でかまる

でかまる 旨辛豚キムチ味焼そば!豚やキムチの旨味に香辛料を加えた“つまみ”にもちょうど良い一杯

でかまる 旨辛豚キムチ味焼そば

でかまる 旨辛豚キムチ味焼そば」を食べてみました。(2022年7月4日発売・東洋水産

この商品は、豚とキムチの旨味に食欲そそる“にんにく”を利かせた王道を行く豚キムチ味の焼そばソースに仕立て上げ、さらに“つまみ”にもちょうど良い唐辛子やラー油などの香辛料を合わせた旨辛なテイストに1分で湯戻りするコシの強い細麺が絡むボリューム感のある一杯が登場です!

それも…やみつき感のある旨辛な豚キムチならではの味わいをベースにガツンとした口当たりを引き立てる“にんにく”や唐辛子、ラー油を利かせたことで濃いめでありながらも最後まで飽きの来ないクセになるテイストを表現、そこに1分で仕上がるコシの強い細麺がしっかりと絡む食べ応え抜群な一杯、“でかまる 旨辛豚キムチ味焼そば”となっております。(値段:税別245円)

ご覧の通り、パッケージには“うまい大盛!”でお馴染み“でかまる”シリーズのブランドロゴが掲載されており、今回はスープタイプの“バケツ型”ではなく汁なしタイプの“旨辛豚キムチ味焼そば”ということで一回り大きな四角い容器が採用された麺量120gの大盛り仕様のようです!

一方こちらには豚のシルエットを背景に“ガッツリにんにく風味”、“旨辛豚キムチ味焼そば”といった今回の商品名や特徴などが記載され、今回のフレーバーはただでさえ美味い豚キムチに食欲を掻き立てる“にんにく”や唐辛子、ラー油をガツンと利かせたことで後引く辛さ・旨味がクセになる食べ応え抜群な味わいに仕上げ、さらにラードを使用した油で揚げた香ばしくコシの強い細麺を使用したことで“でかまる”シリーズに相応しいガッツリ系のフレーバーがボリューム感たっぷりと楽しめることと思われます!

また、こちらには細いながらもコシの強い麺のリフト写真はもちろん、その背景には豚キムチの旨味に“にんにく”や唐辛子、ラー油を利かせた食欲そそる焼そばソースがしっかりと絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付豚肉・白菜キムチが使用されているようです!

この辺りに関してはシリーズらしいテイストとボリューム感がしっかりと楽しめそうですね!まさにガシガシとしたコシの強い噛み応え抜群な細麺は食欲を満たすには十分過ぎるほどのインパクトがあり、さらに後味の良い旨辛な焼そばソースながらも食欲そそる“にんにく”や唐辛子、ラー油がやみつき感を引き立て、なんと言ってもベースとなる豚キムチの旨味が美味しさそのものを下支えしたことで物足りなさを一切感じさせないパンチの強い味わいに間違いありませんから…今回もまたガッツリとした仕上がりには期待したいところ!

さらにこちら!“家飲みにも!!”と記載されている通り今回の一杯はジャンク感溢れるテイストでもあり、香ばしい豚キムチの旨味がクセになる…まさに“つまみ”にもぴったりな味わいが表現されているため、巣ごもり時期の今だからこそこういった旨辛でやみつき感のあるフレーバーが宅飲み用としてちょうど良いのかもしれませんね!(“つまみ”としてはかなりのボリューム感ですが。。)

他にも特徴として…麺はラードを使用した油で揚げたことで香ばしい風味や旨味が滲み出し、さらに細いながらも強いコシのある丸刃の細麺が採用されており、それによって豚キムチの旨味に“にんにく”や唐辛子、ラー油を利かせたガッツリ系の焼そばソースとも絶妙にマッチし、シリーズらしいボリューム感によって最後までたっぷりと食欲を満たしてくれるというわけです!

