カップ麺

「ちゃんぽん亭総本家」監修カップ麺 “近江ちゃんぽん” 鶏ガラに鰹や昆布を合わせた和風醤油味の一杯

ちゃんぽん亭総本家監修 近江ちゃんぽん

ちゃんぽん亭総本家監修 近江ちゃんぽん」を食べてみました。(2022年5月24日発売・サンヨー食品/ローソン限定)

この商品は、滋賀県の名店“ちゃんぽん亭総本家”の看板メニューで滋賀のソウルフードでもある“近江(おうみ)ちゃんぽん”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、野菜の旨味に鶏ガラや鰹、昆布などをバランス良く合わせた和風醤油味のスープに仕上げ、あっさりとしていながらもコクがあり、野菜中心に5種類もの具材が使用されてはいるものの…広く知られている豚骨ベースの“ちゃんぽん”とはひと味違い、後味すっきりとした飽きの来ない一杯、“ちゃんぽん亭総本家監修 近江ちゃんぽん”となっております。(値段:税別238円)

ご覧の通りパッケージは“創業昭和三十八年”、“ちゃんぽん亭総本家監修”、“近江ちゃんぽん”といった店舗名やロゴなどが記載され、今回は上記の通り“ちゃんぽん”は“ちゃんぽん”でも滋賀で愛されているご当地ラーメン“近江ちゃんぽん”ということで、鶏ガラの旨味に鰹や昆布を絶妙にブレンドした醤油ベースの味わいが再現されているようです!(ローソン限定ではありますが、サンヨー食品のロゴが入っているため、PBではなく留型(とめがた)と呼ばれる商品です。)

ちゃんぽん亭総本家監修 近江ちゃんぽん パッケージ

一方こちらには後味すっきりとした醤油ベースのスープに丸刃の中太麺や各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ、鶏・豚味付肉そぼろ、キクラゲ、もやし、“かまぼこ”が使用されているようです!

ちなみにこのイメージ写真を見ると“ちゃんぽん”らしい乳化感のある濃厚なスープというわけではなく、鶏ガラをベースに鰹や昆布など魚介出汁をバランス良く合わせた和風醤油味といった醤油スープに仕上がり、どこか懐かしい安定感のあるテイストながらもキリッとしたシャープな口当たりが絶妙にマッチし、あっさり系ではありますが、物足りなさを感じさせないメリハリのある味わいといったところでしょうか?何度食べても食べ飽きないヘルシーな一杯がカップ麺に再現されているようにも感じられます!

また、こちら容器側面には“和風醤油味”、“鶏ガラとカツオと昆布を絶妙ブレンド”と記載されている通り、“近江ちゃんぽん”とは…割とあっさりとしたクセのない鶏ガラをベースに野菜の旨味や鰹・昆布など魚介出汁をバランス良く合わせた安定感のあるテイストのようで、豊富に使用された野菜中心の具材からも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて旨味も増していく…そんなシンプルながらも飽きの来ない味わいが特徴となっています!

他にも特徴として…麺はサンヨー食品らしい丸刃の中太仕様で、ほどよい弾力と噛み応えのあるコシを兼ね備えたフライ麺が採用されていて、それによって鶏ガラをベースに野菜の旨味や鰹・昆布などの魚介出汁をバランス良く利かせたあっさりとした中にもコクがある“近江ちゃんぽん”ならではの和風醤油スープが豊富に使用された野菜とともに思う存分たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

鶏ガラをベースに魚介出汁を合わせた和風醤油スープには野菜の旨味もしっかりと溶け込んだことで広く知られている“ちゃんぽん”風なテイストではありますが、豚ではなく鶏という決定的な違いがあり、シンプルながらも後味すっきりとしたコク深く素材の旨味を活かした味わいに仕上がり、醤油ならではのキレの良い口当たり・塩加減なんかも絶妙なバランスとして馴染み、なんと言ってももっちりとした中太麺やたっぷりと使用された5種類もの野菜中心の具材によってボリューム感のある和風テイストの一杯となっていました!
これは特に、滋賀のソウルフード“近江ちゃんぽん”が好みの方はもちろん、鶏ガラをベースに野菜の旨味や鰹・昆布など魚介出汁をバランス良く合わせた和風醤油スープに仕立て上げた後味の良い味わいをたっぷりの野菜とともに楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は滋賀県彦根市に本店を置く人気チェーン店“ちゃんぽん亭総本家”の看板メニュー“近江ちゃんぽん”の味わいをカップ麺に再現した鶏ガラベースに野菜や魚介出汁をバランス良く合わせ、もっちりとした中太麺や豊富に使用された野菜中心の具材とともにボリューム感たっぷりと楽しめる一杯、「ちゃんぽん亭総本家監修 近江ちゃんぽん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ちゃんぽん亭総本家監修 近江ちゃんぽん

