どん兵衛

日清のどん兵衛 すき焼き 肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん!割り下の甘みを表現した一杯

日清のどん兵衛 すき焼き 肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん

日清のどん兵衛 すき焼き 肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん」を食べてみました。(2020年7月6日再発売・日清食品)

この商品は、「日本が誇る“和”の味わいで今こそ気分を盛り上げよう」ということで、まさに“和”を感じさせるフレーバー3種が同時発売された“日清 じゃぱん♥ぬーどるずトリオ”のひとつ、お馴染み“日清のどん兵衛”シリーズの“すき焼き”をテーマに甘めの割り下と肉汁の旨味をしっかりと利かせた味わい深い一杯が登場です!

それも…“すき焼き”ならではの甘みが特徴的な濃いめに仕上がった“すき焼き風つゆ”には、たっぷりと肉汁の旨味が溶け込み、それによってシリーズらしい厚みのある幅広なもっちりとした“うどん”と絶妙にマッチした一杯、“日清のどん兵衛 すき焼き 肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには日本文化ならではの風景や浮世絵風のイラストなどがあしらわれ、まさに今回のトリオシリーズにふさわしい“じゃぱん”を全面に押し出したデザインとなっていますね!
※また、“肉様のかやくは大豆を主原料にしています。”とのことで、牛肉ならではの味付けが施された具材が使用されているようです!

こちらにもそういった雰囲気ある“和”をイメージしたイラストがあしらわれ、敢えて“じゃぱん♥ぬーどるず”が平仮名で記載されている点なんかも今回のコンセプトにぴったりではないでしょうか?

一方こちらには、“すき焼き”の割り下を思わせる濃い目に仕上がった“すき焼き風つゆ”にもっちりとした“うどん”が染み込んでいる様子の仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…大豆ビーフ・ねぎ・人参が使用されているようです!

また、そもそもこの“日清 じゃぱん♥ぬーどるずトリオ”とは…2017年1月23日にも発売されており、当時は以下の3フレーバーが同時発売され、特に“カップヌードル 抹茶”はシリーズの変わり種として大変話題となったことを覚えています!

  • カップヌードル 抹茶 抹茶仕立てのシーフード味
  • どん兵衛 すき焼き 肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん
  • U.F.O. 梅こぶ茶 梅こぶ茶の旨み広がる塩焼そば

他にも特徴として…麺はシリーズらしい厚みもあり幅広でもっちりとした食感が印象的な“うどん”に仕上がり、日本文化ならではの“すき焼き”の割り下や肉汁をしっかりと利かせた甘みのある“すき焼き風つゆ”とともに滑らかな食感や味わい深い旨みをじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

肉汁の旨味がしっかりと利いてはいるものの…やはり“すき焼き”をモチーフにしたことによって割り下を思わせる非常に甘く濃い目な“つゆ”に仕上がり、もっちりとした食感の滑らかな“うどん”にもそういった“すき焼き風つゆ”が染み込んだことによって臨場感・クオリティの高い一杯となっていました!
これは特に、“すき焼き”のような甘めな“つゆ”が好みの方はもちろん、濃い目に仕上がった“すき焼き風つゆ”と弾力のあるもっちりとした“うどん”をじっくりと堪能した時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は“和”を感じさせる3商品“日清 じゃぱん♥ぬーどるずトリオ”のひとつ、“日清のどん兵衛”シリーズから登場した“すき焼き”をイメージさせる割り下や肉汁の旨味を詰め込んだ甘めな“つゆ”に仕上がった一杯、「日清のどん兵衛 すき焼き 肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清のどん兵衛 すき焼き 肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん

今回ご紹介するカップ麺は、日本文化らしい“和”をテーマに登場した“日清 じゃぱん♥ぬーどるずトリオ”3商品のひとつで、お馴染み“日清のどん兵衛”シリーズの新商品でもあり、“すき焼き”の味わいを彷彿とさせる甘みのある割り下に肉汁の旨味をしっかりと利かせた“つゆ”がシリーズらしいもっちりとした“うどん”に絡む“和”テイストな一杯、“日清のどん兵衛 すき焼き 肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん”となっています。

日清のどん兵衛 すき焼き 肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん パッケージ

そしてなんと言っても今回の一杯は“すき焼き”をイメージしているとのことで、こちらにも“肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん”と記載されているように、そもそも“すき焼き”とは濃い目の割り下などで各具材を煮込み、それを溶き卵でいただく日本ならではの食文化ですので、そういった肉汁の旨味を凝縮した濃い目・甘めな“すき焼き風つゆ”を最後まで楽しむにはちょっと…厳しいものがあるかもしれません。。

ちなみに今回は“日清 じゃぱん♥ぬーどるずトリオ”ということで、コクのある鶏白湯スープに日本文化ならではの“抹茶風味”が上品に香り立つ“カップヌードル 抹茶 抹茶仕立ての鶏白湯”や、梅の酸味と昆布の旨味を利かせた“梅こぶ茶”の味わいをイメージした塩焼そば“日清焼そばU.F.O.梅こぶ茶 梅こぶ茶の旨み広がる塩焼そば”も同時発売されています!

