カップ麺

日清のどん兵衛 カツオとチキンのWだしスパイスカレーうどん 食べてみました!コク深い本格スパイスカレーうどん

日清のどん兵衛 カツオとチキンのWだしスパイスカレーうどん 食べてみました!コク深い本格スパイスカレーうどん

日清のどん兵衛 カツオとチキンのWだしスパイスカレーうどん」を食べてみました。(2019年1月21日発売・日清食品)

この商品は、1月22日の“カレーの日”にちなんで“大阪発祥! 今話題のスパイスカレートリオ”として日清食品お馴染みブランド“どん兵衛”から登場した出汁の利いたつゆに本格スパイシーな風味が表現された一杯です!

それも…チキンとカツオといったWだしを利かせ、クミンやコリアンダーなど様々な香辛料が使用されたことによってスパイシーなカレーつゆに仕上がり、さらに別添された“クセになるあとがけ本格スパイス”をかけることによってスパイシーさがさらに際立ち、文字通りスパイシーなカレーうどんが存分に楽しめる“日清のどん兵衛 カツオとチキンのWだしスパイスカレーうどん”となっております。(税抜き180円)

ご覧の通り、パッケージには“クセになるあとがけ本格スパイス付”と記載されているように、今回の一杯は今大阪で話題のスパイスカレーならではのスパイシーな味わいを“カレーの日”にちなんで“最新トレンドのスパイスカレーをどうぞ!!”ということで、“どん兵衛”らしい出汁の利いたつゆとともに楽しむことができる一杯のようで、こちらにもクミンや黒胡椒など様々な香辛料が豊富に使用されているようです!

また、こちらには出汁の利いたスープに色鮮やかにも見えるいくつもの香辛料が使用されたことによって、本格スパイシーな雰囲気ある風味が香り立つ仕上がりイメージなんかも確認できますね!もはや“カレーうどん”ということすら忘れてしまいそうです。。

さらにパッケージには、スパイスカレーのお店をイメージさせる木目調の背景があしらわれ、ふんだんに使用した香辛料によってスパイシーさに突出した一杯であることがよーく伝わってきます!

他にも特徴として、オニオンとトマトがベースとなっているとのことで、“どん兵衛”らしい和風つゆにカレーならではの旨味や酸味がプラスされ、さらに大阪発祥・話題のスパイスカレーの特徴とも言える食欲そそるスパイシーな風味がバランス良く表現されているようです!

実際に食べてみて…

スープに表現されたカツオやチキンの出汁は、どちらかに際だっているわけではなく非常にバランス良く感じられ、味の決め手となる別添された“クセになるあとがけ本格スパイス”による香辛料がしっかりと利いたことによって、後味すっきりとしたキレのある口当たりが風味豊かに心地良く表現されていました!
これは特に、本格スパイシーなカレーうどんを存分に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの大阪発祥・話題のスパイスカレーの味わいを“どん兵衛”に表現した一杯「日清のどん兵衛 カツオとチキンのWだしスパイスカレーうどん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清のどん兵衛 カツオとチキンのWだしスパイスカレーうどん

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“どん兵衛”の新商品ということで、大阪発祥・最新トレンド“スパイスカレー”の味わいを“どん兵衛”らしくアレンジし、別添されたスパイスによってさらにスパイシーさに際だった“日清のどん兵衛 カツオとチキンのWだしスパイスカレーうどん”となっています。

ちなみに、今回1月22日の“カレーの日”にちなんで登場した“大阪発祥! 今話題のスパイスカレートリオ”ということで、以下の商品とともに計3種類が同時発売となっているようですね!

そして、どの商品も共通してお店で食べる“スパイスカレー”の特徴である“あとがけスパイス”をアレンジして別添し、それぞれのブランドならではの味わいをスパイシーに楽しむことができるようです!

