どん兵衛

日清のどん兵衛 恋七味付き 淡麗塩だしそば!山椒香る後味の良い一杯

日清のどん兵衛 恋七味付き 淡麗塩だしそば

日清のどん兵衛 恋七味付き 淡麗塩だしそば」を食べてみました。(2020年2月10日発売・日清食品)

この商品は、出汁の旨味に定評のある“日清のどん兵衛”シリーズの新商品ということで、今回はお馴染みの七味が期間限定で“恋七味”に変更された“きつねうどん 恋七味付き”と“天ぷらそば 恋七味付き”が発売され、それと同時に“恋七味”にぴったりな新メニューが登場です!

それも…下記公式ページにも記載されているように、“塩だし”を利かせた透明感の高い“和風つゆ”には、しっとりとした鶏の旨味を際立たせ、素材本来の旨味をストレートに楽しめる上に爽やかな山椒が品良く香り立つ繊細なテイストの一杯、“日清のどん兵衛 恋七味付き 淡麗塩だしそば”となっております。(税抜き193円)

しょうゆを使わずに塩とだしで味付けしたつゆが特長の「塩だしそば」は、東京都台東区の稲荷町に本店を構える「そば助」が発祥とされる。
引用元:「日清のどん兵衛 きつねうどん 恋七味付き」「日清のどん兵衛 天ぷらそば 恋七味付き」(2月10日より順次発売) | 日清食品グループ

ちなみにこの“恋七味”とは2種類あり、以下のように各フレーバーにぴったりな生姜・山椒が使い分けられており、今回ご紹介する“恋七味付き 淡麗塩だしそば”には爽やかな風味が特徴的な山椒仕上げの“恋七味”が採用されています!

  • 生姜の風味を加えた“恋七味”(“きつねうどん”に使用)
  • 山椒の風味を加えた“恋七味”(“天ぷらそば”に使用)

※従来の“日清のどん兵衛”シリーズには、辛みはもちろん、彩りや風味が印象的な“彩り七味”が使用されています。

ご覧の通り、パッケージには“香り華やぐ山椒仕上げ恋七味”と記載され、期間限定メニューであることや山椒のイメージイラストなんかも掲載されています!

一方こちらには、“塩だし”をしっかりと利かせたキリッとした後味の良い“和風つゆ”にハート型の“恋七味”が盛り付けられた仕上がりがあくまでイメージとして掲載されていて、これを見る限り具材には…鶏団子・ねぎ・ごまが使用されているようです!商品名である“淡麗塩だしそば”といった文字通り透明感がありますね!

今回の新メニューは、塩出汁を利かせた“和風つゆ”に鶏の旨味が際立つ透明感のある一杯…そんな素材本来の味わいをうまく活かし、最後まで飽きの来ない“つゆ”に上品に山椒が香る風味豊かな一杯ということですね!上質な鶏の脂が表面に浮いている点も印象的といったところ!

他にも特徴として…麺は“日清のどん兵衛”らしい歯切れの良い風味豊かでまっすぐな蕎麦が採用され、すすり心地の良さはもちろん、蕎麦の風味が鶏の旨味・塩出汁を利かせた半透明な“和風つゆ”と絶妙にマッチし、最後までじっくりと染み渡る味わいが楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“塩だし”を利かせたという透明感の高い淡麗系の“和風つゆ”には、“どん兵衛”らしい昆布などの魚介出汁が鶏の旨味によって引き立てられた品のある美味しさがストレートに楽しめ、さりげなく香り立つ爽やかで風味豊かな山椒がピリッとした七味と絶妙にマッチし、蕎麦の風味とともに最後まで飽きることなく楽しめる一杯となっていました!
これは特に、あっさりとしていながらも魚介出汁・鶏の旨味を香り高く味わいたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“日清のどん兵衛”の七味に山椒の風味を加えた“恋七味”仕様の期間限定で登場となった“塩だし”を利かせた淡麗系の染み渡る一杯、「日清のどん兵衛 恋七味付き 淡麗塩だしそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清のどん兵衛 恋七味付き 淡麗塩だしそば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“日清のどん兵衛”シリーズの新商品ということで、CMのストーリーにも登場するという“恋七味”仕様として発売された“きつねうどん”と“天ぷらそば”と同時に登場した風味豊かな山椒仕立ての“恋七味”がぴったりな塩出汁を利かせた後味の良いクセになる一杯、“日清のどん兵衛 恋七味付き 淡麗塩だしそば”となっています。

