蒙古タンメン中本 辛旨焼そば 食べてみました!
カップ麺

赤いカレーうどん タイ風 食べてみました!レッドカレーをイメージしたエスニックなカレーうどん!

赤いカレーうどん タイ風 食べてみました!レッドカレーをイメージしたエスニックなカレーうどん!

2018年6月11日に東洋水産(マルちゃん)から発売された「赤いカレーうどん タイ風」を食べてみました。

この商品は、マルちゃんのお馴染み“和風丼”シリーズの新商品ということで、今回はレッドカレーをイメージしたまろやかでありながらもしっかりとした辛みを表現した“赤いカレーうどん タイ風”となっております!

そして今回は、リニューアルとなった“黒い豚カレーうどん”と同時発売となっています。

ご覧の通り、パッケージには“タイ風”と記載され、雰囲気あるエスニックな味わいが表現されていることを想像させますね!

特徴としては、レモングラスなどのハーブを使用したことによって“タイ風”のあのエスニックな風味がよく再現されていて、粗挽き唐辛子による辛みが加わることで、まさに創作系和風カレーうどんとなっているようです!

実際に食べてみましたが、ココナッツミルクのようなほんのりと甘さを感じるまろやかなレッドカレーをイメージしたカレースープには、タイ風のエスニックな風味に加え、ポークやチキンといった動物系の旨味によってコク深く仕上がり、しっかりとした辛みがクセになりそうな一杯となっていました!

では、今回はこの「赤いカレーうどん タイ風」についてレビューしてみたいと思います。

赤いカレーうどん タイ風について

今回ご紹介するカップ麺は、マルちゃん“和風丼”の新商品ということで、今回はタイ料理のひとつ“レッドカレー”をイメージした創作系の一杯“赤いカレーうどん タイ風”となっています。

ご覧の通り、パッケージには仕上がりのイメージ写真が記載され、ほんのりととろみのあるエスニック風に仕上がった赤いスープがインパクトありますね!

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り427kcalとなっております。(塩分は4.9g)

カロリー・塩分ともに平均的といったところでしょうか?
ちなみに麺の量は66gとなっています。

では原材料も見てみます。

スープには、植物油や香辛料をはじめ…

  • 乳等を主要原料とする食品
  • 豚脂
  • 粉末野菜
  • チキンエキス

といった、項目では“香辛料”でまとめられていますが…エスニックな風味を表現するいくつものスパイスを利かせたスープに、動物系の旨味によってコク深く仕上がったタイカレー風のスープを想像させる材料が並びます。

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープ、特製油といった2つの調味料などが入っています。

そして、具材には…

  • 味付油揚げ
  • 味付チキンダイス

がすでに入っています。

調理してみた

ではまず、粉末スープを入れてみます。
この粉末スープは量も多く、すでにスパイシーなレッドカレーを想像させる風味が確認できます!

続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりに先ほどの特製油を入れたところがこちら!

特製油は辛みを想像させる赤みを帯びた油となっていて、これを入れることによって一気に唐辛子の辛みが加わり、エスニックな一杯に“まろやかさ”と“辛さ”が表現された出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。

ご覧の通り、今回の一杯がカレーうどんであることを忘れてしまいそうなほど、しっかりとした辛み、そして味わい深く仕上がっていることを想像させる脂が何とも食欲そそりますね…!

食べてみた感想

一口食べてみると…見た目ほどの辛さではありませんが、スパイシーなカレースープにしっかりと利いた豚の旨味がほどよくスープに厚みを持たせていて、ほんのりととりみのついたことでコク深い口当たりが印象的となっています!

さらに、レモングラスなどの香辛料を利かせたことで、“タイ風”をイメージさせるエスニックな風味もしっかりと表現されていますね!

麺について

麺は、マルちゃんお馴染みのもちっとした食感が美味しく仕上がった太めのうどんとなっていて、このつるみのあるすすり心地の良さは、今回のような香り立つカレーうどんにもぴったりです!

そして、このうどんにはエスニックなタイ風カレースープがよく絡み、一口ずつにスパイシーかつタイ風を思わせる風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付チキンダイスが入っているんですが、こちらはしっかりとした歯応えのある仕上がりとなっていて、噛むとチキンの旨味が滲み出てくることで、スープに旨味が増すようにも感じられる具材となっているようです!

そして、チキンというところがまた、今回のようなレッドカレーをイメージしたエスニックな一杯にもぴったりです!

また、こちらの味付油揚げは、しっかりとスープを吸っているため、油揚げの旨味とともにエスニックな風味・旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい具材となっています!

スープについて

スープは、カレーうどんということでほんのりととろみが付き、さらにレッドカレーをイメージした“タイ風”と言うだけあって、非常にエスニックな香辛料がしっかりと利いています!

さらに、このスープの見た目からもわかるように、ほどよい辛さがカレースープをより一層美味しく引き立てていますね!

ちなみに、気になる辛さはというと…そこまで強くはありません!
しかしこの辛みが、後味の良いエスニックな風味とともに利いているため、厚みのあるスープの割に飽きの来ないすっきりとした味わいとなっているように感じられます!

ご覧のように、スープの表面に浮かぶ動物系の脂が今回のカレースープを味わい深く引き立てているのがわかります!

まとめ

今回は「赤いカレーうどん タイ風」を食べてみましたが、レッドカレーをイメージしたということで、レモングラスなどの香辛料を利かせたカレーうどんの仕上がりは、想像以上にエスニックな風味が表現されていて、“赤いカレー”といったインパクトに負けることなく存在感の強い一杯となっていました!

そして、辛みもそこまで強くはないように感じられましたので、辛さが苦手な方でもエスニックな味わいを美味しくいただけるのではないでしょうか?

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です