カップ麺

「大島×田中商店」のカップ麺 “辛味噌豚骨” 名店のWコラボによる旨味溢れる濃厚な一杯

大島×田中商店 辛味噌豚骨

大島×田中商店 辛味噌豚骨」を食べてみました。(2019年10月21日発売・東洋水産)

この商品は、“TRYラーメン大賞”の20周年を記念して登場したもので、“TRYラーメン大賞”の“名店部門(みそ)”で1位を5連覇(2014-2019)した東京都江戸川区の名店“大島”と、同じく“名店部門(とんこつ)”で1位(2003-2004)を獲得した東京都足立区の名店“田中商店”といった全国区の知名度を誇る名店と呼ばれる2店がコラボした今しか食べられない味わいの一杯が登場です!

それも…ポークの旨味をベースにした濃厚な味噌スープに相性抜群な生姜や“にんにく”といった香味野菜を利かせ、さらに山椒や唐辛子などの香辛料を加えたことで濃厚な味噌豚骨スープにほどよいスパイシー感際立つキレの良い口当たりが表現され、コクのある後味すっきりとした一杯、“大島×田中商店 辛味噌豚骨”となっております。(税抜き270円)

ご覧の通り、パッケージには“味噌”を看板メニューとする名店“大島”と、“豚骨ラーメン”を看板メニューとする名店“田中商店”が並ぶ夢のWコラボ!といった各店舗のロゴと店主が掲載された豪華なデザインとなっていて、今しか味わえないテイストである“辛味噌豚骨”といった今回の商品名もしっかりと記載されているのが確認できます!

大島×田中商店 辛味噌豚骨 パッケージ

一方こちらには、“TRYラーメン大賞”の20周年企画である証のロゴが配置され、その背景には…豚骨と味噌を合わせ、さらに香味野菜を利かせたキレの良い濃厚な味わいに辛みを加えたメリハリのある贅沢な一杯といった夢のコラボ企画によって再現された仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付挽肉・ねぎ・メンマが使用されているようです!

そして、その特徴としては上記のように味噌豚骨といった“大島”と“田中商店”の特徴である味噌と豚骨を活かした濃厚な一杯となっているわけですが、単純にコク深い濃厚感が表現されているだけでなく、豚骨ベースの味噌スープにぴったりな生姜や“にんにく”、さらに山椒や唐辛子などを加えたことによって濃厚なスープにキレとスパイシー感が加わり、喉越しの良い最後まで飽きの来ない味わいにはかなり期待できそうです!

他にも特徴として…麺には東洋水産お馴染みの独自製法“生麺ゆでてうまいまま製法”によって、まさしく生麺のようなつるっと滑らかな食感が表現され、ほどよい弾力感や粘りがあるクオリティの高い麺を採用、それによって香味野菜や香辛料をしっかりと利かせた濃厚な味噌豚骨スープにも負けじと強い食べ応えが楽しめる満足度の高い一杯に仕上がっているというわけです!

ご覧の通り、パッケージには“生麺ゆでてうまいまま製法”と記載され、もっちり感のある生麺のような食感が表現された麺に濃厚なスープが絡む仕上がりイメージがまた何とも食欲そそり、名店同士のコラボによる濃厚なスープだけでなく、こういった麺にもこだわったことによる臨場感溢れる仕上がりにも注目したいところ!

このように東洋水産と言えばこの独自製法がお馴染みなんですが、これがまた食感良く仕上がっていてクオリティの高いスープとの相性なんかも良いんですよね!

