カップ麺

あの街この味! 福岡編 博多系焼ラーメン!博多焼ラーメンに“にんにく”を利かせたクセになる一杯

あの街この味!福岡編 博多系焼ラーメン

あの街この味! 福岡編 博多系焼ラーメン」を食べてみました。(2021年8月9日発売・東洋水産)

この商品は、全国にまつわるご当地麺の味わいをカップ麺に再現した“あの街この味!”シリーズの新商品ということで、今回は博多の屋台で楽しめる“焼ラーメン”の味わいをカップ麺に再現、ポークをベースに食欲そそる“にんにく”を利かせた豚骨味のソースに仕上げ、調理時間1分で仕上がるすすり心地抜群な細麺ながらもコシのあるフライ麺が絶妙にマッチした後味の良い最後まで飽きの来ない一杯が登場です!

それも…上記の通り豚骨の旨味を利かせたキレ・コクのあるソースに食欲そそる“にんにく”の旨味を利かせ、シンプルながらも物足りなさを感じさせない豚骨の美味しさを活かしたソースが歯切れの良い細麺に馴染んだことですする度に風味豊かな香りや旨味が広がり、レギュラーサイズにも関わらず想像以上に食べ応えのある一杯、“あの街この味! 福岡編 博多系焼ラーメン”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージにはご当地麺の味わいをカップ麺で気軽に楽しめるという…“あの街この味!”シリーズのブランドロゴが掲載されており、これまでもいくつか発売されてきたようですが…今回は復活とも言うほど久しぶりの新フレーバーとなっていて、汁なしタイプの“博多系焼ラーメン”ということで豚骨の旨味を活かしたソースに歯切れの良い本場博多の細麺を彷彿とさせる食感が相性良く馴染んでいるようですね!!

一方こちらには“にんにくを利かせた豚骨味!”と記載されているように、今回のフレーバーは最後まで飽きの来ない後味キリッとした豚骨味に食欲を掻き立てる“にんにく”の旨味をバランス良く合わせたことで旨味・風味ともに満足度の高い味わいに仕上げ、さらにすすり心地抜群な博多ラーメンならではの細麺にもよく絡み、さり気なく本格感のある“焼ラーメン”の味わいがたっぷりと楽しめることと思われます!

また、こちらには、ちょうど良い脂とコクを表現するに相応しい豚骨をベースに食欲そそる“にんにく”の旨味をバランス良く合わせたシンプルかつ深みのあるソースが歯切れの良い細麺によく絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…ごま・“ねぎ”が使用されているようです!(原材料を見てみると紅生姜なんかも含まれているようです。)

この辺りに関してはシリーズらしいご当地麺をカップ麺に再現したテイストが気軽に楽しめそうですね!!ちなみに博多ラーメン特有の細麺は食欲を満たすには若干物足りなさを感じられるかもしれませんが…この豚骨ならではのコクや旨味が十分過ぎるほどの“食べた感”があり、さらに後味すっきりとしたメリハリのある紅生姜が非常に小ぶりながらも使用されたことで最後まで飽きの来ない味わいに期待したいところ!

さらにこちら!!“熱湯1分”と記載されている通り今回の一杯は博多系ラーメンらしく硬め・細麺仕様の麺が採用されており、細めながらも強い強いコシがあり、フライ麺特有の香ばしい風味がクセになる…まさに“焼ラーメン”ならではの味わいが臨場感高く表現されているため、幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

他にも特徴として…麺は上記の通り歯切れの良い強いコシを表現した極細とも言えるフライ仕様で、すすり心地の良さがむしろ食欲そそる“にんにく”の風味を活かし・引き立たせ、さらに豚骨と“にんにく”の旨味をバランス良く合わせたシンプルながらも飽きの来ない風味豊かなソースによってシリーズらしいご当地麺の味わいを気軽にカップ麺として楽しめる臨場感溢れるテイストが最後までたっぷりと堪能できるというわけです!