それでは、今回のテイストは“カレーうどん”ということで、“どん兵衛”らしい染みるようなカツオだしにチキンの旨味が利いたことでどういった味わいに仕上がっているのか?スパイシーさがどれほどのものなのか…この辺りについてじっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り369kcal(めん・かやく328kcal / スープ41kcal)となっております。(塩分は5.7g)

カロリーは思ったほど高いわけではなく、むしろ低めにも感じられる数値のようですね!そして塩分に関しては平均的といったところ!
ちなみに1食87g、麺の量は66gとのこと。

個人的にカレーうどんと聞くと…ややどろっとした濃厚な仕上がりを想像するんですが、今回の一杯はこのカロリーの内訳を見る限り、そこまでドロッとした仕上がりではないような気がしますね!やはり“どん兵衛”らしく素材の旨味を活かした一杯なのかもしれません!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や香辛料をはじめ…

  • トマトパウダー
  • クリーミングパウダー
  • カレー粉
  • チキン調味料
  • かつお調味料

といった、オニオンやトマトをベースにカツオとチキンのWだしを利かせたことで風味豊かな後味すっきりとしたカレースープが表現され、そこに豊富に使用されたスパイスをかけることによって、本格スパイシーなカレーうどんが楽しめる味わい深い仕上がりを想像させる材料が並びます。

原材料名

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維)、スープ(食塩、香辛料、糖類、トマトパウダー、クリーミングパウダー、カレー粉、チキン調味料、かつお調味料)、かやく(味付卵、味付肉そぼろ、赤唐辛子、ねぎ)、スパイス(クミン、オニオン、胡椒、唐辛子、パセリ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸Ca、カラメル色素、リン酸塩(Na)、カロチノイド色素、香料、乳化剤、セルロース、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)
引用元:日清のどん兵衛 カツオとチキンのWだしスパイスカレーうどん | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープ、かやく、あとがけスパイスといった3つの調味料などが入っています。(※粉末スープは先入れタイプ)

そして、麺はご覧の通りやや厚みのある幅広な“どん兵衛”ならではの“うどん”となっていて、食べ応えはもちろん、つるっとなめらかな食感だけでなくすすり心地の良さそうな麺が採用されているようです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • 味付卵
  • 味付肉そぼろ
  • 赤唐辛子
  • ねぎ

が入っています。

先ほどの“クセになるあとがけ本格スパイス”にも赤唐辛子が含まれているようですが、今回はかやくにまで赤唐辛子といったスパイシーさをさらに引き立てるような材料が使用されているようですね!

続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

スープ表面にうっすらと粉末スープがまだ残っているようですが、思っていたよりもスープはどろっとした仕上がりではないようで、スパイシーさに際だった後味すっきりとした風味豊かな一杯…といった印象の出来上がりです。

ちなみに、この時点で十分スパイシーな食欲そそる風味が漂ってきます!
※ちなみに容器底に粉末スープが溜まっているようでしたので、しっかりと底から混ぜましょう。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
スープが全体に馴染むと、それでもやはりさらっとした仕上がりのままですが、この風味からはしっかりとした味が表現されていることがよーく伝わってくる味濃いスープを思わせます!

そして、ここに先ほどの味の決め手となる“クセになるあとがけ本格スパイス”をかけていきます!

すると…大阪発祥だというスパイスカレーならではの本格スパイスの風味豊かな香りが一気にプラスされ、まさにスパイスカレーのお店のようにも感じられるクオリティの高い仕上がりへと変化していきます!

ちなみに大阪のスパイスカレーは多様なスパイスの使い方が特徴のようで、思っていた以上に本格スパイシーな風味に感じられますね!

そしてこの香辛料には…

  • 粗びきクミン
  • 粗びき黒こしょう
  • オニオン
  • 赤唐辛子
  • パセリ

が含まれているようです!

中でも、クミンやパセリの風味が特に雰囲気あるスパイスカレーの本格的な一杯にも感じられる香りを演出しているようで、カレーはスパイスが利いていて当然!と思っていましたが…全く異なると言っても良いくらいクオリティの高いスパイシーな香りが表現されています!

