カップ麺

「中華そば専門 田中そば店」監修カップ麺 “肉そば” 豚骨ベースの清湯スープに塩ダレを合わせた深みのある一杯

中華そば専門 田中そば店 肉そば

中華そば専門 田中そば店 肉そば」を食べてみました。(2021年9月27日発売・東洋水産)

このカップ麺は、東京・足立区に本店を置く人気ラーメン店“博多長浜らーめん 田中商店”の“気軽に食べられる田舎のラーメン”をコンセプトにしたセカンドブランド“中華そば専門 田中そば店”の人気メニュー“肉そば”の味わいを同店監修によって縦型ビッグサイズのカップ麺に再現したもので、ポークの旨味をベースに香味野菜や煮干し、醤油を加えたシンプルながらも素材の旨味を活かした一杯が登場です!

それも…“喜多方ラーメン”をイメージしたという“肉そば”は、豚骨の旨味をベースにした清湯スープに塩ダレをバランス良く合わせ、どことなく懐かしさを感じさせる淡麗塩豚骨スープに仕立て上げ、硬めでコシの強い平打ち仕様の幅広なフライ麺と絶妙にマッチしたことで最後まで飽きることなく素材の旨味が楽しめる淡麗系ならではのあっさりとした中にも深みのある一杯、“中華そば専門 田中そば店 肉そば”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通りパッケージには、“中華そば専門 田中そば店”といった店舗ロゴが暖簾に掲載され、実店舗での人気メニュー“肉そば”の味わいを再現したという…ポークをベースに塩ダレによるキリッとしたシャープな飲み口が絶妙にマッチしたあっさりとした中にも味わい深い美味しさが染み渡り、硬めの平打ち麺や各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージを見るとやはり透明感が非常に高く、素材本来の旨味をストレートに活かした塩スープがたっぷりと楽しめそうです!

中華そば専門 田中そば店 肉そば パッケージ

そして、こちら容器側面には“あっさりとしながらも深みのある、豚骨ベースの塩ラーメン!”と記載され、その背景には豚骨の旨味に塩ダレを合わせたコク深くもあっさりとした淡麗塩スープにもっちりとした弾力と硬めにしあがった平打ち仕様のフライ麺が絡む仕上がりイメージが掲載されており、これを見る限り具材には…味付豚肉・メンマ・“ねぎ”が使用されているようです!

というか…今回の一杯は東京・足立区に本店を置く人気行列店である「博多長浜らーめん 田中商店」の姉妹店“中華そば専門 田中そば店”の人気メニュー“肉そば”の味わいが同店監修によって再現されているとのことで、豚骨ベースの塩ラーメンは意外と相性抜群で飽きが来ないんですよね!しかも、そもそも東京の人気行列店ということもあって、まさに安定感すら感じさせる味わいに期待できるのではないでしょうか?

さらにこちらには“店主監修 肉そば”と記載され、その背景には淡麗塩豚骨スープに相応しい透明度の高いあっさりとした中にもコク深く何度食べても飽きの来ない“喜多方ラーメン”をイメージした美しくも見える塩スープが掲載されており、澄んだスープには豚骨の旨味が凝縮されたことで物足りなさといった感じは一切なく、さらに塩ダレによるキリッとしたシャープな飲み口が絶妙にマッチしたことでメリハリのあるテイストが表現され、まさに万人受けするかのようなあっさり感と素材の旨味が最後までじっくりと楽しめることに間違いなさそうです!

他にも特徴として、麺は厚みもあり幅広なフライ麺が採用されており、あっさりとした中にも深みのある豚骨ベースの淡麗塩スープとの相性も非常に良く、何度食べても飽きの来ない“気軽に食べられる田舎のラーメン”をコンセプトにしたというだけあって、透明度の高いスープに加えた醤油や“にんにく”、そして煮干しの旨味など…想像以上に手の込んだ塩スープがカップ麺として気軽に楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

