カップ麺

「富士そば」カップ麺 “名代富士そば紅生姜天そば” 実店舗の味わいを忠実に再現した人気の一杯

名代 富士そば紅生姜天そば

名代(なだい)富士そば紅生姜天そば」を食べてみました。(2019年11月18日発売・ヤマダイ)

この商品は、“ニュータッチ”の“ご当店”シリーズの新商品ということで、“富士そば”でお馴染み“名代(なだい)富士そば”の人気メニュー「紅生姜天そば」の味わいをカップ麺に再現したもので、鰹出汁や昆布の旨味を利かせた染み渡る“つゆ”に大きな“紅生姜かき揚げ天ぷら”が添えられたインパクトある一杯が登場です!

それも…本醸造濃口醤油ベースでキレの良い口当たりには、鰹出汁を丁寧・上品に表現した深みのある濃厚な味わいを表現し、別添された“紅生姜かき揚げ天ぷら”から滲み出るほどよい油分や紅生姜らしいすっきりとした旨味によって臨場感溢れる美味しさに仕上がった一杯、“名代富士そば紅生姜天そば”となっております。(税抜き240円)

ご覧の通り、パッケージには白を基調に力強い文字で“名代 富士そば”と記載されていて、今回の特徴である“紅生姜天”が強調された商品名なんかも記載され、“名代 富士そば”自体、創業から50年を超える歴史ある人気蕎麦チェーン店であり、24時間営業(一部店舗の除く)ということもあって馴染み深い方も多いのではないでしょうか?

名代 富士そば紅生姜天そば パッケージ

一方こちらには、紅生姜によって赤みを帯びたかなり大きな“紅生姜かき揚げ天ぷら”が添えられた出汁の旨味と紅生姜のアクセントが絶妙にマッチした一杯が“名代 富士そば”のロゴが刻印された器に盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…紅生姜かき揚げ天ぷら・輪切ねぎ・わかめが使用されているようです!

“紅生姜入りかき揚げ”とはまた珍しいですね!これはちょうど良いアクセントにもなり、食べ進めて行くに連れて体もポカポカと温まる味わいを想像させます!

他にも特徴として…麺にはしっかりと挽きたての“そば粉”が練り込まれたすすり心地の良いノンフライ仕様の風味豊かな蕎麦が採用されていて、それによって鰹出汁の旨味を凝縮した染み渡る味わいと、“紅生姜かき揚げ天ぷら”から滲み出る紅生姜ならではのアクセントが絶妙にマッチし、最後まで飽きの来ない“紅生姜天そば”の味わいが楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

濃い目の醤油味が印象的なキレの良い口当たりには、昆布の旨味によって引き立てられた深みのある鰹節の出汁が染み渡る味わいに仕上がり、そこに“紅生姜入りかき揚げ”から少しずつ“かき揚げ”ならではのちょうど良い油分や滲み出す紅生姜ならではのキリッとした味わい、そしてアクセントに使用された唐辛子によってメリハリ付いたクセになる一杯となっていました!
これは特に、出汁の利いた濃いめの“蕎麦つゆ”に紅生姜のアクセントを利かせた風味豊かな“名代 富士そば”の人気メニューを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は東京を中心に国内外など幅広く店舗展開を行う蕎麦の人気チェーン店“名代富士そば”の人気メニューのひとつ“紅生姜天そば”の味わいをカップ麺に再現した鰹出汁が利いた染み渡る一杯、「名代富士そば紅生姜天そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

名代富士そば紅生姜天そば

今回ご紹介するカップ麺は、創業1966年の歴史ある人気蕎麦屋“名代富士そば”の“紅生姜天そば”の味わいを忠実に再現したもので、鰹出汁を丁寧に利かせたことで鰹特有の苦味や“えぐみ”などが一切ない濃いめの“蕎麦つゆ”に仕上がり、そこに厚みのあるかなりの大きさの“紅生姜かき揚げ天ぷら”を添えた実店舗さながらの一杯、“名代富士そば紅生姜天そば”となっています。

