カップ麺

「中華そば玉」監修カップ麺 “旨味醤油中華そば” 魚介出汁を強めに利かせた染み渡るコク深い一杯

中華そば玉 旨味醤油中華そば

中華そば玉 旨味醤油中華そば」を食べてみました。(2021年7月6日発売・東洋水産/ファミリーマート限定・数量限定)

この商品は、神奈川・川崎の有名ラーメン店“中華そば玉(ぎょく)”の人気メニュー“中華そば”の味わいを同店監修によって縦型ビッグサイズのカップ麺に再現したもので、ポークとチキンの旨味をベースに存在感のある魚介出汁をしっかりと利かせた濃厚な醤油スープが平打ち仕様のもっちりとした麺に絡む食べ応え抜群な一杯が登場です!

それも…上記の通りポークやチキンの旨味を利かせたコク深く濃厚なスープにキレの良い特製醤油をバランス良く合わせ、鰹節や鯖、煮干しなど複数の魚介出汁を加えたことによってコク深くもじんわりと染み渡る繊細な味わいに仕上がり、自家製麺にも拘る“中華そば玉”ならではのもっちり感やつるっと滑らかな食感をイメージした平打ち仕様の太麺と絶妙にマッチしたことで食欲をしっかりと満たしてくれる旨味溢れる一杯、“中華そば玉 旨味醤油中華そば”となっております。(税抜き200円)

ご覧の通り、パッケージには実店舗でも使用している紺色の暖簾に“旨味醤油中華そば”、“玉(GYOKU)”といった文言が大きく掲載されていて、動物系の旨味に拘りの魚介出汁を合わせた濃厚なWスープが人気を博する名店の味わいをカップ麺に再現、じんわりと染み渡る魚介系の旨味をポークやチキンが引き立てるコク深い一杯ということで、数々の拘りがよーく伝わってきます!

中華そば玉 旨味醤油中華そば パッケージ

一方こちら容器側面には、ポークやチキンの旨味をベースに鰹節や鯖、煮干しなど複数の魚介出汁をバランス良く合わせた濃厚な醤油スープに厚みもあり幅広なもっちりとした食感に仕上がった太麺が絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付豚味・メンマ・“ねぎ”が使用されているようです!

また、スープ表面には動物系の旨味による上質な脂・油分が浮き、さらに使用されている各種具材からも良い旨味が滲み出し、ポークやチキンをしっかりと利かせた濃厚な醤油スープに数種類もの魚介出汁をバランス良く合わせたテイストはメリハリのある味わい深いテイストに仕上がっているものと思われ、カップ麺ながらもクオリティの高い美味しさに期待したいところ!

さらにこちらには…“濃厚ながらもキレのある魚介醤油スープ!”と記載され、その背景にはポークやチキンの旨味、そして鰹節や鯖、煮干しなど魚介出汁をバランス良く合わせたWスープならではのキレとコクのある仕上がりイメージが掲載され、濃厚というだけあって透明度は低く、旨味溢れる喉越しの良い魚介醤油スープがたっぷりと楽しめるものと思われます!

他にも特徴として…麺は厚みもあり幅広な平打ち仕様のフライ麺が採用されており、ほどよい弾力とコシを併せ持った密度感のあるずしっと重みのある仕上がりとなっていて、それによってポークやチキンの旨味に数種類もの魚介出汁を合わせたメリハリのある濃厚魚介醤油スープが最後まで飽きることなく楽しめるというわけです!
※実際の“中華そば”には丸刃・中太麺が採用され、“つけ麺”に平打ち仕様の太麺が採用されているようです。

実際に食べてみて…

濃厚というだけあってポークやチキンの旨味がコクを引き立て、じんわりと染み渡る鰹節や鯖、煮干しなど複数の魚介出汁とバランス良く合わさったことでキレとコクのある味わい深い魚介醤油スープに仕上がり、さらに具材に使用された味付豚肉からも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて深みも増していく…そんな満足度の高いスープが印象的で、つるっと滑らかな平打ち仕様の太麺とも絶妙にマッチした風味豊かな素材そのものの旨味が最後までじっくりと楽しめる一杯となっていました!
これは特に、神奈川の名店“中華そば玉”ファンはもちろん、ポークやチキンの旨味にバランス良く魚介出汁を合わせた濃厚なWスープ仕様のコク深く染み渡る味わいをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は神奈川・川崎に本店を置き、東京にも店舗展開する人気ラーメン店“中華そば玉”の“中華そば”ならでの動物系×魚介系のWスープをカップ麺に再現した香り高い濃厚な一杯、「中華そば玉 旨味醤油中華そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

中華そば玉 旨味醤油中華そば

今回ご紹介するカップ麺は、神奈川・川崎に本店を置き、東京にも店舗展開する“つけ麺”を看板メニューとする人気ラーメン店“中華そば玉(ぎょく)”の定番メニュー“中華そば”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、ポークやチキンの旨味をベースに鰹節や鯖、煮干しなどの魚介出汁をバランス良く合わせ、コク深くもじんわりと染み渡る濃厚な味わいがクセになる風味豊かな魚介醤油スープが最後まで飽きることなく堪能できる一杯、“中華そば玉 旨味醤油中華そば”となっています。
※店舗名の“中華そば玉”は店主“玉川 正視”氏のお名前が由来なんでしょうか?

