どん兵衛

日清のどん兵衛 ねぎ油風味がおいしい豚だしそば!紅生姜の“ちょい足し”推奨の後味さっぱりとした一杯

日清のどん兵衛 ねぎ油風味がおいしい豚だしそば

日清のどん兵衛 ねぎ油風味がおいしい豚だしそば」を食べてみました。(2019年11月18日発売・日清食品)

この商品は、出汁の利かせ方に定評のある和風カップ麺でお馴染み“どん兵衛”シリーズの新商品ということで、今回は“あご”と“さば”の染み渡るような混合出汁を利かせた“つゆ”に豚脂の甘みを合わせることでコク深い味わいに引き立てた進化系とも言える“そば”に仕上げ、さらに“紅生姜”のちょい足しによって2度楽しめるアレンジレシピの一杯が登場です!

それも…魚介系の混合出汁に豚脂を利かせた“つゆ”には、ほんのり香ばしい“ねぎ油”の風味が香り立つことでクセになる味わいを表現し、もちろんそのままでも魚介・豚出汁が馴染んだ深みのある“どん兵衛”らしい味わいが楽しめるわけですが、さらに食べ進めていく途中に“紅生姜”をちょい足しすることによって後味さっぱりとした酸味が加わり、それによって出汁の利いた味わいとはまたひと味違った美味しさが2度も味わえる一杯、“日清のどん兵衛 ねぎ油風味がおいしい豚だしそば”となっております。(税抜き193円)

そして、このカップ麺は…“どんぎつね”こと“吉岡 里帆”さんとのコラボによるメニュー&ちょい足しアレンジとしての商品でもあり、今回はキムチならではの酸味と旨味を利かせた“つゆ”に若干甘めな味噌を合わせた納豆“ちょい足し”推奨のまろやかな一杯、“日清のどん兵衛 味噌キムチチゲうどん”と同時発売されたもので、“どん兵衛”のアレンジレシピシリーズとしては早くも第4弾となる一杯となります!

ご覧の通り、パッケージには混合出汁に豚脂の甘みを加えた深みのある“蕎麦つゆ”に“ねぎ油”ならではの香ばしい風味が隠し味のように香り立ち、じんわりと染み渡るかのような味わいを思わせる仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ・味付豚肉・ねぎが使用されているようです!

日清のどん兵衛 ねぎ油風味がおいしい豚だしそば パッケージ

そしてこちらには…今回の商品名である“ねぎ油風味がおいしい豚だしそば”といった文字が記載され、“あご”と“さば”の混合だしと豚脂の甘みを利かせた“つゆ”、そこにクセになる“ねぎ油”の風味が相性良くマッチし、“どん兵衛”の蕎麦らしい歯切れの良いコシとともに旨味溢れる深みのある味わいが楽しめ、さらに“ちょい足し”として紅生姜を加えたことで最後まで飽きの来ないメリハリ付いた後味の良さが堪能できるものと思われます!

そしてなんと言っても今回の“どん兵衛”2商品の特徴としては、ちょい足しアレンジが推奨の一杯ということで、この“ねぎ油風味がおいしい豚だしそば”の“ちょい足し”にはご覧の通りなんと「紅生姜」を推奨しています!

このように“オススメアレンジはコレ”ということで、紅生姜のイメージ写真が掲載され、混合出汁に豚脂の甘みを加えた“蕎麦つゆ”に“ねぎ油”が香る一杯に果たして紅生姜が合うのかどうか?非常に気になるところではありますが…この紅生姜を加えることによって、ちょうど良い酸味が後味の良さを引き立て、より一層出汁の旨味が際立ち、ひと味違った味わいを2度までも楽しめる満足度の高い一杯のようですね!
※もちろん本商品に“紅生姜”は別添されていないため、お好みで別途ご用意ください。

一方、こちらには今回の“ちょい足しアレンジメニュー”を考案した“どんぎつね”こと“吉岡 里帆”さんが印象的で、第4弾となる今回は商品の特徴などの一言は添えられていないようですね。。これは紅生姜ちょい足しアレンジの味わいがどのような仕上がりとなっているのか気になるところではないでしょうか?

他にも特徴として…麺には“どん兵衛”の蕎麦ならではの張りのあるコシといった歯切れの良い食感が表現されていて、すすった際にほんのり香る香ばしい風味も楽しめ、それによって出汁を利かせた“つゆ”に豚脂の甘みのあるコク深い味わいが絶妙にマッチし、今回はさらに“紅生姜”のちょい足しアレンジによって紅生姜ならではの酸味や食感が後味の良さを際立たせ、ひと味違った味わいが2度楽しめる一杯というわけです!