あっさりとした中にも深みのある豚骨ベースの塩スープには…じんわりと染み渡るかのような味わいが印象的で、特に何かに突出しているわけではありませんが、シンプルながらも醤油感のあるキレの良さや豚骨のコク、そして食欲そそる“にんにく”の旨味がバランス良く融合したことで、ついついスープが止まらなくなるような安定感のある美味しさが再現され、麺量70gの平打ち麺がしっかりと食欲を満たし、味わい深くもキレの良い後味すっきりとした一杯となっていました!
これは特に、人気行列店“中華そば専門 田中そば店”ファンはもちろん、臭みやクセのない豚骨ベースの淡麗系塩スープに食欲そそる“にんにく”や煮干し、醤油を加えたメリハリのある味わいをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は東京・足立区に本店を置く人気行列店“博多長浜らーめん 田中商店”の姉妹店“中華そば専門 田中そば店”の人気メニュー“肉そば”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したコク深くも後味すっきりとした塩スープが気軽に楽しめる素材の旨味を活かした飽きの来ない一杯、「中華そば専門 田中そば店 肉そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

中華そば専門 田中そば店 肉そば

今回ご紹介するカップ麺は、東京・足立区の行列人気店“博多長浜らーめん 田中商店”のセカンドブランドとして“気軽に食べられる田舎のラーメン”をコンセプトにした“中華そば専門 田中そば店”の人気メニュー“肉そば”の味わいを同店監修によって縦型ビッグサイズのカップ麺に再現したもので、臭みのない豚骨の旨味をベースに後味すっきりとした淡麗塩スープに仕立て上げ、食欲そそる“にんにく”や煮干し、醤油をバランス良く合わせた味わい深い一杯、“中華そば専門 田中そば店 肉そば”となっています。

ご覧の通りフタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…こちらには透明度の高い淡麗系の豚骨塩スープにたっぷりと具材が盛り付けられた仕上がりイメージは掲載されていないものの…“中華そば専門 田中そば店”、“あっさりとしながらも深みのある、豚骨ベースの塩ラーメン!”といった店舗ロゴや今回の特徴などがシンプルに掲載されており、そもそも“喜多方ラーメン”をイメージし、“気軽に食べられる田舎のラーメン”をコンセプトにしているというだけあって毎日食べても飽きの来ない安定感のある美味しさに期待できそうです!

ちなみにこの元となる“博多長浜らーめん 田中商店”ではスープの継ぎ足しといった“呼び戻し”と呼ばれる久留米ラーメンの手法によってコク深い豚骨スープが特徴的とのことで、東京・足立区に本店を置く名店であり、元々は店主である“田中 剛(たなか つよし)”氏が1995年11月に“金太郎”をオープンしたのがはじまり。
※現在は閉店しています。

その後2000年12月に「博多長浜らーめん 田中商店」をオープン、続いてあっさりとした喜多方ラーメンをイメージした“中華そば専門 田中そば店”を2008年12月にオープン、こちらでは豚骨ベースの塩スープをメインに人気を博し、運営会社は“株式会社GMS”が取り仕切り、東京を中心に仙台から名古屋まで幅広く店舗展開しているようですね!

また、カップ麺としては“麺屋彩未×田中商店 濃厚味噌豚骨(2017年2月27日発売)”や“博多長浜らーめん 田中商店 旨辛濃厚豚骨(2018年11月26日発売)”、“大島×田中商店 辛味噌豚骨(2019年10月21日発売)”などがこれまでも登場しているため、ご存知の方も多いのではないでしょうか?…そして今回はそのセカンドブランド“中華そば専門 田中そば店”による豚骨塩スープということであっさりとした中にも素材の旨味を活かしたテイストは非常に気になるところ。。

それでは、今回の“中華そば専門 田中そば店 肉そば”がどれほどあっさりとした中にもコクのある豚骨塩スープに仕上がりとなっているのか?食欲そそる“にんにく”や染み渡る煮干し、キリッとした醤油との兼ね合いはもちろん、なんと言っても厚みもあり幅広なフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーについて

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り414kcalとなっております。(塩分は6.7g)

カロリーは、“気軽に食べられる田舎のラーメン”をコンセプトにしているというだけあって割と低めな数値のようですが、一方で塩分はやや高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり94g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと64kcalとそこまで低いわけでもなく、ポークの旨味をしっかりと利かせたコクのある塩スープに期待したいところ。。

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポークエキスや食塩をはじめ…

  • 植物油
  • 豚脂
  • チキンエキス
  • 鶏脂
  • 香味油脂
  • しょうゆ
  • 香辛料
  • 粉末煮干し

といった、ポークをベースに香味野菜や煮干し、醤油をバランス良く合わせ、“喜多方ラーメン”をイメージした後味の良い淡麗塩豚骨スープといった淡麗系ならではのあっさりとした中にも素材の旨味を活かした染み渡る味わいを想像させる材料が並びます。

また、販売者には“東洋水産株式会社”と記載されていますが、製造所にはグループ会社である“株式会社酒悦”が担っているようです!