ご覧の通りフタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…こちらにも容器側面と同じく“旨味醤油中華そば”、“玉(GYOKU)”と記載された暖簾のイメージが掲載され、特に“神奈川の名店”と記載されているように、ここ“中華そば玉”は今回商品化された“中華そば”以外にも“つけ麺”が大変人気を博する名店で、濃厚な魚介つけ麺の火付け役として神奈川を代表すると言っても過言ではない人気店とのこと!

ちなみにここ“中華そば玉”の創業は2008年、独学でラーメンを学んだという店主“玉川 正視(たまがわ まさし)”氏によって、神奈川県川崎市川崎区に現在の本店となる“つけめん玉”をオープンさせたのがはじまり。当時、濃厚スープに極太平打麺といった今となっては定番のスタイルが斬新でラーメン業界の概念を覆し、相当話題となったようですね!

その後、“三三㐂(さんさんなな)”や“赤備”、“超大吉”や“バラそば屋”といったブランドを次々に立ち上げ、現在は神奈川や東京を中心に15店舗展開しています!
※“超大吉”は2020年10月に移転のため一時閉店しています。

他にもこういった濃厚な魚介醤油スープで有名なお店がカップ麺として商品化した一杯と言えば…以前ご紹介した“一度は食べたい名店の味 狼煙 魚粉盛り濃厚豚骨魚介ラーメン(2019年2月4日発売発売)”や“セブンプレミアム 銘店紀行 中華蕎麦 とみ田(2021年6月14日リニューアル発売)”、“中華蕎麦 うゑず(うえず)監修 濃厚豚骨魚介中華そば(2021年2月9日リニューアル発売)”などもありましたね!こういったWスープによる濃厚なテイストはクセになりますから、気になっている方も多いのではないでしょうか?

それでは、今回の“中華そば玉 旨味醤油中華そば”がどれほどポークやチキンの旨味に鰹節や鯖、煮干しなどの魚介出汁を利かせたコク深く染み渡る仕上がりとなっているのか?豊富に使用された味付豚肉から滲み出す旨味との兼ね合いはもちろん、なんと言っても厚みもあり幅広な太麺によるずしっと密度感のあるすすり心地抜群なフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り432kcal(めん・かやく333kcal / スープ99kcal)となっております。(塩分は7.4g)

カロリーは、縦型ビッグサイズ・動物系×魚介系の濃厚なWスープ仕様の割にそこまで高い数値ではありませんが、一方で塩分はかなり高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり99g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープは99kcalとやはり高めな数値を占めていることから…ポークやチキンをベースに鰹節や鯖、煮干しなどの魚介出汁をたっぷりと利かせ、素材の旨味を存分に活かしたコク深く濃厚な仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“しょうゆ”やチキンエキスをはじめ…

  • 植物油
  • ポークエキス
  • ラード
  • 食塩
  • 粉末かつおぶし
  • 粉末さばぶし
  • 野菜エキス
  • 粉末煮干し

といった、ポークやチキンの旨味をベースに数種類もの魚介出汁をバランス良く合わせたことでコク深く濃厚な醤油スープには、臭みのない動物系の旨味がじんわりと染み渡る魚介の旨味を引き立て、それによって濃厚ながらも繊細なテイストを再現、まさに濃厚豚骨魚介スープを思わせる満足度の高い味わいを想像させる材料が並びます。

また、販売者は“東洋水産株式会社”となっていますが、製造はグループ企業である“株式会社 酒悦”が担っているようです!

