凄麺

凄麺 中華そばの逸品!3種の醤油を使用した繊細かつコク深い王道の“中華そば”を再現した一杯

凄麺 中華そばの逸品

凄麺 中華そばの逸品」を食べてみました。(2021年3月15日リニューアル発売・ヤマダイ)

この商品は、茹でたてのような旨さ、お店のような美味しさでお馴染み“凄麺(すごめん)”シリーズから発売されているもので、ポークなど動物系の旨味をベースに3種類もの醤油を使用したことでシンプルながらも王道を行く繊細かつ深みのある“中華そば”に仕上げ、すっきりとした後味が印象的な安定感のある醤油スープにシリーズらしい本格感のある中太麺が絡む一杯、“凄麺 中華そばの逸品”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通り、パッケージにはお馴染み“ニュータッチ”シリーズの中でもノンフライ麺仕様である“凄麺”のロゴが掲載され、“ゆでたての旨さ再現!”と記載されているようにこのシリーズは非常に麺の仕上がりが良いんですよね!まさに生麺を思わせるもっちりとした弾力はもちろん、噛み応えのある強いコシが表現されているシリーズです!

一方こちらパッケージ背景には、動物系の旨味をベースに3種類もの醤油をバランス良く合わせた濃いめながらも透明感のある後味すっきりとしたスープに仕上げ、レトルト仕様の本格感のあるチャーシューやメンマ、そしてシリーズらしい生麺のような食感を表現した中太麺がよく馴染む仕上がりイメージなんかも一面に掲載されていて、これを見る限り具材には…チャーシュー・メンマ・“ねぎ”が使用されているようです!

また、こちらには“鶏油が香るシンプルな美味しさ”と記載されているように、この“中華そばの逸品”の特徴として…シンプルながらも動物系の旨味をバランス良く合わせたことで、キリッとした口当たりの醤油スープには鶏油(チーユ)の風味がほんのりと漂い、まさに素材本来の味わいを存分に活かした飽きの来ない仕上がりとなっており、3種類もの醤油を使用したという…醤油そのものにも拘った深みのある一杯のようですね!

こういった素材の旨味を引き立てた素朴な“中華そば”はたまに食べたくなるテイストで、魚介系や鶏出汁など“中華そば”とは言っても様々なテイストがある中、今回は動物系の旨味をシンプルに利かせたあっさり系の仕上がりのようで、万人受けするかのような味わいににはかなり期待したいところ。。

しかもこちらには“チャーシュー・メンマ入り《レトルト調理品》”と記載されているように、この商品はスープが割とあっさりとしている分、各種具材を非常にクオリティ高くしたことによって決して物足りなさを感じさせない美味しさが表現され、元々は2008年9月8日に初登場しており、何度かの改良を重ね、最近で言うと…2020年5月18日にリニューアル発売されています!

ちなみに、今回の“中華そばの逸品”の特徴としては…公式サイトを参考にすると以下のような点が挙げられるようです!

  • シンプルながらも王道の“中華そば”
  • 3種の醤油を使用した後味すっきりとした力強いスープ
  • レトルト仕様のチャーシューとメンマを採用

このように、“中華そば”と聞くと…割とあっさりとした昔ながらのテイストをイメージするかもしれませんが…今回の“中華そばの逸品”は、3種類の醤油を使用したスープをポークなど動物系の旨味がしっかりと下支えし、ほんのりと鶏油が香り立つ風味豊かな一杯で、まさにシンプルながらも飽きの来ない丁寧な味わいに仕上げ、シリーズらしい本格感のある中太麺が相性良くマッチし、何度食べても飽きの来ないテイストが印象的な一杯となっています!

他にも特徴として…麺は角刃・中太仕様となっていて、つるっと滑らかでもっちり感と強いコシを兼ね備え、シリーズらしい本格感のある食感に仕上がり、コクや深みを引き立てる動物系の旨味をベースに3種類もの醤油を掛け合わせた繊細かつ厚みのあるスープともバランス良く馴染み、最後まで飽きの来ない美味しさが臨場感高く楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