ちなみに“名代 富士そば(なだい ふじそば)”とは、運営するダイタングループの創業者でもある“丹 道夫(たん みちお)”氏によって1966年に創業、東京の“渋谷店”からはじまり、これまで首都圏の駅前や繁華街を中心に国内100店舗を超える店舗展開を行い、海外にも出店している人気の蕎麦チェーン店です!(走り出しは“立ち食い蕎麦”のようでしたが、現在では改装されているとのこと。)
※創業当時の店名は“そば清”、1972年に現在の“名代 富士そば”に変更。(そのタイミングで営業時間も24時間営業へ変更。)

ご覧の通りフタの裏面には、“名代 富士そば”について簡単な説明文が記載されていて、こちらによると…国内には133店舗、さらに2013年からは海外にもこれまで17店出店し(※2019年11月1日現在)、各店が独自の店作りや店舗限定メニューなどを提供しているとのことで、老若男女問わず幅広く客足の絶えない人気店のようですね!

北海道には店舗がありませんが…関東や首都圏の方にとっては非常に馴染み深い蕎麦屋ではないでしょうか?
※今回の“紅生姜天そば”は一部店舗によっては取り扱っていないとのこと。

また、“名代富士そば”では創業者の“丹 道夫”氏自身が作詞した曲(作詞家名“丹 まさと”)など、演歌が店内に流れる蕎麦屋としても有名で、ゆっくりとくつろげる雰囲気作りに重みを置いているところが50年以上も長く愛され続ける秘訣なのかもしれません!

このように“名代 富士そば”の“紅生姜天そば”は、鰹節と風味豊かな宗田鰹節の濃厚な旨味を合わせ、さらに“紅生姜かき揚げ天ぷら”だけでなくアクセントに唐辛子を加え、ピリっとした辛味が味に締まりを加えた飽きの来ない染み渡る店の味を忠実に再現しているということで、その仕上がりには期待できそうですね!

それでは、今回の“名代富士そば紅生姜天そば”がどれほど鰹節の旨味を利かせた仕上がりとなっているのか?濃口醤油を使用したことによるチャープな飲み口、さらにインパクトのある“紅生姜入りかき揚げ”と“蕎麦つゆ”との兼ね合いはもちろん、なんと言っても“そば粉”を練り込んだ風味豊かな蕎麦との相性・バランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り446kcalとなっております。塩分は7.9g(めん・かやく2.8kcal / スープ5.1kcal)

カロリーは、魚介系の出汁を利かせた蕎麦の割にインパクトある“紅生姜入りかき揚げ”が使用されているからでしょうか?思っていたよりも高めな数値のようで、一方で塩分の方はかなり高い数値となっています!そのため、“塩分が気になる方へ!”といった注意書きなんかも記載されていますね!

ちなみに1食当たり132g、麺の量は60gとのこと。
そしてこの商品にはカロリーの内訳は記載されていませんが、上記のように“紅生姜入りかき揚げ”がかなりサイズの大きな仕様となっていることから、恐らく“めん・かやく”に占める数値が高めな一杯であることが予想されます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“しょうゆ”や鰹エキスをはじめ…

  • 鰹節エキス
  • 昆布エキス
  • 宗田鰹節粉末
  • オニオンエキス
  • 香辛料

といった、“和風つゆ”のイメージにぴったりな鰹出汁を丁寧に利かせた染み渡るような味わいを昆布さらに引き立て、そこに“紅生姜入りかき揚げ”による紅生姜や唐辛子のアクセントが心地良いメリハリを表現した深みのある味わいと想像させる材料が並びます。

また、麺の項目にはしっかりと“そば粉”といった材料が確認できることから、蕎麦ならではの風味豊かな香りなんかも出汁の利いた“つゆ”に絶妙にマッチした仕上がりを思わせます!

JANコード4903088014425
原材料名

めん(小麦粉、そば粉、植物性たん白、食塩、大豆食物繊維)、スープ(しょうゆ、糖類、食塩、鰹エキス、鰹節エキス、たん白加水分解物、昆布エキス、宗田鰹節粉末、オニオンエキス、酵母エキス、香辛料)、かやく(紅生姜かき揚げ天ぷら、ねぎ、わかめ)/調味料(アミノ酸等)、酒精、紅麹色素、クチナシ色素、膨脹剤、カラメル色素、酸味料、増粘剤(キサンタン)、アカダイコン色素、酸化防止剤(ビタミンE)、(一部に小麦・そば・えび・大豆を含む)

栄養成分表示 [1食 (132g) 当たり]
熱量446kcal
たん白質12.8g
脂質14.5g
炭水化物66.0g
食塩相当量7.9g(めん・かやく2.8g/スープ5.1g)

引用元:名代富士そば紅生姜天そば|ヤマダイ公式通販サイト

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかき揚げ天ぷら、液体スープ、かやくといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料など3パックとなっていて、液体スープはけっこう量が多いことからも、今回使用されている“紅生姜入りかき揚げ”がどれほどの大きさなのかがわかりますね!しかも厚みもけっこうあり、見るからにインパクトのあるカップ麺とは思えないほどの仕様となっているようです!

