カップ麺

1食分の野菜 旨辛ちゃんぽん!魚介の旨味を利かせた旨辛スープに7種の野菜を加えた食べ応えのある一杯

1食分の野菜 旨辛ちゃんぽん

1食分の野菜 旨辛ちゃんぽん」を食べてみました。(2022年5月9日発売・東洋水産/ローソン限定)

この商品は、ローソンと東洋水産のコラボカップ麺であり、“1食分の野菜”シリーズのひとつということで、ポークやチキンをベースに魚介の旨味やラードなどをバランス良く利かせたことによって後味すっきりとした口当たりが印象的な“ちゃんぽんスープ”に仕上げ、そこに7種類もの野菜をたっぷりと使用したことでヘルシー感も出しつつピリッとした辛みを加え、“ちゃんぽん”らしい飽きの来ない味わいが後引く辛さとともに楽しめるボリューム感抜群な一杯、“1食分の野菜 旨辛ちゃんぽん”となっております。(値段:オープンプライスで今回は税別214円で購入)

ご覧の通りパッケージは“1食分の野菜”、“旨辛ちゃんぽん”といったヘルシーさが伝わってくる文言やたっぷりと使用された野菜が印象的な仕上がりイメージが背景に大きく掲載され、今回はポークやチキン、魚介の旨味がたっぷりと溶け込んだピリ辛な“ちゃんぽん”が表現されているようです!(ローソン限定ではありますが、東洋水産のロゴが入っているため、PBではなく留型(とめがた)と呼ばれる商品です。)

1食分の野菜 旨辛ちゃんぽん パッケージ

一方こちらには7種類もの豊富な野菜が盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ・チンゲン菜・玉ねぎ・小松菜・ねぎ・ニラ・人参が使用されているようです!(容器サイズとしては以前発売されていた“1食分の野菜 魚介の旨みちゃんぽん”の若干高さが低い仕様ではなく、通常の縦型ビッグサイズとなっています。)

しかも使用されている具材は凍結・真空・乾燥によるフリーズドライ(FD)仕様となっていて、野菜を加えた際の変な水っぽさなども一切なく、シャキシャキ感が保たれた状態の食感が楽しむことができ、まさに商品名にもある通りこの一杯で1食分の野菜を摂ることができる画期的な商品となっています。
※1食分なので1日に必要な野菜1/3相当の量を使用しているとのこと。

ちなみにこのイメージ写真を見ると“ちゃんぽん”らしい乳化感のある濃厚なスープに仕上がり、あっさりとした中にもポークやチキン、魚介などの旨味が凝縮されており、さらにピリッとした辛さがちょうど良いアクセントとなったことで物足りなさを一切感じさせないメリハリのある口当たりが印象的な飽きの来ない味わいといったところでしょうか?何度食べても食べ飽きないヘルシーな一杯が表現されているようにも感じられます!

また、こちら容器側面には“魚介の旨味が利いた濃厚スープにたっぷり7種野菜入り!”と記載されている通り、魚介などの旨味を利かせた後味の良いピリ辛な“ちゃんぽんスープ”をより一層引き立てるかのように食感の良い新鮮野菜がたっぷりと使用されており、食べ進めていくに連れて旨味も増していく…そんな相性抜群な一杯が楽しめるようです!

そのためこの“1食分の野菜 旨辛ちゃんぽん”は濃厚とは言え…キリッとしたメリハリのあるテイストで、たっぷりと野菜を盛り付けたローソン限定商品の中でも定期的にリニューアル発売されるだけあって好評のシリーズと思われます!