実際に食べてみて…

魚介の混合出汁を引き立てるかのように利かせた上質な豚脂は、ほんのりと甘みを加えたことで魚介×豚出汁といった進化系とも呼べる味わいには、キレの良さもありつつ深みのある味わいが厚みのある旨味として染み渡り、すすり心地の良い風味豊かな蕎麦の香りを“ねぎ油”が引き立てるクセになりそうな仕上がりとなっていました!
これは特に、動物系の旨味を利かせた“和風つゆ”をすすり心地の良い風味豊かな蕎麦とともにじっくりと楽しみ、さらに紅生姜のちょい足しアレンジといった酸味が加わった後味の良さを存分に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの“吉岡 里帆”さんとのコラボメニュー第4弾のひとつ、“あご”と“さば”の混合出汁を利かせた“つゆ”に豚脂の甘みが深みを引き立て、ほんのりと香る“ねぎ油”の風味が絶妙にマッチし、ちょい足しアレンジに加える“紅生姜”によって酸味と心地良い食感が引き立ち、後味さっぱりとした一杯「日清のどん兵衛 ねぎ油風味がおいしい豚だしそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清のどん兵衛 ねぎ油風味がおいしい豚だしそば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“どん兵衛”シリーズの“吉岡 里帆”さん考案レシピシリーズ第4弾となるアレンジレシピとして登場したもので、魚介系の混合出汁に豚脂の甘みを加え、“ねぎ油”が上品に香り立つクセになる味わいに紅生姜を“ちょい足し”することで、後味の良さを引き立てる酸味が心地良く、コク深い進化系の味わいとともにひと味違った味が2ども楽しめる贅沢な一品、“日清のどん兵衛 ねぎ油風味がおいしい豚だしそば”となっています。

ちなみに“吉岡 里帆”さん考案レシピシリーズ第3弾では…“汁なしピリ辛肉みそうどん”と“レモン仕立ての塩豚ねぎうどん”といった季節やテーマに沿った商品がふたつ発売されていましたが、今回は若干趣向を凝らし、それぞれ“ちょい足し”で2度美味しく楽しめる“どん兵衛”をテーマに、紅生姜ちょい足しアレンジおすすめの“ねぎ油風味がおいしい豚だしそば”と、納豆ちょい足しアレンジおすすめの“味噌キムチチゲうどん”といったフレーバーが登場ということです!

紅生姜の追加アレンジはわかるんですが…今回は魚介出汁と豚脂を利かせた“蕎麦つゆ”ですからね!この味わいと紅生姜との相性の良さはちょっと想像付きませんね。。

それでは、今回の“日清のどん兵衛 ねぎ油風味がおいしい豚だしそば”がどれほど魚介出汁と豚脂の甘みを利かせた仕上がりとなっているのか?ほんのりと香る“ねぎ油”の香ばしさとの兼ね合いはもちろん、蕎麦特有の風味の良さやすすり心地、そしてなんと言っても今回“ちょい足しアレンジ”おすすめということで紅生姜を加えた際の“つゆ”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り421kcal(めん・かやく334kcal / スープ87kcal)となっております。(塩分は5.4g)

カロリーは、魚介出汁に豚脂の甘みを合わせたというだけあって、そこまで低めな数値ではないようで、同じく塩分も平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり98g、麺の量は66gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープは87kcalと割と高めな数値となっていることから、やはり“あご”と“さば”の混合出汁をコク深く引き立てる豚の旨味をしっかりと活かした“どん兵衛”らしい旨味溢れる味わいに期待できそうです!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“しょうゆ”や豚脂をはじめ…

  • 香味調味料
  • 食塩
  • 魚粉

といった、キレのある醤油味の“和風つゆ”には…魚介系の混合出汁を引き立てる上質な豚脂を合わせ、“どん兵衛”らしい染み渡る味わいにほどよい厚み・コクが加えられた進化系の蕎麦に仕上がり、そこに“ねぎ油”によるふんわりと香ばしい風味が香り立つことで…そのままでも十二分に旨味が楽しめる味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると、しっかりと“そば粉”といった材料が確認できることから、風味豊かな蕎麦ならではの香りも“蕎麦つゆ”を引き立てる相性の良い一杯のようです!

