カップ麺

「篝」のカップ麺 “名店が認めた本格style 篝 鶏白湯Sobaトリュフ” 芳醇な風味がクセになるリッチな一杯

名店が認めた本格style 篝 鶏白湯Sobaトリュフ

「篝」のカップ麺「名店が認めた本格style 篝 鶏白湯Sobaトリュフ」を食べてみました。(2019年11月25日発売・日清食品)

この商品は、名店と呼ぶにふさわしい“銀座 篝(かがり)”の人気メニュー“鶏白湯Sobaトリュフ”の味わいを同店監修によってカップ麺に忠実に再現したもので、鶏の旨味を凝縮した濃厚な鶏白湯スープに芳醇なトリュフの風味が香り立つ上品かつコクのある一杯が登場です!

それも…今回“篝”の味わいを再現したカップ麺としては第2弾となる一杯で、クリーミーな鶏白湯スープに別添された“特製トリュフ鶏油(チーユ)”を加えることによってまろやかなスープに芳醇なトリュフの風味が広がり、濃厚な旨味の後に残る余韻が満足度高く楽しめるクオリティの高い一杯、“名店が認めた本格style 篝 鶏白湯Sobaトリュフ”となっております。(税抜き228円)

ご覧の通り、パッケージには白を基調に季節感のある背景があしらわれ、名店“篝(かがり)”らしい品のあるロゴがインパクトあり印象的で、まるで料亭のような実店舗の落ち着いた雰囲気がうまく表現されているようにも感じられますね!

トリュフと言えば…割と特徴的な風味ですが、食べ進めて行くうちにクセになる芳醇・上品な香りであり、“篝”監修によって表現された濃厚な鶏白湯スープとの相性の良さなんかも非常に気になるところ。。

名店が認めた本格style 篝 鶏白湯Sobaトリュフ パッケージ

一方こちらには、別添された“特製トリュフ鶏油”によって濃厚なスープ表面には黄金に輝く鶏油が広がり、それに加え芳醇なトリュフならではのリッチな風味によって食欲もかき立てられる逸品といった上質な仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…鶏肉・かきたま・赤ピーマン・ネギが使用されているようです!

このように黄金な鶏白湯スープに使用された色とりどりの具材がまた美しく映えますね!これはカップ麺とは言え、“名店が認めた本格style”シリーズらしく見た目からも楽しめそうな…随所に“篝”のこだわりが詰め込まれた一杯とも言えるのではないでしょうか?

また、こちらには…今回の商品名“鶏白湯Sobaトリュフ”や、その特徴である“芳醇なトリュフが香る濃厚クリーミーな鶏白湯スープ”と記載されていて、なんと言っても“冬限定トリュフオイル使用”ということで実店舗では通年通して取り扱っているメニューのようですが、何やら…カップ麺としては冬限定のメニューとして定期的に登場するような気もしますね!

他にも特徴として…麺には生麺のような滑らかさと強いコシといった食感を再現した喉越しの良い“生めん風ノンフライ麺”が採用され、それによって濃厚な鶏白湯スープの絡みも非常に良く、一口ずつにトリュフの芳醇な風味が口いっぱいに広がり、そのすぐ後からは丁寧に抽出された鶏の旨味が凝縮された鶏白湯スープならではの味わい深いコクと風味豊かな香りが十二分に堪能できるというわけです!

実際に食べてみて…

鶏の旨味をコク深く上品に引き立てた濃厚なスープではありますが、割とドロッとした仕上がりというわけではなく、後味すっきりとした抜けの良い後味なんかも非常に好印象で、なんと言っても口に入れた瞬間からトリュフの芳醇な香りが一気に広がっていき、すっと風味が抜けていくのと同時に鶏白湯ならではの鶏の旨味がじんわりと染み渡る絶妙なバランスとなり、“特製トリュフ鶏油”に含まれる鶏油がまた味の深みを引き立てる名店ならではの上品さや奥深い味わいが表現された仕上がりとなっていました!
これは特に、“銀座 篝”ファンはもちろん、上質な鶏の旨味をしっかりと利かせたまろやかな鶏白湯スープに上品なトリュフ風味が香り立つクオリティの高い味わいを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は銀座の名店“篝”の人気メニュー“鶏白湯Sobaトリュフ”の味わいをカップ麺に再現した濃厚な鶏白湯スープにトリュフ・鶏油が上品に香り立つことで、後味に残る余韻がたまらないリッチな一杯、「名店が認めた本格style 篝 鶏白湯Sobaトリュフ」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