ちなみに気になったのがこの注意書きで、これによると…

  • 1日あたりの野菜摂取量の目安は350g
  • 本品では1食分の野菜(1日の目安の3分の1相当)の量を使用しています。
  • 加工した野菜と生換算の栄養価は異なります。
  • 本品は1食あたり食塩相当量5.4gです。塩分の摂りすぎに注意し、主食、主菜、副菜を基本にバランスの良い食事を心がけてください。

と記載されており、“1食分の野菜”といったシリーズ名なので1日分の野菜が摂取できるのかと勘違いしそうですが…あくまで1食分(1/3相当)の量が使用されているとのことで、3食これで良いというわけでは決してなく、別途主食や主菜・副菜も摂取するべきというわけですね。
※この350gという数値は厚生労働省の推奨量とのこと。

他にも特徴として…麺は厚みのある幅広な太麺となっていて、ほどよい弾力のあるもっちり感と噛み応えのある強いコシを兼ね備えた力強い仕上がりとなっていて、それによってポークやチキン、魚介の旨味をそれぞれしっかりと利かせたコク深くピリ辛な“ちゃんぽんスープ”、そして豊富に使用された野菜とともに後味すっきりとしたヘルシーな味わいが思う存分たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

魚介の旨味をポークやチキンがバランス良く引き立て、濃厚というよりも軽やかで後味すっきりとした味わいに仕上がり、ほどよい辛さが加わったことでキレの良い口当たり・塩加減なんかも絶妙なバランスとして馴染み、なんと言ってももっちりとした太麺やたっぷりと使用された7種類ものFD仕様の野菜によって素材本来の旨味を存分に活かした最後まで飽きの来ない一杯となっていました!
これは特に、魚介を利かせた後味の良いピリ辛な“ちゃんぽん”をたっぷりの野菜とともにじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はローソン限定で定期的に発売されている“1食分の野菜”シリーズのひとつ、ポークやチキンをベースに魚介の旨味を利かせ、ピリッとした辛みを加えたキレの良い口当たりが印象的な“ちゃんぽん”にたっぷり野菜が楽しめる満足度の高い一杯、「1食分の野菜 旨辛ちゃんぽん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

1食分の野菜 旨辛ちゃんぽん

今回ご紹介するカップ麺は、“1食分の野菜”シリーズからローソン限定で発売されている商品で、その名の通り1食分の野菜が摂取できてしまうほど豊富に野菜を使用し、魚介の旨味をしっかりと利かせた“ちゃんぽんスープ”にポークやチキンを利かせたことでコク深くまろやかな味わいを表現、さらにピリッとした辛みを加えたヘルシーかつ後味すっきりとしたテイストが楽しめるボリューム感抜群な一杯、“1食分の野菜 旨辛ちゃんぽん”となっています。
※売っている場所:今回はローソンで購入

ご覧の通り、フタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…こちらには仕上がりイメージが掲載されていないものの…容器側面と同じく“1食分の野菜”、“旨辛ちゃんぽん”といった商品名や特徴がシンプルに配置され、1食分の野菜がしっかりと摂取できることをイメージさせます!

そして今回の一杯は縦型ビッグサイズといった食べ応えのあるボリューム感なんですが、他にもたっぷりと使用された食感の良い7種類もの野菜によってしっかりとした食べ応えなんかも楽しめるのではないでしょうか?

ちなみに2019年11月5日には、醤油ベースにポークやラード、背脂などを利かせたことによる濃厚な“豚骨醤油”といったテイストに仕上げ、そこに6種類(キャベツ・チンゲン菜・玉ねぎ・小松菜・ねぎ・人参)もの野菜をたっぷりと使用した“1食分の野菜 豚しょうゆ味ラーメン”が発売されており、2020年9月14日には今回のベースとも言える一杯、“1食分の野菜 魚介の旨みちゃんぽん”が登場しているように一定のシェアがある人気シリーズのようですね!