今回ご紹介するカップ麺は、滋賀県彦根市に本店を置く人気チェーン店“ちゃんぽん亭総本家”の看板メニューであり滋賀のソウルフードでもある“近江ちゃんぽん”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、鶏ガラをベースに鰹や昆布といった魚介出汁や野菜の旨味を利かせた和風醤油といった後味の良いスープに仕立て上げ、そこに丸刃の中太麺や豊富に使用された野菜中心の各種具材が盛り付けられたヘルシーかつシンプルなテイストが楽しめる一杯、“ちゃんぽん亭総本家監修 近江ちゃんぽん”となっています。
※売っている場所:今回はローソンで購入

ご覧の通り、フタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…こちらには容器側面のような仕上がりイメージが掲載されていないものの…“近江ちゃんぽん”、“ちゃんぽん亭総本家監修”といった商品名や特徴がシンプルに配置され、俗に言う“長崎ちゃんぽん”とは全く異なる和風醤油味のスープに5種類もの野菜中心の具材が盛り付けられた“近江ちゃんぽん”ならではの味わいに期待できそうです!

ちなみにここ“ちゃんぽん亭総本家”の創業は1963年(昭和38年)、彦根市銀座町で開業した“麺類をかべ”の2号店を“山本 一”氏が1986年(昭和61年)に引き継ぎ、当時京風出汁で麺類を提供していた味をアレンジして1988年に滋賀県彦根市で1号店となる“ちゃんぽん”専門店“ちゃんぽん亭をかべ 戸賀店”をオープン、2004年には屋号を現在の“ちゃんぽん亭総本家”に変更し、看板メニューも“近江ちゃんぽん”として売り出し、2014年には商標登録も行っています!

つまり“ちゃんぽん亭総本家”の前身となる“麺類をかべ”がルーツ・原点であり、その味をアレンジして“近江ちゃんぽん”として全国に広めているというわけですね!(現在も“麺類をかべ”は場所を移して営業しているようですが、“ちゃんぽん亭総本家”が“近江ちゃんぽん”という名を商標登録したため使用できません。。)

そして、運営会社である“ドリームフーズ株式会社”は現在、“山本 一”氏が会長・“山本 英柱”氏が社長を務め、“ちゃんぽん亭総本家”以外にも“金亀庵(蕎麦)”、“居酒屋 彦一”、“肉そば専門店 炙り肉そばニューヨーク”など幅広いブランド展開を行っているようです!

また、こちらには“オススメ!お酢を入れるとスープの旨みがググッと増す。”とのことで簡単な説明書きが記載されており、これによると…“和風醤油の黄金だしに野菜や豚肉などの具がたっぷり入ったちゃんぽん亭のちゃんぽんは、手軽にたくさんの野菜を食べられるのが特徴。スプーン1杯のお酢を入れると旨みがアップ!!”、“ちゃんぽん亭総本家は昭和38年創業のちゃんぽん・ラーメン専門店です。”というわけで、好みによっては別途“お酢”を用意して試してみても良いでしょう!

他にも今回は近畿エリア限定で“ちゃんぽん亭総本家監修 1食分の野菜が摂れる近江ちゃんぽん(税込559円)”と“ちゃんぽん亭総本家監修 海老ちゃんぽん風のおにぎり(税込149円)”も同時発売されています!