また、液体スープもさらっとした状態ではありましたが、やや量が多めということもあり、スープを冷まさないためにも調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

さらに、麺はご覧の通り中太辺りでしょうか?しっかりと“そば粉”が練り込まれていることが確認できる“そば殻”なんかも含まれた濃い目の蕎麦となっていて、ノンフライ仕様ならではの強いコシとすすり心地の良さに期待したいところ!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

こちらのかやくには、

  • ねぎ
  • わかめ

が入っています。

鰹出汁を利かせた“蕎麦つゆ”を昆布の旨味が引き立て、さらに具材からも“わかめ”ならではの磯の風味が臨場感溢れる一杯を表現しているようにも感じられますね!

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:430ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの麺にほどよい弾力とコシが加わり、“わかめ”から香るほんのりとした磯の風味が鰹出汁の旨味を引き立てる温かい“蕎麦つゆ”ならではの出汁の利いた染み渡る一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを注いでいきます!
すると…割とさらっとしたスープではありますが、濃口醤油を使用しているとのことで、キレの良い濃い目の口当たりを想像させる濃厚感があり、一気に鰹出汁ならではの食欲そそる風味が昆布の旨味とともにバランス良く広がっていきます!

そして、さらっとしたスープではありましたが、量も多く、重みがあるせいか…すぐに容器底へと沈んでいき、風味だけが香り高く感じられ、まだ味の濃さは伺い知ることができない状態となっています!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして出汁の利いた“つゆ”が全体に馴染み、最後に“紅生姜入りかき揚げ”を添えて完成となります!!ご覧の通り、サイズ感もさることながら紅生姜らしい赤みを帯びたかき揚げがまたかなりのインパクトありますね!

これは良い味が滲み出すこと間違いないでしょう!

紅生姜ならではのキリッとしたアクセントはもちろん、サクサクとした食感にも期待でき、何よりスープが染み込んでいくことによって“かき揚げ”ならではのちょうど良い油分や旨味が少しずつスープに滲み出し、食べ進めていくに連れて変化する味わいもまた気になるところではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…鰹と宗田鰹の出汁をバランス良く合わせた“蕎麦つゆ”には、濃口醤油ならではのキレの良い口当たりが印象的で、そのすぐ後からはじんわりと染み渡る出汁の旨味が昆布によって引き立った深みのある味わいが伝わり、蕎麦や“紅生姜入りかき揚げ”による紅生姜などが入り交じった風味豊かな香りが心地良く感じられます!

そして、出汁の旨味をしっかりと利かせた一杯ではありますが、鰹出汁の旨味だけが突出しているわけではなく、濃口醤油と絶妙にマッチしたことによって上品にも感じられる厚みのある旨味に仕上がり、物足りなさはどこにもなく、濃い目の味・出汁はもちろん、なんと言ってもこの“紅生姜入りかき揚げ”の食感や旨味が加わったことによってガツンと楽しめるインパクトある“蕎麦”に感じられるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通りすすり心地の良い蕎麦ならではのしっかりとしたコシや歯切れの良さがノンフライ仕様によって表現され、この“そば粉”を練り込んだことによって出汁の利いた濃いめの“蕎麦つゆ”との相性も抜群です!

そんな蕎麦には…苦味のない鰹出汁を丁寧に利かせた旨味が昆布によって引き立てられた“つゆ”がよく絡み、一口ずつに鰹出汁や昆布の旨味、さらに具材に使用された“紅生姜入りかき揚げ”から滲み出る旨味や生姜ならではのキリッとしたアクセントが利いた味わいが口いっぱいに広がっていき、鰹出汁はもちろん、紅生姜のすっきりとした風味が後味良く抜けていきます!

