カップ麺

サッポロ一番 ギロチン監修 激辛焼そば!“辛いもんや ギロチン”による刺激的なカップ麺

サッポロ一番 ギロチン監修 激辛焼そば

サッポロ一番 ギロチン監修 激辛焼そば」を食べてみました。(2019年4月15日発売・サンヨー食品)

この商品は、大阪市の激辛専門店「辛いもんや ギロチン」とのタイアップ商品ということで、激辛の殿堂とも呼ばれる超激辛店監修によるカップ麺が登場です!

それも…オイスターソース・魚介をベースにポークを利かせ、食欲そそるガーリックを合わせた醤油味のソースに仕上げ、そこに粉砕唐辛子と輪切り唐辛子による強い辛さが加わった後引く刺激がたまらない一杯“サッポロ一番 ギロチン監修 激辛焼そば”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通り、パッケージには粉々しいほどに使用された唐辛子がたっぷりと麺に絡む仕上がりイメージなんかも確認できるように、今回の一杯にはなんと…具材は輪切り唐辛子のみといった潔さ!!

それくらい辛さに際立った一杯ではあるんですが、ベースとなるソースにはしっかりと魚介の旨味なんかも含まれているため、まさに美味くて辛いクセになる刺激的な一杯と言えます!

ちなみにこの“辛いもんや ギロチン”とは…個人的にもテレビで拝見したことのある激辛好き御用達・激辛の聖地とも称される激辛専門店で、辛くないメニューも提供されてはいるものの…なんと言っても名物・有名なメニューと言えば“ギロチン炒飯”ではないでしょうか?

こちら、調理する際に店員さんが防塵マスク・ゴーグルを着用する姿はもはや危険とも言うべく強い辛さが味わえるとのことで、そんな激辛専門店監修によって今回の“ギロチン監修 激辛焼そば”には、ご覧の通り「へたれ・並・強・鬼・呪・ゴッド」の辛さのうち“鬼”といったレベルに仕上がっているようですね!!これは激辛好き必食でしょう!
※公式サイトによると“鬼”には激辛唐辛子が25本使用されているとのこと。

他にも特徴として…激辛唐辛子がたっぷりと使用されたことで、イメージ通りの強い辛さが表現されてはいるものの、ベースとなるソースには食欲そそるガーリックペーストをはじめ、貝エキスや魚醤といった魚介の旨味が後引く美味しさを表現し、単純に辛いだけではない旨味・辛みが十二分に楽しめる仕上がりとなっているようです!

実際に食べてみて…

想像以上に旨味の詰まったソースには魚介の旨味がポークによって香り良く引き立ち、さらにたっぷりと使用された粗く粉砕された激辛唐辛子が強烈な辛みを加え、胃に染みるほどの強い刺激的な味わいが楽しめるといった…激辛好きにはたまらない心地良い仕上がりとなっていました!
これは特に、“辛いもんや ギロチン”ファンはもちろん、痛みを伴う激辛なテイストを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの強烈な辛さが表現された“ギロチン”監修の刺激的な一杯「サッポロ一番 ギロチン監修 激辛焼そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

サッポロ一番 ギロチン監修 激辛焼そば

今回ご紹介するカップ麺は、大阪の激辛専門店“辛いもんや ギロチン”監修による激辛な味わいがカップ焼そばとして表現された一杯で、ポークや魚介を利かせた醤油ベースのすっきりとしたソースに、たっぷりと使用された激辛唐辛子による痛辛い刺激がたまらない…“サッポロ一番 ギロチン監修 激辛焼そば”となっています。

ちなみに、“辛いもんや ギロチン”実店舗で用意されている“ギロチン炒飯(ゴッド)”にはなんと…唐辛子プリッキーヌ100本、ジョロキアの粉末がたっぷりと使用されているとのことで辛さ最強との呼び声も高く、今回の商品にも想像以上の辛さが表現されていることを思わせますね!

ご覧の通り、パッケージには“辛味成分が強いので、小さなお子様や辛味の苦手な方の喫食には十分ご注意ください”といった激辛カップ麺にはお馴染みの注意書きなんかもしっかりと確認できます!

また、店舗名の通り背景にはキラリと光るギロチンを思わせるイメージがあしらわれていますね!!粗い粉砕唐辛子が飛び散るイメージなんかも激辛唐辛子が豊富に使用されていることを思わせます!