実際に食べてみて…

ぱっと見としては非常にあっさりとしたテイストかと思いきや…豚骨臭がほどよく香る旨味がコクを引き立て、キリッとした塩気の強い口当たりに“にんにく”の旨味が絶妙にマッチし、なんと言っても細麺ながらも強いコシを表現したすすり心地の良いフライ麺と合わせたことによって最後まで飽きの来ない後味すっきりとしたテイストが心地良く、レギュラーサイズながらも食欲をガッツリと満たす満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、シリーズらしいご当地麺“博多系焼ラーメン”が好みの方はもちろん、そこまでクセのない豚骨の旨味・風味を利かせたコクのある後味すっきりとした豚骨ソースがすすり心地抜群な細麺と絶妙にマッチした安定感のある味わいを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は全国のご当地麺を気軽にカップ麺で味わえるという…“あの街この味!”シリーズから久しぶりに登場となった“博多系焼ラーメン”の旨味・風味がシンプルながらもクオリティ高く再現され、細麺にも関わらず思ったよりも食べ応えのある一杯、「あの街この味! 福岡編 博多系焼ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

あの街この味! 福岡編 博多系焼ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、ご当地麺の味わいを気軽にカップ麺で味わえるという“あの街この味!”シリーズの新商品ということで、博多の“焼ラーメン”をイメージした味わいをカップ麺に再現、ほどよい豚骨臭と旨味を利かせたコク深い後味すっきりとした豚骨ソースに食欲そそる“にんにく”の旨味をバランス良く合わせたやみつき感のあるテイストに仕上げ、そこにすすり心地抜群な細麺がしっかりと絡むことで麺量90gといったレギュラーサイズにも関わらずガツンとした味わいがたっぷりと楽しめる一杯、“あの街この味! 福岡編 博多系焼ラーメン”となっています。

ご覧の通り、パッケージは黄色を基調に実店舗をイメージさせる“ちょうちん”に“福岡編 博多系 焼ラーメン”といった文言を大きく配置したことによってシンプルでわかりやすいデザインがあしらわれ、その背景には豚骨の旨味に食欲そそる“にんにく”をバランス良く合わせたソースがすすり心地抜群な細麺に絡む仕上がりイメージが掲載されており…豚骨דにんにく”の旨味といった非常にシンプルなテイストであることがわかりますね!これは飲んだシメにもちょうど良い一杯かもしれません!

あの街この味!福岡編 博多系焼ラーメン パッケージ

ちなみに、今回の“あの街この味!”シリーズはご存知ない方も多いかもしれませんが、以下の通りかなり前に発売されていた経緯があり、今回はかなり久しぶりの新フレーバーの登場となっていて、他にも群馬県太田市で愛されている“太田焼そば”の味わいを“上州太田焼そばのれん会”監修によってカップ麺に再現した太麺と甘くコクのあるソースが絡む濃厚な一杯、“あの街この味! 群馬編 上州太田焼そば”も同時発売されています!(今回は汁なしの2商品ですが、以前は汁あり・なし関係なく様々なフレーバーが当時発売されていたようです。)

  • あの街この味! 長崎風ちゃんぽん(2008年12月29日発売)
  • あの街この味! 函館系塩ラーメン(2013年5月27日発売)
  • あの街この味! 和歌山系醤油豚骨ラーメン(2013年5月27日発売)
  • あの街この味! 東京系油そば(2013年6月10日発売)
  • あの街この味! 博多系焼ラーメン(2013年6月10日発売)
  • あの街この味! 北海道系 コーン塩バター味ラーメン(2014年4月14日発売)
  • あの街この味! 沖縄系 ソーキ味そば(2014年4月14日発売)

それでは、今回の“あの街この味! 福岡編 博多系焼ラーメン”がどれほど豚骨の旨味を利かせた仕上がりとなっているのか?豚骨ソースと相性抜群な“にんにく”の旨味との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもすすり心地抜群な細いフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り531kcalとなっております。(塩分は3.4g)

