カップ麺

「銀座カリー」カップ麺!金鶏印の“銀座カリー 中辛” をヌードル専用に仕上げたスパイシーな一杯

銀座カリー風味ヌードル 中辛

銀座カリー風味ヌードル 中辛」を食べてみました。(2021年3月22日発売・サンヨー食品)

この商品は、明治の金鶏印(KINKEI BRAND)“銀座カリー 中辛”の味わいをヌードル専用にカップ麺としてアレンジ・再現したもので、ビーフの旨味をベースにオニオンの甘味やトマトの酸味を利かせ、カレーテイストには欠かせない各種スパイスの風味をバランス良く合わせたことでコク深く風味豊かなカレースープが楽しめる中辛仕様のスパイシーな一杯が登場です!

それも…金鶏印の“銀座カリー 中辛”の“特製二段仕込みブイヨン”によるまろやかなコクと玉ねぎの甘味をブレンドしたスパイス感のある芳醇なカレールゥの美味しさをカップ麺にヌードル専用に再現したという拘りのカレースープには、臭みのないビーフの旨味が丁寧に溶け込み、相性抜群なオニオンやトマトをバランス良く合わせ、数種類ものスパイスをバランス良く利かせたヌードルタイプの一杯、“銀座カリー風味ヌードル 中辛”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通りパッケージはお馴染み金鶏印の“銀座カリー”のパッケージがそのまま踏襲されており、どこか懐かしさを感じさせるレトロ感のあるデザインにあしらわれており、今回は様々な種類のテイストが発売されている中、“銀座カリー 中辛”の味わいを再現しているということで幅広い層に好まれる一杯に期待したいところ!(“今限定!”と記載されているため、恐らく数量限定のフレーバーかと思われます。)

銀座カリー風味ヌードル 中辛 パッケージ

また、こちら容器側面には…“本製品は(株)明治の金鶏印「銀座カリー 中辛」の味わいをイメージしたカップ麺です。「銀座カリー 中辛」は使用していません。”と記載されているように、実際に商品そのものを使用したわけではなく、あくまで“銀座カリー 中辛”の味わいをサンヨー食品がヌードル専用としてカップ麺に再現しているとのこと!当然と言えば当然ですが、カップ麺とレトルト商品を食べ比べてみても面白いかもしれませんね!

一方こちら容器側面には今回の特徴などが記載されており、これによると…“今限定「銀座カリー風味ヌードル 中辛」は、(株)明治の金鶏印「銀座カリー 中辛」の味わいをヌードル専用に仕上げました。深き旨みとビーフの香り立ちがおいしさの秘訣です。”とのことで、コク深いビーフの旨味・風味に拘った美味しさが凝縮されているようです!

他にも“銀座カリー 中辛”の味わいをヌードル専用に再現したというビーフの風味豊かな仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…鶏・豚味付肉そぼろ、フライドオニオンが使用されているようです!このようにシンプルながらもビーフの旨味に拘った香り高い風味が印象的な一杯に仕上がっているとのことで割とサラッとした感じにも見えます!

他にも特徴として…麺はヌードル専用というだけあって中太・油揚げ麺による香ばしい風味が印象的な仕様で表面には張りがあり、歯切れの良いコシを併せ持ったつるっと滑らかな食感に仕上がり、金鶏印の“銀座カリー 中辛”の味わいをヌードル専用に仕上げたというビーフの旨味・風味が味の決め手だというスパイス感のある芳醇な香りを利かせた味わい深いスープが最後まで飽きることなくじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ビーフの旨味・風味が味の決め手という割に、そこまで何かに突出した仕上がりというわけではなく、中辛ということもあって幅広い層に好まれそうなカレースープと相性抜群なオニオンやトマトの旨味・酸味をバランス良く利かせ、なんと言っても風味豊かなスパイス感のあるテイストが印象的で、想像以上にサラッとしたスープが食感滑らかな中太麺に絡む安定感のある旨味と香り高い一杯となっていました!
これは特に、金鶏印の“銀座カリー 中辛”が好みの方はもちろん、ビーフの旨味をベースにオニオンやトマトといったベーシックなカレースープにスパイシーな香りを加えた深みのある味わいをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は金鶏印の“銀座カリー 中辛”の味わいをヌードル専用に仕上げたコク深いビーフの旨味・風味が味の決め手となる後味すっきりとしたスパイシーな一杯、「銀座カリー風味ヌードル 中辛」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