名店が認めた本格style 篝 鶏白湯Sobaトリュフ

今回ご紹介するカップ麺は、銀座の名店“篝”の人気メニューの味わいを忠実に再現したもので、“絶品鶏白湯×芳醇トリュフとのリッチな融合”といった文字通りコク深く濃厚な味わいに品の高さを表現したトリュフの香りが絶妙にマッチし、一口すする度に感じられる旨味・風味によって満足度が増していく…鶏の旨味を利かせた濃厚な味わいだけでなく、ちょっと贅沢な味わいに仕上がった一杯、“名店が認めた本格style 篝 鶏白湯Sobaトリュフ”となっています。

ご覧の通り、フタの上に別添されている“特製トリュフ鶏油”を剥がすと…まるで料亭のような佇まいといった落ち着いた雰囲気の店内の様子や実店舗で提供されている仕上がりイメージなんかも掲載されていて、店の雰囲気に合った品の良い上質な味わいが楽しめることがしっかりと伝わってきます!しかもこの商品の監修はもちろん“篝”で、“名店が認めた本格style”シリーズということもあって香り豊かな臨場感の高い仕上がりには期待できそうです!!

また、このカップ麺は人気ラーメン店の味わいを忠実に再現した日清食品の“名店が認めた本格style”シリーズのひとつでもあり、本格的なスープとノンフライ麺による食感豊かなクオリティの高い味わいが特徴的で、監修ももちろんそれぞれのお店が担った本格派の方にも納得のカップ麺シリーズとなっています!

ちなみに2013年にオープンした銀座の“篝”は、上記のようにまるで料亭のような落ち着いた雰囲気が印象的で、以前ご紹介した“名店が認めた本格Style 篝 鶏白湯Soba(2019年4月22日発売)”なんかも記憶に新しいかと思いますが、今回は濃厚な鶏白湯スープにさらにトリュフと鶏油の風味やコクが加わり、贅沢に感じられる芳醇な香りが後引く旨味を引き立てる絶妙な一杯に仕上がっているものと思われます!

さらに…フタの裏には“篝”の簡単な説明文や各店舗が記載されていて、こちらによると“2013年に銀座にオープン以来、行列の絶えない名店。料亭のような佇まいのお店で提供される看板メニュー「鶏白湯Soba」は、濃厚な鶏の旨味と彩り豊かな具材が特徴のまさに五感で楽しめる一杯。”とのことで、銀座に本店を置き東京を中心に海外出店もしているようですね!

しかもここ“銀座 篝”は、ミシュランガイドのビブグルマンを2年連続(2016年・2017年)で獲得しているということで、人気だけでなく確かな実力を兼ね備えた名店となっています!

それでは、今回の“名店が認めた本格style 篝 鶏白湯Sobaトリュフ”がどれほど鶏の旨味を丁寧に凝縮させた仕上がりとなっているのか?コク深く濃厚な味わいやクリーミーなスープの舌触り、さらに今回別添された“特製トリュフ鶏油”によって表現された芳醇なトリュフならではの香り立つ上品な風味はもちろん、なんと言っても生麺を思わせる滑らかな食感と強いコシが表現されたノンフライ麺との相性・バランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り384kcal(めん・かやく296kcal / スープ88kcal)となっております。(塩分は7.0g)

カロリーは、濃厚な一杯の割にかなり低めな数値となっていますが、一方で塩分はかなり高めな数値のようです!
ちなみに1食当たり96g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで88kcalとのことで、やはり素材本来の旨味をしっかりと活かしたことで濃厚な味わいを表現しているものと思われます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、豚脂やチキン調味料をはじめ…

  • 食塩
  • クリーミングパウダー
  • でん粉
  • 鶏脂
  • トリュフ調味油
  • 乳化油脂

といった、鶏の旨味をしっかりと利かせた濃厚な鶏白湯スープに仕上がり、鶏の旨味を引き立てるかのように豚の旨味なんかも使用され、そこに別添されている“特製トリュフ鶏油”を加えることによって、炊き出したかのような鶏の風味はもちろん、トリュフならではの芳醇な香りが上品に香り立つリッチな味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…チキンエキスなんかも使用されていて、スープとの兼ね合いを考慮してでしょうか?ほんのりと味付けが施されているようです!

