたいのならさらに生の“にんにく”を追加したいほど!

他にも、今回の特徴でもある大粒の背脂が豊富に使用されており、決して脂っこさはなく、豚骨醤油スープにちょうど良いコクを際立たせ、合わないわけがない具材のひとつとして厚みのある旨味を表現しています!(個人的にはもっと脂っこくて良いんですけどね。。)

そしてこちらを含めよーくスープと混ぜ合わせ馴染ませることによってコク・深みがより一層引き立ち、それによってパンチのある口当たりが楽しめることでしょう!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り豚骨の旨味をしっかりと利かせ、醤油ならではのキレの良さが印象的な豚骨醤油スープをベースに“刻みにんにく”をたっぷりと加え、さらに今回背脂も同じく豊富に使用したことで、キレの良いスープにはほどよいコクや深みが際立ち、より一層インスパイア系らしいパンチのある味わいが再現されているように感じられます!

そのため、豚骨醤油に“にんにく”・背脂を加えたスープは、まさに二郎系を思わせるテイストに仕上がり、ギトギト感だけがない分こってりとした味わいではなく、非常に飲みやすく飽きの来ない味わいが楽しめるかと思われ、まさに万人受けするかのようながっつり系の一杯といったところではないでしょうか?

また、食べ進めていくに連れて背脂も少しずつ豚骨醤油スープに溶け込み、それによって徐々にコクが際立ち、同じく満足度も増していく…そんなやみつきな味わいがクセになる美味しさがたっぷりと堪能でき、これまで発売されてきた“マシマシ編”シリーズとしては個人的に一番再現性が高いかと思われます!

やはりここにラードを加えれば完璧ですね!ご覧の通りスープ表面には脂っこさを思わせるような油分は浮いていないので、あくまで豚骨はスープに旨味としてしっかりと溶け込み、ここにギトギト感が加われば…濃厚こってりとした味わいに引き立ち、より一層クセになること間違いなしです!

さらに、今回の“ガチニンニク背脂風豚骨”は味自体濃いめな仕上がりですから…残ったスープに追い飯も当然合います!

ただ、個人的には茹で野菜をたっぷりと別で用意して野菜マシマシでいただきたいので、次回作はぜひ“どんぶり型”の容器での登場に期待したいところ!!

このように、今回の“どん兵衛 マシマシ篇 ガチニンニク背脂風豚骨”は、豚骨の旨味をベースに後味すっきりとしたキレの良い醤油と合わせ、“刻みにんにく”をたっぷりと加えたことでパンチのある口当たりを表現し、さらに今回は背脂によるコク深さが際立っていたため、まさに二郎系の味わいにより近しいガツンとした美味しさが楽しめる仕上がりでしたので、お好みによっては生の“にんにく”やラードなどをさらに加えてみても良いでしょう!

まとめ

今回「どん兵衛 マシマシ篇 ガチニンニク背脂風豚骨」を食べてみて、豚骨の旨味をしっかりと利かせた豚骨醤油スープには、飽きの来ない濃厚感や後味の良いキレの良さが際立ち、ギトギト感・こってり感はそこまでなかったものの…背脂が加わったことによって味に深みやコクが広がり、もっちりとした弾力のある“うどん”がインスパイア系らしさを感じさせる旨味・風味がクセになる濃厚な一杯となっていました!

さすが…“勝手にやってくれ”と言われただけあって、どんどんこの手のフレーバーを発売させていますね!そのため恐らくまだしばらくは続くのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!