しっとりとした動物系の旨味をバランス良く醤油スープに合わせたことで、3種類の醤油の美味しさを最大限に引き立たせるかのような深みを演出、さらに脂っこさや濃厚感といった印象というよりも品の良いコクがプラスされていて、素材本来の美味しさを活かしたシンプルながらも王道の“中華そば”に仕上がり、シリーズならではの本格感のある中太麺にもしっかりと絡むことで、一口ずつに感じられる旨味・満足度は一際大きく、何度食べても飽きの来ない…そんなあっさりとした中にも物足りなさのない美味しさが凝縮された満足度の高い逸品となっていました!
これは特に、シンプルな“中華そば”が好みの方はもちろん、動物系の旨味に3種類の醤油をバランス良く合わせたことで、最後まで飽きの来ない王道的な味わいをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は動物系の旨味に3種類の醤油を合わせたシンプルな“中華そば”といったあっさりとした中にもコク深く後味すっきりとした定番メニューとも言える味わいをカップ麺に再現し、シリーズらしいもっちりとした弾力のあるお店さながらの食感に仕上がった麺と絶妙にマッチした満足度の高い一杯、「凄麺 中華そばの逸品」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

【追記】この商品は2021年3月15日にリニューアル発売されています!

凄麺 中華そばの逸品

今回ご紹介するカップ麺は、“茹でたての旨さ、再現!”でお馴染み“凄麺”シリーズから発売されているシンプルな“中華そば”ながらも王道の味わいをクオリティ高く再現したもので、ポークなど動物系の旨味が3種類の醤油を使用した繊細な美味しさをコク深く引き立て、キリッとした醤油ならではの口当たりとともにしっとりとした旨味が凝縮された醤油スープに仕上げ、さらにもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えた中太麺が相性良く馴染んだ一杯、“凄麺 中華そばの逸品”となっています。

ご覧の通りパッケージには“中華そばの逸品”、“鶏油が香るシンプルな美味しさ”といった商品名や特徴などが記載され、動物系の旨味に3種類の醤油が繊細かつ力強い味わいを表現した割と透明度の高い醤油スープなどの仕上がりイメージが掲載されており、王道とも言える“中華そば”の仕上がりは、どれほどの旨味・テイストなのか?非常に気になるところではないでしょうか?

凄麺 中華そばの逸品 パッケージ

また、こちらにもさり気なく昔ながらのシンプルな“中華そば”といったイメージ写真が掲載されており、今回の“中華そばの逸品”も恐らく何度食べても飽きの来ないあっさり感と、申し分のない旨味・コクがしっかりと凝縮された味わいが表現されており、かなり幅広い層に好まれる仕上がりであることがよーく伝わってきます!

そしてこの“凄麺”シリーズとは、“ご当地シリーズ”や“逸品シリーズ”などいくつかのシリーズに細分化されていて、今回の“中華そばの逸品”はこの“逸品シリーズ”のラインアップとして発売されているもので、これまでも以下のように数多くの商品が発売されてきました!

ちなみにこの“凄麺”シリーズとは…元々はヤマダイ株式会社が製造元となる“ニュータッチ”シリーズなんですが、その中でもノンフライ麺仕様がこの“凄麺”シリーズに当たります。(さらに“ご当地シリーズ”や“逸品シリーズ”など細分化されているため、ちょっとややこしい…笑)

他にも、“凄麺”シリーズと言えばお馴染みフタの裏に記載されている“フタの裏ばなし”が今回も同じく掲載されていて、こちらによると…“ドレミーレド・ドレミレドレー♪この調べに誘われて、小腹を空かせ夜な夜な屋台に出向いた方もいるのではないでしょうか?そもそもチャルメラは16世紀末にポルトガルから渡来したもので当時は「南蛮笛」と呼ばれていたようです。”とのことで、今回の“中華そばの逸品”との接点がイマイチわかりませんが…昔ながらの味わいが表現されているということでしょうか?素朴ながらも何度食べても飽きの来ないテイストをイメージさせますね!

それでは、今回の“凄麺 中華そばの逸品”がどれほど動物系の旨味を3種類の醤油とバランス良く合わせたスープに仕上がっているのか?クオリティの高いレトルト仕様のチャーシューやメンマ、そしてふんわりと香る鶏油の風味との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしい弾力のある中太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り315kcalとなっております。(塩分は7.2g)

カロリーは、動物系の旨味を利かせたとは言え…あっさり目な醤油スープということもあって想像以上にかなり低めな数値のようですが、一方で塩分はかなり高い数値となっています。
ちなみに1食当たり117g、麺の量は60gとのこと。

また、この“凄麺”シリーズはカロリーの内訳が記載されていないんですが…今回のシンプルながらも王道の味わいを表現した“中華そばの逸品”といったテイストからして、恐らくスープはそこまで高くはない気がします!ただ、スープの塩分がかなり高いので、“塩分が気になる方へ!”といった注意書きが記載されているようです!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“しょうゆ”や食塩をはじめ…