それでは、今回の“ちゃんぽん亭総本家監修 近江ちゃんぽん”がどれほど鶏ガラをベースに鰹や昆布など魚介出汁をバランス良く合わせた和風醤油スープに仕上がっているのか?“ちゃんぽん”ならではの野菜の旨味や豊富に使用された各種具材とのとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても丸刃の中太麺によるもっちりとした弾力やほどよいコシを併せ持つフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り463kcal(めん・かやく370kcal / スープ93kcal)となっております。(塩分は6.3g)

カロリーは、鶏ガラをベースにした“近江ちゃんぽん”らしく後味すっきりとした軽やかな仕上がりということで縦型ビッグサイズの割にやや低めな数値のようですが、一方で塩分は若干高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり99g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと93kcalとのことで、サラッとした後味の良いスープには思ったよりも鶏ガラの旨味・コクが利いた深みのある仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や豚脂をはじめ…

  • 植物油脂
  • チキン調味料
  • しょうゆ
  • 香味油
  • ポーク調味料
  • 野菜エキス
  • 鶏脂
  • 香辛料
  • 魚介エキス(魚介類)
  • 野菜粉末
  • 昆布エキス
  • 調味油脂

といった、“近江ちゃんぽん”らしく鶏ガラをベースに鰹や昆布など魚介の旨味をバランス良く合わせ、さらに野菜の旨味や豊富に使用した野菜中心の具材からも旨味が滲み出したことによって軽やかなキレをより一層際立たせ、野菜がたっぷり摂れる後味すっきりとした味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901734046592
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、粉末卵)、スープ(糖類、食塩、豚脂、植物油脂、チキン調味料、しょうゆ、香味油、ポーク調味料、野菜エキス、鶏脂、香辛料、魚介エキス(魚介類)、野菜粉末、酵母エキス、昆布エキス、調味油脂、たん白加水分解物、発酵調味料)、かやく(キャベツ、鶏・豚味付肉そぼろ、キクラゲ、もやし、かまぼこ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、トレハロース、カラメル色素、かんすい、レシチン、酸味料、微粒二酸化ケイ素、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ベニコウジ色素、香料、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・魚介エキス(魚介類)を含む)

栄養成分表示 [1食 (99g) 当たり]
熱量463kcal
たん白質8.4g
脂質21.0g
炭水化物60.2g
食塩相当量6.2g
めん・かやく: 1.8g
スープ: 4.4g
ビタミンB11.37mg
ビタミンB20.68mg
カルシウム209mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“仕上げの小袋”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみた感じだと…香味油などを含む非常にサラッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます。

また、具材には…

  • キャベツ
  • 鶏・豚味付肉そぼろ
  • キクラゲ
  • もやし
  • かまぼこ

といった5種類もの野菜中心の具材がたっぷりと入っています。
ちなみにこの“近江ちゃんぽん”は“長崎ちゃんぽん”とは全く異なるテイストとのことですが、敢えて言えば野菜がたっぷりと摂れる点が共通項のようです!

さらに、麺はご覧の通りサンヨー食品らしい丸刃の中太麺が採用されており、湯戻りする以前からすでにもっちりとした弾力や食べ応えのあるコシが表現されていることをイメージさせます!

そのため、調理時間は5分と長めとなっているんですが、もっちり感と同時にほどよいコシなんかも楽しみたければ4分程度に調整してみても良いかもしれません!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:410ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの中太麺や豊富に使用された5種の野菜などの具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはもっちりとした弾力とほどよいコシが加わり、麺が見えないほどたっぷりと具材が使用されているため、想像以上に野菜の食感も良くボリューム感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“仕上げの小袋”を加えていきます!
すると…今回は“近江ちゃんぽん”ということでそこまでクセのある風味などはありませんが、調理感のあるコクを引き立てる香味油といった油分として含まれていたため、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

そのため、見た目や風味としての違いはほぼなく、調理感のある無色透明な油分が表面に広がっていく程度で…やはり鶏ガラをベースに野菜の旨味や魚介出汁をうまく活かした後味の良い和風醤油スープ仕上がっているようです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…白濁とした“長崎ちゃんぽん”とは全く異なる和風醤油に黄金出汁が加わった状態で、表面に浮かぶ動物系の旨味エキスや脂がほどよいコク・深みを際立たせ、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせない素材の旨味を存分に活かした和風醤油味がしっかりと再現されており、鰹や昆布といった魚介出汁特有の風味などは控え目で、“ちゃんぽん”ならではの香味油や野菜の風味が印象的といったところ!

また、豊富に使用された野菜中心の各種具材からも旨味が滲み出しているように感じられ、しっかりと混ぜながらいただくと、より一層野菜の旨味が引き立つのはもちろん、容器底にも粉末や香辛料などが豊富に使用されているようでしたので、全体を馴染ませながら食べ進めていくと良いでしょう!そしてそもそも相性抜群な野菜がたっぷりと使用されているため、このボリューム感で税別238円はリーズナブルにも感じられますね!