JANコード4902105255223
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、そば粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、しょうゆ、かつおぶし粉末、糖類)、スープ(しょうゆ、豚脂、糖類、香味調味料、食塩、魚粉)、かやく(キャベツ、味付豚肉、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、リン酸塩(Na)、増粘剤(加工でん粉、キサンタンガム)、カラメル色素、炭酸Ca、酒精、グリセリン、酸化防止剤(ビタミンE)、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・そば・乳成分・さば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (98g) 当たり]
熱量421kcal
めん・かやく: 334kcal
スープ: 87kcal
たんぱく質9.7g
脂質21.7g
炭水化物46.6g
食塩相当量5.4g
めん・かやく: 1.5g
スープ: 3.9g
ビタミンB10.28mg
ビタミンB20.29mg
カルシウム114mg

引用元:日清のどん兵衛 ねぎ油風味がおいしい豚だしそば | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体つゆ、かやくといった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料など2パックとなっていて、特に液体つゆは…さらっとした仕上がりかと思いきや!原材料にも記載されていたように豚脂が想像以上にたっぷりと使用されているようで、粘度感のあるドロッとした状態で量もやや多めでしたので、調理中はしっかりとフタの上で温めておきましょう!

また、麺はご覧の通りやや細めにも見えるすすり心地・風味の良さが伺い知ることができる歯切れの良い“蕎麦”(油揚げ麺)が採用されていて、目視でわかるほどしっかりとそば粉ならではのそば殻の粒々なんかも確認できる仕様となり、風味豊かなすすり心地なんかも楽しめそうですね!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • キャベツ
  • 味付豚肉
  • ねぎ

が入っています。

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:370ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの蕎麦にほどよい弾力とコシが加わり、すでに蕎麦ならではの風味の良さが印象的で、ここに魚介混合出汁と豚脂を加えることによって旨味・風味がしっかりと味わえる一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを注いでいきます!
すると…先ほど調理中にしっかりとフタの上で温めておいたおかげで豚脂がほどよく溶けてはいますが、それでも濃い目のしっかりとした味わいを想像させるドロッとしたスープとなっています!

ご覧の通り思っていた以上に豚脂が含まれていたため、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!!

しかしこう見ると…魚介出汁×豚脂の和風蕎麦というのもなかなか珍しくも感じられますね!さらに今回は紅生姜ちょい足し推奨アレンジメニューですから…出汁の旨味とコク深い味わい、そして後味のすっきり感が同時に楽しめそうな一杯が楽しめそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…醤油ならではの濃い目の仕上がりですが、割と透明感のあるさらっとした“つゆ”となっていて、上質な豚脂の旨味と思われる油分がスープ表面に浮くことで、コク深い厚みのある味わいを想像させます!

また、“ねぎ油”がほんのりと香るとのことでしたが、この風味は非常に優しく、あくまでふんわりとさりげなく漂うことによって、出汁の利いた“つゆ”を香りからも引き立てる程度のものとなっていて、そこまで強烈に香る仕上がり具合ではないようですね!

食べてみた感想

一口食べてみると…“あご”と“さば”による混合出汁は確かに利いているものの、豚脂の甘みがしっかりとコク深く引き立てているため、じんわりと染み渡る味わいは思ったよりも厚みがありますね!

そして、“蕎麦つゆ”の割に喉越しの良さなんかも楽しめる仕上がりはまさに魚介出汁・豚脂の旨味が押し寄せる旨味溢れる味わいとなり、確かにそのまま食べても美味しい完成された一杯となっています!

また、豚脂がしっかりとコク深さや甘みを表現しているわけですが、醤油ならではのキレのある口当たりなんかも感じられますから、決して脂っこい“和風つゆ”というわけではなく、この醤油味と出汁の利かせ具合、そしてその味わいをコク深く引き立てる豚脂との絶妙なバランスは最後まで飽きの来ない仕上がりと言えるでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通りしっかりと“そば粉”が練り込まれていることが確認できる風味豊かなすすり心地の良い仕上がりとなり、若干細めではありますが…見るからに歯切れも良く、すすった際に感じられる“ねぎ油”の風味なんかも楽しめる食感の良い蕎麦となっています!