  • 植物油脂
  • 動物油脂
  • ポークエキス
  • 香辛料
  • メンマパウダー

といった、ポークなど動物系の旨味をベースに3種類の醤油をバランス良く合わせた繊細かつコク深いスープに仕上げ、食欲そそる鶏油の風味がふんわりと香り立ち、それによってシンプルながらも物足りなさを一切感じさせない味わいを想像させる材料がシンプルに並びます。

JANコード4903088014784
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、大豆食物繊維)、スープ(しょうゆ、食塩、たん白加水分解物、植物油脂、動物油脂、ポークエキス、香辛料、糖類、酵母エキス、メンマパウダー)、かやく(味付豚肉、メンマ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、かんすい、カラメル色素、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、(一部に小麦・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (117g) 当たり]
熱量315kcal
たん白質11.7g
脂質7.2g
炭水化物50.9g
食塩相当量7.9g(めん・かやく2.4g/スープ5.5g)

引用元:中華そばの逸品|ヤマダイ公式通販サイト

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、後入れ液体スープ、レトルト調理品といった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に液体スープに関しては動物系の旨味をしっかりと利かせたコク深い仕上がりのようで若干ドロッとした状態となっていたため、調理中はレトルト調理品と一緒にフタの上で軽く温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通り角刃・中太仕様で、シリーズらしい生麺を思わせるかのような茹でたてのもっちりとした弾力や歯切れの良い強いコシが表現され、3種類の醤油に動物系の旨味がコクを引き立てたシンプルながらも飽きの来ない醤油スープとよく馴染むことで、一口ずつに感じられる美味しさ・満足度も一際大きく感じられそうです!

調理してみた

ではまず、先ほどの“かやく”を入れてみます。

そして、かやくには…“ねぎ”のみが入っています。他のチャーシューとメンマに関しては今回レトルト調理品としての仕様となっているため、最後の仕上がりに添えましょう!

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:430ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの中太麺がふっくらとした仕上がりとなり、シリーズらしい茹でたて・生麺さながらのもっちりとした弾力や噛み応えのある強いコシが加わり、まだ液体スープを入れる前ではありますが…ポークやチキン、そして煮干しの旨味をしっかりと利かせたことで贅沢にも感じられるコク深い醤油スープに一際存在感のある麺が印象的なボリューム感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

では、液体スープを加えたいところですが…“めんをほぐした後に入れてください”と記載されていたため、まずは軽く麺をほぐしていきます!(そこまでガシガシとした印象ではありませんでしたので、そこまで気にしなくても良いかと思われます。)

ではここに先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…まずはじめに動物系の脂などの無色透明な油分が出てきます!

そしてその後、思ったよりもドロッとした印象の液体スープが出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

さらに先ほどのレトルト調理品(チャーシューとメンマ)も加えます!
こちらにもちょうど良い油分が含まれているようですので、せっかくなので加えてしまいましょう!

ご覧の通り割とドロッとした液体スープは重みもあってすぐに容器底へと沈んでいくのと同時に動物系の上質な脂・油分がスープ表面に広がっていき、鶏油の風味はほんのりと香る程度となっていて、まさにシンプルながらも王道を行く“中華そば”といったイメージ通りの仕上がりとなっていて、特別何かに突出しているわけではないものの…何度でも食べたくなるような安定感のある美味しさをイメージさせますね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
こうしてスープが全体に馴染むと…見た目としては非の打ち所のない仕上がりといったところで、透明感のある醤油スープには動物系の旨味がコクを際立たせ、さらに3種類もの醤油を使用したことによって繊細かつ深みがあり、シンプルながらも物足りなさを感じさせない品のある逸品となっているようです!

他にもこのレトルト調理品に含まれているチャーシューに関しては、カップ麺とは思えないほどの仕上がりとなっていて、こちらからも良い旨味が滲み出すことで見るからに満足度は高く、後味すっきりとしたスープに素材の旨味を活かした深みが加わったことによって何度でも食べたくなるような…“中華そば”ならではの飽きの来ないテイストに仕上がっているようにも感じられます!

食べてみた感想

一口食べてみると…3種類の醤油を使用したことで繊細な味わいが動物系の旨味によってコク深く引き立てられ、キリッとした口当たりではあるんですが、角の取れた優しい舌触りにも感じられる上品な醤油スープとなっています!…これはシンプルながらも王道の“中華そば”というのも納得の仕上がりではないでしょうか?

そのため、インパクトこそ欠けるものの…動物系の旨味がほどよいコクやまろやかさをプラス、それによってキリッとした醤油ならではの味わいが優しくも感じられ、幅広い層に好まれるあっさり系のスープが臨場感高く再現されているように感じられます!