銀座カリー風味ヌードル 中辛

今回ご紹介するカップ麺は、金鶏印の“銀座カリー 中辛”の味わいをヌードル専用に仕上げ、ビーフの旨味をベースにオニオンの甘味やトマトの酸味を加え、さらにカレースープには欠かせない数種類ものスパイスを利かせたことで、臭みのないビーフの旨味・風味が味の決め手となった味わい深い“今限定”で楽しめる一杯、“銀座カリー風味ヌードル 中辛”となっています。

ご覧の通りフタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…こちらには“銀座”といったレトロ感のある文字がびっしりと敷き詰められ、サンヨー食品と銀座カリーのコラボ商品であることをイメージ付ける両者のロゴがシンプルに掲載されています!

また、今回はカレーテイストのカップ麺ということもあって“カップの底までよく混ぜてお召し上がりください。”と記載されているように、恐らく粉末スープがたっぷりと容器底に溜まっているものと思われるため、今回の“銀座カリー 中辛”の味わいをしっかりと楽しむためにもよーく容器底から混ぜていきましょう!

ちなみにこの金鶏印の“銀座カリー”とは、昭和5年に発売された“キンケイ・ギンザカレー”の復刻版とのことで、昔ながらの味わいがレトルト仕様で楽しめるとあってパッケージなどもレトロ感といった雰囲気あるデザインがあしらわれているようですね!

そのため、その歴史は思っていた以上に古く、カレーテイストのカップ麺はこれまでも他メーカーからも数多く発売されてきましたが、オニオンやトマトの旨味を利かせた王道とも言えるスープに相性抜群なスパイスを加え、“ひと皿のぜいたく”と表現された安定感のある美味しさが気軽に楽しめるものと思われます!

それでは、今回の“銀座カリー風味ヌードル 中辛”がどれほどビーフの旨味を利かせたコク深く風味豊かな仕上がりとなっているのか?カレースープにぴったりなオニオンの甘味やトマトの酸味、そしてスパイス感のある香辛料との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもヌードル専用に仕上げたというフライ麺から香り立つ香ばしさやつるっと滑らかな中太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り425kcal(めん・かやく333kcal / スープ92kcal)となっております。(塩分は6.2g)

カロリーは縦型ビッグサイズで、ビーフの旨味をベースにオニオンやトマトの旨味を利かせたコク深い仕上がりの割に低めな数値のようですが、一方で塩分はやや高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり96g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと92kcalと多くを占める数値となっていますので、やはりビーフの旨味・風味が味の決め手というだけあって、臭みのないコク深い仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、香辛料や食塩をはじめ…

  • 植物油脂
  • トマトソースパウダー
  • 牛脂
  • 粉末ポテト
  • トマトパウダー
  • チャツネシーズニングパウダー
  • ビーフエキス
  • クリーミングパウダー
  • 香味油
  • 香味調味料

といった、拘りのビーフをベースにオニオンやトマトなど野菜の旨味をバランス良く合わせ、さらにカレーには欠かせない各種スパイスを利かせたことで後味の良い風味豊かな味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901734042099
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、粉末卵)、スープ(砂糖、香辛料、食塩、植物油脂、トマトソースパウダー、小麦粉、牛脂、粉末ポテト、トマトパウダー、チャツネシーズニングパウダー、たん白加水分解物、ビーフエキス、酵母エキス、クリーミングパウダー、香味油、香味調味料、ゼラチン、デキストリン、発酵調味料)、かやく(鶏・豚味付肉そぼろ、フライドオニオン)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類、アルギン酸ナトリウム)、カラメル色素、炭酸カルシウム、トレハロース、香料、微粒二酸化ケイ素、かんすい、乳化剤、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、カロチン色素、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・バナナ・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (96g) 当たり]
熱量425kcal
たんぱく質8.3g
脂質16.6g
炭水化物60.7g
食塩相当量6.2g
めん・かやく: 2.3g
スープ: 3.9g
ビタミンB10.68mg
ビタミンB20.59mg
カルシウム220mg