ちなみに以前発売されていた“名店が認めた本格Style 篝 鶏白湯Soba”と比べてみると…ほぼ同じ材料が使用されているようでしたので、ベースとなる味わいはそのままに、トリュフの風味が上品さを際立たせる贅沢な逸品に仕上がっているように感じられますね!

名店が認めた本格style 篝 鶏白湯Sobaトリュフ
名店が認めた本格style 篝 鶏白湯Soba
JANコード4902105258279
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、チキンエキス、植物油脂、大豆食物繊維)、スープ(豚脂、チキン調味料、食塩、クリーミングパウダー、でん粉、鶏脂、トリュフ調味油、糖類、乳化油脂)、かやく(卵、味付鶏肉、ねぎ、赤ピーマン)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、かんすい、増粘多糖類、乳化剤、炭酸Ca、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、フラボノイド色素、カラメル色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (102g) 当たり]
熱量384kcal
めん・かやく: 296kcal
スープ: 88kcal
たんぱく質9.0g
脂質11.3g
炭水化物61.5g
食塩相当量7.0g
めん・かやく: 2.4g
スープ: 4.6g
ビタミンB10.22mg
ビタミンB20.30mg
カルシウム167mg

引用元:名店が認めた本格style 篝 鶏白湯Sobaトリュフ | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りすでに粉末スープなどが入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“特製トリュフ鶏油”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、量的に少なめではありますが、これによって上質なトリュフ・鶏油の風味が広がる仕上がりとなるものと思われ、触った感じだとさらっとした状態だったものの…念のため調理中にはフタの上で温めておくと良いでしょう!

また、具材には…

  • 味付鶏肉
  • ねぎ
  • 赤ピーマン

が入っています。

さらに麺はご覧の通り、やや細めにも見えるものの“生めん風ノンフライ麺”仕様による滑らかな食感と強いコシを思わせ、すすり心地の良さはもちろん、クリーミーであり濃厚な鶏白湯スープとの絡みなんかもかなり良さそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:420ml)
そして出来上がりがこちら!

今回使用されている“生めん風ノンフライ麺”は、細めではありますが…密度感のあるずしっと重量感のある仕様のようでスープ底に沈み、すでに鶏の旨味がしっかりと利いていることが伝わって来る風味豊かな一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“特製トリュフ鶏油”を注いでいきます!
すると…鶏油ならではの黄金に輝く透明感のある油分となっていて、トリュフ特有の芳醇な香りが一気に広がっていきます!これはリッチな仕上がり!!

そして、ご覧の通り鶏白湯スープの表面には美しい黄金の鶏油が広がり、それとともにトリュフ特有の上品な香りがスープとの相性の良さを感じさせます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…しっかりと麺もほぐしたんですが、やはりスープ底に沈んでいるようですね。。

一方スープの方は濃厚・まろやかな鶏白湯スープの割に思ったよりさらっとした仕上がりとなっていて、コク深いクリーミーさは表現されているものの、すっきりとした後味の良さによって最後まで飽きることなく上質な旨味が楽しめる一杯となっています!

…というかこの風味は良いですね!トリュフならではの芳醇かつ香り高い風味がコクのある鶏白湯スープと絶妙にマッチし、旨味や風味、そして黄金に輝く鶏油の見た目など…先ほどフタの裏に記載されていたように“五感で楽しめる逸品”というのも納得の仕上がりとなっています!!

食べてみた感想

一口食べてみると…鶏の旨味よりも先にトリュフの風味が口いっぱいに広がっていき、後味の余韻を感じていると徐々に上質な鶏の旨味がコク深く染みていくのが伝わっていきます!

そして、ベースとなる鶏白湯スープは濃厚ではありますが、決してドロッとした仕上がりというわけではなく、あくまで旨味が凝縮されたことによる厚みのあるスープと言うんでしょうか?ほんのわずかに“とろみ”が付いているように感じられ、舌触り滑らかな“くどさ”のない後味の良さなんかも好印象といったところ!

このように、旨味・風味、そして食感滑らかな麺などなど…絶妙なバランスはまさに名店と呼ぶにふさわしい“銀座 篝”の贅沢な味わいを楽しむことができるでしょう!

麺について

麺はご覧の通りやや細めにも見えますが、“生めん風ノンフライ麺”による噛み応えのある強いコシや滑らかな食感がまさに生麺を思わせる弾力とすすり心地の良さを表現しています!