カロリーは、汁なしカップ麺にも関わらずそこまで高い数値というわけではなく(レギュラーサイズを考慮すると平均的とも言えるかもしれません。)、塩分もかなり低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり106g、麺の量は90gとのこと。

やはりこの数値を見る限り、レギュラーサイズということもあってちょうど良いボリューム感や豚骨の旨味をベースに食欲そそる“にんにく”を利かせたフレーバーらしく素材の旨味を存分に活かした飽きの来ない仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、豚脂やポークエキスをはじめ…

  • 鶏脂
  • 植物油
  • 食塩
  • しょうゆ
  • 香辛料
  • 紅生姜
  • すりごま

といった、豚骨の旨味をベースに鶏脂も後押しし、さらに食欲そそる“にんにく”や香ばしい風味を際立たせる“すりごま”などがさり気なく馴染み、塩気の強いキリッとしたソースに仕上げたことでシンプルながらも飽きの来ないやみつき感のある味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…精製ラードや食塩、“しょうゆ”などの材料が確認でき、ほどよく味付けが施されたすすり心地抜群な細麺であることが確認できますね!

JANコード4901990369244
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、精製ラード、食塩、しょうゆ、卵白)、添付調味料(豚脂、ポークエキス、デキストリン、鶏脂、植物油、食塩、乳糖、砂糖、しょうゆ、たん白加水分解物、香辛料、紅生姜、すりごま)、かやく(ごま、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、かんすい、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、香料、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、酸味料、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (106g) 当たり]
熱量531kcal
たん白質9.9g
脂質28.5g
炭水化物58.8g
食塩相当量3.4g
ビタミンB10.36mg
ビタミンB20.39mg
カルシウム201mg

引用元:あの街この味!福岡編 博多系焼ラーメン | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、粉末ソース、特製油といった3つの調味料などが入っています。豚骨ソースではありますが…特製油+粉末ソースの仕様のようで、ほどよい油分と旨味・香ばしさなど博多豚骨ラーメンを彷彿とさせるあっさりとした中にも物足りなさを感じさせないフレーバーとなっているようです!!

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に特製油は豚骨の旨味を含んだ割とサラッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!(“かやく”は後入れ仕様。)

さらに、麺はご覧の通り見るからに博多ラーメンを思わせるすすり心地抜群な細めのフライ麺が採用され、湯戻りする以前からすでに歯切れの良い強いコシを思わせ、こちらもまた今回の“博多系焼ラーメン”といったフレーバーにもぴったりな食感を表現しているように見えます!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ1分待ちます。(必要なお湯の目安量:560ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの極細麺がふっくらとした仕上がりとなり、ほどよく味付けが施された麺には歯切れの良い強いコシが加わり、まだ特製油・粉末スープを加える前ではありますが…豚骨ならではの旨味や風味がコクを引き立て、相性抜群な“にんにく”の旨味がやみつき感をプラスするメリハリの利いた最後まで飽きの来ない安定感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの特製油を加えていきます!(先にこちらを麺に馴染ませておきます。)
すると…ほんのり豚骨臭が香り立つほぼ無色透明のちょうど良い油分となっていて、こちらをしっかりと馴染ませることで後ほど加える粉末ソースが細麺に絡まりやすくなるものと思われるため、しっかりと混ぜ合わせていきましょう!

そして特製油が全体に馴染んだら…続いて先ほどの粉末ソースを加えていきます!
すると…こちらは非常に粒子の細かい仕様となっているんですが、量もかなり多めとなっているため、素早く麺に馴染ませないとダマになりそうな感じがしますね。。(広範囲にふりかけた方が良いかもしれません。)

ご覧の通り粉末ソースの量はたっぷりと含まれており、こちらにも豚骨の旨味成分が含まれているのでしょうか?豚骨らしい良い意味での豚骨臭がほどよく漂い、食欲そそる“にんにく”とともにシンプルながらも飽きの来ない風味豊かな香りが特徴的といったところ!!

