日清食品

日清のどん兵衛 特盛ラー油肉汁きつねうどん!“甘辛つゆ”にふっくらお揚げを合わせたクセになる一杯

日清のどん兵衛 特盛ラー油肉汁きつねうどん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

日清のどん兵衛 特盛ラー油肉汁きつねうどん」を食べてみました。(2023年10月16日発売・日清食品

この商品は、鰹出汁と醤油がベースの“関東風つゆ”に豚の旨味と甘みを加え、アクセントにラー油のピリッとした辛みを利かせたことでクセになる甘辛な味わいに仕上げ、甘辛な“つゆ”に丸大豆100%使用の“ふっくらお揚げ”を組み合わせ、そこに厚みもあり幅広な太い“うどん”が絶妙にマッチした特盛仕様のボリューム感抜群な一杯、“日清のどん兵衛 特盛ラー油肉汁きつねうどん”となっております。(値段:税別285円)

ご覧の通り、パッケージには“ジュワッと広がる豚の旨み!”、“ラー肉汁”といった文言が記載され、昨今人気のがっつり系“甘辛つゆ”といったテイストに仕上げ、麺量も“特盛”仕様ということでレギュラーサイズの65g前後よりも96gとボリューム感があり、容器も当然ひとまわり大きく、後引く辛さと“ふっくらお揚げ”から滲み出す旨味と甘みが絶妙にマッチし、まさにじんわりと染み渡る甘辛で風味豊かな味わいがたっぷりと楽しめる一杯のようです!

また、こちらには…鰹節や醤油をベースに豚の旨味やラー油を利かせ、コク深く甘辛なテイストを際立たせた“つゆ”にシリーズらしいもっちりとした“うどん”が絡む仕上がりイメージなんかも確認でき、そもそも“日清のどん兵衛”シリーズでラー油を利かせた“うどん”と言えば最近だと…“日清のどん兵衛 ラー油仕立ての鴨だしうどん(2015年11月16日発売/2018年6月25日再発売/2021年6月21日再発売)”程度でほとんどが蕎麦となっており、ラー油の辛さと肉汁の甘みが絶妙にマッチしたクセになる仕上がりに期待できそうです!

他にも特徴として、麺はシリーズお馴染みのもっちりとした太い“うどん”が採用されており、それによってクセになる甘辛な“つゆ”とじゅわっと旨味が滲み出す“ふっくらお揚げ”といった珍しい組み合わせのテイストが特盛仕様でたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

じんわりと染み渡るかのような鰹出汁に豚の旨味・甘みといった肉汁を加え、ピリッとしたラー油の辛さがクセになる“甘辛つゆ”に仕上がり、シリーズらしい出汁に関しては出汁感・風味ともに申し分なく、素材の旨味を活かしたことで特に物足りなさといった感じも当然ありませんし、特盛り仕様にも関わらず最後まで飽きることもなく…“甘辛つゆ×ふっくらお揚げ”の間違いない組み合わせとなっていました!
これは特に、鰹出汁や肉汁を合わせた甘辛なテイストが好みの方はもちろん、鰹出汁や醤油に肉汁やラー油をバランス良く融合したパンチのある“甘辛つゆ”に“ふっくらお揚げ”から滲み出す旨味や甘みが絶妙にマッチした味わいがもっちりとした“うどん”とともにボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は2023年10月16日に日清食品株式会社から発売された「日清のどん兵衛 特盛ラー油肉汁きつねうどん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清のどん兵衛 特盛ラー油肉汁きつねうどん

今回ご紹介するカップ麺は、出汁の旨味を利かせた染み渡るような“つゆ”で好評の“日清のどん兵衛”シリーズの新商品ということで、“甘辛つゆ×ふっくらお揚げ”といった鰹出汁や醤油に肉汁やラー油をバランス良く合わせ、がっつり系の“甘辛つゆ”を特盛り仕様で表現、後引く辛さにふっくら食感がクセになる“お揚げ”が絶妙にマッチし、和風出汁や肉汁、ラー油などをバランス良く合わせたボリューム感抜群な一杯、“日清のどん兵衛 特盛ラー油肉汁きつねうどん”となっています。
※売っている場所:今回はセイコーマートで購入

ちなみにこの“日清のどん兵衛”とは…1976年の発売以来、超人気のロングセラー商品として幅広い層に愛され続けている“和風カップ麺”のトップブランドです!