そんな“辛いもんや ギロチン”の強い辛さがカップ麺に再現されたとあって、“激辛焼そば”の頂点とも言える“ペヤング 激辛やきそばEND”との比較なんかも気になるところではないでしょうか?

それでは、今回の“サッポロ一番 ギロチン監修 激辛焼そば”がどれほどの強い辛さが表現されているのか?辛いだけでなく旨味もしっかりと楽しめるのかどうか?などなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り584kcalとなっております。(塩分は4.6g)

カロリーはカップ焼そばということもあってやや高めな数値のようですが、塩分の方はやや低めにも感じられる数値のようですね!
ちなみに1食当たり130g、麺の量は100gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、香辛料(ガーリックペースト、唐辛子、陳皮、こしょう)をはじめ…

  • 豚脂
  • 植物油脂
  • 貝エキス
  • チキンエキス
  • ポークエキス
  • 野菜エキス
  • 魚醤(魚介類)
  • 椎茸エキス

といった、醤油べースのソースにはポークや魚介をはじめ実に様々な旨味・材料が使用され、強烈な辛さが表現された一杯ではありますが、しっかりと旨味も楽しめるクセになる味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード 4901734037101
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩)、ソース(糖類、香辛料(ガーリックペースト、唐辛子、陳皮、こしょう)、豚脂、植物油脂、貝エキス、食塩、しょうゆ、チキンエキス、ポークエキス、野菜エキス、魚醤(魚介類)、酵母エキス、椎茸エキス)、かやく(唐辛子)/調味料(アミノ酸等)、酒精、炭酸カルシウム、かんすい、カラメル色素、香料、クチナシ色素、酸味料、香辛料抽出物、増粘剤(キサンタン)、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・魚醤(魚介類)を含む)

栄養成分表示 [1食 (130g) 当たり]
熱量 584kcal
たんぱく質 14.2g
脂質 25.2g
炭水化物 75.1g
食塩相当量 4.6g
ビタミンB1 0.33mg
ビタミンB2 0.59mg
カルシウム 227mg

引用元:サッポロ一番 ギロチン監修 激辛焼そば | サンヨー食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“あとのせかやく”、液体ソース、特製スパイスといった3つの調味料などが入っています。

そして、麺はご覧の通り“ちぢれ”を付けた中太仕様のしっかりとした食べ応えなんかもありそうな麺が採用されているようです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

ご覧の通り、今回の一杯には具材が輪切り唐辛子のみとなっているため、この時点では麺のみとなっていて、先ほどよりも一回り太く仕上がり、しっかりとした弾力・コシが楽しめそうな食べ応えなんかも期待できる一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの液体ソースを注いでいきます!
ちなみにこの液体ソースは若干“とろみ”が付いてはいるものの、ポークやチキンといった動物系の旨味と思われる脂なんかも含まれているようでしたので、調理時にはフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

すると…醤油ベースのソースなんですが、魚介の旨味が非常によく利いているようで、食欲そそる良い香りが一気に漂ってきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り液体ソースもやや多めとなっているため、具材もないこともあって、すんなりと中太麺にも馴染んでいきます!湯気でモクモク。。

ちなみに、この時点で味わってみると…こちらのソースには辛さはほぼないと言ってもいいほど魚介の旨味が利いた後味すっきりとした醤油ベースのソースといった仕上がりで、かなり美味しいです!!

そして、ここに先ほどの“あとのせかやく”を加えていきます!
ちなみにこちらには、輪切り唐辛子の他に粉砕唐辛子がたっぷりと使用されているようで、“あとのせかやく”と記載されてはいましたが…こちらを見てわかるように辛さだけがただただ追加されていきます!!

そして、唐辛子の量もけっこう多いですね!これは期待できそうです!

さらに、先ほどの特製スパイスも加えていきます!
すると…こちらにもたっぷりと激辛唐辛子が使用されていますね!!

ちなみに先ほどの粉砕唐辛子と比べてみると…やや粒子の細かい唐辛子のようで、この二段階仕様の激辛唐辛子によって強烈な辛さが表現されているわけですね!

また、先ほどもお伝えした通りベースとなるソースには魚介の旨味がしっかりと利いていたため、強烈過ぎる辛さはちょっと…という方は、この“あとのせかやく”と“特製スパイス”を味わいながら調整してみても良いかもしれません!