これは冒頭でもお伝えした通り、以前発売されていた3商品と比べて“カップヌードル”以外のテイスト・商品名は全く同じく、再度“カップヌードル 抹茶”だけが新たなフレーバーとしてリニューアル・再発売された形のようです!

また、“どん兵衛”の“すき焼き”をテーマとしたフレーバーと言えば…以前ご紹介した“どん兵衛 汁なし牛すき風うどん(2019年10月14日再発売)”が度々登場しており、こちらは汁なしで味わう甘く濃いめの仕上がりで、卵黄の追加が推奨されていたため、今回の一杯も溶き卵を別皿に用意し、まさに“すき焼き”を食べるかのようにつけダレとして味わってみても良いかもしれませんね!(後述しますが、それくらい濃いです。。)

それでは、今回の“日清のどん兵衛 すき焼き 肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん”がどれほど“すき焼き”をイメージさせる下割りのような甘めの“つゆ”に肉汁の旨味を凝縮させた仕上がりとなっているのか?大豆を主原料とする味付けが施された“大豆ビーフ”や“すき焼き”には欠かせない“ねぎ”など具材との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしいもっちりとした厚みのある幅広な“うどん”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り384kcal(めん・かやく327kcal / スープ57kcal)となっております。(塩分は5.8g)

カロリーは、肉汁の旨味をしっかりと利かせた割にかなり低めな数値のようですが、一方で塩分は平均的といったところ。(甘め・濃い目な“すき焼き風つゆ”ではありますが、そこまで高くはありません。)
ちなみに1食当たり98g、麺の量は66gとのこと。

ただ、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで57kcalと決して低すぎる数値というわけでもなさそうなので、肉汁の旨味を利かせた日本文化を象徴とする“すき焼き”ならではの甘く濃い目な仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

“つゆ”には、“しょうゆ”や糖類をはじめ…

  • 食塩
  • 植物油脂
  • 牛脂
  • ポークエキス
  • 野菜調味油
  • ビーフエキス
  • 香味油

といった、まさに“すき焼き”ならではの甘めな割り下をイメージさせる濃いめな“つゆ”に肉汁の旨味をしっかりと利かせたことによって深みのある味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902105263754
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、こんぶエキス、大豆食物繊維、糖類)、スープ(しょうゆ、糖類、発酵調味料、食塩、植物油脂、たん白加水分解物、牛脂、ポークエキス、野菜調味油、ビーフエキス、香味油)、かやく(大豆たん白加工品、にんじん、ねぎ)/加工でん粉、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸Ca、リン酸塩(Na)、香料、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・牛肉・大豆・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (98g) 当たり]
熱量384kcal
めん・かやく: 327kcal
スープ: 57kcal
たんぱく質6.3g
脂質16.4g
炭水化物52.7g
食塩相当量5.8g
めん・かやく: 1.5g
スープ: 4.3g
ビタミンB10.25mg
ビタミンB20.28mg
カルシウム157mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体つゆ、“かやく”といった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に液体つゆは量は多いものの…“すき焼き”の割り下らしく非常にさらっとした状態のようでしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、麺はご覧の通り厚みもあり幅広な“うどん”となっていて、湯戻りする以前からすでにもっちりとした弾力やつるっと滑らかな食感を思わせる仕様のようです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには…

  • 大豆ビーフ
  • ねぎ
  • 人参

が入っています。

この使用されている具材のボリューム辺りは若干物足りなさを感じさせるものの…“すき焼き”らしい各種具材が使用されているようですね!

そのため、今回は“すき焼き”の味わいをイメージした味わいということでしたので、お好みによっては甘く濃いめな“すき焼き風つゆ”にぴったりな具材を追加してみても良いかもしれません!

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:380ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの“うどん”や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に“うどん”には食感の滑らかなもっちりとした弾力が加わり、思っていた以上に食べ応えのある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“液体つゆ”を加えていきます!
すると…さらっとしてはいるものの、肉汁の旨味がしっかりと利いているせいか、やや“とろみ”のある濃厚な“つゆ”のようですね!これはかなり濃いめな味わいに期待できそうです!

そのため、すぐには容器底に沈むことなくスープ表面に留まり、この時点ですでに“すき焼き”を思わせる肉汁を利かせた甘めな風味がふんわりと漂ってきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして“つゆ”が全体に馴染むと…やはり“すき焼き”を思わせる非常に濃い目の仕上がりとなり、さらっとしているんですが、肉汁の旨味と思われる脂などが表面に浮かぶことで、甘く濃いめな味わいに仕上がっていることをイメージ付けます!

さらに、使用されている“大豆ビーフ”は、大豆を主原料とする具材の割にしっかりと味付けが施されたことによってより一層肉汁の旨味を際立たせているようにも感じられ、まさに“すき焼き”ならではの牛肉の旨味なんかも楽しめそうな甘く濃いめな“すき焼き風つゆ”が表現されているようですね!…これは別途溶き卵が必須かもしれません!

食べてみた感想

一口食べてみると…ちょっとリアルに再現し過ぎでは?というほど“すき焼き”ならではの甘い割り下の味わいが印象的で、そこにたっぷりと肉汁の旨味が利いたことによって決して脂っこくはないんですが、塩気の強いわけでもなく甘み・肉の旨味が強烈に主張していますね!