引用元:銀座カリー風味ヌードル 中辛 | サンヨー食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“仕上げの小袋”と記載された調味料が別添されています。

そしてこちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみた感じからすると…恐らく植物油脂などの油分といった非常にサラッとした状態となっていたため、調理中はフタの上で軽く温める程度で十分かと思われます。

また、具材には…

  • 鶏・豚味付肉そぼろ
  • フライドオニオン

が入っています。

特に“鶏・豚味付肉そぼろ”は、“肉そぼろ”という割に大きめなサイズとなっているものの、使用されている数に関しては若干少なくも感じられますね。。

さらに麺は、ご覧の通り中太・フライ仕様で、見るからにもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備え、麺量70gとボリューム感のある一杯となっています!

調理してみた

では熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:420ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸い、先ほどまでの麺などがふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはほどよいもっちり感とコシが加わり、まだ粉末スープがダマになっている状態ではありますが、しっかりと食欲を満たす食べ応えのある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“仕上げの小袋”を加えていきます!
すると…やはり無色透明なサラッとした油分となっていて、今回のスープにほどよい厚み・コクを引き立てる脂が旨味を引き立ててるようにも感じられますね!

そのため、この“仕上げの小袋”を加えても見た目としての変化はありませんが、金鶏印の“銀座カリー 中辛”の味わいをうまくヌードル専用に仕上げるにはちょうど良い油分が表面に広がっていきます!(特別クセのある風味などはありません。)

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…思っていたよりもサラッとした状態となっていて、先ほど加えた“仕上げの小袋”に含まれる油分が表面に浮かび、ビーフをベースに野菜の旨味やスパイスを加えたスープにコク深さを引き立てているように感じられます!これは思っていたよりもキレ・後味すっきりとした仕上がりのようですね!
※容器底に粉末スープがダマになっているため、しっかりと混ぜてください。

そのため、金鶏印の“銀座カリー 中辛”をヌードル専用に仕上げた今回の一杯は、辛さの程度といい、濃厚感といい、万人受けするかのような仕上がりが印象的で、特に辛さも“中辛”ということもあって旨味としては申し分なく、メリハリの利いた飽きの来ないテイストに期待できそうです!(その分、記憶に残るほどの突出した特徴はありませんが、安定感のある美味しさが楽しめることに間違いありません。)

食べてみた感想

一口食べてみると…やはり思っていたよりも非常にあっさりとしていますね!実際食べてみると、お湯入れすぎたかな?粉末スープがまだ馴染んでいないのでは?と色々と考えさせられるわけですが、よーく混ぜてもスープはサラッとした仕様で、ビーフの旨味をベースにオニオンやトマトの旨味をバランス良く利かせたことによって安定感のある美味しさに仕上がっているものの、個人的にはもう少し動物系の旨味による深み・コクが欲しかったところではありますね。。

とは言え…スパイス感もほどよく利いたことで風味豊かな昔ながらの味わいが表現されていることに間違いなく、強烈な特徴があるわけではありませんが、辛さも中辛ということで幅広い層に好まれるテイストと言えるのではないでしょうか?そのため、個人的には縦型ビッグサイズではなくレギュラーサイズで発売した方が良かったような気がします!(ちょっと味が単調なイメージなので人によっては後半飽きるかもしれません。)

そのため、調理する際のお湯の量を若干少なめにしたり、お好みの香辛料などを予め用意して味を調整してみると良いでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り中太・フライ仕様で、若干幅広で“ちぢれ”を付けたことでスープとの絡みも非常に良く、もっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備えた食べ応えのある仕上がりとなっています!

