蒙古タンメン中本 辛旨焼そば 食べてみました!
U.F.O.

日清焼そばU.F.O. ミーゴレン 食べてみました!甘辛ソースがクセになるミーゴレンを再現した一杯!

日清焼そばU.F.O. ミーゴレン 食べてみました!甘辛ソースがクセになるミーゴレンを再現した一杯!

2018年11月12日に日清食品から発売の「日清焼そばU.F.O. ミーゴレン」を食べてみました。

この商品は、焼そばでお馴染み“U.F.O.”の新商品ということで、今回はインドネシアのご当地焼そばであるミーゴレンの味わいを再現したもので、チリを利かせた甘辛いソースが特徴的な“日清焼そばU.F.O. ミーゴレン”となっております。(税抜き180円)

ご覧の通り、パッケージには“インドネシア風甘辛焼そば”と記載されているように、今回の“U.F.O.”はエスニックな香ばしさが食欲そそる一杯に仕上がっているようですね!

一方、こちらには“フライドエシャロットの香ばしさとチリの辛みが〜”とあるように、香ばしい味付けがされたエシャロット(ねぎ)によって風味も良く、さらにチリのピリッとした辛みが利いたことで、甘めに利いた旨みに締まりが表現され、まさに甘辛な味わいがクセになる…本格エスニックが楽しめる一杯を想像させます!

他にも特徴としては、唐辛子やガーリックといった香辛料を利かせたことによって、チリならではのエスニックな辛みをより本格的に感じさせるスパイシーな仕上がりとなり、人気の“ミーゴレン”の味わいをリアルに表現しているようです!

実際に食べてみて…

味濃く仕上がった甘辛いソースに、食欲そそるエスニックな旨味が溶け込み、存在感の強い味わいに香ばしさをプラスするフライドエシャロットが良いアクセントとなったことで、ミーゴレンの味わいがしっかりと引き立った仕上がりとなっていました!
これは特に、味濃くエスニックな味を楽しみたい時なんかにおすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの人気のエスニック料理のひとつ“ミーゴレン”を再現した「日清焼そばU.F.O. ミーゴレン」について詳細にレビューしてみたいと思います!

日清焼そばU.F.O. ミーゴレンについて

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“U.F.O.”の新商品ということで、女性にも人気のエスニック料理のひとつ、インドネシアの“ミーゴレン”を再現したもので、チリを利かせた甘辛いソースが食欲そそる“日清焼そばU.F.O. ミーゴレン”となっています。

ちなみに、このミーゴレンといった味わいは、インスタント食品や、カップヌードルでも以前発売されていたということもあって、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

あの甘辛い濃厚とも言えるソースがクセになるんですよね!
それが今回、“U.F.O.”にどう表現されているのか?気になるところ。。

カロリーについて

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り485kcalとなっております。(塩分は4.7g)

汁なしカップ麺ではありますが、その割にはそこまで高カロリーではないようですね!
そして、塩分もまたそこまで高い数値ではないようです。
ちなみに1食110g、麺の量は85gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、香味調味料や香味油をはじめ…

  • 豚脂
  • 香辛料(唐辛子、ガーリック、ペパー)
  • 野菜調味料

といった、ポークによって味わい深くも感じられる仕上がりとなったソースには、しっかりとチリなどの香辛料を利かせたことで、“ミーゴレン”ならではの甘辛い旨味を美味しく表現した仕上がりを想像させる材料が並びます。

ただ、本格的なミーゴレンには魚醤といった魚介系の旨味なんかも含まれているようなんですが、これを見る限り今回の一杯にはそういった材料が見当たらないという点では、非常にクセのない甘辛・エスニックな味わいが楽しめる仕上がりのようですね!

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、香辛料)、ソース(糖類、香味調味料、香味油、豚脂、食塩、香辛料(唐辛子、ガーリック、ペパー)、野菜調味料)、かやく(フライドエシャロット、キャベツ、人参)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸Ca、かんすい、香料、焼成Ca、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(カンゾウ、スクラロース)、ビタミンB2、香辛料抽出物、炭酸Mg、ビタミンB1、苦味料、(一部に小麦・乳成分・大豆・豚肉を含む)
引用元:日清焼そばU.F.O.ミーゴレン | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体ソース、フライドエシャロットといった2つの調味料などが入っています。

そして、麺はご覧の通り“U.F.O.”お馴染みのやや細めにも感じられる仕様となっていて、ほどよくウェーブのかかった麺が今回も採用されているようです!