また、黒胡椒や赤唐辛子といった香辛料も豊富に使用されているようで、すっきりとしたカレーつゆには“くどさ”といった感じは無縁のようですね!これは最後までじっくりとスパイスを楽しむことができるのではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…あっ!これは美味い!!今回トリオで登場した3商品の中で個人的に一番好きかもしれません!

というのも…カツオとチキンのWだしが絶妙なバランスとなってカレーつゆに旨味として溶け込み、ただでさえスパイシーさに際だった味わいに別添された“クセになるあとがけ本格スパイス”を加えたことで、さらにスパイシーさが引き立ち、まさにスープの美味しさがスパイスカレー本格店のような味わいに感じさせる雰囲気ある仕上がりとなっています!

ここまでスパイスにこだわると味そのものも深みが出るんですね!口に入れた瞬間から感じる香辛料の風味は、まさに旨味そのものがお店の味のようにも感じられ、ついついスープが止まらなくなってしまいます。。

麺について

麺は、ご覧の通りしっかりとした食べ応えを感じさせる太めな“うどん”となっていて、ほどよい弾力もあり、若干調理時間を短めにすることによって噛み応えなんかも感じられる力強くもなめらかな食感が特徴的な“どん兵衛”らしい麺となっています!

そんな“うどん”には、今回スパイシーさに際立ったWだしが美味いカレーつゆがよく絡み、チキンやカツオの出汁・旨味が複雑に絡み合い、さらにスパイシーな風味と合わさったことで、繊細にも感じられる味わいが口に広がっていき、思っていたカレーうどんとはひと味違った雰囲気あるスパイスの利いた風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付肉そぼろが入っていて、肉そぼろらしくやや小ぶりではありますが…噛んでじっくり味わってみると、肉の旨味が滲み出る美味しい具材となっているため、こういった細かな具材からも今回のスープに良い味を後押ししているものと思われます!

また、こちらの味付卵は、スープが染みこんでいるのか?それともそもそも味付けがしっかりとされているのか?その両方かもしれませんが、非常にしっかりとした味付けに感じられ、ふっくらとした食感とともに、卵らしいマイルドさと、今回のカレーつゆが相性良くマッチしているようです!

スープについて

スープは、カツオとチキンのWだしが旨味となって溶け込み、“どん兵衛”らしい出汁の利かせた方はそのままに、チキンによってカレーテイストがうまく融合された深みのある味わいが表現されています!

そして、そもそもオニオンとトマトがベースとなっているため、甘みと酸味がカレーそのものの味を美味しく引き立て、さらに大阪の新たなトレンド“スパイスカレー”の特徴のひとつである“あとがけスパイス”をアレンジした“クセになるあとがけ本格スパイス”による香辛料によって、一際スパイシーな風味がカレーつゆを雰囲気ある本格的な味わいに感じさせます!この絶妙なバランスがまた非常に美味い!!

さらに、“カレーうどん”と聞くと、ややどろっとした仕上がりを想像させますが、今回の一杯はどちらかと言うとさらっとしたカレーつゆが特徴のようで、この辺りも後味すっきりとした飽きの来ない理由のひとつにも思えますね!とにかく本格スパイシーな風味がたまりません!!

今回の一杯は旨味・風味ともに非の打ち所がないとも言えるクオリティの高い仕上がりとなっていたため、別添されている“クセになるあとがけ本格スパイス”はぜひ全てかけてスパイシーな風味を楽しみましょう!

まとめ

今回「日清のどん兵衛 カツオとチキンのWだしスパイスカレーうどん」を食べてみて、“どん兵衛”らしい出汁がスパイシーなカレーつゆと相性良くマッチし、チキンが旨味を引き立てることで後味すっきりとしながらもコクのある納得の味わいに仕上がっていました!

このカツオとチキンのWスープというところがまた今回のスパイシーなカレーつゆに合うんですね!もちろん脂っこさもなく、カツオだしも強すぎることもないので、最後までスパイシーな味わいを楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!