どん兵衛

日清のどん兵衛 だししみしみ肉吸い豆腐!大阪発祥の“肉吸い”をイメージした染み渡る一杯

日清のどん兵衛 だししみしみ肉吸い豆腐

日清のどん兵衛 だししみしみ肉吸い豆腐」を食べてみました。(2021年12月7日発売・日清食品/セブン-イレブン限定)

この商品は、麺の代わりに滑らかな食感の豆腐が入ったヘルシーなカップスープでお馴染み“日清麺なしどん兵衛”シリーズとは異なり、セブン-イレブンとのタイアップ商品ということで、鰹出汁を利かせた“うどんつゆ”に牛肉の旨味をバランス良く合わせた大阪発祥の人気グルメ“肉吸い(にくすい)”を再現、食感滑らかな豆腐とじんわりと染み渡る素材の旨味が気軽に楽しめる一杯が登場です!

それも…鰹や鯖、鰯などの魚粉や昆布といった染み渡る和風出汁をベースに臭みのない牛のコク深い旨味を利かせ、サラッとした中にも旨味が凝縮された味わい深い“つゆ”に仕上げ、そこに食感滑らかな豆腐を麺の代わりに使用したことで、ヘルシーかつ染み渡る美味しさがやみつきになる一杯、“日清のどん兵衛 だししみしみ肉吸い豆腐”となっております。(税抜き185円)

肉吸い(にくすい)は大阪の一部飲食店にみられる料理。肉の吸い物の意で、簡単に言えば肉うどんからうどんを抜いたもの。
引用元:肉吸い (料理) – Wikipedia

ご覧の通り、パッケージにはお馴染み“日清のどん兵衛”のロゴ、“だししみしみ 肉吸い豆腐”といった商品名が記載され、魚介出汁に牛の旨味をふんだんに利かせたコク深くも後味すっきりとした仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…豆腐以外にも味付牛肉・“ねぎ”が使用されているようです!

日清のどん兵衛 だししみしみ肉吸い豆腐 パッケージ

そしてその特徴としては、上記の通り“肉うどん”の“うどん”を豆腐に変更したことでヘルシーに出汁の旨味が楽しめる一杯となっており、魚介出汁を利かせた醤油ベースの“和風つゆ”に牛肉の旨味がバランス良く合わさったことでキレの良さとコク深い旨味がバランス良く融合し、決して脂っこさといった感じもなくメリハリのある仕上がりとなっていて、そもそもこの“肉吸い”は大阪市中央区の難波千日前にあるうどん屋“千とせ(ちとせ)”が発祥とのこと!

さらにこちらにも記載されているように、この商品は麺の代わりに豆腐が使用されていることもあって、糖質は4.8g・カロリーは51kcalとかなり嬉しい糖質量となっています!(これこそ飲んだシメ、夜食なんかにぴったりかもしれません!)

一方、こちらには日清食品が作り出すリアルな食感で定評のある滑らかな豆腐に“肉吸い”をイメージした鰹出汁と牛肉の旨味が凝縮された“和風つゆ”がよく絡み、具材に使用された味付牛肉からも良い旨味が滲み出すイメージ写真なんかも確認でき、スープ表面を見る限り牛特有の脂っこさといった感じは一切なく、コクのある旨味としてしっかりと“和風つゆ”に溶け込んでいるようですね!これは“日清のどん兵衛”シリーズならではの旨味溢れる仕上がりに期待できそうです!

他にも特徴として…具材には食感滑らかな豆腐以外にも味付牛肉が豊富に使用されており、この牛肉から旨味がじんわりと滲み出すことによって“肉吸い”をイメージした“和風つゆ”の美味しさそのものもどんどん際立っていき、本格感のある食感を再現した滑らかな豆腐が絶妙にマッチしたスープタイプの一杯が最後まで存分に楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

鰹など様々な魚介出汁に牛の旨味を利かせた“肉吸い”をイメージさせる“和風つゆ”には、醤油感・魚介系のキリッとした口当たりと牛肉ならではの旨味やコクが想像以上に本格感を演出、それによってじんわりと染み渡る“和風つゆ”がより一層クセになる美味しさを際立たせ、牛と言えば若干クセのある風味や脂っこさが特徴的なんですが…そういった感じも一切なく、牛の旨味を活かしたバランスの良い一杯となっていました!
これは特にヘルシーなカップスープ…でもしっかりと旨味が凝縮され、豆腐が使用されたことで小腹も満たし、食べる時間を気にすることなく気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は大阪発祥の“肉吸い”をイメージした鰹などの魚介出汁に牛の旨味をバランス良く合わせたスープに味付牛肉や食感滑かな豆腐などを豊富に使用したことで旨味溢れる味わいが気軽に楽しめる一杯、「日清のどん兵衛 だししみしみ肉吸い豆腐」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清のどん兵衛 だししみしみ肉吸い豆腐