では、しっかりと混ぜていきましょう!
やはり素早く馴染ませていっても所々ダマになってしまいますね。。そのため、部分的にダマをほぐしながら麺と絡める必要があり、この作業がまた意外と時間がかかってしまいます。。せっかくの調理時間1分がなんかもったいない気がしますね。(液体仕様だとすんなりと馴染んでいくと思うんですが…)
※さり気なく細かくカットされた紅生姜が入っています。

そして粉末スープが全体に馴染んだら…最後に“あとのせかやく”を加えて完成となります!ちなみにこちらの“かやく”には…

  • ごま
  • ねぎ

が含まれています!

これによって豚骨ソースと相性抜群な香ばしさやちょうど良い薬味が加わったことで後味さっぱりとした味わいに際立ち、本場博多の味わいが気軽に楽しめるというわけですね!

こうして完成となるわけですが、やはり豚骨ソースをベースにした焼ラーメンということもあって見た目としては非常にシンプルですね!ぱっと見は薄味にも感じられるかもしれませんが…実際にはほんのりと豚骨臭や食欲を掻き立てる“にんにく”の香りが漂うことで、ご当地麺の味わいをカップ麺で気軽に味わえるシリーズらしい雰囲気あるテイストを再現、そこにコシの強い細麺がよく馴染んだことで思いのほか食欲もしっかりと満たされそうです!

また、具材に使用されているのは“ごま”と“ねぎ”のみといった潔さも良いですね!本来なら多少なりとも肉類が欲しかったところではありますが…博多の焼ラーメンの味わいを気軽にカップ麺として楽しめるとあって、豚骨のソースに重みを置いているようで食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな万人受けするかのような“焼ラーメン”に仕上がり、最後まで飽きの来ない旨味溢れる味わいがたっぷりと楽しめることと思われます!!(ただ…このボリューム・内容からするともう少し手頃な価格設定でも良かったような気もしますね。。)

食べてみた感想

一口食べてみると…風味だけでなくしっかりとした豚骨の旨味が利いていますね!しかもあっさりとした中にも物足りなさを感じさせないキリッとしたシャープな口当たりが絶妙にマッチしていてコクもあり後味の良い飽きの来ない豚骨ソースに仕上がり、良い意味での豚骨臭がほんのりと香ることで本場博多の“焼ラーメン”の美味しさが臨場感高く再現されているように感じられます!

また、豚骨の旨味・脂に関しては粉末仕様のソースということもあって特製油によるほどよいコクがあるものの、変な脂っこさや“くどさ”を感じさせるものではなく、素材の旨味を活かした深みのある風味豊かな香りが印象的で、そこに“にんにく”の旨味・風味が食欲を掻き立てる安定感のある仕上がりとなり、細いながらもコシの強いフライ麺とも相性良く馴染み、すすり心地の良さによって香りなんかもしっかりと楽しめる満足度の高い一杯となっているようです!

ただ、“にんにく”に関しては決して周囲を気にするほどのものではなく、今回の“あの街この味! 福岡編 博多系焼ラーメン”の美味しさを引き立てる程度でしたので、お好みによっては“おろしにんにく”をちょい足しして相性の良い旨味を引き立ててみても良いでしょう!…というか、やはりこのボリューム感と仕上がりで税別193円ですから…せめて大盛り仕様だと良かったんですが、若干割高に感じられるかもしれませんね!

麺について

麺は、ご覧の通り本場博多の硬い極細ストレート麺をイメージさせる丸刃のフライ仕様で、この見た目通りすすり心地抜群は非常に良く、歯切れの良い強いコシを兼ね備えた食べ応えのある仕上がりとなっています!