実際に食べてみて…

豚骨の旨味を利かせた味噌スープの時点ですでに厚みのあるコク深い味わいとなり、さらに香味野菜が味に深みや繊細さを表現したことで旨味がより一層広がり、そこに山椒や唐辛子を加えたことによってキレの良い口当たりが非常に心地良く、生麺のような独自技術による太麺と相性抜群な満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、豚骨味噌といった濃厚な味わいに辛みを加えたテイストが好みの方はもちろん、今しか味わうことができない名店2店のコラボによる味わいをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は“TRYラーメン大賞”の名店部門でそれぞれ1位を獲得した人気店がタッグを組み、両店が監修を務めた今しか食べられない旨味溢れる濃厚な一杯、「大島×田中商店 辛味噌豚骨」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

大島×田中商店 辛味噌豚骨

今回ご紹介するカップ麺は、“TRYラーメン大賞”の20周年を記念して全国的にも知名度の高い人気店であり、なおかつ名店部門で1位を獲得した経歴を持つ実力店の2店(“大島”と“田中商店”)によるコラボ商品で、豚骨の旨味をベースにコク深い味噌を合わせた濃厚な味噌豚骨スープに生姜や“にんにく”を利かせ、さらに山椒や唐辛子によって濃厚スープにメリハリを付けた今しか楽しむことができない贅沢な一杯、“大島×田中商店 辛味噌豚骨”となっています。

ちなみに、東京の名店“大島(2013年5月創業)”は、札幌の超人気店“すみれ”で12年もの修行経験を持ち、さらに数少ない正式な暖簾分けのひとつとして非常に人気で、カップ麺としても“マルちゃん 大島 味噌ラーメン(2019年3月25日発売)”が定期的に発売されています!

また、同じく東京の名店“田中商店(2000年12月創業)”は、久留米ラーメンでお馴染み“呼び戻し”といった手法によって表現された濃厚な豚骨スープが特徴的で、豚骨ラーメンならではのキレとコクのある一杯が人気のラーメン店であり、こちらもカップ麺として“博多長浜らーめん 田中商店 旨辛濃厚豚骨(2018年11月26日発売)”が定期的に発売されているため、両店ともに名店と呼ぶにふさわしく、2店ともご存知の方も多いのではないでしょうか?

それでは、今回の“大島×田中商店 辛味噌豚骨”がどれほど豚骨の旨味が凝縮された仕上がりとなっているのか?味噌ならではのキレとコクとの兼ね合いはもちろん、濃厚でありながらもスパイシーな香辛料によるメリハリ、香味野菜の利かせ具合、そしてなんと言っても東洋水産独自製法による生麺のような食感に仕上がった麺との相性・バランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り447kcal(めん・かやく289kcal / スープ158kcal)となっております。(塩分は7.6g)

カロリーは、数値だけ見るとそこまで高くはないようですが、一方で塩分はかなり高めな数値となっています!
ちなみに1食当たり130g、麺の量は65gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…やはり濃厚なスープということで158kcalもありますね!!これは豚骨の旨味と味噌ならではのキレとコクが濃厚な味わいとなって表現されているものと思われます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“みそ”やポークエキスをはじめ…

  • 香味油脂
  • 香辛料
  • ゼラチン
  • しょうゆ
  • 植物油
  • 豚脂
  • でん粉

といった、名店2店の特徴を活かした豚骨の旨味に味噌を合わせ、生姜や“にんにく”といった香辛料が濃厚感に深みを加え、さらに山椒や唐辛子を利かせたことによってスパイシーな後引く辛みが濃厚なスープを引き立てるメリハリのある味わいを想像させる材料が並びます。

また、ゼラチンや“でん粉”といった材料も確認できることから、食べ進めていくに連れてコク深さも増していき、スープ全体の濃厚感や満足度も同じく増していく仕上がりをイメージさせますね!