JANコード4901990369206
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、食塩、植物性たん白、卵白)、添付調味料(しょうゆ、チキンエキス、植物油、ポークエキス、砂糖、ラード、食塩、粉末かつおぶし、粉末さばぶし、野菜エキス、酵母エキス、発酵調味料、粉末煮干し)、かやく(味付豚味、メンマ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、カラメル色素、増粘多糖類、かんすい、酒精、乳化剤、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、クチナシ色素、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (99g) 当たり]
熱量432kcal
たん白質10.7g
脂質19.7g
炭水化物52.9g
食塩相当量7.4g
めん・かやく 1.9g
スープ 5.5g
ビタミンB10.37mg
ビタミンB20.39mg
カルシウム168mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“特製スープ”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触った感じだとポークやチキンなどの脂・油分がたっぷりと含んだ醤油スープが凝縮されているものと思われ、思ったよりもサラッとした印象でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、具材には…

  • 味付豚味
  • メンマ
  • ねぎ

が入っています。

ご覧の通りそれぞれ使用されている数に関しては申し分なく、これらの具材からも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて満足度も増して行く…そんな名店ならではの味わいが気軽に楽しめる一杯で、そもそも“中華そば”にぴったりな各種具材が取り揃えられているようです!

さらに麺はご覧の通り厚みもあり幅広な太麺で、湯戻りする以前からすでにもっちりとした弾力やつるっと滑らかな食感はもちろん、歯切れの良い強いコシを兼ね備えたすすり心地の良いフライ麺が採用されており、70gの麺量によって想像以上にしっかりと食欲を満たしてくれるボリューム感となっています!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:460ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの平打ち仕様の太麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはほどよい弾力や歯切れの良いコシが加わり、ポークやチキンの旨味が豊富に使用された魚介出汁を引き立てる後味すっきりとした醤油スープらしい濃厚ながらも最後まで飽きの来ないメリハリのある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに、先ほどの“特製スープ”を加えていきます!
すると…ポークやチキンをベースにした醤油スープがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!(原材料によると…鰹節や鯖、煮干しなどは粉末タイプとしてすでに容器底に溜まっているようです。)

ご覧の通り、この“特製スープ”はすぐにスープへと馴染んでいき、見た目や風味としての変化は特にありませんが、そもそも魚介出汁をしっかりと利かせた醤油スープということもあって…じんわりと染み渡るかのような魚介ならではの香りが広がっていますから、動物系×魚介系ならではのWスープ仕様の物足りなさを感じさせない濃厚な味わいが楽しめる喉越しの良い仕上がりに期待できそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…やはり醤油スープということもあって基本は非常にサラッとした状態となっているものの、ポークやチキンの旨味をしっかりと利かせたことで厚みのある旨味と言うんでしょうか?コク深くまろやかなテイストに染み渡る魚介出汁がバランス良く溶け込み、名店“中華そば玉”ならではの拘りが詰まった仕上がりとなっています!

また、湯戻りすることによって豊富に使用されている各種具材からも良い旨味が滲み出し、味付豚肉といった肉類の具材はもちろん、“中華そば”と相性抜群なメンマも数多く使用され、食べ進めていくに連れて満足度も増してく…そんな安定感のある美味しさがたっぷりと楽しめそうです!(個人的にも豚骨魚介スープといったジャンルは好みのテイストなので、この仕上がりからしてかなり期待できそうです。)

食べてみた感想

一口食べてみると…キレの良い醤油スープには、ポークやチキンをベースに鰹節や鯖、煮干しなど数種類もの魚介出汁をバランス良く合わせたことで、煮干しならではの荒々しさだけでなく甘味なんかも含む繊細な味わいが心地良く、動物系の旨味が下支えしたことでコク深さ・濃厚感を表現するも…キレ・後味の良いメリハリのあるすっきりとしたテイストに仕上がり、変な脂っこさや“くどさ”などは一切なく、すすり心地抜群な平打ち仕様の太麺とともにボリューム感たっぷりと楽しめる仕上がりとなっています!

そして塩気もちょうど良く、魚介出汁が利いたことでキリッとした口当たりが際立って感じられるものの…ポークやチキンによって優しく感じられ、まさに動物系×魚介系といったWスープ仕様によるコク深いテイストが印象的で、決して単調ではない繊細かつ濃厚な魚介醤油スープはついつい止まらなくなってしまいますね。。そのため、かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもあり幅広な太麺といったところでしょうか?店内打ち立て自家製麺に拘った“つけ麺”専用麺を再現するかのようなフライ仕様で、ほどよい弾力と噛み応えのある強いコシを兼ね備え、すすり心地も非常に良く、思ったよりもずしっと密度感も高く、なんと言っても麺量70gとボリューム感のあるしっかりとした食べ応えがあります!