JANコード4901990369701
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、卵白)、添付調味料(ポークエキス、食塩、植物油、豚脂、たん白加水分解物、チキンエキス、鶏脂、香味油脂、しょうゆ、香辛料、酵母エキス、粉末煮干し)、かやく(味付豚肉、メンマ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、酒精、乳化剤、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、pH調整剤、クチナシ色素、カラメル色素、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (94g) 当たり]
熱量414kcal
めん・かやく: 289kcal
スープ: 64kcal
たん白質11.6g
脂質19.9g
炭水化物47.2g
食塩相当量6.7g
めん・かやく: 2.1g
スープ: 4.6g
ビタミンB10.38mg
ビタミンB20.30mg
カルシウム179mg

引用元:中華そば専門 田中そば店 肉そば | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“特製スープ”と記載された調味料が別添されています。

そしてこちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、恐らく動物系のエキス・脂などを含むサラッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、具材には…

  • 味付豚肉
  • メンマ
  • ねぎ

が入っています。

このように、今回の一杯には“肉そば”というだけあってポークの旨味を引き立てる具材が使用され、あっさりとした中にもコク深い美味しさを際立たせた物足りなさを一切感じさせない仕上がりを想像させますね!

さらに麺は、ご覧の通り厚みもあり幅広なフライ麺となっていて、もっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えた食べ応えのある平打ち仕様で、70gの麺量によってしっかりと食欲を満たしてくれそうです!

調理してみた

では熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:460ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの平打ち麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に幅広なフライ麺にはほどよい弾力と強いコシが加わり、“喜多方ラーメン”をイメージしたという…あっさりとした中にも動物系の旨味や魚介出汁、キリッとした塩ダレなど様々な素材の旨味がバランス良く融合した最後まで飽きの来ない淡麗系ならではの後味すっきりとした一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“特製スープ”を加えていきます!
すると…やはり動物系の旨味エキスを中心にコクを引き立てるサラッとした油分がたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

ご覧の通りこの特製スープを加えても特に見た目や風味としての変化はないものの…あっさりとした中にも物足りなさを感じさせないコクをプラスしているようで、豚骨ベースの淡麗塩スープといった“喜多方ラーメン”らしく深みのあるテイストがたっぷりと楽しめそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして全体にスープが馴染むと、表面には豚骨系の上質な油分が広がり、塩スープらしい透明感のあるサラッとした仕上がりながらもコク深い旨味が凝縮され、物足りなさを感じさせない肉の旨味が味わい深く溶け込み、キリッとした塩ダレが絶妙にマッチしたメリハリのある豚骨ベースの塩ラーメンといったところ!

また、具材に使用された味付豚肉からも良い旨味が滲み出しているようにも感じられ、豚骨ベースのあっさりとした塩スープの旨味・コクが際立っていき、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなメリハリのある“喜多方ラーメン”をイメージした毎日食べても飽きの来ないテイストがじっくりと楽しめそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…塩スープということで非常にすっきりとしたテイストとなっているんですが、やはりポークの旨味をベースにしているせいか喉越しの良いコクがありますね!しかも動物系の変な臭みは一切なく、豚骨の旨味に対する塩ダレが絶妙にマッチしたことで切りとしたシャープな飲み口が心地良く、最後まで飽きの来ないメリハリの付いた仕上がりとなっています!

そのため、あっさりとしたテイストと豚骨ならではのコクのある旨味がバランス良く融合したことによって物足りなさといった感じは一切なく、まさに“気軽に食べられる田舎のラーメン”をコンセプトにしただけあって安定感もあり、特に変なクセなどもありませんから…かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

また、塩味という点が良いですね!ストレートに素材の旨味が伝わるこのテイストはじんわりと染み渡るかのような美味しさが表現されていますから…ついついスープが止まらなくなってしまいます。。

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもあり幅広なフライ仕様となっていて、つるっと滑らかな食感に加え若干“ちぢれ”を付けたことによってスープとの絡みも非常に良く、70gの麺量によって思ったよりもしっかりと食欲を満たしてくれます!