また、こちら容器側面には…“大盛めん96g”と記載され、通常65g前後の麺量よりも約40〜50%増量となったことで食べ応えのあるボリューム感はもちろん、単純にサイズアップしただけでなく甘みのある“ふっくらお揚げ”とのバランスも考慮したことでピリ辛なラー油を合わせた辺りが個人的に好印象といったところ!

また、この“日清のどん兵衛”シリーズの“どんぶり型”・スープタイプとしての“うどん”は、2023年9月4日に発売された“日清のどん兵衛PRO 高たんぱく&低糖質 きつねうどん”以来の新フレーバーとなっており、最近では特に“日清のどん兵衛 シーフードちゃんぽんうどん(2023年7月17日発売)”や“日清のどん兵衛 韓国風旨辛海鮮チャンポン味うどん(2023年5月8日発売)”といったひと味違ったテイストやシリーズらしい出汁の旨味をうまく活かしたフレーバーなどが発売されています!
※改めて見てみると…“日清のどん兵衛”シリーズはほとんどが“うどん”のようですね。

それでは、今回の“日清のどん兵衛 特盛ラー油肉汁きつねうどん”がどれほど鰹出汁や醤油に肉汁やラー油の辛みやコクをバランス良く合わせた“甘辛つゆ”に仕上がっているのか?“甘辛つゆ”を染み込ませることでひと味違った美味しさが楽しめるジューシーな“ふっくらお揚げ”との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしいもっちりとした弾力やほどよいコシを併せ持つ太い“うどん”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り633kcal(めん・かやく494kcal / スープ139kcal)となっております。(塩分は7.0g)

カロリーは特盛り仕様で肉汁の旨味や甘みを利かせた“甘辛つゆ”ということもあって高めな数値のようで、塩分も同じくこのボリュームを考慮しても高い数値となっています。
ちなみに1食150g、麺の量は96gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと139kcalと想像以上に高い数値を占め、“日清のどん兵衛”シリーズらしい出汁の旨味など素材本来の美味しさを存分に活かし、コクを引き立てる肉汁を加えた“甘辛つゆ”がボリューム感たっぷりと楽しめる仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“しょうゆ”や豚脂をはじめ…

  • 香味油
  • ポークエキス
  • 植物油脂
  • 食塩
  • 魚介エキス
  • しいたけエキス
  • かつおぶし粉末
  • 香辛料

といった、出汁染みる鰹出汁と醤油をベースに肉汁やラー油をバランス良く合わせ、なんと言ってもジューシーな“ふっくらお揚げ”から滲み出す旨味や甘みなどが全体に馴染むことによってパンチの強いクセになる“甘辛”な味わいを想像させる材料が並びます。
※製造工場:日清食品 静岡工場(静岡県)

JANコード4902105281840
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、こんぶエキス、大豆食物繊維、糖類)、スープ(しょうゆ、たん白加水分解物、豚脂、香味油、ポークエキス、糖類、植物油脂、食塩、魚介エキス、しいたけエキス、かつおぶし粉末、香辛料)、かやく(味付油揚げ、味付肉そぼろ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸Ca、リン酸塩(Na)、カラメル色素、香料、pH調整剤、セルロース、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、カロチノイド色素、乳化剤、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、チャ抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (150g) 当たり]
熱量633kcal
めん・かやく: 494kcal
スープ: 139kcal
たんぱく質14.7g
脂質30.6g
炭水化物74.7g
食塩相当量7.0g
めん・かやく: 2.2g
スープ: 4.8g
ビタミンB10.24mg
ビタミンB20.35mg
カルシウム244mg

引用元:日清のどん兵衛 特盛ラー油肉汁きつねうどん | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“液体つゆ”と記載された調味料がひとつ入っています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、特盛り仕様というだけあって含まれる“液体つゆ”もかなり多めですね!ただ、鰹出汁や醤油をベースに肉汁やラー油を合わせた“甘辛つゆ”ということで非常にサラッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温める程度で十分かと思われます!