実際に食べてみて…

ベースの旨味が豚キムチということもあってとにかく間違いない旨味が凝縮され…さらに“にんにく”や唐辛子、ラー油といった食欲そそる香辛料が豊富に使用されたことでやみつき感のある美味しさが際立ち、まさに“つまみ”にもぴったりなスタミナ感溢れる後引く辛さによってパンチの強い口当たりに仕上がり、想像以上にメリハリのある美味しさが表現され、そこにラードを使用した油で揚げた香ばしい120gもの細麺が食欲をガッツリと満たすのはもちろん、噛むほどに旨味が増していくような…食べ進めていくに連れて満足感も増していく、そんなボリューム感抜群な一杯となっていました!
これは特に、シリーズらしいガッツリ系の味わいが好みの方はもちろん、豚キムチの旨味に“にんにく”や唐辛子、ラー油などをバランス良く合わせた“つまみ”にもぴったりな味わいを思う存分たっぷりと“焼そば”として楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“でかまる”シリーズから新たに登場となった定番とも言える豚キムチの旨味に食欲そそる“にんにく”や唐辛子、ラー油を利かせた旨辛な焼そばソースが120gもの細麺にしっかりと絡むボリューム感抜群な一杯、「でかまる 旨辛豚キムチ味焼そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

でかまる 旨辛豚キムチ味焼そば

今回ご紹介するカップ麺は、味とボリュームともにしっかりと満足感を満たしてくれる…うまい大盛りでお馴染み“でかまる”シリーズの新商品ということで、豚とキムチの旨味をベースに食欲そそる“にんにく”や唐辛子、ラー油をバランス良く合わせたことでガツンとした口当たりを表現、そこにラードを使用した油で揚げた細麺がしっかりと絡むことで麺量120gにも関わらず最後まで飽きの来ないシリーズらしいガッツリとしたフレーバーがたっぷりと楽しめるボリューム感抜群な一杯、“でかまる 旨辛豚キムチ味焼そば”となっています。
※売っている場所:今回はローソンで購入

ご覧の通り、パッケージには黒を基調に“ガッツリにんにく風味”、“旨辛豚キムチ味焼そば”といった今回の商品名や特徴が大きく掲載され、その背景にはパンチの強い豚キムチ味をベースに各種香辛料が利いた焼そばソースに仕上げ、120gもの細麺や各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージがなんとも食欲そそり…豚キムチ・にんにく・唐辛子・ラー油、これらをしっかりと利かせた“旨辛豚キムチ”と聞くと味の方向性としてはすぐにイメージすることができるのではないでしょうか?

しかも今回の一杯には王道・定番とも言える豚キムチというわけではなく、さらに“つまみ”にもぴったりな食欲そそる各種香辛料を利かせ、後引く辛さ・旨味によって最後まで飽きさせないメリハリのある後味すっきりとした味わいに期待できそうです!

でかまる 旨辛豚キムチ味焼そば パッケージ

ちなみにこの“家飲みにも!!”といったテイストで言うと…以前ご紹介した“でかまる えび塩ガーリック風味焼そば”といった商品が2021年7月26日に発売されており、ペースとしては非常に遅いものの…これからも不定期に登場するような予感もしますね。。

また、今回の“でかまる えび塩ガーリック風味焼そば”が新発売されたことで、今現在この“でかまる”シリーズのラインアップは本商品含め以下のように4種類となっています!

これによって、以前ご紹介した“でかまる バリシャキ!もやしタンメン(2022年6月20日発売)”はラインアップから外されているようです。(個人的にはレギュラー化に期待していたんですけどね。。)

それでは、今回の“でかまる 旨辛豚キムチ味焼そば”がどれほど豚キムチの旨味を凝縮させた濃厚な焼そばソースに仕上がっているのか?食欲を掻き立てる“にんにく”や唐辛子、ラー油といった各種香辛料の後引く辛さとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもラードを使用した油で揚げたコシの強い細麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り701kcalとなっております。(塩分は5.2g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)・シリーズらしい大盛り仕様・“旨辛豚キムチ味焼そば”といったパンチのある一杯ということもあってかなり高めな数値のようですが、一方で塩分はこのボリュームを考慮すると平均的な数値となっています。
ちなみに1食当たり148g、麺の量は120gとのこと。