今回ご紹介するカップスープは、麺の代わりに豆腐を使用したヘルシーな一杯が好評の“日清麺なしどん兵衛”シリーズのセブン-イレブン限定PB商品ということで、大阪発祥の「肉吸い」をイメージした鰹など複数の魚介出汁に牛肉の旨味をバランス良く利かせ、さらに具材には食感滑らかな豆腐や旨味が滲み出す牛肉が豊富に使用されたことで、クセになる味わいが表現された一杯、“日清のどん兵衛 だししみしみ肉吸い豆腐”となっています。

ご覧の通りフタの上には容器側面と同じく“日清のどん兵衛”、“だししみしみ肉吸い豆腐”といったシリーズ名や今回の商品名が記載され、魚介出汁×牛肉の旨味といった“肉うどん”に豆腐を使用したことでヘルシー感に際立った仕上がりイメージなんかも掲載され、まさにちょっと小腹が空いた時や夜食にもぴったりな味わいが表現されているようですね!(これで税別185円はちょっと割高なような気もしますが…)

一方こちら容器側面には“肉吸い”に関する簡単な説明書きが記載され、これによると…“鰹や昆布などでだしをとったうどんつゆに牛肉やねぎ、豆腐を入れて楽しむ大阪発祥の人気グルメです。”とのことで、出汁が染みる“和風つゆ”はもちろん、各種カップスープにも使用されている日清の“豆腐”は思った以上に素材本来の滑らかな食感やとろけるような舌触りが完成度高く仕上がっていて、そんな豆腐を牛肉の旨味を最大限に引き出した“肉吸い”を彷彿とさせるスープとともに楽しめる…美味いのにヘルシーといった贅沢な一杯ということです!

また、フタの裏側には…“豆腐のおいしさのひみつ”と記載され、これによると、豆腐屋さんと同じ製法で作った豆腐をフリーズドライしたことでスープに染み込む“おぼろ豆腐”に仕上がっているようですね!他にも2011年6月に登場した大変好評の“純豆腐”シリーズの“スンドゥブチゲ”なんかもこの“なめらかとうふ”が使用されています!

ちなみに“日清のどん兵衛”シリーズではこういったスープタイプの商品がこれまでもいくつか登場しており、どれもヘルシーな割に出汁の旨味を利かせたことで飲んだシメにもちょうど良いと好評とのこと!(これらは期間限定・数量限定だったようですが、今後の商品展開にも期待したいところ。)

それでは、今回の“日清のどん兵衛 だししみしみ肉吸い豆腐”がどれほど魚介出汁や牛の旨味を凝縮させたコク深い“肉吸い”を表現しているのか?具材に使用された味付牛肉との兼ね合いはもちろん、なんと言っても食感滑らかな日清商品独自製法による“なめらかとうふ”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り51kcalとなっております。(塩分は2.3g)

カロリーは、麺なしということもあって非常に低めの数値のようで、塩分もまた同じくかなり低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり13gとのこと。

この数値を見ると…魚介出汁や牛肉の旨味を存分に活かした“肉吸い”ならではの染み渡る仕上がりをイメージさせ、やはり夜食などちょっとした時に常備しておきたくなる一杯ですね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や“粉末しょうゆ”をはじめ…

  • かつおぶし調味料
  • 魚粉(かつお、さば、いわし)
  • にぼし調味料
  • こんぶ粉末
  • ビーフ調味料
  • こんぶ調味料

といった複数の魚介出汁に牛肉の旨味をバランス良く合わせことによって大阪発祥の人気グルメ“肉吸い”を彷彿とさせるじんわりと染み渡るかのような“和風つゆ”に仕上がり、醤油感の強いキリッとした口当たりと魚介系×動物系によるWスープによる繊細かつコク深い味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902105062982
原材料名

味付牛肉(国内製造)、スープ(食塩、砂糖、粉末しょうゆ、かつおぶし調味料、魚粉(かつお、さば、いわし)、にぼし調味料、たん白加水分解物、こんぶ粉末、ビーフ調味料、こんぶ調味料)、豆腐、ねぎ/調味料(アミノ酸等)、香料、カラメル色素、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、リン酸塩(Na)、増粘剤(グァーガム)、チャ抽出物、(一部に小麦・乳成分・牛肉・さば・大豆・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (13g) 当たり]
熱量51kcal
たんぱく質3.7g
脂質1.8g
炭水化物5.0g
糖類4.8g
食物繊維0.2mg
食塩相当量2.3mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りカップスープらしく、かやく、粉末スープ、“なめらかとうふ”といった3つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、中でもこの“なめらかとうふ”は日清食品の商品にも度々使用されており、文字通り滑らかでありながらも口の中で崩れる具合が絶妙なんですよね!