この“日清のどん兵衛”シリーズでは、これまでも塩テイストのフレーバーはなかったわけではありませんが…塩を出汁だけで味付けしたという“塩だし”というのは初かと思われるので、その仕上がりは非常に気になるところではいないでしょうか?

日清のどん兵衛 恋七味付き 淡麗塩だしそば パッケージ

ちなみに、今回は昆布と鰹の出汁をしっかりと利かせた“あんかけつゆ”に生姜仕上げの“恋七味”がマッチした体温まる一杯、“日清のどん兵衛 恋七味付き 京風あんかけうどん”も同時発売されています!(他にも各種、東日本向け・西日本向け・液体つゆ仕上げ、さらに特盛りなど…計10種類の馴染み深い“どん兵衛”も“恋七味”仕様として期間限定発売されています。)

やはり“日清のどん兵衛”シリーズは、こういった出汁の旨味に際立ったテイストはお手のものですからね!恐らく今回の一杯もまた安定感のある美味しさに期待できそうです!

それでは、今回の“日清のどん兵衛 恋七味付き 淡麗塩だしそば”がどれほど“塩だし”や鶏の旨味、さらに魚介出汁を利かせた仕上がりとなっているのか?風味豊かな山椒の香りが印象的な“恋七味”との兼ね合いはもちろん、なんと言っても風味の良いすすり心地抜群な蕎麦との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り379kcal(めん・かやく347kcal / スープ32kcal)となっております。(塩分は5.7g)

カロリーは、“塩だし”を利かせた後味すっきりとした仕上がりということもあって非常に低めな数値のようですが、一方で塩分は平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり95g、麺の量は66gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープは32kcalとこちらもまた後味すっきりとした飽きの来ない味わいに昆布などの出汁や“塩だし”、それらを鶏の旨味が引き立てた素材をうまく活かしたクセになる仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

“つゆ”には、鶏脂や食塩をはじめ…

  • チキンエキス
  • 香味油
  • 香味調味料
  • 魚介エキス
  • 七味唐辛子
  • 香辛料
  • こんぶエキス
  • 植物油脂

といった、シリーズらしい昆布など魚介出汁の旨味や“塩だし”を利かせた後味の良い“和風つゆ”に鶏の旨味が厚みを引き立て、さらに山椒の風味をアップさせた“恋七味”によって香り華やかな味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…しっかりと“そば粉”といった材料が確認できますね!
このように“日清のどん兵衛”シリーズは麺も本格的な仕上がりですから、風味豊かな“和風つゆ”との相性なんかも良さそうです!

JANコード4902105262207
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、そば粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、しょうゆ、かつおぶし粉末、糖類)、スープ(鶏脂、食塩、たん白加水分解物、糖類、チキンエキス、香味油、香味調味料、魚介エキス、七味唐辛子、香辛料、こんぶエキス、植物油脂)、かやく(味付鶏つくね、ごま、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、酒精、リン酸塩(Na)、炭酸Ca、セルロース、酸味料、カラメル色素、増粘剤(キサンタンガム)、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・そば・乳成分・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (95g) 当たり]
熱量379kcal
めん・かやく: 347kcal
スープ: 32kcal
たんぱく質9.0g
脂質18.6g
炭水化物43.9g
食塩相当量5.7g
めん・かやく: 1.3g
スープ: 4.4g
ビタミンB10.26mg
ビタミンB20.29mg
カルシウム123mg

引用元:日清のどん兵衛 恋七味付き淡麗塩だしそば | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体つゆ、かやく、恋七味といった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料など3パックとなっていて、一番左の“液体つゆ”は、やや量も多めとなっていて、触ってみた感じだとさらっとした状態ではありましたが、鶏の旨味・脂も含まれていると思われるため、調理中はフタの上で軽く温めておくと良いでしょう!