それでは、今回の“1食分の野菜 旨辛ちゃんぽん”がどれほど魚介の旨味を利かせた後味すっきりとした“ちゃんぽんスープ”に仕上がっているのか?FD製法によるカップ麺とは思えないほどのシャキシャキ感を実現した7種類もの色とりどりな野菜やピリッとした辛みとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても厚みのある幅広なもっちりとした弾力が印象的な食べ応え抜群な太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り455kcal(めん・かやく334kcal / スープ121kcal)となっております。(塩分は7.1g)

カロリーは、“ちゃんぽん”らしく旨味が凝縮されているとは言っても後味すっきりとした軽やかな仕上がりということで縦型ビッグサイズの割にやや低めな数値のようですが、一方で塩分は高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり105g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで121kcalもの数値を占めていることから、サラッとした後味の良い“ちゃんぽんスープ”には思ったよりもポークやチキンの旨味が利いた濃厚でコク深い仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポークエキスや香味油脂をはじめ…

  • ラード
  • チキンエキス
  • 食塩
  • 魚介エキス
  • 粉末野菜
  • 香辛料
  • 植物油

といった、“ちゃんぽん”らしく魚介の旨味をポークやチキンが引き立て、さらに辛みを加えたことによって軽やかなキレをより一層際立たせ、じんわりと染み渡る後味すっきりとした旨辛な味わいを想像させる材料が並びます。

他にも販売者については東洋水産株式会社と記載されていますが、製造所はグループ会社のひとつである“株式会社酒悦”となっています!

JANコード4901990371421
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、卵白)、添付調味料(ポークエキス、香味油脂、ラード、チキンエキス、食塩、魚介エキス、粉末野菜、たん白加水分解物、香辛料、植物油、酵母エキス)、かやく(キャベツ、チンゲン菜、たまねぎ、こまつな、ねぎ、にら、にんじん、でん粉)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、かんすい、乳化剤、pH調整剤、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、香辛料抽出物、パプリカ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (105g) 当たり]
熱量455kcal
たん白質10.2g
脂質19.7g
炭水化物59.1g
食塩相当量7.1g
めん・かやく: 2.6g
スープ: 4.5g
ビタミンB10.31mg
ビタミンB20.38mg
カルシウム168mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープやFD仕様の具材などがすでに入っていて、フタの上には先ほどもお伝えした通り“特製油”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみた感じだと…ラー油などを含む割とさらっとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます。

また、具材として仕様されているのは全てがFDブロックというわけではないようですが…

  • キャベツ
  • チンゲン菜
  • 玉ねぎ
  • 小松菜
  • ねぎ
  • ニラ
  • 人参

といった7種類もの野菜がたっぷりと入っています。
ただ、上記の通りFDブロックはパックとして別添されているわけではありませんので、一部が欠けている・崩れている場合も考えられます。

さらに、麺はご覧の通り粉末スープで若干確認しにくいんですが、厚みのある幅広な仕様となっていて、湯戻りする以前からすでにもっちりとした弾力や食べ応えのあるコシが表現されていることをイメージさせます!

そのため、調理時間は5分と長めとなっているんですが、もっちり感と同時にほどよいコシなんかも楽しみたければ4分程度に調整してみても良いかもしれません!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:470ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの太麺や豊富に使用された7種の野菜などがふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはもっちりとした弾力と強いコシが加わり、麺が見えないほどたっぷりと野菜が使用されているため、想像以上に食感も良くボリューム感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“特製油”を加えていきます!
すると…今回は“旨辛ちゃんぽん”ということでラー油のような赤みを帯びた透明な油分となっており、特にクセのある風味などはなく、ちょうど良いコクやピリッとしたメリハリをプラスする油分といったところでしょうか?

そのため、見た目としての違いは食欲そそる赤み帯びた油分が表面に広がっていく程度で、風味としてはそこまでの変化はありませんが…今回のちゃんぽんスープにほどよい辛みが加わったことでやみつき感が際立っているようにも感じられます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…“ちゃんぽん”らしい乳化感のある白濁・サラッとした状態にピリッとした辛みが加わった仕上がりとなっていて、表面に浮かぶポーク・チキンの旨味やラードの油分がほどよいコク・深みを際立たせ、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせない旨辛な美味しさがしっかりと表現されているようです!