そんな蕎麦には…豚脂と魚介系の混合出汁をベースにした進化系とも言える味わいに仕上がった“つゆ”がよく絡み、一口ずつにキレの良い染み渡る味わいが口いっぱいに広がっていき、ほんのりと“ねぎ油”の風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、やや小さめにカットされているものの…じっくりと味わってみると、カップ麺らしい肉の旨味ではありますが、思ったよりもしっかりと味付けがされているため、食べはじめはスープ底に沈めておき、しっかりと旨味を引き出してもらいましょう!

また、こちらのキャベツはシャキシャキとまではいきませんが…ほどよい食感を残した仕上がりとなっていて、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているように感じられます!

他にも“ねぎ”が使用されていて、これらを一緒に絡めて食べてみると…様々な食感や風味が加わり、より一層豚脂と混合出汁をベースにした味わいが美味しく楽しめるかと思われます!なんと言っても蕎麦のすすり心地が抜群なので箸が止まりませんね。。

ちょい足しアレンジ“紅生姜”について

では…途中から今回“ちょい足し”推奨としている紅生姜を加えていきたいと思います!
すると、確かにほどよい酸味が加わり、後味さっぱりとした抜けの良さが際立つ味変が楽しめるわけですが、“味噌キムチチゲうどん”と同じく、“ちょい足し”だとちょっと物足りないかもしれませんね!

そのため、徐々に足していき、味の様子を確認しながら自分好みの酸味の強さで出汁の旨味をじっくりと後味良く堪能してみると良いかもしれません!

また、このちょい足しした紅生姜は後味の良さだけでなく、紅生姜本来のシャキシャキとした食感の良さなんかも加わりますから、むしろこの食感が個人的には心地良く、どんどん紅生姜を追加してしまいました。。ただ、この紅生姜ちょい足しアレンジはちょっと賛否分かれそうな気もしますね。。

スープについて

スープは、“あご”と“さば”の混合出汁と豚脂による甘みをベースにした味わいに仕上げ、そこにふんわりと香る“ねぎ油”の香ばしさが食欲そそり、じんわりと染み渡る味わいとコク深い厚みのある旨味がまさに進化系とも言える“蕎麦つゆ”を表現しています!

ただ、この豚脂は割としっかりと利いているわけですが、そこは“どん兵衛”らしい出汁の利かせ方によって混合出汁とのバランスも非常に良く、決して脂っこさを感じさせることのない後味の良さが特徴のひとつでもあり、この豚脂によって混合出汁の旨味に深み・厚みが加わり、コク深い“つゆ”をじっくりと楽しむことができるでしょう!

ご覧の通り、上質な豚脂の油分がスープ表面に浮いているのが確認でき、キレのある口当たりにほどよい丸みを感じさせるコクやまろやかさが印象的で、ほんのりと香る“ねぎ油”の風味なんかもしっかりと旨味を引き立てる隠し味としてうまくマッチしているようですね!

そしてなんと言っても今回は、“ちょい足しアレンジメニュー”ということで紅生姜を加えることによって後味のさっぱり感が増しますから、豚脂らしいこってり感もないため、ついついスープも止まらなくなります。。

このように、今回の“日清のどん兵衛 ねぎ油風味がおいしい豚だしそば”は、豚脂の甘みに“あご”と“さば”の混合出汁をバランス良く合わせ、出汁の旨味をコク深く引き立てた進化系とも呼べるしっかりとした味わいとなり、豚脂の厚みもありつつ…魚介系ならではのキレの良さが非常にバランス良く馴染み、ちょい足し推奨の紅生姜による後味さっぱりとしたアレンジが光る一杯となっていたため、お好みによってはさらに紅生姜を足して、シャキシャキ感も同時に楽しんでみると良いでしょう!

まとめ

今回「日清のどん兵衛 ねぎ油風味がおいしい豚だしそば」を食べてみて、豚脂と混合出汁を合わせたコク深い“蕎麦つゆ”には、“どん兵衛”らしい素材の旨味を活かした染み渡るような味わいはもちろん、“あご”と“さば”の出汁をうまく引き立てるバランスの良い仕上がりとなり、ふんわりと香る“ねぎ油”の香ばしさが後引く旨味をより一層美味しく感じさせる絶妙な一杯となっていました!

また、今回の紅生姜は一応“ちょい足し”とのことでしたが、多少紅生姜を加えただけではそこまで味わい自体に変化がなかったようにも感じられたため、少しずつ足しながら味の変化を楽しんでみるとまたひと味違った味わいが楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!