また、今回期間限定で使用されている“恋七味”には、しっかりと“山椒仕上げ”と記載されているのが確認できます!

さらに、麺はご覧の通りやや細めのすすり心地抜群な蕎麦が採用されているようで、“そば殻”がしっかりと練り込まれていることが目視でき、ほんのり黒めの色合いとなっています!

調理してみた

念のため調理方法を確認してみると…特に注意点はありませんが、熱湯を注ぎ3分後に“液体つゆ”を入れてよく混ぜ、最後に“恋七味”を加えて完成とのこと!

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • 味付鶏つくね
  • ごま
  • ねぎ

が入っています。

見た感じだと…若干“味付鶏つくね”の量が少ないようにも感じられますが…香ばしさを引き立てる“ごま”なんかは多めに使用されているようで、これは山椒の風味をアップさせた“恋七味”との相性なんかも気になるところ。。

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:410ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの麺に歯切れの良いコシが加わり、すすり心地の良さはもちろん、“塩だし”の旨味が山椒の風味とマッチし、すっきりとした味わいの中にもしっかりと素材の旨味が楽しめる満足度の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの“液体つゆ”を注いでいきます!
すると…調理中に温めておいたことによって鶏の脂がちょうど良く溶けているようで、“塩だし”が凝縮された“つゆ”が風味良く広がっていきます!

そして、見た通り上質な鶏の脂が“和風つゆ”表面に広がっていき、この時点では昆布出汁の利いた魚介系の染み渡るような香りが印象的で、淡麗とは思えないほど濃いめの色となっていますね!

また、ふっくらとした仕上がりとなった“味付鶏つくね”なんかも印象的で、こちらからも良い旨味が滲み出しているようにも見えます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
混ぜていくと…若干濃い目ではありますが、確かに“淡麗塩だしそば”の文字通り透明感のある仕上がりとなっていますね!

これは…後味すっきりとした軽やかな味わいの中にもしっかりと出汁の旨味が風味良く楽しめるクセになるやつです。。

そして“液体つゆ”が全体に馴染み、最後に山椒の風味をアップさせた“恋七味”を加えて完成となります!

こちらは彩り豊かな七味に山椒が加わっているため、若干黒っぽい粒々が確認できますね!それによって山椒ならではの風味が品良く漂ってきます!

すると…“塩だし”を利かせたというだけあって風味からも後味の良さが伝わり、すっきりとしたキレの良い口当たりと素材の出汁・旨味を思う存分楽しめる山椒が香り立つ風味豊かな仕上がりとなっているようです!

ちなみに山椒の風味は、あくまでさりげなく品の良さを感じさせる程度となっていて、魚介出汁から香り立つ風味とも絶妙にマッチしています!

そのため、“塩だし”を利かせたあっさりとしたフレーバーですが、鶏の旨味が際立つ味わいにはかなり期待できそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…やはり“塩だし”を利かせた一杯というだけあってキレの良い口当たりとあっさり感に際立っていますね!

しかし鶏の旨味がしっかりと利いているため、物足りなさといった感じは一切なく、むしろしっとりとした鶏の脂がちょうど良く魚介出汁を引き立て、“どん兵衛”らしい美味しさが非常にうまく表現されています!

しかも、山椒の風味をアップさせた“恋七味”による香りが心地良いんですが、こちらはあくまで風味付けのためのもので、イメージするような痺れといった感じは一切なく、ピリッとした彩り豊かな七味ともぴったりです!

麺について

麺は、ご覧の通りすすり心地抜群な蕎麦の風味が香り立つ本格的な仕上がりとなっていて、若干細めにも感じられるせいか…すすった際に感じられる山椒なんかも活きてきますね!