JANコード4901990364430
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、でん粉、食塩、こんにゃく、小麦たん白、大豆食物繊維、植物油脂)、添付調味料(みそ、ポークエキス、香味油脂、香辛料、砂糖、ゼラチン、しょうゆ、植物油、豚脂、でん粉、食塩、発酵調味料、たん白加水分解物)、かやく(味付挽肉、ねぎ、メンマ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、酒精、カラメル色素、増粘多糖類、炭酸カルシウム、レシチン、酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE、ローズマリー抽出物)、pH調整剤、香料、クチナシ色素、パプリカ色素、香辛料抽出物、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (102g) 当たり]
熱量447kcal
めん・かやく: 289kcal
スープ: 158kcal
たん白質16.5g
脂質15.0g
炭水化物61.6g
食塩相当量7.6g
めん・かやく: 2.2g
スープ: 5.4g
ビタミンB10.22mg
ビタミンB20.33mg
カルシウム299mg

引用元:大島×田中商店 辛味噌豚骨 | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、液体スープ、粉末スープ(後入れタイプ)といった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、栄養成分表示にも記載されていたように、塩分がかなり高いだけあって使用されている液体・粉末のスープもかなり多めとなっていますね!

特に液体スープの方は、触ってみた感じだと濃厚な味噌が含まれているようでしたので、調理中はしっかりとフタの上で温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通り東洋水産独自製法である“生麺ゆでてうまいまま製法”による滑らかな食感や弾力あるコシが楽しめる生麺のような太麺が採用されているようです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • 味付挽肉
  • ねぎ
  • メンマ

が入っています。
今回の一杯は特別感のある仕様ということもあって、使用されている味付挽肉もかなり多めとなっているようですね!味噌豚骨スープの旨味もまたこの具材によって引き立ちそうです!

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:410ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの麺にほどよいコシと弾力が加わり、滑らかな食感はもちろん、生麺のようなずしっとした密度感のある仕上がりによって想像以上に食べ応えのある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではまずは、ここに先ほどの液体スープを注いでいきます!
すると…調理中にしっかりと温めておいたにもかかわらず赤味噌のようなキレのある味わいをイメージさせるドロッとした状態の味噌スープとなっていて、ピリッとした辛みを表現した油分も同時に広がっていきます!

続いて粉末スープを加えていきます!
こちらには豚骨の旨味が凝縮され、ほどよい臭みがあるかと思いましたが、今回の一杯には丁寧に抽出されたと思われる臭みのない豚骨の旨味が凝縮されているようで、コク深く濃厚な味噌を引き立てるかのような利かせ具合にも感じられますね!

そしてこの量ですよ!さすがスープだけで158kcal、塩分も5.4gあるだけあって使用されているスープの量もかなり多いですね!これは美味いに違いないやつ。。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…スープ表面に浮かぶ油分・脂の感じはカップ麺とは思えないほどの仕上がりとなっていて、さらに風味自体は豚骨や“にんにく”臭さなど強烈な香りといった何かに突出しているわけでもなく、非常に品の良い一杯にも感じられます!

また、この時点ではそこまでドロッとした仕上がりではなく、まさに味噌豚骨による厚みのある旨味が表現された一杯といったところで、この山椒や唐辛子などを利かせたという赤みを帯びた色合いがまた食欲そそりますね。。

食べてみた感想

一口食べてみると…味噌ならではのキレのある口当たりには香辛料によるピリッとした辛みが加わり、山椒でしょうか?ほんのりスパイシーな味わいに感じられ、豚骨の旨味が厚みを引き立てています!何とも良いバランスですね!

そして、やはり味噌は赤味噌のようなキレのあるシャープな飲み口となっていて、豚骨を利かせた濃厚な味わいと絶妙にマッチしています!

そのため割とコク深く濃厚なスープに仕上がっているものの、全く飽きの来ない味わいに感じられ、ついゴクゴクいけちゃうクセになるスープとなり、豚骨と味噌、さらに香味野菜や香辛料を利かせた特別驚くような食材が使用されているわけではありませんが、この全体の繊細さはカップ麺でしか食べられない限定の味というのも納得の仕上がりと言えるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り“生麺ゆでてうまいまま製法”による太麺仕様となっていて、つるっと滑らかな食感はもちろん、ほどよい弾力やコシがまさに生麺のようにも感じられるクオリティの高い仕上がりとなっています!