さらに、具材には…“ふっくらお揚げ”以外にも“味付肉そぼろ”が使用されていて、食べ進めていくに連れてこちらからも良い旨味が滲み出し、ピリッとしたラー油を利かせたことで甘みだけが際立つわけでもなく全体のバランスが考慮され、まさに出汁染みる“甘辛”な味わいがたっぷりと楽しめそうです!

また、麺はご覧の通りシリーズらしい厚みもあり幅広な“うどん”が採用され、湯戻りする以前からすでにもっちりとした弾力やつるみのある食感、そしてほどよいコシを併せ持つ本格感のある仕様となっています!

調理してみた

続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:560ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの“うどん”や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に“うどん”にはもっちりとした弾力やほどよいコシが加わり、まだ別添されている“液体つゆ”を加える前の状態ではありますが…鰹出汁や醤油をベースに肉汁やラー油をバランス良く合わせたクセになる“甘辛つゆ”に仕上がり、“甘辛つゆ×ふっくらお揚げ”を組み合わせたボリューム感抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの“液体つゆ”を加えています!
すると…鰹出汁や醤油に肉汁やラー油を合わせた濃い目の“甘辛つゆ”がたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!ちなみに関東風の“つゆ”に肉汁やラー油を合わせた構成となっているため、そこまで特徴的な風味は感じられませんので、比較的万人受けする“ラー油肉汁きつねうどん”がボリューム感たっぷりと楽しめそうです!

ご覧の通り“液体つゆ”は量も多く重みもあるんですが、容器底に沈みつつも表面にも広がっていき、どことなくラー油が使用されているような赤みを帯びた仕様となっており、後引く辛さがクセになる…そんな“甘辛つゆ×ふっくらお揚げ”の組み合わせによる甘辛な美味しさが表現されているようですね!そして位置付けとしては…“日清のどん兵衛 特盛天ぷらラー油そば”(2022年11月28日発売)の“きつねうどん”版といったところ!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして“液体つゆ”が全体に馴染むと…非常にサラッとした状態ではありますが…鰹出汁やラー油をしっかりと利かせたパンチの強い仕上がりとなっていて、見るからに物足りなさといった感じはなく、“日清のどん兵衛”シリーズらしい出汁の旨味を活かしたがっつり系の“甘辛つゆ”で、後引く辛さだけでなく甘み・旨味が重層的に重なる味わいが伝わってきます!

また、存在感抜群な“ふっくらお揚げ”からも良い旨味が滲み出しているようにも感じられ、“お揚げ”特有の旨味や油分、そして甘みが今回の“甘辛つゆ”の美味しさを引き立て、ラー油の辛みやコクを利かせたことで甘ったるさのないメリハリの付いた仕上がりとなり、そもそも鰹出汁や醤油をベースにした“つゆ”ですから、じんわりと染み渡る出汁の旨味とパンチのあるラー油とも相性良く馴染み、さらに“ふっくらお揚げ”から滲み出す旨味によってひと味違った美味しさがたっぷりと楽しめることに間違いありません!

食べてみた感想

一口食べてみると…じんわりと染み渡る鰹出汁をしっかりと利かせた“つゆ”にラー油ならではのピリッとした辛みや風味、そして肉汁溢れる旨味・甘みが融合し、非常にサラッとした仕上がりながらも肉汁を利かせたことでコクがあり、後引く辛みがちょうど良いメリハリとなって、全体のバランスは想像以上に良く、特盛り仕様ながらも最後まで飽きが来ません!

これはやはりピリッとしたラー油を利かせただけあって後引く辛みがクセになりますね!しかも食べ進めていくに連れて“ふっくらお揚げ”から滲み出す旨味・甘みが物足りなさを感じさせないコク深い“つゆ”へと引き立て、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな安定感すら感じさせるテイストで、“ふっくらお揚げ”に“つゆ”をしっかりと染み込ませた後にじっくりと堪能してみると良いでしょう!