そんな蕎麦には、今回“塩だし”や上質な鶏の旨味、さらに昆布などの魚介出汁を利かせた“和風つゆ”がよく絡み、一口ずつにあっさりとした中にもしっかりとした旨味が口いっぱいに広がっていき、ほんのりと香り立つ山椒の風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“味付鶏つくね”が入っていて、使用されている量は若干少なめではありましたが、“つくね”らしい旨味も弱く感じられため…単体で楽しむというよりも、今回の“塩だしそば”の味わいを引き立てるつもりで食べはじめは“つゆ”の底に沈めておき、十分に旨味を滲み出してもらうと良いでしょう!

そして後ほど麺と一緒にいただくことによって、より一層鶏の旨味が引き立って楽しめるかと思われます!

…というか今回の一杯は、“塩だし”の利いた透明感の高い“つゆ”に旨味・風味が凝縮されているため、物足りなさといった印象は全くなく、むしろ塩ベースの後味すっきりとした“つゆ”に仕上がっているため、素材本来の旨味が十二分に楽しめます!

他にも、食感の良い“ねぎ”がちょうど良い薬味となったことで“塩だし”の旨味を引き立て、さらに山椒の風味をアップさせた彩りの良い“恋七味”による香りが心地良く香り立ち、鶏の旨味も際立っているものの…全体的にバランスが良いため、当然脂っこさもなく全く飽きが来ません!

さらにこの“ごま”もまたほどよい香ばしさを引き立て、風味としては魚介出汁・山椒・“ごま”からなる繊細な香りが手の込んだ一杯であることを思わせますね!

“つゆ”について

“つゆ”は、先ほどもお伝えした通り“塩だし”で仕上げた後味すっきりとした味わいに鶏の旨味が際立ち、あっさりとした中にも満足度の高い素材本来の旨味がしっかりと伝わってきます!

さらに“どん兵衛”らしいじんわりと染み渡るかのような昆布などの魚介出汁も合わさったことによって、キレのある口当たりのすぐ後からは…魚介出汁と鶏の旨味が絶妙にマッチした旨味溢れる味わいが沁みていき、“淡麗塩だしそば”ならではの飽きることのない美味しさがクセになり、ついつい“つゆ”が止まらなくなる…そんな品の良い仕上がりとなっています!

また、なんと言っても今回の一杯には、山椒の風味をアップさせた“恋七味”を加えたことによる風味の良さが印象的で、彩りの良いピリッとした辛みを加える七味とともに山椒の香りもまた際立ち、この飲み飽きない“和風つゆ”と香りはリピートしたくなる逸品とも言うべき仕上がりと言えるのではないでしょうか?

このように、今回の“日清のどん兵衛 恋七味付き 淡麗塩だしそば”は、“塩だし”仕上げによる後味すっきりとした味わいに鶏の旨味が際立ち、さらにシリーズらしい魚介出汁も加わったことで、あっさりとした中にも物足りなさを一切感じさせない旨味溢れる味わいに仕上がり、なんと言っても山椒の香りが際立つ風味豊かな一杯となっていたため、そのままでも十分満足できる味わいではありましたが、お好みによってはもう少し七味を足してピリッとした辛みを際立たせてみても良いかもしれません!

まとめ

今回「日清のどん兵衛 恋七味付き 淡麗塩だしそば」を食べてみて、“日清のどん兵衛”シリーズでは珍しい“塩だし”を利かせた後味の良い“和風つゆ”に昆布などの魚介出汁、さらに鶏の旨味が際立った深みのある味わいに仕上がり、山椒香る繊細な風味が満足度を満たしてくれる…そんな品の良い香り華やぐ一杯となっていました!

やはり“どん兵衛”は出汁の利かせ具合が秀逸ですね!“塩だし”と魚介出汁、そして繊細さを感じさせる山椒の香りは買いだめしたくなる程の美味しさとも言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!