そのため、イメージとしてはまさに“すき焼き”の鍋からそのまま具材を含め“うどん”などを味わっているかのような感じですので、ちょっとこのままでは“つゆ”を美味しくいただくには濃すぎます。。

なので今回の一杯は、実際に“すき焼き”を食べるように溶き卵もぜひ用意するべきでしょう!“溶き卵推奨”などの文言がないため、ちょっと甘すぎて賛否分かれそうな仕上がりと言えるのではないでしょうか?

また、他社メーカーでも“すき焼き”をイメージさせるフレーバーは発売されており、そちらには溶き卵でいただくことがおすすめとされているため、“日清のどん兵衛”でも同じように味わってみるとこの甘味がまろやかに和らぎ、より一層“すき焼き”を食べているような感覚で楽しめるかと思われますのでおすすめです!

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしい厚みのある幅広な“うどん”となっていて、もっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備えた仕上がりとなっています!

そんな“うどん”には…“すき焼き”の味わいをイメージした甘めな割り下に肉汁をたっぷりと利かせた臨場感溢れる“すき焼き風つゆ”がよく絡み、一口ずつに肉の旨味や濃いめの味わいが口いっぱいに広がっていき、ほんのり香る牛肉ならではの風味が後味良く抜けていきます!ただし甘い!!下割りならではの甘みがちょっと“くどさ”を感じさせるかもしれませんね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“大豆ビーフ”が使用されていて、じっくりと味わってみると…大豆を主原料としているため、牛肉らしさはそこまでないものの、ほどよい味付けや肉質がしっかりと感じさせる噛みごたえのある仕上がりとなっていたため、食べはじめは“つゆ”の底に沈めておき、後ほど“うどん”と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらの人参は、細かくカットされたことによって素材本来の味わいが感じられないんですが…今回の全体的に濃いめなテイストに彩りの良さをアクセントにプラスしているように感じられます!

他にも“ねぎ”が使用されていましたが、かなり細かくカットされていたため、シャキシャキとした食感もなく、本格的な“すき焼き”の味わいを楽しむためにも斜め切りした長ねぎを別途追加すると割り下の甘みもうまく調和され、濃いめの“つゆ”とも相性良く楽しめるかもしれません!

“つゆ”について

“つゆ”は、先ほどもお伝えした通り日本文化のひとつ“すき焼き”をイメージさせる割り下らしい甘みのある醤油ベースの味わいに肉汁がたっぷりと加えられ、コク深く濃いめな仕上がりとなり、“すき焼き”ならでの味を非常にうまく表現しているんですが、どうしても濃さというか…甘みが気になってしまいますね。。

そのため、食感の良い“うどん”や各種具材を一緒に楽しんだ後に残った“すき焼き風つゆ”だけをじっくりと堪能しようという気にはちょっとなれないので、ここはやはり卵は必須とも言えるでしょう!

これは他社メーカーの方が発売が早かっただけに、同じような記載はしたくないのかもしれませんが、この甘く濃い“つゆ”にはマイルド感・まろやかさを加える卵が欲しくなると思われます!(別皿に用意して今回の“つゆ”もちょい足しし、“うどん”や具材を付けていただくとちょうど良いと思います!)

また、具材に使用された“大豆ビーフ”に施された味付けが徐々に滲み出していき、食べ進めていくに連れて肉の旨味が際立ち、まさに“すき焼き”をイメージした“つゆ”がどんどん濃くなっていきます!

そのため、今回の“ 肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん”はちょっと味が甘く濃い目に仕上がっているため、そういった味わいを調和させるためにも白飯ともちょうど合うかもしれませんね!様々なアレンジによって自分好みの“すき焼き”を楽しんでみると良いでしょう!

このように、今回の“日清のどん兵衛 すき焼き 肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん”は、日本の食文化を象徴する“すき焼き”の味わいをイメージさせる割り下の甘めな“つゆ”に肉汁の旨味をしっかりと利かせたことによって、もっちりとした食感の“うどん”とも相性良く馴染み、ちょっと濃すぎるほどの仕上がり具合ではありましたが…その分アレンジのし甲斐がある一杯でしたので、お好みによっては溶き卵を別途用意してみたり、一味などの辛みを加えてみても良いでしょう!

まとめ

今回「日清のどん兵衛 すき焼き 肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん」を食べてみて、改めて“じゃぱん♥ぬーどるずトリオ”のひとつとして登場した一杯は、“すき焼き”ならではの甘みや肉汁の旨味がたっぷりと醤油ベースの“つゆ”に溶け込み、非常にクオリティの高い仕上がりとなっていましたので、濃い…甘すぎる…といった声が聞こえてきそうですが、別途溶き卵を用意して実際に“すき焼き”を食べるようにしていただくと全体的なバランスがうまく調和されるかと思われます!

そうすることで、甘く濃いめな“すき焼き風つゆ”にまろやかさが加わり、より一層満足度の高い“すき焼き”を食べているかのような味わいが楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!