そんな極細麺には、豚骨の旨味をベースに相性抜群な“にんにく”をバランス良く利かせ、別添されている特製油によってちょうど良い油分がコクを引き立てる豚骨ソースがよく絡み、一口ずつに旨味溢れる豚骨ならではの味わいや食欲を掻き立てる“にんにく”の旨味などが口いっぱいに広がっていき、麺に使用された精製ラードによる香ばしい風味や“にんにく”の香りが後味良く抜けていきます!…というかこの比較的ライトな豚骨テイストは最後まで飽きることもなく幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず…と言っても今回はご覧の通り“ごま”と“ねぎ”のみとなっているんですが、どちらも豚骨テイストには欠かせない調理感のある香ばしさやちょうど良い薬味になったことで全体のバランスは非常に良く、しっかりと混ぜ合わせることによってシンプルながらも後味さっぱりとしていて、肉類が使用されていないからといって物足りなさはありません!!

また、非常に細かいんですが…粉末ソースに含まれていたこちらの紅生姜は、小ぶりで加工品のようなカリカリとした食感ながらもピリッとしたアクセントがリアルに感じられ、博多ラーメンにぴったりな具材として今回の一杯に対してさり気なくメリハリをプラスしているようです!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通りギトギト感のないほどよく豚骨臭が香る旨味をベースに相性抜群な“にんにく”や別添されている特製油によるコクがバランス良く馴染み、あっさりとしていながらも物足りなさを感じさせない深みのある本場博多の“焼ラーメン”らしい美味しさがフライ麺の香ばしさとともに再現、まさにシメにもぴったりなライトなテイストとなっているため、ついつい箸が止まらなくなっていまいます。。

ただ、豚骨の旨味を丁寧に利かせた焼ラーメンということもあって特別何かに突出しているわけではありませんので、定番過ぎて印象に残らない安定感のある一杯とも言えるため、お好みによっては豚骨系と相性の良い香辛料やラー油辺りをちょい足ししてみても面白いかもしれませんね!ベースがシンプルに美味しいので味変も色々と楽しめそうです!

そして何よりこの極細麺には原材料にも記載されていた通りラードを使用した油で揚げたことによるほどよい香ばしさが調理感を際立たせ、すすり心地も非常に良いことから豚骨や“にんにく”ならではの香りが活かされたことで風味豊かな香りが食欲を掻き立て、万人受けするテイストとも言えるのではないでしょうか?

このように、今回の“あの街この味! 福岡編 博多系焼ラーメン”は、ほぼ臭みのない豚骨の旨味をベースに相性抜群な“にんにく”を合わせたシンプルながらも定番で最後まで飽きの来ない風味豊かな焼ラーメンならではの味わいを再現し、ラードを使用した油で揚げた調理時間1分で仕上がる食感硬めの細麺が相性良く馴染み、塩気の強いキリッとしたメリハリが心地良く、使用されている具材は“ごま”と“ねぎ”のみではありましたが…物足りなさは一切なく、レギュラーサイズながらもしっかりと食欲を満たしてくれる調理感のある味わいとなっていたため、お好みによっては豚骨系のテイストと相性の良い“おろしにんにく”やピリッとした辛みの香辛料などをちょい足ししてみても良いかもしれません。

まとめ

今回「あの街この味! 福岡編 博多系焼ラーメン」を食べてみて、良い意味での豚骨臭・獣臭がほんのり香る豚骨の旨味をベースに食欲そそる“にんにく”をバランス良く合わせた汁なしタイプの本場博多系の焼ラーメンを再現した一杯は、豚骨の旨味が絶妙なバランスで溶け込み、すすり心地の良い細麺から香るラードの香ばしい風味が調理感のある味わいを際立たせ、シンブルながらもしっかりと食欲を満たしてくれる幅広い層に好まれる一杯となっていました!

やはり丁寧に利かせた豚骨の旨味は間違いありませんね!あっさりとした中にも別添された特製油によるコクやキレの良い塩気の強さが全体の旨味をバランス良く融合し、すすり心地抜群な極細フライ麺から香る風味が心地良く、物足りなさなんかも一切ありませんでしたので、シメにもちょうど良い安定感のある一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!