また、レトルト仕様のチャーシューからも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて満足度も増していき、このコク深くまろやかな醤油スープは栄養成分表示にも記載されていた通りかなり塩分高めなんですが…ついつい止まらなくなってしまいますね。。

麺について

麺は、ご覧の通りやや細めにも感じられる中太・角刃仕様で、つるっと滑らかな食感や噛み応えのある強いコシを併せ持ったシリーズらしいノンフライ麺が採用されており、お店さながらの生麺のような強いハリがあり、密度感のあるずしっとした食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな中太麺には、3種の醤油に動物系の旨味をバランス良く合わせたシンプルな醤油スープがよく絡み、一口ずつに醤油感の強い繊細な味わいや動物系のコク深い旨味が口いっぱいに広がっていき、ほんのり香る鶏油の風味が後味良く抜けていきます!そのせいか…今回の“中華そばの逸品”に関しては鶏の旨味に際立っているようにも感じられ、素朴ながらも旨味が伴っているため全く飽きが来ません!

トッピングについて

トッピングにはまず、なんと言ってもこちらのレトルト仕様のチャーシューが入っていて、じっくりと低温調理されたかのような非常に柔らかな食感と厚みがあり、サイズとしても全く申し分のないこの具材は…じっくりと味わってみるとホロホロと崩れていくのと同時にじゅわっと肉の旨味が滲み出す非常に美味しい仕上がりとなっています!

こういった上質なレトルト調理品を使用しているにもかかわらず、税別220円はかなりリーズナブルな一杯とも言えるのではないでしょうか?(しかもスーパーなどではさらにお安くお求めいただけますので、かなりお得感ありますね。)

また、こちらのメンマも上記のチャーシューと同じくレトルト仕様となっているため、お店さながらのコリコリ感やしっかりとした味付けが施された仕上がり具合となっていて、こちらもメンマならではの味付けはもちろん、素材本来の旨味が感じられる非常に美味しい具材としてあっさりとした醤油スープともぴったりです!

他にも、こちらの“ねぎ”が入っていて、そこまで大きくカットされているわけではありませんので、シャキシャキとした食感…というよりもちょうど良い薬味としてシンプルな醤油スープの美味しさを引き立て、後味すっきりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り3種類もの醤油を合わせた拘りのスープに動物系の旨味を丁寧に利かせたことで、しっとりとしたコク・まろやかさがプラスされ、醤油の美味しさを最大限に引き立てるかのようなバランスは、まさにシンプルながらも飽きの来ない王道の“中華そば”といったところ!そして特にキリッとしたシャープな飲み口と動物系のコク深さがうまく調和された辺りは非常に好印象で飲み飽きることもありません!

そのため、ほどよく動物系の旨味を利かせたシンプルな“中華そば”が好みの方ならほぼ間違いなく納得のいく仕上がりで、脂っこさや“くどさ”といった印象は全くありませんから…かなり幅広い層に好まれる安定感のある逸品と言えるのではないでしょうか?

また、食べ進めていくに連れてレトルト仕様のチャーシューからも良い旨味が滲み出し、ほどよく深みが増していくと同時に満足度も増していく…そんなシンプルながらもコク深くまろやかな“中華そば”ならではの飽きの来ない美味しさは、この“逸品シリーズ”の中でも定番のフレーバーとしても好評の一杯と思われます!

このように、今回の“凄麺 中華そばの逸品”は、ポークなど動物系の旨味が3種類の醤油を使用した繊細な味わいにほどよいコクを引き立て、キリッとした口当たりと厚みのあるスープに仕上がり、メリハリのある安定した美味しさが最後まで飽きることなく楽しむことができ、シリーズらしい弾力と強いコシを併せ持った中太麺が食欲をしっかりと満たしてくれる満足度の高い一杯となっていたため、お好みによっては醤油スープと相性の良いペッパー系の香辛料をちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「凄麺 中華そばの逸品」を食べてみて、動物系の旨味をベースに3種の醤油を合わせたことで繊細かつコクのあるシンプルながらも飽きの来ない王道な“中華そば”の味わいがレトルト調理品(チャーシュー・メンマ)によって臨場感溢れるテイストとして仕上がり、醤油ならではのキレの良さと動物系のコクが絶妙にマッチしたことによって特別何かに突出しているわけではありませんが…安定感のある美味しさ、そして本格感のある中太麺によって何度食べても飽きの来ない一杯となっていました!

やはり“凄麺”シリーズは麺の仕上がりに定評があるだけでなく、スープの方もしっかりと作り込まれている印象で美味しいですね!

また、このシリーズは他にも様々なフレーバーなんかも数多く発売されていますから…好んでリピートしているという方も多いのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!