さらにこの豆腐は意外とスープが染み込み、魚介出汁や牛肉の旨味がバランス良く溶け込んだ“肉吸い”ならではの味わいとともにちょっとした小腹を満たしてくれそうです!

調理してみた

では念のため作り方を確認してみると…

  1. フタを半分まではがし、かやく・粉末スープ・とうふの袋を取り出す
  2. かやく・粉末スープ・とうふを入れ、熱湯を内側の線まで注ぐ
  3. フタをして3分後よく混ぜて完成

といった特に注意点などはありませんが、カップスープらしく3種類の調味料などを全て容器に入れて熱湯を注ぎ3分待つだけです!ちなみに“角切りチャーシュー”が使用されているにも関わらず“一風堂 白丸とんこつ豆腐スープ”に関しては調理時間30秒となっています。(他のカップスープは概ね3分です。)

ではまず、かやく・粉末スープ・“なめらかとうふ”を入れてみます。

かやくには、“なめらかとうふ”をはじめ…

  • 味付牛肉
  • ねぎ

が入っています。

特に味付牛肉に関しては湯戻りする以前から使用されている数・サイズに関して申し分なく、魚介出汁に牛肉の旨味をバランス良く合わせた“肉吸い”のスープに旨味を滲み出し、じんわりと染み渡るコク深いスープにもぴったりな具材となっているようです!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:220ml)
ちなみに使用されている具材によっては“日清麺なしどん兵衛 辛牛だし豆腐スープ”のように調理時間30秒で楽しめるフレーバーもあるんですが、今回は具材に使用されている味付牛肉の湯戻りの関係上3分間しっかりと待ちましょう!

そして出来上がりがこちら!スープはサラッとした仕上がりではありますが、鰹や鯖など様々な魚介出汁に牛肉の旨味が馴染んだ染み渡るかのような“肉吸い”をイメージさせる“うどんつゆ”となり、キレとコクのある濃い目な一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ほどよく先ほどまでの“なめらかとうふ”が崩れ、この絶妙な張りと柔らかさがまた良いんですよね!滑らかさもありほどよい弾力もある、本格感のある豆腐ならではの舌触りがリアルに再現されており、そこに魚介出汁と牛肉の旨味を活かした“肉吸い”スープがよく絡むコク深い仕上がりとなっています!

また、ご覧の通りスープは牛肉の旨味を利かせているものの…決して脂っこさのあるギトギト系というわけではなく、品もありコク深い旨味として大阪発祥“肉吸い”のスープを再現、一見サラッとした醤油ベースのスープですが、濃い目の仕上がりで各種素材の旨味が凝縮されたテイストは思っていたより満足度が高そうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…数種類の魚介出汁をベースに牛肉の旨味を利かせた“肉吸い”の“うどんつゆ”を再現しているんですが、牛肉の旨味やコクが特に際立って感じられ、じんわりと染み渡る魚介出汁に関しては“和風つゆ”のベースとなる旨味として下支えし、まさに“肉うどん”のような厚みのあるスープに仕上がり、牛肉特有の変なクセや“くどさ”といった印象は全くなく非常に丁寧に旨味を抽出したかのような味わいが印象的といったところ!

そのため、“しみわたるかつおだしと牛肉のうまみ”とパッケージに記載されていたものの…そこまで魚介出汁の主張は強くなく、コク深い牛肉の旨味が際立っていたため、動物系の旨味が主体となった本格感のある味わいに感じられるかもしれません!ただ…“日清のどん兵衛”シリーズということもあって魚介出汁に期待していた方にとってはやや期待外れと思われるのではないでしょうか?(“肉吸い”自体全国に浸透しているわけではありませんので、“肉うどん”を再現した複雑・繊細な一杯といった印象です。)

ただ…この濃厚さで豆腐を使用したヘルシーな一杯ですから、食べる時間帯を気にすることなく小腹を満たしてくれそうなカップスープであることに間違いないでしょう!牛肉の脂っこさやこってり感といった感じも一切なく魚介出汁や醤油感の強いキリッとした後味が心地良く、最後まで全く飽きの来ない濃い目のテイストでしたので、“おにぎり”のお供にもぴったりかもしれません!