…というか、使用されている具材は輪切り唐辛子のみといったシンプルに辛さを楽しむ一杯は潔くて良いですね!

ソースがそもそも美味しく仕上がり、別添された激辛唐辛子で辛さを調整することもできるので、強烈な辛さが表現された“辛いもんや ギロチン”監修にもかかわらず幅広い層の方にとってのちょうど良い辛さで楽しむことができるのではないでしょうか?

そして、この時点での風味からは、まだ先ほどの魚介の旨味を利かせた醤油ベースの味わいを思わせる仕上がりとなっていて、この唐辛子を全て使用した辛さに関しては伺い知ることはできないようです。。

また、いただく際はご覧のようにしっかりと激辛唐辛子を麺に馴染ませていくわけですが…たっぷりと使用されているせいか…所々ダマになるほど!これは激辛好きにはたまりませんね。。

食べてみた感想

そして一口食べてみると…おっ!強烈な辛さですね!辛いを通り超して痛いと思わせる刺激的な辛さに仕上がっています!!カプサイシン過剰摂取とも言えるほど存分に激辛唐辛子を味わえます!

とは言え、ソースに表現されている味わいが魚介などを利かせたことでしっかりと美味しく仕上がっているため、ほどよく調和されているようにも感じられますね!辛いは辛いんですが、強烈に美味いと思わせる仕上がりはなかなか絶妙なバランスと言えるのではないでしょうか?

また、気になる辛さの強さに関しては…“END”と同等レベルかと思われます!
ただ、上記のように旨味がしっかりと感じられるため、食べられないほどの辛さというわけではありません!激辛好きにとっても満足できる辛さではありますが、まだ辛くても良いような気もします!

麺について

麺は、ご覧の通り中太仕様のほどよい弾力と強いコシが印象的な油揚げ麺となっていて、食欲そそるガーリックや魚介などの旨味がしっかりと利いたソースが隅々にまでコーティングされ、粗く粉砕された唐辛子がびっしりと絡みます!

そして、一口ずつに痛みを伴うほどの強い辛みが口当たりに感じられ、後引く辛さとともにポークや魚介などの旨味をじっくりと楽しむことができます!

トッピングについて

トッピングには、先ほどもお伝えした通り“輪切り唐辛子”のみとなっていて、今回の激辛なテイストをしっかりと後押しするかのような辛さ引き立つ具材のようです!

そして、今回の一杯には魚介やポーク、さらにガーリックなどの旨味がしっかりと利き、さらに何と言っても激辛唐辛子による強い辛さが楽しめるということもあって、具材が一切使用されていなくとも全く物足りなさといった感じはありません!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通りポークや魚介、さらにガーリックなどの旨味がしっかりと利いたことで、後味すっきりとした醤油ベースの濃いめのソースに仕上がり、この強い辛さとのバランスがまた非常に良いですね!

そして、今回の強い辛さは、別添された“あとのせかやく”と“特製スパイス”によるものですので、この辺りに関しては徐々に辛さを足してお好みのバランスで楽しんでみても良いかもしれません!

また、辛さについても…想像している唐辛子の辛さよりもさらに突き抜けた強い辛さが表現されていて、ハバネロやジョロキアといった刺激的かつ痛みを感じる辛みは途中から胃に染みるほど…!

しかし、この辛さはクセになりますね。。
食べ終わる頃には汗が噴き出し、しばらく止まりません。。

このように、今回の“辛いもんや ギロチン”監修による一杯は、非常に辛みの強い痛みを伴うほどの刺激的な味わいに仕上がり、ベースとなるソースもしっかりと旨味を利かせた満足度の高い一杯となっていたため、お好みで辛さを調整してみてご自身なりの“激辛焼そば”を楽しんでみると良いでしょう!

まとめ

今回「サッポロ一番 ギロチン監修 激辛焼そば」を食べてみて、醤油ベースの後味すっきりとしたソースには、チキンやポークが魚介の旨味を風味良く引き立て、それによって単純に辛いだけではない強烈な辛みとの絶妙なバランスによって辛み・旨味を兼ね備えた激辛好きにも満足度の高い一杯が表現されていました!

また、個人的にはソースそのものにも強い辛さを加えていればもっと良かったような気もしますが…強烈な辛さだけでなくしっかりと旨味が利いた仕上がりは、かなり人気・話題となる一杯ではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です