やはりこの数値を見る限り、豚キムチの旨味をベースに“にんにく”や唐辛子、ラー油をしっかりと利かせたボリューム感のある一杯とは言え、“つまみ”にもぴったりなやみつき感のあるのフレーバーということもあって素材の旨味を存分に活かした飽きの来ない仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、ラードやポークエキスをはじめ…

  • 植物油
  • 香味油脂
  • キムチ風味調味料
  • 香辛料(にんにく、唐辛子)
  • 食塩
  • 魚醤(魚介類)

といった、豚やキムチの旨味をベースに食欲そそる“にんにく”や唐辛子、ラー油などの香辛料をたっぷりと利かせた後引く辛さ・旨味のあるテイストが印象的な焼そばソースに仕上げ、香ばしい風味豊かな香りが絶妙にマッチしたパンチのある味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…精製ラードや食塩、“しょうゆ”や卵白などの材料が確認でき、しっかりとした味付けが施された旨味溢れる細麺であることが確認できます!

JANコード4901990372015
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、精製ラード、食塩、しょうゆ、卵白)、添付調味料(ラード、ポークエキス、植物油、香味油脂、キムチ風味調味料、砂糖、デキストリン、たん白加水分解物、香辛料(にんにく、唐辛子)、食塩、魚醤(魚介類))、かやく(味付豚肉、白菜キムチ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、酒精、かんすい、乳化剤、着色料(クチナシ、パプリカ色素、カラメル、パプリカ粉末、紅麹)、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、酸味料、香料、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部にかに・小麦・卵・乳成分・いか・ごま・大豆・豚肉・りんご・魚醤(魚介類)を含む)

栄養成分表示 [1食 (148g) 当たり]
熱量701kcal
たん白質13.8g
脂質36.9g
炭水化物78.5g
食塩相当量5.2g
ビタミンB10.60mg
ビタミンB20.53mg
カルシウム266mg

引用元:でかまる 旨辛豚キムチ味焼そば | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、液体ソース、粉末ソースといった3つの調味料などが入っています。やはり豚の旨味や各種香辛料を利かせたパンチのあるテイストなだけあってソースは液体・粉末によるWパック仕様となっているようです!!

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に液体ソースは触ってみた感じだと…豚の旨味を凝縮させたほんのりトロッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

さらに、麺はご覧の通り見るからにすすり心地の良い丸刃仕様の細麺が採用され、湯戻りする以前からすでに細いながらもコシの強い食感をイメージさせ、こちらもまた今回のガッツリ系のテイストにも負けじと力強い噛み応えを表現しているように見えます!(個人的に太麺の方が合うような気もするんですが…風味の良さ・ソースとの絡みなどを考慮した上での細麺となっているようです。)

調理してみた

ではまず、“かやく”を入れてみます。

そしてその“かやく”には…

  • 味付豚肉
  • 白菜キムチ

が入っています。

このように今回のボリュームある一杯としては若干物足りなくも感じられるかもしれませんが…これら具材からも良い旨味や風味豊かな香ばしさが滲み出すものと思われるため、しっかりと混ぜながら食べ進めていくと良いでしょう!

では続いて熱湯を注ぎ1分待ちます。(必要なお湯の目安量:720ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

調理時間1分とは言え…先ほどまでの細麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特にほどよく味付けが施された麺には強いコシが加わり、まだ液体・粉末スープを加える前ではありますが…豚キムチの旨味を利かせた焼そばソースに食欲そそる“にんにく”や唐辛子、ラー油が後引く辛さを引き立て、“つまみ”にもぴったりな味の濃い食べ応え抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの液体ソースを加えていきます!(先にこちらを麺に馴染ませておきます。)
すると…豚の旨味やラー油などを含むほんのり“とろみ”のある液体ソースがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

そして、この液体ソースは量も多く重みもあるせいか…すぐに容器底へと沈んでいき、この時点では思ったほど特徴的な風味は確認できません。。そのため、特にこの液体スープでは臭みのない豚の旨味が凝縮されているようにも感じられ、他にもラー油と思われる赤みを帯びた油分がちょうど良いコクを引き立て、“旨辛豚キムチ味”らしく物足りなさを感じさせない味わいをイメージさせます!