ただ、今回の調理時間はノンフライ麺ということもあって5分とされているんですが、若干柔らか過ぎる食感が気になったので、この辺りはお好みによって調整してみても良いかもしれませんね!

トッピングについて

トッピングにはまず、なんと言ってもこちらのインパクト抜群な“紅生姜入りかき揚げ”が入っていて、じっくりと味わってみると…はじめはサクサクとした心地良い食感、そしてかき揚げならではの油分とともに紅生姜のキリッとした辛みといったアクセントが感じられます!

続いて、しっかりと出汁の利いた“つゆ”に沈めることによって、かき揚げからも良い旨味が滲み出し、少しずつ紅生姜のアクセントが際立って感じられる味わいに変化していく楽しみもまたこの“紅生姜天そば”の醍醐味とも言えるでしょう!

ご覧の通り、しっかりと“つゆ”を染みこませた“紅生姜入りかき揚げ”もまたひと味違った美味しさが楽しめ、じっくりと味わってみると…じゅわっと旨味が滲み出てくる美味しい具材となっています!

この辺りは、食べ進めていくと同時にかき揚げならではのサクサク感が失われますが、その代わりにほどよい油分や紅生姜のアクセントが加わり、上記のように出汁の利いた“つゆ”をしっかりと染み込ませた楽しみ方もありますので、お好みによっては別皿を用意して都度“つゆ”に浸してサクサク感とともに味わうのも良いでしょう!

さらに、こちらの“昆布”は、思っていたよりも湯戻ししたことによって量も多く、しっかりと鰹出汁の旨味を引き立てる相性の良い具材となっていて、ほどよい磯の風味がまた染み渡る味わいを際立たせているようにも感じられますね!

そして、これら具材を風味の良い蕎麦と一緒に絡めて食べてみると…蕎麦ならではの香りに加え、鰹出汁を引き立てる昆布の良い旨味、そして“紅生姜入りかき揚げ”による紅生姜のアクセントが加わり、旨味溢れる味わいをじっくりと楽しむことができ、満足度も増していきます!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り濃口醤油ならではのキレとコク深い口当たりとなり、そのすぐ後からはじんわりと染み渡る鰹出汁を丁寧に抽出した旨味が昆布によってさらに引き立てられた厚みのある美味しさが表現されています!

そのため、蕎麦らしいさらっとした仕上がりではありますが、“紅生姜入りかき揚げ”から滲み出るほどよい油分や生姜の辛みが唐辛子とともにピリッとしたアクセントとなり、メリハリ利いた美味しさによって最後まで飽きることなくワンランク上の味わいがじっくりと楽しめるかと思われます!

また、食べ進めて行くに連れて“紅生姜入りかき揚げ”から滲み出る油分によってコク深い味わいへと変化していき、食べはじめには感じられなかった鰹出汁をさらに美味しく際立たせる油分がスープ表面に確認できます!

これまで様々なカップ麺に使用されている“かき揚げ”を見て来ましたが…その中でも今回の一杯はトップクラスのサイズとも言えるため、紅生姜との相性も含めかなり満足度も高いのではないでしょうか?

このように、今回の“名代富士そば紅生姜天そば”は、鰹節の出汁と宗田鰹節によるコクを本醸造濃口醤油とバランス良く合わせ、濃厚でありながらも品のある旨味を表現し、具材に使用された“紅生姜入りかき揚げ”から滲み出たほどよい油分や紅生姜の辛みが味を引き締め、メリハリ付いた深みのある旨味が思う存分に楽しめる仕上がりとなっていたため、お好みによっては唐辛子をもう少し追加してみても良いかもしれません!

まとめ

今回「名代富士そば紅生姜天そば」を食べてみて、鰹出汁の旨味を濃いめの“つゆ”に丁寧に利かせ、じんわりと染みる旨味と紅生姜や唐辛子によるキリッとした味の締まりは最後まで決して飽きることのない後味すっきりとした味わいに仕上がり、すすり心地の良い風味豊かな蕎麦と絶妙にマッチした一杯となっていました!

そしてなんと言ってもこの“紅生姜天そば”に使用されている大きな“紅生姜入りかき揚げ”がインパクトあり、実店舗の再現性は定かではありませんが…これによって心地良い食感や旨味、そしてアクセントまで表現したことで、蕎麦としてはかなり存在感のある一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!