そして、この“ふっくらお揚げ”から滲み出す甘みはラー油の辛さとちょうど良く調和され、特に甘ったるさが主張しているわけでもなく、想像以上に全体のバランスが良く旨味として溶け込み、パンチのある“甘辛つゆ”ということで止まらなくなりますね。。特に鰹出汁と醤油をベースにした関東風の“つゆ”らしく味もしっかりとしていて思いのほか満足度の高い一杯と言えるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り“日清のどん兵衛”シリーズらしい厚みもあり幅広な太い“うどん”が使用されていて、もっちりとした弾力とつるみのある食感に加え、ほどよいコシを併せ持つクオリティの高い仕上がりとなっています!やはり“うどん”に関しては日清食品が群を抜いているように感じますね!そして今回は特盛仕様ということもあってボリューム感も抜群です!

そんな“うどん”には、鰹出汁や醤油をベースに肉汁の旨味・甘み、そしてラー油の辛さをバランス良く利かせた“甘辛つゆ”がよく絡み、一口ずつにパンチのある味わいやじんわりと染み渡る出汁の旨味などが口いっぱいに広がっていき、醤油の芳醇な風味や鰹出汁の風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、この大きな“ふっくらお揚げ”が入っていてて、先入れ仕様のおかげで今回の“甘辛つゆ”もしっかりと吸い、ジューシーな美味しさがじゅわっと滲み出す仕上がりとなっていたため、まずは鰹出汁やラー油を利かせた“甘辛つゆ”にしっかりと浸してから味わってみると良いでしょう!もちろん“お揚げ”特有の甘みもあるんですが、今回のピリ辛なテイストによってそこまで気になるほどのものではありません!

また、こちらの“味付肉そぼろ”は、“肉そぼろ”という割にややサイズは大きめで、じっくりと味わってみると…ほどよく味付けされた肉の旨味が馴染み出す仕上がりでしたので、やはり今回の“甘辛つゆ”とよく馴染ませながら食べ進め、後ほどつるっとした食感の“うどん”と絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

“つゆ”について

“つゆ”は、鰹出汁と醤油をベースに肉汁の旨味・甘み、そしてラー油のピリッとした辛さをバランス良く合わせた甘辛なテイストに仕立て上げ、出汁染みる味わいとパンチのあるアクセントが絶妙にマッチ、さらに関東風にしたことで味もしっかりしていて物足りなさといった感じも一切なく、シンプルながらも素材を存分に活かしたシリーズらしく深みのある仕上がりとなっています!…というか出汁の利いた“つゆ”とラー油って意外と合うんですよね!

そして、基本は鰹出汁にラー油を合わせた甘辛なテイストなんですが、そもそも蕎麦にラー油を加えるスタイルは意外と人気のジャンルなので、ハマる方も多いのではないでしょうか?(これを“きつねうどん”として組み合わせるという点では初かもしれません。)

また、食べ進めていくうちに連れて“ふっくらお揚げ”からも良い旨味や甘みが滲み出し、“甘辛つゆ”本来の美味しさが徐々に増して楽しめるかと思われ、ひと口ずつに感じられる満足度は一際高く、このラー油の辛みが使用されたことによって寒くなるこれからの季節にぴったりなテイストを表現しているようです!

ちなみに、この辛さの強さについては、あくまでラー油ならではのピリッとしたアクセント程度となっていて、辛いというよりも雰囲気のある“甘辛つゆ”を堪能するには絶妙な利かせ具合となっており、いつもなら甘みが気になる“ふっくらお揚げ”もバランス良く調和している点が好印象といったところ!…というか特盛りのボリューム感はけっこう食べ応えがありますね!

まとめ

今回「日清のどん兵衛 特盛ラー油肉汁きつねうどん」を食べてみて、鰹出汁と醤油をベースに肉汁やラー油をバランス良く合わせた甘辛でパンチのある一杯には…じんわりと染み渡る出汁の旨味に後引く辛さがクセになるテイストで、具材として使用された“ふっくらお揚げ”や“味付肉そぼろ”からも良い旨味や甘みが滲み出し、そこにもっちりとした弾力やほどよいコシを併せ持った太い“うどん”が食欲をしっかりと満たす特盛仕様の食べ応え抜群な一杯となっていました!

やはりこのシリーズは素材の旨味をうまく活かしたテイストで間違いないですね!特に今回は鰹出汁やラー油はもちろん、“ふっくらお揚げ”による旨味や甘みが絶妙にマッチしたことで変な脂っこさや“くどさ”なんかも全くありませんから、最後までたっぷりとパンチのある味わいが楽しめるのではないでしょうか?

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です