そんな麺には、鶏の旨味を丁寧に利かせたコク深くまろやかな鶏白湯スープがよく絡み、一口ずつにトリュフならではの芳醇な風味が口いっぱいに広がっていき、臭みのない上質な鶏の旨味が染み渡り、後味にもトリュフの余韻が残り、品のあるリッチな風味が心地良く抜けていきます!

また、麺はよーく見てみると若干透明感なんかもあるように見え、この辺りが生麺らしさを演出しているようにも感じられますね!細いながらもしっかりとしたコシやしなやかさが表現された麺はコク深いスープがよく絡みます!

一口すするごとに感じられるトリュフの風味は、カップ麺としては格別の逸品であることを感じさせますね!以前発売されていた一杯は“銀座 篝”の店主が唸るほどの再現性の高さとのことでしたが、今回もそれ相応の仕上がりではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付鶏肉が入っていて、若干小ぶりではありますが、じっくりと噛んで味わってみると…しっかりとした肉質を感じさせる仕上がりとなっていて、鶏肉ならではの淡白な味わいが表現されていたため、スープ底に沈めておくことによって旨味引き立つ相性の良い具材と思われます!

また、こちらの“かきたま”をイメージした卵は、やや小ぶりではありましたが、見た通り非常に食感柔らかな優しい仕上がりとなり、今回のスープに彩りの良さを加える具材となっています!

さらに、こちらの赤ピーマンもまた小さくカットされた具材となっていて、じっくりと味わってみると…素材本来の苦味や旨味がしっかりと表現されているようですが、白濁した鶏白湯スープや表面に輝く鶏油に対してコントラストの高い華やかさ・上品さを演出する具材として添えられているように感じられます!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り鶏の旨味をしっかりと利かせたクリーミーかつまろやかな鶏白湯スープに仕上がり、この上質な鶏の旨味には脂っこさといった感じは一切なく、むしろ最後まで飽きることのないキレの良い口当たりや後味すっきりとしたバランスの良い味わいが表現されています!

それによって、ベースとなる濃厚な鶏白湯スープは飲み飽きることのない旨味が全面に感じられ、そこに別添された“特製トリュフ鶏油”を加えたことによる芳醇な風味が広がり、名店らしい風味豊かな味わいが一口すするごとに感じられ、食べ進めて行くに連れて満足度は増していくばかり。。

また、原材料に“でん粉”と記載されていたせいか…食べ進めて行くうちに若干“とろみ”も増していき、鶏白湯スープにコク深さや濃厚感がより一層引き立っているように感じられ、麺にもスープがよく絡みます!

ただ、上記のように脂っこさは全くなく、鶏白湯らしい素材の旨味を活かした濃厚な味わいがじっくりと楽しめるため、一口ずつに感じられる満足感は一際大きいものと思われます!

そしてなんと言ってもトリュフの風味がクセになりますね!
ただでさえ鶏の旨味と相性の良い鶏油が香る上に、芳醇な香りが加わることによって“篝”らしい上品な逸品にも感じられ、濃厚鶏白湯スープの美味しさそのものが引き立っているようです!

このように、今回の“名店が認めた本格style 篝 鶏白湯Sobaトリュフ”は、臭みのなり上質な鶏の旨味が凝縮された濃厚鶏白湯スープがベースとなり、別添された“特製トリュフ鶏油”を加えることによって芳醇なトリュフ特有の香りが広がるリッチな仕上がりとなっていたため、お好みによっては残ったスープに追い飯してみても良いでしょう!

まとめ

今回「名店が認めた本格style 篝 鶏白湯Sobaトリュフ」を食べてみて、鶏の旨味を丁寧に利かせたクリーミーな濃厚鶏白湯スープに仕上がり、そこにトリュフならではの芳醇な香りが上品に香り立つことによって想像以上に旨味と風味が絶妙にマッチし、生麺のような食感の良い麺とともに非常に満足度の高い逸品が表現されていました!

これは今後も定期的に発売されることが予想され、“銀座 篝”には他にも人気メニューがあるようですので、今後の商品展開なんかも気になるところ!

そして、今回の一杯はやはり芳醇なトリュフの風味が最大の特徴であり、濃厚な鶏白湯スープとの相性も抜群でしたので、ちょっと贅沢・リッチな味わいを楽しみたいなら特におすすめの一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!