食べてみた感想

一口食べてみると…広く認知されている“長崎ちゃんぽん”とは一線を画するスープには、鶏ガラをベースに鰹や昆布といった魚介出汁をバランス良く合わせ、そこに野菜の旨味はもちろん、具材にもたっぷりと野菜中心の具材が使用されたことで旨味が滲み出していき、まさに和風醤油味の後味すっきりとしたとキレの良さが印象的ではありましたが、豚骨とは違い鶏ガラベースの“ちゃんぽん”はやはり違和感があるかもしれませんね。。その辺りで若干賛否分かれそうなフレーバーではあるものの、素材の旨味を存分に活かしたコク深い仕上がりとなっています!

そのため、野菜の旨味が思ったよりも際立ち(この辺りは“ちゃんぽん”のイメージと同じ)、鶏ガラに鰹や昆布、さらに野菜の旨味なんかも使用されたことによってあっさりとした中にも深みのあるコク・旨味が凝縮されており、スープ全体としては非常にシンプルな仕上がりではありますが…鶏ガラベースのあっさりとした和風醤油の優しい味わいと言えるでしょう!

また、野菜中心の5種類もの具材からも良い旨味が滲み出し、こちらもまた“ちゃんぽん”ならではの美味しさを引き立て、ベースとなる味わいを損なうことなく相性良く馴染んでいます!この辺りは野菜をたっぷりと摂れる“近江ちゃんぽん”らしくヘルシーさを謳う一杯なだけあって野菜の旨味もしっかりと活かされていますね!(実際には具材は炒めずに煮込むそうです。)

しかも麺量70gに加え野菜がたっぷりと使用されたことで想像以上にボリューム感がありますが、鶏ガラベースの後味すっきりとしたテイストとなっているため、最後まで飽きることもありません!ただ…若干素朴なテイストですから、好き嫌いがはっきりと分かれる一杯ではあります。。

では半分ほど食べ進めた辺りでパッケージでも推奨とされていた“お酢”を加えてみます!見た目としては全くの変化はありませんが…実際に全体を混ぜて馴染ませて味わってみると…これはこれでありですね!“お酢”の酸味がちょうど良くかき消され、“近江ちゃんぽん”のスープの美味しさを引き立てているように感じられます!(気になる方は少しずつ加えて味の変化を確かめてから足してみてください。)

麺について

麺はご覧の通り、サンヨー食品らしい丸刃の中太麺が採用されていて、もっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備え、麺量70gによって食欲もガツンと満たしてくれるボリューム感のある仕上がりとなっています!

そんな麺には、鶏ガラをベースに鰹や昆布、野菜の旨味をバランス良く合わせたことで黄金色に輝く和風醤油スープがよく絡み、一口ずつに安定感のある旨味や野菜の美味しさなどが口いっぱいに広がっていき、“仕上げの小袋”によって炒め野菜のような臨場感の高い風味が後味良く抜けていきます!…というか今回は“近江ちゃんぽん”ということでどんなテイストかと思っていましたが、意外とあっさりとした和風醤油スープで、どこか昔懐かしい味わいにも感じられたため、ヘルシーに野菜をたっぷりと摂りたい時にちょうど良いカップ麺と言えるかもしれませんね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“鶏・豚味付肉そぼろ”が使用されていて、“肉そぼろ”らしく割と小ぶりなサイズではありますが…じっくりと味わってみると、ほどよく味付けされた肉の旨味がじゅわっと滲み出す仕上がり具合となっていたため、スープとよく馴染ませながら食べ進め、後ほど丸刃の中太麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのキャベツは大きめにカットされ、使用されている数に関しても申し分なく、シャキシャキとした食感が心地良い仕上がりで、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

さらにこちらの“もやし”は若干小ぶりながらもシャキシャキとした食感が心地良く、上記のキャベツと同じく“ちゃんぽん”らしい野菜をたっぷりと摂取できる具材のひとつとして食感の良さを際立たせているようにも感じられます!