そんな麺には…今回“大島”と“田中商店”といった名店2店がタッグを組んだことで、旨味の繊細さと大胆さが魅力的な濃厚味噌豚骨スープがよく絡み、一口ずつに豚骨の利いた味噌ならではのキレとコクのある旨味溢れる味わいが口いっぱいに広がっていき、“にんにく”や山椒のさりげなく利かせた香辛料などの風味が後味良く抜けていきます!

ちなみにこの“生麺ゆでてうまいまま製法”とは…こちら容器側面にも記載されているように、生麺を茹でて乾燥させ、生麺本来の滑らかでコシのある食感を表現したとのことで、今回のような濃厚なテイストにもぴったりですね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付挽肉が入っていて、挽肉の割にサイズ感や使用されている数に関しても申し分なく、じっくりと味わってみると…しっかりと肉の旨味や味付けが感じられる美味しい具材となっているため、ほどよくスープに旨味を滲み出してもらった後は生麺のような食感の麺とともに濃厚なスープを絡めて食べてみると、より一層旨味も増して楽しめるかと思われます!

また、こちらのメンマは大小まちまちではありましたが…コリコリとした良い食感に仕上がり、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

スープについて

スープは、豚骨の旨味を利かせた味噌ベースの濃厚なスープに仕上げ、そこに相性抜群な生姜や“にんにく”といった香味野菜を利かせ、さらに濃厚な味わいをうまく調和させるかのように山椒や唐辛子などが後引くスパイシーな辛みを引き立て、豚骨の旨味を利かせた濃厚な味わいにもかかわらず全く“くどさ”といった印象はどこにもなく、むしろ後味すっきりとしたクセになる仕上がりとなっています!

そして気になる山椒や唐辛子による辛さの具合についてですが…そこまで辛さ自体は強くはなく、あくまで食欲かき立てる程度のもので、この山椒によってスパイシー感が加わり、濃厚なスープと対称的とも言えるキレの良さ・後味の良さが表現され、カップ麺としての域を超えたワンランク上の味わいとも言えるでしょう!

また、食べ進めていくに連れて若干ではありますが…原材料に記載されていた“でん粉”によって濃厚感・コク深さが増していき、じんわりと口に広がる繊細な味わいは何度でも確かめたくなりますね。。

やはり山椒と唐辛子がワンポイントとなったことによって濃厚な味噌豚骨スープにはメリハリやキレが際立ち、名店2店監修による味わいは最後までじっくりと楽しめるほど飽きの来ない仕上がりとなっているようです!

このように、今回の“大島×田中商店 辛味噌豚骨”は、味噌ならではのキレとコクが豚骨の旨味によって引き立てられ、そこに生姜や“にんにく”を絶妙な利かせ具合によって深みや繊細さを表現し、さらに濃厚な味わいを山椒や唐辛子を加えることによって後味すっきりとした味わいに感じさせる非常にバランスの良い仕上がりとなっていたため、お好みによってはさらに“おろしにんにく”や唐辛子などを加えて刺激的な味わいを際立たせてみても良いかもしれません!

まとめ

今回「大島×田中商店 辛味噌豚骨」を食べてみて、豚骨の旨味がコクのある味噌を引き立て、生姜や“にんにく”を利かせたことによって濃厚なスープに深みのある味わいを表現し、山椒や唐辛子を加えたことで脂っこさや“くどさ”を感じさせることのない後味すっきりとした厚みのあるスープに仕上がり、生麺のような食感の滑らかな麺とも相性良くマッチした満足度の高い一杯となっていました!

このように濃厚でありながらもスパイシーな香辛料が利いたことで、名店2店の特徴を活かした旨味溢れるバランスの良い一杯はカップ麺だけで楽しめる味というだけあって、本格派の方にも納得の仕上がりと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!