豆腐について

今回のカップスープのメインとしては麺ではなくこの“なめらかとうふ”と記載されていた豆腐が採用されていて、ご覧の通り全てが崩れてしまうような柔らかさというわけではなく、絶妙な張りと滑らかさ、そして口の中で溶けるような舌触りが特徴的な本格感のある仕上がりとなっています!(調理後にスプーンで混ぜていくと良い感じで崩れるので、お好みの状態で味わってみてください。)

そんな豆腐には、複数の魚介出汁に牛の旨味をバランス良く合わせた大阪発祥の人気グルメ“肉吸い”を再現したコク深い“うどんつゆ”がよく絡み、一口ずつに鰹だけでなく数種類もの魚介出汁やコク深い牛肉の旨味など様々な旨味が口いっぱいに広がっていき、じんわりと染み渡る魚介出汁ならではの風味が後味良く抜けていきます!これは豆腐だけでなく“うどん”も加えて味わってみたくなりますね。。

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付牛肉が入っていて、使用されている数・サイズともに全く申し分なく、じっくりと味わってみると…しっかりとした牛肉の旨味がじゅわっと滲み出てくる非常に美味しい仕上がり具合となっていたため、まずはスープと馴染ませながら食べ進め、後ほど食感滑らかな豆腐と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

他にも、こちらの“ねぎ”が使用されていて、やや小さめにカットされたことでシャキシャキとした食感とまではいかないものの…ちょうど良い薬味となったことで今回の“肉吸い”を再現したスープを美味しく引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り鰹や鯖、鰯などの魚粉や昆布といった染み渡る和風出汁をベースに臭みのない牛肉の旨味をバランス良く利かせたことで大阪発祥の“肉吸い”を再現したコク深くも染み渡る味わいを再現し、想像以上に複雑・繊細な仕上がりとなっています!ただ、特に香辛料が加わっているようには感じられませんでしたので、お好みによってや“肉うどん”にぴったりな一味・七味辺りをちょい足ししてピリッとしたアクセントを加えてみても良いでしょう!

また、スープそのものは非常にさらっとした印象の仕上がりではありますが、思ったよりもしっかりとした旨味が凝縮されており、ついついスープが止まらなくなるようなやみつき感もあり、まさにちょっと小腹を満たしたい時や飲んだシメにもちょうど良い味の濃さとボリューム感となっていたため、幅広い層に好まれる一杯であることに間違いありません!

ちなみに今回のカップスープは牛肉の旨味を利かせた“肉吸い豆腐”ということで、気になる肉のこってり感や脂っこさといった感じは一切なく、数種類もの魚介出汁がちょうど良く調和したことによってメリハリのある味わいに仕立て上げ、それによって複雑・繊細な美味しさを表現し、コク深くも後味すっきりとした“つゆ”によって最後まで飽きることなく楽しめることと思われます!

ただ、原材料を見る限り…香辛料といった文言が記載されていなかったので、“肉うどん”にぴったりなピリッとした唐辛子などの辛みを加えてみても良いかもしれませんね!個人的には若干牛肉のコクが際立って感じられたので、そういった香辛料をちょい足ししてちょうど良いような気もします!どちらにしても後味すっきりとしたテイストに変わりありませんので、デフォルトでも十分な美味しさが楽しめるのではないでしょうか?

このように、今回の“日清のどん兵衛 だししみしみ肉吸い豆腐”は、大阪発祥の人気グルメ“肉吸い”の味わいをカップスープに再現し、数種類もの魚介出汁に臭みのない牛肉の旨味をバランス良く合わせたことでキレとコクのある醤油ベースの“肉うどん”ならではの味わいに仕立て上げ、繊細かつ深みのある“和風つゆ”が食感滑らかな豆腐とともにちょっとした小腹を満たしてくれる品のある仕上がりとなり、“日清のどん兵衛”シリーズらしく素材の旨味を存分に活かしたコクのある一杯となっていたため、お好みによっては一味などの香辛料をちょい足ししてピリッとしたアクセントを加えてみても良いでしょう!

まとめ

今回「日清のどん兵衛 だししみしみ肉吸い豆腐」を食べてみて、数種類もの魚介出汁に臭み・脂っこさのない牛肉の旨味をしっかりと利かせたことでコク深くも後味すっきりとしたスープに仕上げ、具材に使用された味付牛肉からも良い旨味が滲み出すことによって食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな旨味溢れるスープと食感滑らかな豆腐が相性良く馴染んだヘルシーかつちょっとした小腹を満たしてくれる夜食にもぴったりな一杯となっていました!

さすが出汁の旨味に定評のある“日清のどん兵衛”シリーズということもあって、旨味の利かせ方が絶妙ですね!魚介出汁と牛肉の旨味に関しては全く申し分なく、麺の代わりに豆腐が使用されたことで滑らかな食感が楽しむことができ、さらにしっかりと食欲も満たしてくれるため、かなり幅広い層に好まれるカップスープと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!