また、本来ほどよく乳化感のあるちゃんぽんスープには、ピリッとした辛みや塩気の強い口当たり、そして動物系・ラードを利かせたコク深い味わい、さらに相性抜群な野菜も大盛り仕様で使用されており、これで税別214円はリーズナブルにも感じられますね!
しかも1食分の野菜が摂取できるということもあって、非常に満足感の高い一杯と言えるでしょう!

食べてみた感想

一口食べてみると…赤みが加わったちゃんぽんスープには、“ちゃんぽん”ならではの後味すっきりとしたキレの良さがピリッとした辛みによってさらに際立ち、ポークやチキン、さらにラードなんかも使用されたことによってあっさりとした中にも深みのあるコク・旨味が凝縮されており、スープ全体としては非常にバランスの良い仕上がりとなっていて、まさしく王道とも言える“ちゃんぽん”に辛みが加わったやみつき感のある味わいと言えるでしょう!

また、FD仕様を含む7種類もの野菜からも今回のスープにぴったりな旨味が滲み出し、こちらもまた“ちゃんぽん”ならではの美味しさを引き立て、ベースとなる味わいを損なうことなく相性良く馴染んでいます!この辺りは1食分の野菜をたっぷりと使用したヘルシーさを謳うシリーズなだけあって野菜の旨味もしっかりと活かされていますね!

しかも麺量70gに加え野菜がたっぷりと使用されたことで想像以上にボリューム感があり、1食分の野菜(1日の1/3の量)がこの一杯で摂れてしまうわけですから…スープや麺、たっぷり野菜のどれをとってもけっこうな満足感があります!

麺について

麺はご覧の通り、厚みのある幅広なフライ麺となっていて、食べ応え抜群なもっちり感とほどよいコシを兼ね備え、今回辛さが加わった深みのある“ちゃんぽんスープ”にもぴったりな食感に仕上がっています!

そんな太麺には、ポークやチキン、魚介の旨味に辛さを加えた“ちゃんぽん”ならではの後味すっきりとしたスープがよく絡み、一口ずつに動物系の旨味やラードによって引き立てられた染み渡るかのような魚介の旨味、後引く辛さなどが口いっぱいに広がっていき、ラードの香ばしさがほどよく炒め野菜のような風味として後味良く抜けていきます!これは…定期的に発売されるシリーズということもあって気軽にたっぷりと野菜を摂りたい…でもカップ麺も食べたいといった時にちょうど良いかもしれませんね!

また、今回は調理時間5分のところ4分にしてみましたが全く問題ありません、もっと短くても良いくらいにしっかりと湯戻りされており、もっちり感を取るか…コシの強さを取るかである程度調整してみると良いでしょう。(FD仕様の野菜もしっかり湯戻りされています。)

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのキャベツが使用されていて、FD仕様によるシャキシャキ感はもちろん、まさに茹で野菜を別途追加したかのようなリアルな仕上がりで、この野菜の旨味がピリ辛なちゃんぽんスープをさらに美味しく引き立てているようにも感じられます!

また、こちらの小松菜は比較的葉の部位が使用されており、FD仕様ならではの素材本来の味わいがしっかりと伝わる満足度の高い仕上がりとなっています!

さらにこちらの“玉ねぎ”は大きくカットされたことでシャキシャキとした食感が心地良く、じっくりと味わってみると…素材ならではの旨味・甘みなんかもあり、こちらもまたFD仕様ならではの食感といった臨場感がありますね!

そしてこちらの人参は、やや小ぶり・数も少なめではありますが…素材本来の味わいがしっかりと伝わる仕上がり具合となっていて、やはりこちらもまた上記のようにFD仕様ならではのワンランク上の美味しさがしっかりと表現されています!