そんな麺には、金鶏印の“銀座カリー 中辛”の味わいをヌードル専用に仕上げたという風味豊かなカレースープがよく絡み、一口ずつにオニオンの甘味やトマトの酸味、そしてカレーならではの味わいが口いっぱいに広がっていき、ほんのり香るスパイシーな風味が後味良く抜けていきます!特にこのスープは非常にライトな味わいとなっているため、気軽に後味すっきりとした美味しさが楽しめるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“鶏・豚味付肉そぼろ”が使用されていて、サイズ感に関しては申し分ないんですが…使用されている数が若干少なめとなっているものの、じっくりと味わってみると鶏肉・豚肉がちょうど良く合わさった旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい仕上がりとなっていたため、食べはじめはスープ底に沈めてしっかりと馴染ませておき、後ほど弾力のある中太麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が引き立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらのフライドオニオン(玉ねぎ)は、割と大きめにカットされたことによってシャキシャキとした食感が心地良く、素材本来の旨味・甘味がスープにも滲み出し、カレースープと非常に相性の良い具材としてちょうど良い食感としてのアクセントがプラスされているようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り金鶏印の“銀座カリー 中辛”の味わいをヌードル専用に仕上げたことで臭みのないビーフの旨味をベースにオニオンの甘味やトマトの酸味をバランス良く合わせ、中辛程度の辛さにカレー独特のスパイスを加えたことによって良く言えば繊細な味わいに仕上がり、強いて言えば…もう少し動物系のコク深くこってりとした感じがあれば良かったような気もしましたが、この辺りに関しては歴史ある商品の味わいをカップ麺に再現したこともあって後味すっきりとしたテイストとなっています!

そのため、突出した特徴はないものの…安定感のある美味しさが印象的でしたので、幅広い層に好まれる一杯であることに間違いなく、お好みの味わいにアレンジ・調整するのも面白い一品と言えるでしょう!

また、食べ進めていくに連れて、使用されている“鶏・豚味付肉そぼろ”からも良い旨味が滲み出していき、容器底に溶けきらずに残っていた粉末スープなどもしっかりとスープに馴染むことによってコク深さ・美味しさがどんどん際立っていき、それと同時に満足度も増していきます!

ただ…どうしてもサラッとしたスープと昔ながらのテイストという点が物足りなさを感じさせるため、カレーテイストにぴったりな香辛料などを加えたり、敢えて卵黄を加えてコク・まろやかさに際立たせてみても良いかもしれません!(デフォルトだとかなり幅広い方に好まれるテイストに仕上がっているかと思われます。)

このように、今回の“銀座カリー風味ヌードル 中辛”は、ビーフの旨味をベースにオニオンの甘味やトマトの酸味を利かせ、カレーテイストには欠かせない各種スパイスを合わせた王道とも言えるカレースープに仕上げていたものの、思っていたよりも非常にサラッとしたライトな味わい・後味すっきりとした印象が強く、昔ながらのオーソドックスな一杯が楽しめる仕上がりで、良く言えば誰もが楽しめる美味しいスープでしたが、強いて言うなら特徴のない・物足りなさを感じましたので、お好みによってはカレースープにぴったりな香辛料や肉類の追加トッピングでアレンジしてみても良いでしょう!

まとめ

今回「銀座カリー風味ヌードル 中辛」を食べてみて、金鶏印の“銀座カリー 中辛”の味わいをヌードル専用にカップ麺としてアレンジ・再現した一杯は、ビーフの旨味・風味を丁寧に利かせたことでコク深く安定感のあるテイストに仕上げ、割とあっさりとしていたものの…どうしてもカレーテイストのカップ麺としてはドロッとした濃厚感に欠ける印象が強く、若干物足りない仕上がりとなっていた辺りが残念ではありましたが、中辛ということで幅広い層に好まれる安定感のある一杯とも言えるシンプルな味わいとなっていました!

やはりカレーをテーマにしたカップ麺となると若干“とろみ”が付くほど濃厚なテイストで旨味も伴って濃いめな仕上がりの方が個人的には合うような気はしましたね!そういった意味では他のカレーテイストのカップ麺とは一線を画する一杯で、万人受けするかのような仕上がりが特徴と言える割と軽やかなカレー味のカップ麺と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!