では、軽く馴染ませていきす。
すると…ドロッとした感じは一切なく、豚の脂・ラー油の油分なんかもたっぷりと含まれているようでしたので、思ったよりもすんなりとコシの強い細麺に馴染んでいきます!

そして液体ソースが全体に馴染んだら…続いて先ほどの粉末ソースを加えていきます!この辺りは恐らく粉末スープがダマにならないように油分を含む液体スープから麺に馴染ませるものと思われ、こちらには香辛料(“にんにく”・唐辛子)がたっぷりと含まれているようで、これによって濃厚ながらも最後まで飽きの来ないメリハリが引き立っているわけですね!まさに暑い夏にお酒と一緒に美味しく楽しめる味わいを目指したというのも納得です!

すると…粉末ソースに使用されている量も非常に多く、キリッとしたシャープな口当たりをイメージさせる塩気の強さなんかもプラスされているように感じられ、“にんにく”や唐辛子といった後引く辛さ・旨味を引き立てる後味すっきりとした“旨辛豚キムチ味焼そば”ならではの飽きの来ないテイストがよーく伝わってきます!(調理時間1分なので混ぜている時間の方が長く感じられるかもしれません。。)

そして全体に粉末ソースが馴染んだところがこちら!
今回は“旨辛豚キムチ味焼そば”ではありますが、実際の仕上がりとしては若干色味は薄くも感じられ…コク・濃厚感のある豚の旨味ややみつき感のあるキムチの旨味がしっかりと利いたことで“つまみ”にもぴったりなテイストに仕上がっているのはもちろん、食欲そそる“にんにく”や唐辛子を合わせたことでシリーズらしいパンチのある焼そばソースを表現、そこにガシガシとした強いコシのある食べ応え抜群な細麺が絶妙にマッチし、麺量120gの大盛り仕様によってたっぷりと食欲も満たされそうです!

また、具材に使用されている味付豚肉や白菜キムチからも良い旨味・香ばしさを引き立てているようにも感じられ、食べはじめはもちろん…食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなクセになる味わいに仕上がり、“にんにく”や唐辛子をしっかりと利かせたことで“つまみ”にもぴったりな後引く辛さ・旨味が最後までたっぷりと楽しめることと思われます!

食べてみた感想

一口食べてみると…しっかりと豚の旨味やキムチならではの味わいがバランス良く融合したコク深く風味豊かな香りが印象的で、そこに食欲そそる“にんにく”や唐辛子、ラー油をたっぷりと加えたことで塩気も強いパンチのある口当たりを際立たせているものの、豚の脂は決して“くどさ”がなく、豚キムチならではのキレ・後味の良い口当たりが心地良く、ガシガシとした強いコシを併せ持つすすり心地の良い細麺とも絶妙にマッチし、非常に食べやすいやみつき感のある仕上がりとなっています!

そして、豚の旨味に関してはもちろんギトギトとした脂っこさというよりもキムチの旨味を引き立てる下支えとなっているようにも感じられ、食欲そそる“にんにく”や唐辛子、ラー油が後引く辛さ・旨味を際立たせ、まさに豚キムチならではの味わいをシリーズらしく引き立てたことで“つまみ”にもちょうど良い塩気・香ばしさがたまりません。。(決して辛いわけではなく、ついつい箸が止まらなくなるようなテイストとなっています。)

また、なんと言っても香味野菜としての“にんにく”を利かせたことで食欲を掻き立てるわけですが、決して周囲を気にするほどの強烈な臭みはなく、今回の“旨辛豚キムチ味焼そば”の美味しさそのものを引き立てる程度で、メリハリのある旨味として細麺にも相性良くマッチしています!…というか、このボリューム感と仕上がりで税別245円ですから…こういった“家飲み”にもちょうど良いテイストが好みの方ならちょうど良い価格帯かもしれませんね!

麺について

麺は、ご覧の通りほどよく味付けされた丸刃の細麺仕様で、この見たとは裏腹にコシの強い食感が心地良く、すすり心地も抜群な仕上がりとなっています!