一方こちらのニラは、今回旨辛仕様にしたことで相性良くマッチし、やみつき感を引き立てる香味野菜のひとつとしてちゃんぽんスープに自然と馴染んでいるようです!

他にもこちらのチンゲン菜なんかも使用されており、素材本来の味わい・食感がしっかりと再現され、当然ちょうど良い具合に水分が飛んでいますから、シャキシャキ感とともに素材の旨味がストレートに伝わる美味しい具材となっています!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されており、かなり小さめにカットされたことでシャキシャキとまではかないものの…今回の旨辛ちゃんぽんスープの美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材としてさり気なく添えられているようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークやチキンの旨味が魚介の美味しさをしっかりと引き立て、“ちゃんぽん”としては王道とも言える濃厚な仕上がりではあるんですが、今回はピリッとした辛みや野菜の旨味が引き立ったことで魚介出汁はやや控えめに感じられ、この旨辛なキレ・後味の良さによって非常に軽やかでサラッとしたスープが印象的といったところ、そしてなんと言ってもFD仕様のシャキシャキ野菜とのバランスが絶妙ですね!

また、見た通り乳化感もあり、コク深くまろやかな味わいと素材の旨味が凝縮されたことによって、サラッとしたスープながらも決して物足りなさを感じさせない深みのある美味しさを表現、さらにラードなんかも使用されているんですが…飽きの来るような脂っこさは一切なく、むしろスープの旨味にほどよい辛さがうまく調和したことでメリハリのあるテイストを際立たせているようにも感じられます!

他にもポークやチキン、ラードの旨味・脂がスープ表面に浮かび、これがまた終盤にたっぷりと使用した野菜も合わせて旨味を引き立て、食べ進めていくに連れて満足度も増していきます!…というか気になる辛さについてですが、あくまでラー油のようなピリッとしたアクセント程度となっていたため、むしろ食欲そそるちょうど良い辛さに感じられるのではないでしょうか?

そしてなんと言っても“ちゃんぽんスープ”らしくキリッとした口当たりが心地良く、動物系や魚介系…さらには野菜の旨味がたっぷりと押し寄せてきますから…このキレ・後味すっきりとした飲み心地の良いスープはついつい止まらなくなってしまいます。。

このように、今回の“1食分の野菜 旨辛ちゃんぽん”は、ポークやチキンが魚介の旨味しっかりと引き立てたことで、“ちゃんぽん”らしいコク深くまろやかな味わいをFD製法による野菜とともにクオリティ高く表現し、そこにピリッとした辛みやラードを加えたことでほどよいコク・アクセントをプラス、新鮮度を保った7種類ものシャキシャキ野菜によって1食分の野菜が簡単に摂取できてしまう満足度の高い仕上がりとなっていたため、お好みによってはピリ辛な“ちゃんぽん”にぴったりなラー油や唐辛子などをさらに加えて刺激的な辛さを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「1食分の野菜 旨辛ちゃんぽん」を食べてみて、1食分の野菜をたっぷりと使用したヘルシー感もありつつも…ポークやチキンによってコク深さが際立った“ちゃんぽん”らしく魚介の旨味を利かせた定番とも言えるテイストにピリッとした辛みが加わり、さらに臨場感の高いFD製法による7種類もの具材によって非常に食感も良く、もっちりとした厚みのある幅広な太麺とともにたっぷりと食欲を満たしてくれる…そんな後引く辛さがクセになるメリハリの付いた一杯となっていました!

やはりこういった定番とも言える“ちゃんぽんスープ”に食感の良い野菜をたっぷりと盛り付けた一杯はかなりの人気があるんでしょうね!さらに今回はピリッとした辛さが加わったことで最後まで飽きることのないちょうど良いアクセントが利いていましたから、カップ麺ながらもここまで美味しく野菜をたっぷりと摂取できる仕上がりは期待していた以上の美味しさに驚かされるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!