そしてこちらのキクラゲは、豊富に使用されているものの…サイズはマチマチで、コリコリというよりも食感柔らかな仕上がりとなっていて、個人的にはもう少しコリッとした食感に期待していたんですが、豊富に使用された具材のひとつとしてほどよいアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらの“かまぼこ”が使用されており、味付け自体はもちろん感じられないものの…今回の一杯に彩りの良さを引き立てる見た目としてのアクセントがプラスされているようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り鶏ガラの旨味をベースに鰹や煮干しなどの魚介出汁や野菜の旨味をバランス良く合わせた和風醤油味の後味すっきりとした仕上がりとなっていて、“ちゃんぽん”は“ちゃんぽん”でも“長崎ちゃんぽん”とは全く異なるテイストではありますが、野菜の旨味がたっぷりと利いているという点に関しては共通しており、具材にも豊富に使用されたことで食感の良い野菜の美味しさが特に際立って感じられます!

そのため、非常にあっさりとした和風醤油味で野菜の旨味が想像以上に強く主張していたので、この辺りによって若干賛否分かれるような気はしますね。。特に鶏ガラということもあって脂っこさといった感じもありませんし、魚介出汁も非常にさり気なく、野菜の美味しいさを引き立てるかのように旨味が融合しているようでしたので、シンプルかつキレ・後味の良さによって非常に軽やかでサラッとしたスープが印象的といったところ!

また、鶏ガラベースに魚介出汁や野菜の旨味を合わせたことで、どこか懐かしい感じもあり、ここ最近のインパクト抜群なフレーバーが好みでしたら若干物足りなさを感じるかもしれませんね。。ただ、再現性は定かではありませんが…安定感のあるテイストであることに間違いなく、サラッとしたスープでありながらも70gの麺量や豊富に使用された各種具材によってしっかりと食欲も満たされることと思われます!

他にも食べ進めていくに連れてスープ全体がしっかりと馴染んでいき、それによって鶏ガラや魚介出汁も際立っていくものの…やはり野菜がたっぷりと摂取できる“近江ちゃんぽん”ということもあって野菜の旨味が強いですね!香味油と合わせることで炒め野菜のような味わいがスープにも溶け出し、何度食べても飽きの来ない味というのもわかるんですが、個人的にはどうしても食べ慣れていないせいか若干違和感があります。。

このように、今回の“ちゃんぽん亭総本家監修 近江ちゃんぽん”は、鶏ガラをベースに鰹や昆布といった魚介出汁や野菜の旨味が凝縮されたことで和風醤油味の後味すっきりとした“ちゃんぽんスープ”に仕上がり、“近江ちゃんぽん”らしい鶏ガラを使用したひと味違ったテイストがボリューム感たっぷりと味わうことができ、スープにも野菜の旨味が溶け込んでいるんですが、野菜中心に5種類もの具材が豊富に使用されたことでシャキシャキとした心地良い食感はもちろん、スープにも旨味が滲み出していくことで、後半になるに連れて野菜の旨味も際立っていく…そんなヘルシーで最後まで飽きの来ないシンプルながらも繊細な美味しさがたっぷりと楽しめる一杯となっていたため、お好みによっては“近江ちゃんぽん”にぴったりな“お酢”を少しずつ加えて味の変化なども味わってみても良いでしょう!

まとめ

今回「ちゃんぽん亭総本家監修 近江ちゃんぽん」を食べてみて、昭和38年創業・滋賀県彦根市に本店を置く人気チェーン店“ちゃんぽん亭総本家”の看板メニュー“近江ちゃんぽん”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現した一杯は…鶏ガラや鰹・昆布などの魚介出汁、そして野菜の旨味が融合したことで和風醤油味の“ちゃんぽんスープ”に仕上がり、あっさりとした中にも様々な旨味によって繊細な味わいがカップ麺ながらも再現され、さらに食感の良い野菜中心の5種類もの具材によってボリューム感もあり、もっちりとした丸刃の中太麺とともにたっぷりと食欲を満たしてくれる…そんな野菜の美味しさを存分に活かした後味の良い一杯となっていました!

また、よく知る“ちゃんぽん”とはひと味違った和風醤油味の“近江ちゃんぽん”とは言え…野菜の旨味をたっぷりと摂取できる辺りは共通していて、豚ではなく鶏という点が大きく異なり、後味すっきりとしたテイストが心地良く、鰹や昆布などの魚介出汁が繊細さをプラス、そこに麺量70gの中太麺や豊富に使用された各種具材によって思ったより食べ応えのある一杯でしたので、どこか懐かしい味わいが好みの方だとかなりハマるフレーバーと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!