そんな麺の裏には、具材として…

  • キャベツ
  • 人参

がすでに入っています。(量はやや少なめ。。)

調理してみた

続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりに先ほどの液体ソースを入れたところがこちら!

液体ソースは、調理中にフタの上でしっかりと温めておいたおかげで、さらっとした様子!とは言え、濃い目なようなので、存分に“ミーゴレン”といった甘辛な旨味が楽しめるといった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り“ミーゴレン”特有の甘辛な濃厚さは伝わってくるものの、さらりとした質のソースなため、麺にもすんなりと馴染んでいきますね!

そして、最後に先ほどのフライドエシャロットをふりかけて完成です!

この香ばしさを感じさせるフライドエシャロットがまた、エスニックなミーゴレンといった甘辛な味わいをより美味しく引き立てているようです!

そして何と言っても、この濃い目の仕上がりが“U.F.O.”ならではであり、味濃いミーゴレンの味わいを本格エスニック焼そばに表現していることを見た目からもよーく伝わってきますね!

食べてみた感想

一口食べてみると…あっ!美味っっ!!まさにミーゴレンの甘辛に仕上がった濃い目といった旨味が印象的な仕上がりとなっていますが、甘ったるさといった“くどさ”は全くなく、むしろこの甘さが旨味をより美味しく引き立てているようにも感じられますね!

そして、チリがほどよく利いているため、味に締まりが出たことで、口当たり・後味も非常に良く、最後まで全く飽きることのないミーゴレンならではの甘辛・エスニックな旨味を存分に楽しむことができるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り“U.F.O.”ならではの細めながらも歯切れの良いしっかりとしたコシなんかも表現されていて、すすり心地も良いため、チリの風味も引き立って感じられますね!

そんな細麺には、ミーゴレンの甘辛・濃い目なソースがよく絡み、一口ずつにピリッとした辛みとともに厚みのある味わいが口に広がっていきます!

ただ、先ほどもお伝えした通り、海老などの旨味が含まれていないため、期待していた“ミーゴレン”の味わいとしては物足りなさを感じる方もいるかもしれません。。そのため、お好みでナンプラーなんかをちょい足ししてみると良いかもしれませんね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのフライドエシャロットが入っていて、こちらは甘みもあり、香ばしさといった雰囲気ある風味が表現された具材となっています!

これがチリと合わさったことによって、エスニックな味わいを表現しているようにも感じられますね!

さらに味付け自体もしっかりとしているため、甘辛に仕上がったソースにも良いアクセントにもなっているようです!

また、こちらのキャベツは、今回“ミーゴレン”といった存在感の強い甘辛ソースに仕上がっているせいか…そこまで素材本来の味が活かされていないようにも感じます。(そもそも量も少ないということもありますが。。)

とは言っても、ほどよい食感を残した仕上がりは、焼そばといったテイストにもぴったりで、甘辛なソースもよく絡み、入っていて当然のごとくさりげなく添えられています!

そして、こちらの人参なんかもキャベツ同様、“ミーゴレン”を再現した一杯にも相性抜群な具材として、全体の鮮やかな彩りを表現しているようですね!

ソースについて

ソースは、ご覧のようにミーゴレンの味わいを再現した甘辛ソースがしっかりとコーティングされたことによって、やみつきになるような美味しさが最後まで楽しむことができます!

その味わいはというと…原材料に記載されていた豚脂が利いているのでしょうか?甘辛なソースにほんのりと厚みというか…コクがプラスされているように感じられ、さらに香辛料によって引き立ったチリによるピリッとした辛みがバランス良く仕上がったことで、エスニックな味わいが表現されています!

そして、先ほどもお伝えした通り、魚介の旨味が含まれていないという意味では、非常にクセのない食べやすいミーゴレンが再現されているように感じられますね!

まとめ

今回「日清焼そばU.F.O. ミーゴレン」を食べてみて、甘辛なソースが特徴的なインドネシアのご当地焼そば“ミーゴレン”の味わいを再現した仕上がりは、旨味がしっかりと利いた上にチリの辛みやフライドエシャロットの香ばしいアクセントが合わさったことによって、エスニックな味わいが存分に楽しめる味わいとなっていました!

そして、魚介の旨味が使用されていないところが、“U.F.O.”らしくあくまで“ミーゴレン風”に仕上げたというのも納得の一杯で、クセのない万人受けするようなエスニックな甘辛ソースは非常に好評な気もしますね!

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です