そんな麺には…ポークの旨味をベースに香味野菜や煮干し、醤油を加えたシンプルながらも素材の旨味を活かした塩スープがよく絡み、一口ずつに臭みのない豚骨の旨味や染み渡るかのような魚介出汁などが口いっぱいに広がっていき、ほんのり香る魚介出汁の風味やフライ麺特有の香ばしさなどが後味良く抜けていきます!…というかこのスープはあっさり感というか非常にシンプルなんですが、豚骨や魚介出汁、香味野菜や塩ダレといった様々な要素を合わせたことで繊細な旨味に仕立て上げていますから、意外と物足りなさを感じることなくコク深いスープが楽しめることでしょう!

トッピングについて

今回のトッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、よくカップ麺で見かけるチープな仕様というわけではなく、しっかりと肉質を感じられる仕上がり具合となっていて、じっくりと味わってみると…ほどよく味付けが施された肉の旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい具材でしたので、食べはじめはスープとよく馴染ませながら食べ進め、後ほど平打ち仕様の麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのメンマは、使用されている数・サイズともに申し分なく、じっくりと味わってみると…コリコリとした食感が心地良く、さらにメンマ特有の味付けや素材本来の旨味がしっかりと感じられ、今回のような豚骨ベースの後味すっきりとした塩スープとの相性も非常に良く、今回の一杯にちょうど良いアクセントをプラスしているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、割と小さくカットされているものの、シャキシャキとした食感が心地良く、ちょうど良い薬味にもなったことで今回の豚骨ベースの塩スープを美味しく引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り臭みのないポークをベースに相性抜群な香味野菜や煮干しの旨味をバランス良く利かせ、そこにキリッとした塩ダレを加えたことで非常にあっさりとした中にもメリハリのある深みが際立ち、素材の旨味を活かした複雑で繊細な塩スープに仕上げ、特に豚骨の利かせ具合が秀逸でさり気なく淡麗系の塩スープにほどよいコクをプラスしているように感じられます!

そのため、“気軽に食べられる田舎のラーメン”といったイメージに相応しく最後まで全く飽きることなく食べ進めることができ、この澄んだ淡麗系のあっさりとした中にも肉の旨味がしっかりと感じられることで物足りなさは一切なく、変なクセや風味などもありませんから、かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるでしょう!

また、具材に使用された味付豚肉からも良い旨味が滲み出し、それによって肉の旨味が際立っていき、ご覧のように淡麗系の塩スープではありますが、上質な油分や香味野菜、煮干しの旨味がバランス良く融合したことで後味すっきり・あっさりとした印象ながらも深みのある美味しさが強調され、香辛料や塩ダレによるキレの良さによってやみつき感のある味わいに仕上がっているようです!

これは名店“博多長浜らーめん 田中商店”のセカンドブランド(姉妹店)ということもあって、今後の商品展開にも期待したいところ!

このように、今回の“中華そば専門 田中そば店 肉そば”は、臭みのないポークをベースに香味野菜や煮干しをバランス良く利かせ、さらに後味すっきりと感じさせる塩ダレを合わせたことで最後まで飽きの来ないキレとコクのある豚骨塩スープに仕立て上げ、そこに香辛料をプラスしたことによってメリハリのある美味しさが際立ち、あっさりとした中にも申し分のない味わいがたっぷりと楽しめる満足度の高い塩スープとなっていたため、お好みによってはさらに“おろしにんにく”やペッパー系の香辛料などを加えてみても良いでしょう!

まとめ

今回「中華そば専門 田中そば店 肉そば」を食べてみて、ベースとなる豚骨の旨味は獣臭や変な臭みなどは一切なく、あっさりとしたテイストにほどよいコクをプラス、さらに香味野菜や煮干しが塩スープの美味しさを引き立て、そこに味付豚肉から滲み出す旨味が満足度を増していく…そんな後味すっきりとした豚骨ベースの塩スープが厚みもあり幅広なフライ麺によく馴染む食べ応え抜群な一杯となっていました!

やはりこういったさっぱりとした塩スープは豚骨や香味野菜といったコク深さとの相性が非常に良く、メリハリのある淡麗系ならではの味わいはついつい止まらなくなってしまいますね。。しかも今回の一杯は“喜多方ラーメン”をイメージしたテイストということもあって何度食べても飽きることもなく、幅広い層に好まれるフレーバーと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!