【2018】蒙古タンメン中本 北極ラーメン食べてみました!
カップ麺

「とうひち」カップ麺!京都らぁ麺とうひち監修 鶏白湯らぁ麺 食べてみました!

「とうひち」カップ麺!京都らぁ麺とうひち監修 鶏白湯らぁ麺 食べてみました!

2018年3月19日に寿がきや食品から発売された「京都らぁ麺とうひち監修 鶏白湯らぁ麺」を食べてみました。

この商品は、京都の人気ラーメン店「らぁ麺とうひち」の限定メニュー“鶏白湯らぁ麺”を再現したもので、七福醸造「白醤油たれ」を使用した鶏白湯スープの、その名も“鶏白湯らぁ麺”となっております!

特徴としては、実店舗と同じく麺に全粒粉とローストブランを練り込んだという小麦の風味を表現したノンフライ麺に、鶏白湯ベースのスープに魚介系の旨味やチーズ、香辛料などを利かせた実に独創的な一杯とのこと。

ご覧の通り、パッケージにも全粒粉・ローストブランが練り込まれた太麺であることが記載されていますね!ちなみにローストブランとは、小麦の表皮のことのようですね。

f:id:yuki53:20180329200426j:plain

実際に食べてみましたが、鶏の旨味がスープにしっかりと利き、そこにほんのりとチーズの風味がプラスされることによって、厚みのある鶏白湯スープとなり、さらにピンクペッパーによって胡椒のような独特の爽やかさと苦みが表現されたことで、まさに独創的な一杯となっていました。

では、今回はこの「京都らぁ麺とうひち監修 鶏白湯らぁ麺」についてレビューしてみたいと思います。

京都らぁ麺とうひち監修 鶏白湯らぁ麺について

今回ご紹介するカップ麺は、京都の人気店「らぁ麺とうひち」の限定メニューを再現した“鶏白湯らぁ麺”となっています。

ご覧の通り、パッケージには特徴のひとつである、実店舗と同じく七福醸造の“白醤油たれ”を使用したことや、チーズが利いた独創的な鶏白湯スープの写真が確認できます。

f:id:yuki53:20180329200427j:plain

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り405kcalとなっております。(塩分は6.5g)

カロリーは平均的といったところですが、塩分はやや高めとなっているようです。

そして、その割合はスープが高めとなっているようなので、独創的なスープがどう仕上がっているのか気になるところ。。

f:id:yuki53:20180329200428j:plain

では原材料も見てみます。
スープには、チキンエキスをはじめ…

  • チキンオイル
  • 白醤油たれ
  • でん粉
  • クリームチーズパウダー
  • アサリエキス
  • オイスターソースパウダー
  • 昆布エキス
  • さば節粉末

といった、鶏白湯スープにはチーズだけでなく、魚介系など実に様々な旨味を含んでいることがわかります。これはスープの仕上がりが想像付きませんね!

また、麺に練り込まれているという小麦全粒粉や、ローストブランと思われる“小麦ふすま”も確認できます。

f:id:yuki53:20180329200429j:plain

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、かやく入りスープの素、液体スープといった3つの調味料などが入っています。

f:id:yuki53:20180329200430j:plain

そして、こちらが全粒粉・ローストブランが練り込まれているという太めのノンフライ麺ですが、言われてみると…香ばしい小麦の風味がほのかに感じられます。。

f:id:yuki53:20180329200431j:plain

調理してみた

ではまず、かやくとかやく入りスープの素を入れてみます。
かやくには…

  • チャーシュー
  • ねぎ
  • ピンクペッパー

が入っています。

f:id:yuki53:20180329200432j:plain

続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりに先ほどの液体スープを入れたところがこちら!

液体スープは、そこまでどろっとしたものではありませんでしたが、量が多めなので、調理中にフタの上で温めておくと良いでしょう。

ご覧の通り、かなりあっさりとした印象の出来上がりです。

f:id:yuki53:20180329200433j:plain

では、よーくかき混ぜてみましょう。

そこまで変わりませんでしたが…麺がほぐれ、そこまで主張の強くない魚介、チーズの利いた鶏白湯スープがあっさりとした印象の仕上がりとなっています。

f:id:yuki53:20180329200434j:plain

食べてみた感想

一口食べてみると…ほんのりと魚介・チーズが香る口当たりの後には、その味わいにコクをプラスするかのように鶏の旨味が利き、他には類を見ない鶏白湯スープが仕上がっていて、さらにピンクペッパーが独特の風味を感じさせる独創的な一杯となっていました。

鶏白湯スープにチーズとピンクペッパーといった想像も付かないような組み合わせですからね…好き嫌いは分かれるかと思いますが、非常にコクのある面白い仕上がりではあります。

麺について

麺は、強いコシというより、もちっとした食感が特徴的なノンフライ麺となっていて、魚介・チーズが利いた鶏白湯スープがよく絡み、一口ずつコクのある鶏の旨味が口に広がります!

さらに、ピンクペッパーの苦みを感じる爽やかな風味が後から抜けていきます!

f:id:yuki53:20180329200438j:plain

そして、今までも全粒粉が練り込まれている麺は数多くありましたが、この麺は大きめの粒となっているため、ご覧の通りぱっと見だけでも十分確認することができます。

さすがにこの時点だと、小麦の風味までは感じられませんでしたが…もちっとした食感にほどよくちぢれた麺がすすり心地の良い仕上がりとなっていますね!

f:id:yuki53:20180329200437j:plain

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのチャーシューが入っているんですが、こちらはカップ麺らしく薄くカットされてはいるものの、噛むとしっかりと肉の旨味を感じる仕上がりとなっているため、今回の独創的な鶏白湯スープに絡めて食べてみると、またひと味違った美味しさを感じることができます。

f:id:yuki53:20180329200435j:plain

そしてこれですね!ピンクペッパーです!!
これはそのまま食べてみると非常に胡椒にも似た苦みというか…苦みだけではない爽やかな風味が一気に口に広がります。

そのため、この具材はあくまで風味付けとして食べ進めていくと、ほのかに香る爽やかな風味が鶏白湯スープをより一層楽しめるのではないでしょうか?

f:id:yuki53:20180329200436j:plain

スープについて

スープは鶏白湯がベースとなっているんですが、魚介やチーズが利いているため、一口目はその味わいが若干複雑にも感じられます…

しかし、七福醸造の“白醤油たれ”がしっかりと旨味を感じる口当たりとなり、鶏白湯のコクが魚介やチーズの味わいを引き立て、そこにピンクペッパーの風味が香ることですっきりかつ味わい深くも感じられる仕上がりとなっているため、非常によく作り込まれている印象は感じますね!

f:id:yuki53:20180329200439j:plain

まとめ

今回は「京都らぁ麺とうひち監修 鶏白湯らぁ麺」を食べてみましたが、鶏白湯をベースに魚介や七福醸造「白醤油たれ」の旨味を利かせ、さらに香辛料やチーズによって独創的な一杯に仕上がっていました。

この仕上がりは実店舗との再現性も気になるところですが、鶏白湯に様々な旨味がバランス良く表現された面白い一杯となっていました!

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です