そんな平打ち仕様の太麺には…ポークやチキンをベースに鰹節や鯖、煮干しなど複数の魚介出汁をバランス良く合わせたことでコク深く濃厚ながらもキリッとしたメリハリの利いた飽きの来ないWスープがよく絡み、一口ずつに丁寧に抽出されたポークやチキンの旨味や染み渡る魚介出汁などが口いっぱいに広がっていき、ほんのり香る魚介出汁ならではの食欲そそる風味が後味良く抜けていきます!…というかこのバランスはかなり秀逸で濃厚ながらも飽きが来ませんね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、使用されている数・サイズ感ともに申し分なく、じっくりと味わってみると…ほどよい味付けが施された豚肉ならではの旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい具材となっていたため、しっかりとスープと馴染ませながら食べ進め、後ほど麺と絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめることと思われます!!

また、こちらのメンマは、思いのほか大ぶりで使用されている数も多く、コリコリとした食感が心地良く、メンマ特有の味付けはもちろん、素材本来の味わいもしっかりと感じられ、今回のような動物系の旨味を利かせた濃厚な魚介醤油スープにもぴったりです!

他にも、こちらの“ねぎ”は、割と大きめカットされたことでシャキシャキとした食感はもちろん…ちょうど良い薬味として今回の濃厚なスープを美味しく引き立て、さらに後味すっきりと感じさせる相性抜群な具材として彩り良く添えられています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークやチキンの旨味をベースに鰹節や鯖、煮干しなど様々な魚介出汁をバランス良く合わせたことで濃厚ながらもキレ・後味すっきりとしたメリハリのあるテイストに仕上がり、それによって喉越しの良い動物系×魚介系のWスープがバランス良く再現され、じんわりと染み渡る魚介の旨味が最後まで全く飽きさせません!

この辺りに関しては、“中華そば玉”の公式サイトにも記載されているように、ポークやチキンをベースに数種類もの魚介出汁をじっくりと炊き出し、特製醤油と合わせたことで濃厚ながらもキレの良い力強いスープに仕上げ、今回そういった旨味溢れる味わいをカップ麺に臨場感高く再現しているとのことで実店舗での味わいも気になるところ。。

豚骨、鶏ガラ等、動物系素材をベースに厳選された大量の魚介類を寸胴に入れて、極限まで強火で煮込み大量の野菜を使用し、キレのある特製醤油を加える事で圧倒的な力強さの濃厚スープが完成する。
引用元:こだわり | つけめん・ラーメン専門店【玉-GYOKU-】

そしてこの透明度の低い魚介醤油スープの見た目通り、コク深く濃厚なテイストではあるんですが、醤油感の強いキレの良さや魚介出汁をうまく活かしたことで厚みのある美味しさを際立たせ、今回の縦型ビッグサイズといったボリューム感によってしっかりと食欲を満たしてくれます!

また、具材に使用された味付豚肉からも良い旨味が滲み出していき、食べ進めていくに連れてポークやチキン、数種類の魚介出汁がしっかりと馴染んだことでコク深さも引き立って感じられ、濃厚な豚骨魚介スープといった人気の高いフレーバーに仕上がっています!

ただ…強いて言うなら、動物系×魚介系ならではの旨味溢れるテイストは安定感があって非常に美味しいんですが、“中華そば玉”らしさというか…ここだけの味といった特徴がなく、個人的にもう一工夫欲しかったところではありますね!そのため今後の商品展開にも期待したい一杯と言えるでしょう!(再現性はどうなんでしょうね?)

このように、今回の“中華そば玉 旨味醤油中華そば”は、ポークやチキンの旨味をベースに鰹節や鯖、煮干しなど数種類の魚介出汁をバランス良く合わせ、最近人気の動物系×魚介系といった濃厚なWスープに仕上げたことで、メリハリのある魚介醤油スープを臨場感高く再現、まさにキレとコクが絶妙にマッチしたクセになる味わいが食べ応え抜群な平打ち仕様の太麺とともにたっぷりと楽しめるため、お好みによっては濃厚な豚骨魚介スープと相性の良い唐辛子などの香辛料をちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「中華そば玉 旨味醤油中華そば」を食べてみて、臭みのないポークやチキンの旨味をベースに数種類もの魚介出汁をバランス良く合わせたことで濃厚ながらもキリッとしたシャープな飲み口がバランス良く馴染み、そこにもっちりとした弾力と強いコシを兼ね備えた平打ち仕様の太麺が絶妙にマッチしたことで想像以上にボリューム感のある一杯によって食欲もしっかりと満たされるクオリティの高い仕上がりとなっていました!

また、ポークやチキンによる動物系の旨味に関しては脂っこさや“くどさ”といった印象が全くなく、それよりも贅沢に使用された数種類もの魚介出汁の旨味をコク深く引き立てる非常にバランスの良いスープが再現され、まさにパッケージにも記載されていた通り濃厚感とキレの良さが共存する旨味溢れる安定感のあるフレーバーとなっていたため、醤油ベースの豚骨魚介スープが好みの方にとってはかなりハマる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!