そんな麺には、豚やキムチの旨味をベースに“にんにく”や唐辛子、ラー油をしっかりと利かせたやみつき感のある焼そばソースがよく絡み、一口ずつにコク深くも後引く辛さ・旨味がクセになる味わいなどが口いっぱいに広がっていき、精製ラードによる風味やほんのり香る“にんにく”の風味が後味良く抜けていきます!…というかこの豚キムチならではの風味は食欲を掻き立て、塩気も強く旨味も伴っているため、ついつい箸が止まらなくなりますね。。

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、サイズとしては申し分ないものの…やはり調理時間1分ということもあって湯戻りが完全ではありませんでしたので、やや硬めな食感となり、じっくりと味わってみると、ほどよく味付けが施された肉の旨味がじゅわっと滲み出す仕上がり具合でしたので、単品で味わうというよりも全体をよく混ぜながら食べ進め、後ほど細麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめることと思われます!

また、こちらの白菜キムチは、思ったよりも大きめにカットされたことでシャキシャキとした食感が心地良く、キムチならではの味付けなんかもしっかりと感じられたため、全体をしっかりと混ぜ合わせ、細麺と一緒に絡めていただくと、豚キムチならではの美味しさがたっぷりと楽しめるのではないでしょうか?

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通り豚やキムチの旨味をベースに食欲そそる“にんにく”や唐辛子、ラー油をたっぷりと合わせた“つまみ”にもぴったりな後引く辛み・旨味がクセになる濃いめの味わいが表現され、やみつき感のあるこの味わいは最後まで飽きることもなく、香辛料を強めに利かせたインパクトのある豚キムチならではの仕上がりということもあってボリューム感たっぷりな一杯にも関わらず最後まで全く飽きが来ません!

そのためキレ・後味の良いテイストではありますが、ほどよい脂がコク深さを引き立て、もちろん単純にあっさりとしているだけでなく豚キムチらしいパンチのある味わいや各種香辛料を利かせた後引く辛さが印象的で、もちろん辛すぎるということもなく、ソース全体のバランスとしてはパンチもありつつコクもあって非常に良いですね!まさに飽きの来ない王道のフレーバーはついつい箸が止まらなくなります。。

そして何よりこの細麺には原材料にも記載されていた通りほどよく味付けが施されていますから…噛むほどに旨味も増して満足度も非常に高く、シリーズらしいボリューム感によってがっつりと食欲も満たされるかと思われます!…というかこの味は塩気といい、香辛料といい“つまみ”にもぴったりですね!“家飲み”にぴったりなフレーバーというのも納得です!

このように、今回の“でかまる 旨辛豚キムチ味焼そば”は、豚やキムチの旨味をベースに相性抜群な“にんにく”や唐辛子、ラー油といった香辛料をたっぷりと合わせたことでやみつき感のある“つまみ”にもぴったりな味わいに仕上げ、濃厚ながらも決して脂っこくもなく、メリハリが付いて全体のバランスが非常に良く、ほどよい塩気・ピリ辛なテイストを表現、そこにほどよく味付けが施された丸刃の細麺が相性良くマッチしたことでシリーズらしいガッツリ系として食欲を満たしてくれるボリューム感のある味わいとなっていたため、お好みによっては“おろしにんにく”をさらにちょい足ししてガツンとした味わいを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「でかまる 旨辛豚キムチ味焼そば」を食べてみて、誰もが好む豚キムチの味わいをベースに食欲そそる“にんにく”や唐辛子、ラー油によって刺激的な辛みをプラス、食欲そそる“つまみ”にもぴったりな後引く辛みや旨味を凝縮したことでラードを使用した油で揚げた細麺とも相性良くマッチし、まさにやみつき感のある旨味がクセになり、そこにすすり心地抜群な120gもの細麺がしっかりと食欲を満たしてくれるボリューム感抜群な一杯となっていました!

やはり豚キムチといったテイストは間違いありませんね!今回はさらに“にんにく”や唐辛子、ラー油といった各種唐辛子を利かせたことでちょうど良い“つまみ”にもなる味わいが印象的で素材の旨味を存分に活かした一杯は最後まで飽きることもなく、塩気・旨味などが心地良く、そもそも“にんにく”自体もそこまで強烈に利いていたわけではありませんでしたので、割と幅広い層に好評の一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!